競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【サートゥルナーリア 過去レース分析 & 調教 回顧まとめ】ホネ的競走馬データベース

f:id:yosounohone:20190713163834j:plain

 

これまでこのブログに掲載してきましたサートゥルナーリアの競走馬データとこれまでの調教評価、 レース前予想コメント、回顧コメントをまとめた記事です。

これまでのレースの振り返りや今後の予想にお役立ていただければ幸いです。

  

サートゥルナーリア 競走馬データ

 

黒鹿毛

生年月日     2016年3月21日
調教師         角居勝彦 (栗東)
馬主            キャロットファーム
生産者        ノーザンファーム
産地            安平町
主な勝鞍     19'皐月賞(G1)
近親馬         エピファネイア、リオンディーズ
血統          父:ロードカナロア  母:シーザリオ

 

スポンサーリンク
 

サートゥルナーリア 日本ダービー(東京優駿)2019

 

レース回顧   

2019/5/26(日) 日本ダービー 4着 

予想➡➡➡☆サートゥルナーリア

結果➡➡➡4着

 

出遅れ。

あれでは敗戦はやむなし。

 

ただ、誰もが今後(次走までの間)謎解きに追われるであろう、最後にヴェロックスに交わされて4着、しかも5着ニシノデイジーにもあわや先着を許しそうになったという事実。

 

距離自体、Hペースで2400mだとスタミナ的にきつかった、等々……いろいろ説は唱えられていくだろうが、ラップ面からいうとサートゥルナーリアは今回が初めての平坦戦(というか、限りなく消耗戦に近い平坦戦と言っていいレベル)だった。

 

適性がないとはいえないが、後方から挽回していってもなおあの4角抜群の手応えで直線を向き、2位には0.2秒差をつけた上がり最速。

 

それでいて意外と1〜2着馬に最後引き離されてしまったことが最大のポイント。

 

ここに、やはり一瞬のキレが身上、長く脚を使う展開に巻き込まれると最速はマーク出来ても、削がれるものがあるというヒントが隠されているように思う。

 

残り300m地点を過ぎたところで極上の一瞬のキレをもって急加速で迫り、一旦は前に並びかけるかと見せかけ、残り100mからはニシノデイジーやクラージュゲリエよりも見劣るフィニッシュ。

 

この馬だけは、レース上がり12.0-11.9-12.0の中を、例えば 11.4-10.9-11.8(推測) といった具合に、慣れ親しんだ瞬発戦スタイルで戦っていたような気がする。

 

もちろん、「外々を回らされて……」というよくある失敗談ケースにも今回は当てはまる競馬になったわけだが、それだけであそこから伸びあぐねるほどここでは弱くない。

 

そう考えると、やはりラップ適性面が非常に気になるところである。

 日本ダービー(東京優駿)2019 レース回顧

www.yosounohone.com

 

 

 レース前予想

 2019/5/26(日) 日本ダービー2019  

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

 

※近年の穴パターンは、「①ダービートライアル連対馬」か「②1800m以上重賞への複数出走経験かつ勝利経験」のいずれかに必ず該当(単勝20倍以上で好走した馬を対象)

 

該当馬➡➡➡①TR連対組は、リオンリオン、ランフォザローゼス(「サートゥルナーリアとヴェロックスもこれに該当!」(笑))。

 

②1800m重賞歴組は、エメラルファイト、クラージュゲリエ、ニシノデイジー、メイショウテンゲン(「サートゥルナーリアとダノンキングリーはここでも該当!」)

 

※「前走皐月賞組はその前走で4人気以内、皐月賞以外なら3人気以内」が基本。 近年の3着内馬の約8割を占めていて、昨年のコズミックフォースをはじめマイネルフロスト、ベルシャザール、ローズキングダムなども該当

 

該当馬➡➡➡サートゥルナーリア、タガノディアマンテ、ダノンキングリー、ランフォザローゼス、ロジャーバローズ、ヴィント、ヴェロックス

 

※キャリア4戦以内は好走例が少なく、近20年東京で行われたダービーで好走を果たしたのはゼンノロブロイ、ディープインパクト、サトノダイヤモンド、マカヒキ、レイデオロら全て当日3番人気以内だった計8頭のみ

 

該当馬➡➡➡3番人気以内のサートゥルナーリア、ダノンキングリーはいいとして、シュヴァルツリーゼ、ランフォザローゼスは善戦までか といった感じ。

 

皐月賞時は、年明け初戦だったサートゥルナーリアはもちろんのこと、2着ヴェロックスを除く掲示板5頭中3頭を「皐月直行ローテのノーザンF生産馬」が占めたのだから恐れ入る。

 

(当時◎ヴェロックスに託したのも、その叩き2戦目の強みを評価して……という部分が大きかったのだが)

 

この最大ポイントとみている、“皐月叩き台使いで軽々クリア”という事実と、それに密接にリンクするノーザンF(外厩仕上げ)の躍進……。

 

今年のダービーも当然抜きには語れないところだ。

 

◯サートゥルナーリアは、特段書くことはない。

 

最有力馬には当然異論はない。

 

皐月賞回顧に書いた『10回やったら9回勝つ』可能性のある馬。

 

ただし、それは鞍上ルメール込みでの話。

 

さすがに強力なD.レーンといえど、この大舞台では経験値の差は大きいはず。

 

と、これで『10回に8回』に都合よく減らしてみたりもした。 が、……。

 

それでも、単勝1.2倍というわけでもないし、全然この馬の単勝が割にあってしまう計算だ。

 

最終的に1.5倍として、個人的な算出勝率8割なら、回収率120%!十分じゃないか、、、 いや、それはあくまで個人的勝率見立ても含んだ机上の計算での話。

 

瞬発力比べで底知れない可能性を秘めた◎と、1.5倍対5.0倍なら◎ダノンを狙いたい。

 

単純に、ここで1番人気に屈して◎打って、この馬を飛ばしたくない、という別のささやかな願いもあったりして……(笑)

 日本ダービー(東京優駿)2019

www.yosounohone.com

 

スポンサーリンク
 

 

レース前調教評価

   2019/5/26(日) 日本ダービー2019 

サートゥルナーリア

中間B  (前々走時)  12/24◎ 助手騎乗かどうか以前に、この時計で11.8-11.8は特筆。

 

次元が違うか、マイラーかどちらかの感じ――助手騎乗

 

12/16も前週日曜同様に終いさすが。

 

さらにこの日は全体時計も自己ベスト――助手騎乗

 

12/9調教は日曜の早い時間帯とはいえさすがの12.0-11.9でフィニッシュ――助手騎乗

 

(3走前時) 10/3調教◯  遅い時間帯に助手騎乗で加速ラップで良好。

 

これまでのよりもかなり遅い時間帯に自己ベスト更新――助手騎乗

【東京11R】

サートゥルナーリア 中間B

【調教注目馬】 5/26(日)東京競馬

www.yosounohone.com

 

 

ブログランキング上位を目指し頑張っています!もし記事が参考になりましたら、クリックで応援していただけると嬉しいです!

※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。現在70位前後におります。

 

サートゥルナーリア 皐月賞2019

 

レース後調教評価回顧

2019/4/14(日) 皐月賞 1着

予想➡➡➡△

サートゥルナーリア  中間C+ 評価

(前走時)  12/24◎  助手騎乗かどうか以前に、この時計で11.8-11.8は特筆。

 

次元が違うか、マイラーかどちらかの感じ。――助手騎乗

 

12/16も前週日曜同様に終いさすが。

 

さらにこの日は全体時計も自己ベスト。――助手騎乗

 

12/9調教は日曜の早い時間帯とはいえさすがの12.0-11.9でフィニッシュ。――助手騎乗

 

も、この馬としては全然まだまだという評価。調教面だけでは評価を上げなかった。

 

 

結果➡➡➡1着

並みの馬なら十分好調教だが、この馬としてはそこまで目立つ時計には映らないものばかりだった。

 

もっとも、坂路で速い時計を出していないのは、転厩による調整方法の違いによるものと明白だし、今回は休み明け、(ダービーに向けた)お釣り残し仕様でもある。

 

ここからの調教のケタ違いUPが見られるだろう。

【レース回顧 】4/14 中山・阪神・福島 予想と結果

www.yosounohone.com 

 

スポンサーリンク
 

レース回顧 

2019/4/14(日) 皐月賞2019 1着  

予想➡➡➡△サートゥルナーリア

 

結果➡➡➡1着

 

あえて何か書くことがあるだろうか(笑)

 

ホープフルからの直行で、しかも相手も、◎にしたからって手前味噌でもなんでもなく、結構強かったのに。

 

3着ダノンも含めて。

 

ちょっと失望した。

 

この先の国内戦で、成長力(の他馬との今後の曲線比較)とかの面を抜きにしたら、ほぼこの馬の出てくるレースでの逆転狙い◎が無駄になることを思うと。

 

着差はアタマ差、2着馬に不利を与えていたといえど、今日の競馬は圧勝も圧勝。

 

全力仕上げではない中で、これじゃあ……。

 

基礎能力で言ったら、たぶん5馬身先にいる感じだったはず。

 

ちなみに、この馬にしてはこの中間も全然大した追い切りではない(これも、並みの馬ならA級内容だが、この馬の過去を見ると普通といった感じ)。

 

ダービーに関しては、同じく直行ローテで僅差3着のダノン以外逆転の目はおそらく無い。

 

極限のキレ味勝負で100%ダノン向きレースに振れたとして、ハナ差向こうに分が出てくるだろうか。

 

いちおう、こちらはロードカナロア産駒。

 

いずれにしても押しも押されぬ大本命。

 

その時にとち狂って妄想しないように、忘れないうちに書いておこう。

 

10回やったら9回ほど勝つんだぞ、覚えておきなさい自分w

皐月賞2019 レース回顧

www.yosounohone.com

 

レース前調教評価

2019/4/14(日) 皐月賞  

サートゥルナーリア

中間C+

(前走時)  12/24◎ 助手騎乗かどうか以前に、この時計で11.8-11.8は特筆。

 

次元が違うか、マイラーかどちらかの感じ。――助手騎乗

 

12/16も前週日曜同様に終いさすが。

 

さらにこの日は全体時計も自己ベスト。――助手騎乗

 

12/9調教は日曜の早い時間帯とはいえさすがの12.0-11.9でフィニッシュ。――助手騎乗

 

(前々走時) 10/3調教◯ 遅い時間帯に助手騎乗で加速ラップで良好。

 

これまでのよりもかなり遅い時間帯に自己ベスト更新。――助手騎乗

【中山11R】 サートゥルナーリア 中間C+

【調教注目馬】4/14(日)中山競馬

www.yosounohone.com

 

 

ブログランキング上位を目指し頑張っています!もし記事が参考になりましたら、クリックで応援していただけると嬉しいです!

※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。現在70位前後におります。

 

PR

今なら無料登録で500ポイントプレゼント中!

競馬予想を更に充実させるための予想情報や予想ツールが満載の『競馬最強の法則WEB』

人気予想家の推奨買い目や、「馬王Z」、「RB☆STRIKE!」など、ユーザーが独自に設定した条件に一致する馬券を 自動的に購入することができる、人気の自動投票ソフトも揃っています。

また南関東競馬など地方競馬予想も充実!

無料会員登録はこちら⬇
 
毎週の重賞予想、調教分析、レース回顧はこちら

www.yosounohone.com