競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【サートゥルナーリア 競走馬データ】過去レース分析 & 追い切り 回顧まとめ

f:id:yosounohone:20190713163834j:plain

 

new!! 2019/12/28 更新 

これまでこのブログに掲載してきましたサートゥルナーリアの競走馬データとこれまでの追い切り評価、 レース前予想コメント、回顧コメントをまとめた記事です。

これまでのレースのふり返りや今後の予想にお役立ていただければ幸いです。

 

  

サートゥルナーリア 競走馬データ

 

黒鹿毛

生年月日     2016年3月21日
調教師         角居勝彦 (栗東)
馬主            キャロットファーム
生産者        ノーザンファーム
産地            安平町
主な勝鞍     19'皐月賞(G1)
近親馬         エピファネイア、リオンディーズ
血統          父:ロードカナロア  母:シーザリオ

 

スポンサーリンク
 

 

サートゥルナーリア 有馬記念 2019

 

 

追い切り評価 回顧

2019/12/22 有馬記念 2着

 

サートゥルナーリア

予想➡➡➡

☆前走狙い馬☆ 中間B- 

12/18調教◯ リスグラシュー同様に、この日の好時計連発馬場では、字面上はこの52.1秒、37.2秒、11.9-12.1ラップでも即座にG1好評価級判定は下せないが、こちらは8時半近くという点で若干分があるかも→しかも、助手騎乗単走馬なりで、騎乗した助手からも「楽に出た」との状況が判明、これは良い。 

 

12/15調教? もちろんこの12.2-11.9という終いは非常に優秀なのだが、日曜追いでのものとしてこの全体時計でということを考えると素直に評価はしづらく、ホープフルS前の12/16時の51.9秒(12.3-12.0フィニッシュ)というのがどうしてもよぎってしまう――助手騎乗(強め)

 

結果➡➡➡2

過去10年の有馬記念で5〜6回は勝てていいものだったことに加え、そしてこの週の芝のレース自体低指数決着が多い状況を踏まえた場合、非常に優秀なパフォーマンスだった可能性もあって、このメンバーに入っての2着という内容からも確かに古馬最上位のレベルにあるとみて良さそう。

 

 

ただし、それはこの馬が全能力を引き出せた場合に限った話であり、その部分の主に気性面での“前科”がある以上、場とか展開とかではなく今日のように人気を下げてくれないとG1は狙いづらい。

【調教注目馬(先週の回顧)】12/22(日) 中山・阪神競馬 

www.yosounohone.com 

 

レース回顧

2019/12/22 有馬記念 2着

 

「この厳しい有馬記念2019でリスグラシューが勝ち、サートゥルナーリアが2着したのは、紛れもなく急坂コースのタフな競馬で問われた底力を“坂路ビシビシ”調教が培った結果であり偶然ではない。

 

昨今の超高速馬場競馬で求めらがちなコース調教でのスピード至上主義調整が主流となっても、本当に強い馬をつくるには(坂路での成長が)不可欠な要素である」という点、それを忘れないでいきたい。

 

サートゥルナーリア

 

予想➡➡➡◯

結果➡➡➡2着

 

確かにラップ上は13.4-12.2-12.0ではあるが、11番手→7番手での直線の入りだったこの馬とて、むしろ締まった流れのなか、持続力を駆使して2着したというのが実態だろう。

 

これまで、瞬発戦特化戦績でここも分類上瞬発戦ラップだったわけではあるが、この馬の場合好走/凡走ポイントはそこではなく、唯一抱える課題、その能力を出せるか出せないか、それに尽きるということだと思う。

 

掛かってどうしようもない、とかそういうことではないのでまだ“軽症”だと思うが、常に人気で登場してくる故、今回のように大本命がいてくれないとG1では常に過剰人気臭がぬぐえない状況が続きそうで、やはり疑いようのないポテンシャルの高さに、距離無関係の強さと、スペシャルな馬であることは事実だが、同時に信頼し辛い部分もある。

 

「来年はこの馬が日本でいちばん強いということに」というスミヨン騎手のフォローアップ、半分間違ってはいないとは思うが、馬券的にはこの有馬記念2着を受けての大いにナイスな案件とみて役立てさせてもらいたい2021年。

 

そして、出来れば「勝てない……勝てない……」と頂点を獲り損ね続けての来年の有馬記念で、3倍以上の単勝オッズで狙いたいところ。

有馬記念 2019 レース回顧  

www.yosounohone.com

 

レース前 予想

2019/12/22 有馬記念

 

※単勝10倍未満の人気サイドでは、「中10~25週ローテ」や「同年G1勝ちあり、かつ10月以降のG1を未連対」の馬がハイアベレージ

 

該当馬➡➡➡サートゥルナーリア?

※前々走→前走馬体変動が±6㎏以内だった馬が、近17回の全好走馬のうち42/45頭という状況(前走~前々走で海外出走のあった馬を除く)

 

該当馬➡➡➡アエロリット、アーモンドアイ、クロコスミア、サートゥルナーリア、スティッフェリオ、スワーヴリチャード、レイデオロ、ヴェロックスの8頭が満たす

(海外戦歴を挟むのは、キセキ、シュヴァルグラン、フィエールマン、リスグラシューの5頭)

 

サートゥルナーリア 買う、買うには買うが、今のところ、ハイペース戦になった場合の未知部分が、個人的にクリアになっていない以上は……。

 

あと、1つ1つの追い切りとしては非常に評価している今回だが、実はひとつどうしても引っかかっていることがある。

 

それは、当初陣営は、「2週前〜1週前にCWで 1週前は攻めたい。 最終追い切りは坂路でサッと、の計画」としていたところ、「CW(馬なり)→CW(馬なり)→当週日曜に坂路で強く追った上での、本追い切り(坂路馬なり)」が実際の履歴となっている点。 あまり触れられない部分かもしれないが、どうも「そうなってしまった」感がぬぐえないのである。

 

◯サートゥルナーリア ←本命じゃないなら、ガッツリいきたいのがここ

有馬記念2019 予想

www.yosounohone.com

 

レース前 追い切り評価
サートゥルナーリア

☆前走狙い馬☆ 

中間B- 

 

12/18調教◯ リスグラシュー同様に、この日の好時計連発馬場では、字面上はこの52.1秒、37.2秒、11.9-12.1ラップでも即座にG1好評価級判定は下せないが、こちらは8時半近くという点で若干分があるかも →しかも、助手騎乗単走馬なりで、騎乗した助手からも「楽に出た」との状況が判明、これは良い。 

 

12/15調教 もちろんこの12.2-11.9という終いは非常に優秀なのだが、日曜追いでのものとしてこの全体時計で、ということを考えると素直に評価はしづらく、ホープフルS前の12/16時の51.9秒(12.3-12.0フィニッシュ)というのがどうしてもよぎってしまう――助手騎乗(強め) 

(前走時) 序盤に行きたがって浪費した部分はあったにせよ(さすがスミヨン騎手、「よくあの程度で収まったな」という感じではあったが……)、

それにしてもラストの止まりっぷりは目立っていて、ある意味ド派手な散り方となった今回、明らかに府中、というか道中緩まないラップが合わない(日本ダービー時5月の府中も、今以上に高速馬場でレースはタイムトライアル戦になった中でのもの)印象。

 

しかし、適性は瞬発戦にあっても、まだ3歳馬であって、このペースで一応6着には入った経験を生かす対応力を発揮してくるようなら……という部分はあり、その意味で上記はあくまで『現状は』の接頭句付き見解の範疇。 

 

 (前々走時) 「単走馬なりの連発」で、これだけのパフォーマンスを見せるのだから、これ以上調教でストレスを掛ける必要はこの馬には無いかもしれない、むしろ逆効果かもしれない、そう思ってしまうほど極上のパフォーマンスを見せたのだが、尤もその仕上がり以前に、スローからの瞬発戦への適性が覚醒の大きな要因であったのだろうが。 中間A+ 

 

(5走前時) 12/24◎ 助手騎乗かどうか以前に、この時計で11.8-11.8は特筆で、次元が違うか、マイラーかどちらかの感じ――助手騎乗 

12/16も前週日曜同様に終いさすがの内容で、さらにこの日は全体時計も自己ベスト――助手騎乗 

12/9調教は日曜の早い時間帯とはいえさすがの12.0-11.9でフィニッシュ――助手騎乗

【調教注目馬】12/22(日) 中山競馬 

www.yosounohone.com 

 

スポンサーリンク
 

サートゥルナーリア  天皇賞(秋) 2019

 

レース回顧

2019/10/27 天皇賞(秋)6着

 

サートゥルナーリア 予想➡➡➡◎

結果➡➡➡6着

序盤に行きたがって浪費した部分はあったにせよ(さすがスミヨン騎手、「よくあの程度で収まったな」という感じではあったが……)、それにしてもラストの止まりっぷりは目立っていて、ある意味ド派手な散り方だった。

 

明らかに、府中、というか道中緩まないラップが合わない(日本ダービー時5月の府中も、今以上に高速馬場でレースはタイムトライアル戦になった中でのもの)印象。

 

しかし、適性は瞬発戦にあっても、まだ3歳馬であって、このペースで一応6着には入った経験を生かす対応力を発揮してくるようなら……という部分はあって、その意味で上記はあくまで『現状は〜』の接頭句付き見解の範疇。

 天皇賞(秋)2019 予想

www.yosounohone.com

 

レース前追い切り

2019/10/27 天皇賞(秋)

 

サートゥルナーリア

☆前走狙い馬☆

 

(前走時) 「単走馬なりの連発」で、これだけのパフォーマンスを見せるのだから、これ以上調教でストレスを掛ける必要はこの馬には無いかもしれない、むしろ逆効果かもしれない、そう思ってしまうほど極上のパフォーマンスを見せた。

 

もっとも、仕上がり以前に、スローからの瞬発戦への適性が、覚醒の大きな要因ではあったのだが。

中間A+

 

(4走前時) 12/24◎ 助手騎乗かどうか以前に、この時計で11.8-11.8は特筆で、次元が違うか、マイラーかどちらかの感じ――助手騎乗 12/16も前週日曜同様に終いさすがの内容で、さらにこの日は全体時計も自己ベスト――助手騎乗

 

12/9調教は日曜の早い時間帯とはいえさすがの12.0-11.9でフィニッシュ――助手騎乗

【調教注目馬】10/27(日) 東京競馬  

www.yosounohone.com

 

サートゥルナーリア 神戸新聞杯2019

 

レース回顧

 レース全体の振り返り

③レース上がり32.3秒は当然、レース史上最速(よく調べてもいないが、調べるまでもない(^-^;)で非常に速いが、それだけでなく、4コーナー手前でほぼ先頭を奪い切ったサートゥルナーリア自身による上がり3Fタイムであり、しかも終始軽々と運んでマークしているのだから恐ろしい 

予想➡➡➡◎サートゥルナーリア

結果➡➡➡1着

 

レース全体概要部分(上記)にあまり書きすぎてしまうと、こちら(馬単体パート)に書くことがなくなってしまうほど筆が止まらなくなりそうだった。

 

そのくらい、レース全体=サートゥルナーリア一色、独壇場だったということ。

 

レースレベル自体、決着タイムなどからは超ハイレベルということはないレースではあるのだが、あの手応えで先頭から 10.8 - 10.2 - 11.3 を急坂コースで繰り出してくるとは(10.8をラスト3F目に入れて、その後10.2て!!? ハイ、お手上げ~\(-o-)/)。

 

今の馬場状態やら、1400m地点までが激遅(1分30秒2は過去10年で最も遅い)とか、いろいろとケチをつけようかと思ったのだが、やーーーめた。

 

見立て通り、瞬発戦なら最強ならぬ“最恐”、ダービーの敗因が「初めての平坦戦(というか、限りなく消耗戦に近い平坦戦と言っていいレベル)」にあったのでは、とラップ的見解に求めた、その通りになってくれたわけだし。

 

そしてだからこそ、1倍台半ばでも◎を打つべき馬と判断したわけだし(ブログでこんな照れ臭い◎、出来ることならもう二度としたくないけど)。

 

ちなみに、「こんなにスローで流れた年って……」と過去10年ラップを見ていて、「2011年がなかなか近いな、まあ全然上がりがサートゥルには及ばないけど。……ん?11年って・・・」と思ったら、そうオルフェーヴルの年でした。

 

そして、馬場差云々を差し引いても、少なくともこのレースで“魅せた”瞬発力ではサートゥルナーリアには全然及ばない、名馬オルフェーヴルをもってしても。

 

—―なるほど、と妙に納得してしまった部分。 たぶん、日本で、というかこの「軽質レース」ジャンルで日本に敵がいないとなれば世界一と言い切ってしまっていいのだが、瞬発戦最強は確実だろう。

 

あとは、(この先隙を突けるとすれば)まかり間違って瞬発戦以外のG1に使ってきたりした時にどうかくらい。

 

とにかく、この馬に関しては斬れ過ぎるゆえに、脚元にだけは注意して長く活躍して欲しいところ。

神戸新聞杯2019 レース回顧

www.yosounohone.com

 

 

レース前予想

 過去のレース傾向

※レース、コースともに8割瞬発戦で、2割が平坦戦といった発生率となっている 該当馬➡➡➡サートゥルナーリア、シフルマン、ヴェロックス、ヴィントが適性条件

※勝ち馬像としては、「中9週~半年以内」「3勝以上」「OPクラスのレースで上がり1位経験あり」「OP勝利があり、かつOPクラスのレースで上がり1位経験あり」に複数当てはまっている馬が向く 該当馬➡➡➡サートゥルナーリア、ヴェロックスが全てを満たし最右翼、レッドジェニアルが次点、シフルマンが4番手

 

 

◎サートゥルナーリア ダービー(◯評価)に続き、特に書くことはない。

 

この少頭数のこのメンバーで、仮に渋っても重馬場とかそういう次元の話を持ち出すべき馬ではないだろう。

 

今回唯一書くことがあるとしたら、ここまでの調整面くらい。

 

さりとてこちらも、優秀過ぎてその中間の追い切り内容、過程について多くを語るほどでもなく、2週前の助手騎乗での秀逸時計に、1週前、当週月・木と文句なし。

 

変化点とすれば、全て「馬なり単走」の極めてソフト仕上げということくらいか。

 

本命選びに時間を費やしている場合ではない、ということでさっさと相手選びへ。

 

(ちなみにだが、このレースで1番人気馬は手元の17年集計で(10-4-0-3)とご存知の通り強いのだが、馬券外3頭中2頭は日本ダービーで1番人気を背負って馬券外だった馬で、その意味ではジンクスめいた何かは起こってもいいのかもしれないが……)

神戸新聞杯2019 予想

www.yosounohone.com

 

レース前追い切り評価

 

サートゥルナーリア

中間A+ 

(3走前時)  12/24◎  助手騎乗かどうか以前に、この時計で11.8-11.8は特筆で、次元が違うか、マイラーかどちらかの感じ――助手騎乗

 

12/16も前週日曜同様に終いさすがの内容で、さらにこの日は全体時計も自己ベスト――助手騎乗

 

12/9調教は日曜の早い時間帯とはいえさすがの12.0-11.9でフィニッシュ――助手騎乗

【調教注目馬】9/22 阪神競馬

www.yosounohone.com

 

スポンサーリンク
 

サートゥルナーリア 日本ダービー(東京優駿)2019

 

レース回顧   

2019/5/26(日) 日本ダービー 4着 

予想➡➡➡☆サートゥルナーリア

結果➡➡➡4着

 

出遅れ。

あれでは敗戦はやむなし。

 

ただ、誰もが今後(次走までの間)謎解きに追われるであろう、最後にヴェロックスに交わされて4着、しかも5着ニシノデイジーにもあわや先着を許しそうになったという事実。

 

距離自体、Hペースで2400mだとスタミナ的にきつかった、等々……いろいろ説は唱えられていくだろうが、ラップ面からいうとサートゥルナーリアは今回が初めての平坦戦(というか、限りなく消耗戦に近い平坦戦と言っていいレベル)だった。

 

適性がないとはいえないが、後方から挽回していってもなおあの4角抜群の手応えで直線を向き、2位には0.2秒差をつけた上がり最速。

 

それでいて意外と1〜2着馬に最後引き離されてしまったことが最大のポイント。

 

ここに、やはり一瞬のキレが身上、長く脚を使う展開に巻き込まれると最速はマーク出来ても、削がれるものがあるというヒントが隠されているように思う。

 

残り300m地点を過ぎたところで極上の一瞬のキレをもって急加速で迫り、一旦は前に並びかけるかと見せかけ、残り100mからはニシノデイジーやクラージュゲリエよりも見劣るフィニッシュ。

 

この馬だけは、レース上がり12.0-11.9-12.0の中を、例えば 11.4-10.9-11.8(推測) といった具合に、慣れ親しんだ瞬発戦スタイルで戦っていたような気がする。

 

もちろん、「外々を回らされて……」というよくある失敗談ケースにも今回は当てはまる競馬になったわけだが、それだけであそこから伸びあぐねるほどここでは弱くない。

 

そう考えると、やはりラップ適性面が非常に気になるところである。

 日本ダービー(東京優駿)2019 レース回顧

www.yosounohone.com

 

 

 レース前予想

 2019/5/26(日) 日本ダービー2019  

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

 

※近年の穴パターンは、「①ダービートライアル連対馬」か「②1800m以上重賞への複数出走経験かつ勝利経験」のいずれかに必ず該当(単勝20倍以上で好走した馬を対象)

 

該当馬➡➡➡①TR連対組は、リオンリオン、ランフォザローゼス(「サートゥルナーリアとヴェロックスもこれに該当!」(笑))。

 

②1800m重賞歴組は、エメラルファイト、クラージュゲリエ、ニシノデイジー、メイショウテンゲン(「サートゥルナーリアとダノンキングリーはここでも該当!」)

 

※「前走皐月賞組はその前走で4人気以内、皐月賞以外なら3人気以内」が基本。 近年の3着内馬の約8割を占めていて、昨年のコズミックフォースをはじめマイネルフロスト、ベルシャザール、ローズキングダムなども該当

 

該当馬➡➡➡サートゥルナーリア、タガノディアマンテ、ダノンキングリー、ランフォザローゼス、ロジャーバローズ、ヴィント、ヴェロックス

 

※キャリア4戦以内は好走例が少なく、近20年東京で行われたダービーで好走を果たしたのはゼンノロブロイ、ディープインパクト、サトノダイヤモンド、マカヒキ、レイデオロら全て当日3番人気以内だった計8頭のみ

 

該当馬➡➡➡3番人気以内のサートゥルナーリア、ダノンキングリーはいいとして、シュヴァルツリーゼ、ランフォザローゼスは善戦までか といった感じ。

 

皐月賞時は、年明け初戦だったサートゥルナーリアはもちろんのこと、2着ヴェロックスを除く掲示板5頭中3頭を「皐月直行ローテのノーザンF生産馬」が占めたのだから恐れ入る。

 

(当時◎ヴェロックスに託したのも、その叩き2戦目の強みを評価して……という部分が大きかったのだが)

 

この最大ポイントとみている、“皐月叩き台使いで軽々クリア”という事実と、それに密接にリンクするノーザンF(外厩仕上げ)の躍進……。

 

今年のダービーも当然抜きには語れないところだ。

 

◯サートゥルナーリアは、特段書くことはない。

 

最有力馬には当然異論はない。

 

皐月賞回顧に書いた『10回やったら9回勝つ』可能性のある馬。

 

ただし、それは鞍上ルメール込みでの話。

 

さすがに強力なD.レーンといえど、この大舞台では経験値の差は大きいはず。

 

と、これで『10回に8回』に都合よく減らしてみたりもした。 が、……。

 

それでも、単勝1.2倍というわけでもないし、全然この馬の単勝が割にあってしまう計算だ。

 

最終的に1.5倍として、個人的な算出勝率8割なら、回収率120%!十分じゃないか、、、 いや、それはあくまで個人的勝率見立ても含んだ机上の計算での話。

 

瞬発力比べで底知れない可能性を秘めた◎と、1.5倍対5.0倍なら◎ダノンを狙いたい。

 

単純に、ここで1番人気に屈して◎打って、この馬を飛ばしたくない、という別のささやかな願いもあったりして……(笑)

 日本ダービー(東京優駿)2019

www.yosounohone.com

 

スポンサーリンク
 

 

レース前追い切り評価

   2019/5/26(日) 日本ダービー2019 

サートゥルナーリア

中間B  (前々走時)  12/24◎ 助手騎乗かどうか以前に、この時計で11.8-11.8は特筆。

 

次元が違うか、マイラーかどちらかの感じ――助手騎乗

 

12/16も前週日曜同様に終いさすが。

 

さらにこの日は全体時計も自己ベスト――助手騎乗

 

12/9調教は日曜の早い時間帯とはいえさすがの12.0-11.9でフィニッシュ――助手騎乗

 

(3走前時) 10/3調教◯  遅い時間帯に助手騎乗で加速ラップで良好。

 

これまでのよりもかなり遅い時間帯に自己ベスト更新――助手騎乗

【東京11R】

サートゥルナーリア 中間B

【調教注目馬】 5/26(日)東京競馬

www.yosounohone.com

 

サートゥルナーリア 皐月賞2019

 

レース後追い切り評価回顧

2019/4/14(日) 皐月賞 1着

予想➡➡➡△

サートゥルナーリア  中間C+ 評価

(前走時)  12/24◎  助手騎乗かどうか以前に、この時計で11.8-11.8は特筆。

 

次元が違うか、マイラーかどちらかの感じ。――助手騎乗

 

12/16も前週日曜同様に終いさすが。

 

さらにこの日は全体時計も自己ベスト。――助手騎乗

 

12/9調教は日曜の早い時間帯とはいえさすがの12.0-11.9でフィニッシュ。――助手騎乗

 

も、この馬としては全然まだまだという評価。調教面だけでは評価を上げなかった。

 

 

結果➡➡➡1着

並みの馬なら十分好調教だが、この馬としてはそこまで目立つ時計には映らないものばかりだった。

 

もっとも、坂路で速い時計を出していないのは、転厩による調整方法の違いによるものと明白だし、今回は休み明け、(ダービーに向けた)お釣り残し仕様でもある。

 

ここからの調教のケタ違いUPが見られるだろう。

【レース回顧 】4/14 中山・阪神・福島 予想と結果

www.yosounohone.com 

 

スポンサーリンク
 

レース回顧 

2019/4/14(日) 皐月賞2019 1着  

予想➡➡➡△サートゥルナーリア

 

結果➡➡➡1着

 

あえて何か書くことがあるだろうか(笑)

 

ホープフルからの直行で、しかも相手も、◎にしたからって手前味噌でもなんでもなく、結構強かったのに。

 

3着ダノンも含めて。

 

ちょっと失望した。

 

この先の国内戦で、成長力(の他馬との今後の曲線比較)とかの面を抜きにしたら、ほぼこの馬の出てくるレースでの逆転狙い◎が無駄になることを思うと。

 

着差はアタマ差、2着馬に不利を与えていたといえど、今日の競馬は圧勝も圧勝。

 

全力仕上げではない中で、これじゃあ……。

 

基礎能力で言ったら、たぶん5馬身先にいる感じだったはず。

 

ちなみに、この馬にしてはこの中間も全然大した追い切りではない(これも、並みの馬ならA級内容だが、この馬の過去を見ると普通といった感じ)。

 

ダービーに関しては、同じく直行ローテで僅差3着のダノン以外逆転の目はおそらく無い。

 

極限のキレ味勝負で100%ダノン向きレースに振れたとして、ハナ差向こうに分が出てくるだろうか。

 

いちおう、こちらはロードカナロア産駒。

 

いずれにしても押しも押されぬ大本命。

 

その時にとち狂って妄想しないように、忘れないうちに書いておこう。

 

10回やったら9回ほど勝つんだぞ、覚えておきなさい自分w

皐月賞2019 レース回顧

www.yosounohone.com

 

レース前追い切り評価

2019/4/14(日) 皐月賞  

サートゥルナーリア

中間C+

(前走時)  12/24◎ 助手騎乗かどうか以前に、この時計で11.8-11.8は特筆。

 

次元が違うか、マイラーかどちらかの感じ。――助手騎乗

 

12/16も前週日曜同様に終いさすが。

 

さらにこの日は全体時計も自己ベスト。――助手騎乗

 

12/9調教は日曜の早い時間帯とはいえさすがの12.0-11.9でフィニッシュ。――助手騎乗

 

(前々走時) 10/3調教◯ 遅い時間帯に助手騎乗で加速ラップで良好。

 

これまでのよりもかなり遅い時間帯に自己ベスト更新。――助手騎乗

【中山11R】 サートゥルナーリア 中間C+

【調教注目馬】4/14(日)中山競馬

www.yosounohone.com

 

 

PR

競馬新聞よりお得!

日刊スポーツ新聞社が運営する競馬情報サイト

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

 〜オススメの6つのポイント〜

1、出走馬の能力を数値化した日刊コンピ指数がレース前日19時に見られる!

2、元ジョッキー佐藤哲三さんの予想と買い目を見られる!

3、前走のレース動画を徹底分析し、推奨馬を紹介する動画「次は馬かせろ!」

4、美浦、栗東での調教分析からTOP3の推奨馬を紹介!

5、土曜、日曜のメインレースのパドック速報!

6、地方南関東4場(大井・川崎・浦和・船橋)の予想情報提供!

⬇ご登録はこちらから⬇

 

 

 
毎週の重賞予想、追い切り分析、レース回顧はこちら

www.yosounohone.com