競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【神戸新聞杯 2019 予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / 盤石?逆転?迎撃?いや、意外にも天気がもちそうだからこそ「盲点」で

f:id:yosounohone:20190406085146j:plain

――厚く張らなきゃいけない戦いを、このレースでするつもりは無いので、そうした組み立てのファンたちの抜けどころを突きにいきます。

 

目次

 

神戸新聞杯 含む、9/22(日) 阪神競馬の調教注目馬はこちら

www.yosounohone.com

オールカマー2019 予想はこちら 

www.yosounohone.com

9/22(日) オールカマー含む、中山競馬の調教注目馬はこちら  

www.yosounohone.com 

※週明けに重賞予想のレース回顧記事をアップしています。

レース結果から次走注目馬などを紹介していますので、ふり返りや今後の予想にご活用ください。

www.yosounohone.com 

スポンサーリンク
 

神戸新聞杯 2019 レース概要

 

神戸新聞杯 G2

2019年9月22日 4回阪神7日目

発走時間:15:35

阪神 芝右 外2400m

サラ系3歳オープン

2018年優勝 ワグネリアン  牡3  2:25.6  藤岡康太

 

 

神戸新聞杯 2019 枠順

 

1 1 ジョウショームード 牡3 小牧
2 2 ユニコーンライオン 牡3 岩田
3 3 サートゥルナーリア 牡3 C.ルメ
4 4 レッドジェニアル 牡3 酒井
5 5 ヴェロックス 牡3 川田
6 6 シフルマン 牡3 松山
7 7 ヴィント 牡3 竹之下
8 8 ワールドプレミア 牡3

  

神戸新聞杯 2019 過去のレース傾向 

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

  

 

レース、コースともに8割瞬発戦で、2割が平坦戦といった発生率となっている

該当馬➡➡➡サートゥルナーリア、シフルマン、ヴェロックス、ヴィントが適性条件

 

 

「中3週以内の間隔の詰まった馬」や(今年は該当馬はいないが)「10番人気以下」はまず連はなく、厳しいレース

該当馬➡➡➡ジョウショームード

 

 

勝ち馬像としては、「中9週~半年以内」「3勝以上」「OPクラスのレースで上がり1位経験あり」「OP勝利があり、かつOPクラスのレースで上がり1位経験あり」に複数当てはまっている馬が向く

該当馬➡➡➡サートゥルナーリア、ヴェロックスが全てを満たし最右翼、レッドジェニアルが次点、シフルマンが4番手

 

 

といった感じ。

 

スポンサーリンク
 

神戸新聞杯 2019 レース傾向分析 考察&まとめ 

 

菊花賞トライアルとして、阪神2400mを舞台に争われるレースで、ガチガチの年も多く全般として荒れにくい傾向の3歳G2。

それは、ラップ的にダービー上位組がそのまま好走してきて何ら不思議ない条件設定であることとそれら世代上位組がここを王道ローテとして今も素直に使ってくるケースが多いこと、多少の不利があっても挽回可能な距離があって実力勝負になりやすいこと、そもそもここまでのクラシック実績=ほとんど瞬発戦での戦績の結晶であり(大抵の年は、皐月賞だけ異質、となりがち)キレ一級品タイプが世代上位の構図であること(そして、ここも人気するべくして人気して走ってくること)、などが理由としてあるため。

また、そのあたりの傾向を如実に表しているデータとして、2つ目に挙げた「中3週以内ローテ」「10番人気以下」組の不振がみられている。

そして、ここから先の菊花賞制覇云々は(次戦古馬にぶつける府中G1参戦ローテなどもあるため)別として、ダービー→神戸新聞杯の連勝(連続好走)などもみられているように、勝ち馬探しの必要条件としては「中9週~半年以内」「3勝以上」「OPクラスのレースで上がり1位経験あり」「OP勝利があり、かつOPクラスのレースで上がり1位経験あり」を複数満たしていることが目安となっている。

ちなみに、近年では最も人気薄となる7番人気Vをあげた09年イコピコも、4項目オールクリアでの制覇となっている。

 

今週から阪神はBコース替わりとなっていて、当然のように「高速」「絶好」馬場。

前半を時計ひとつ早く入ってもなお、後半も時計ひとつ早くなってといった感じで、とにかく上りが速くなり易いレースが多くなっていて、日曜の雨も現時点(土曜深夜)では最小限に抑えられそうなことから、少頭数でも「レコード駆け」が起こり得る状況。

 

スポンサーリンク
 

神戸新聞杯 2019 予想印は!?ホネ的注目馬!各馬評価まとめ

 

◎サートゥルナーリア

ダービー(◯評価)に続き、特に書くことはない。この少頭数のこのメンバーで、仮に渋っても重馬場とかそういう次元の話を持ち出すべき馬ではないだろう。

今回唯一書くことがあるとしたら、ここまでの調整面くらい。

さりとてこちらも、優秀過ぎてその中間の追い切り内容、過程について多くを語るほどでもなく、2週前の助手騎乗での秀逸時計に、1週前、当週月・木と文句なし。

変化点とすれば、全て「馬なり単走」の極めてソフト仕上げということくらいか。

本命選びに時間を費やしている場合ではない、ということでさっさと相手選びへ。

(ちなみにだが、このレースで1番人気馬は手元の17年集計で(10-4-0-3)とご存知の通り強いのだが、馬券外3頭中2頭は日本ダービーで1番人気を背負って馬券外だった馬で、その意味ではジンクスめいた何かは起こってもいいのかもしれないが……)

 

 

◯ヴィント

◎を評価したら、相手(出来れば穴で……)の行き着き先として、何を選ぶか。

今回最大のテーマになるであろうところだが、血統?実績?脚質?逆に単純能力?とあれこれ考えてみたが、渋る気配もあってそうなると誰もが目を切りがちな「ラップ適性」に重きを置くことにした。

ただでさえ瞬発戦濃厚条件、しかも意外?な感のあるこの馬のもつ瞬発戦で過去4連対が盲点になっているとみて、また経験が生きないかとみて抜擢。

2走前にしぶとく粘りこんで勝利した際の2着ロードマイウェイは、その後3連勝でオープン入りを果たしており、弱い相手を倒しただけの一戦でないことは確か。

ここも少頭数で、好位から運べるだろうし、今の絶好馬場で後半に加速が入るラップなら好勝負になってもいい。

当初、稍重~重くらいになった際の紛れ要員くらいに考えていたところだが(←「コレが普通の発想」、というのが今回の予想、馬券作戦の中枢、骨格=“予想のホネ”)、産駒実績からもヘタに芝の稍重とかになるよりは、限りなく良い馬場で迎えられたほうがかえっていいのかもしれない。

少頭数の時ほど、ヒモがとんでもない方向から飛んできたりするもの。

あとは、いやに攻め強化となっている点が、休み明けでの太目残り懸念からでなく、良い方の理由でのものなら。

けどけど~、G2で竹之下騎手か~......(゜_゜)

 

以下は、極限の切れ味勝負では隙も出てくる▲ヴェロックス、鈍重なワールドプレミアや、鞍上が心許ないレッドジェニアルあたりのおかげで妙味を感じる☆シフルマンを上位に。

 

  

冒頭にも書いてしまったが、「2強だし絞って勝負」の裏は「ヒモ抜けしがちな(3複買い目で真っ先に削りたくなる)穴馬を1頭探して勝負」だ。

  

PR

今なら無料登録で500ポイントプレゼント中!

競馬予想を更に充実させるための予想情報や予想ツールが満載の『競馬最強の法則WEB』

人気予想家の推奨買い目や、「馬王Z」、「RB☆STRIKE!」など、ユーザーが独自に設定した条件に一致する馬券を 自動的に購入することができる、人気の自動投票ソフトも揃っています。また南関東競馬など地方競馬予想も充実!

無料会員登録はこちら⬇
 

 

9/20(土)の調教注目馬はこちら

【調教注目馬】9/21(土) 阪神競馬 前走敗因が稍重に求められるようなら雨模様でむしろ注目の今回となるのは?

 

【調教注目馬】9/21(土) 中山競馬 栗東坂路は今週高速化! それでも11RながつきSで狙いたいのは……

  

競走馬データ 

・フィエールマン・リスグラシュー ・キセキ ・サートゥルナーリア

www.yosounohone.com

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします!

 

Twitter 

 

スポンサーリンク