競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【神戸新聞杯 2019 レース結果・回顧】結構「飛んでた」んじゃない?まさに現代日本競馬の結晶サートゥルナーリアが魅せたラスト2F目

f:id:yosounohone:20190410092340j:plain

――1→2→3番人気、いやもっと言おうか。
1→2→3→4→6→5→7→8番人気決着!
出る幕あるハズないっすm(__)m
 
目次

 

神戸新聞杯2019 予想 

www.yosounohone.com 

神戸新聞杯含む、9/22(土)阪神競馬の調教注目馬はこちら 

www.yosounohone.com

 

スポンサーリンク
 

神戸新聞杯2019 レース結果

 

着順 馬名 タイム 上3F
1 サートゥルナーリア 2:26.8 32.3
2 ヴェロックス 2:27.3 32.5
3 ワールドプレミア 2:27.5 32.3
4 レッドジェニアル 2:27.8 33.1
5 ユニコーンライオン 2:27.8 32.7

 

ホネ的! レース回顧/レース分析 神戸新聞杯2019 

 
9/22神戸新聞杯  ×不的中
 
レース全体の振り返り
  
レース直前から一時的な雨が降り始め、レース中は本降りとなったが、馬場状態に変更はなく良で行われた
 
 
前半1000m63.4秒の超スローから(というか、1000m通過以降もしばらくどスロー)、11.8 - 10.8 - 10.2 - 11.3の超速上がり32.3秒での瞬発戦決着
 
 
レース上がり32.3秒は当然、レース史上最速(よく調べてもいないが、調べるまでもない(^-^;)で非常に速いが、それだけでなく、4コーナー手前でほぼ先頭を奪い切ったサートゥルナーリア自身による上がり3Fタイムであり、しかも終始軽々と運んでマークしているのだから恐ろしい
 
 
ひとつ忘れてた!)土曜から上がりの速いレース(特に10Rブランノワールの上がり33.6秒には驚かされた)がいやに目立っていると思っていたが、「風」の影響があったこの土日の阪神で、日曜中継でもしきりに「風が吹き荒れる阪神競馬場」と言われていた。そして、その風は土日通じて東寄りの10m/s近い風で、これは向こう正面で真向かいの風を受ける状況、すなわち追い風で直線を駆け抜ける状態となる。これが、上がりのスピードを助長していた可能性が高い。まさに、追い風参考記録のタイムであり、時計面では最重要事項のこの点をうっかり見落としていた。 9/23 14:30追記
 

 

スポンサーリンク
 

神戸新聞杯 2019 予想と結果  

 

 

予想➡➡➡◎サートゥルナーリア

結果➡➡➡1

レース全体概要部分(上記)にあまり書きすぎてしまうと、こちら(馬単体パート)に書くことがなくなってしまうほど筆が止まらなくなりそうだった。

そのくらい、レース全体=サートゥルナーリア一色、独壇場だったということ。

レースレベル自体、決着タイムなどからは超ハイレベルということはないレースではあるのだが、あの手応えで先頭から 10.8 - 10.2 - 11.3 を急坂コースで繰り出してくるとは(10.8をラスト3F目に入れて、その後10.2て!!? ハイ、お手上げ~\(-o-)/)。

今の馬場状態やら、1400m地点までが激遅(1分30秒2は過去10年で最も遅い)とか、いろいろとケチをつけようかと思ったのだが、やーーーめた。

見立て通り、瞬発戦なら最強ならぬ“最恐”、ダービーの敗因が「初めての平坦戦(というか、限りなく消耗戦に近い平坦戦と言っていいレベル)」にあったのでは、とラップ的見解に求めた、その通りになってくれたわけだし。

そしてだからこそ、1倍台半ばでも◎を打つべき馬と判断したわけだし(ブログでこんな照れ臭い◎、出来ることならもう二度としたくないけど)。

 

ちなみに、「こんなにスローで流れた年って……」と過去10年ラップを見ていて、「2011年がなかなか近いな、まあ全然上がりがサートゥルには及ばないけど。……ん?11年って・・・」と思ったら、そうオルフェーヴルの年でした。

そして、馬場差云々を差し引いても、少なくともこのレースで“魅せた”瞬発力ではサートゥルナーリアには全然及ばない、名馬オルフェーヴルをもってしても。

—―なるほど、と妙に納得してしまった部分。

たぶん、日本で、というかこの「軽質レース」ジャンルで日本に敵がいないとなれば世界一と言い切ってしまっていいのだが、瞬発戦最強は確実だろう。

 

あとは、(この先隙を突けるとすれば)まかり間違って瞬発戦以外のG1に使ってきたりした時にどうかくらい。

とにかく、この馬に関しては斬れ過ぎるゆえに、脚元にだけは注意して長く活躍して欲しいところ。

  

 

予想➡➡➡◯ヴィント

結果➡➡➡7着

せめて頑張って、前だけは確保しようぜ。以上!

 

 

予想➡➡➡▲ヴェロックス

結果➡➡➡2

もともと、瞬発戦向きではないタイプだけに、このレースでよく普通の1着馬の競馬をしたと思う。

前にいた、「超」1着馬のことは気にしなくていい(笑)(ヤバイ、またサートゥルナーリアのことを書いてしまっている💦)。

スローな流れに、1コーナーでは掛かってもいたし、それでいて後続にきっちりと差をつけての2着は十分好内容。

真剣に、普通なら勝ち馬となっていていい競馬をしていたと思うし、物理的に前にいる馬にあの脚を使われたらそりゃ離されるし、仮にこちらが前に行っていたとしても、激ハイペースで逃げ残るなどを試みない限り、結局交わされていただろう。

そのくらい、今日は相手と条件が悪かった。

 

 

3着ワールドプレミアは、後方から離れた大外を上がり最速で追い込んで、上がりは32.3秒(サートゥルと同じ)をマークしてのもの。

ん?「鈍重」なワールドプレミアはどこいった?(苦笑)

今日のこの馬に関しては、いつも見せるズブさがまったくなく、むしろ向こう正面では掛かるほどの仕草を見せていて、パドックでチャカついて見せていたのも結果的にこの日の行きっぷりの良さに繋がったか。

 

それでも、キレ味勝負では分が悪いヴェロックスに1馬身1/4差と、少し4着以下がだらしな過ぎた結果かもしれない。

 

 

少頭数で、しかも◎がサートゥルナーリアになった時点で、相手に2頭人気馬、というかただの人気順決着になれば、当ブログが当たるはずもない。

というか、当てちゃいかんやろ、予想としてじゃなくて、ホネの存在意義としては。

 

 

いつだって期待外れ 裏切るのはいつも僕~

頑固だけ~の~ロックマン~♪

(いや、結構、プライベートでは丸く柔らかくなったのよ、これでも)

 

PR

入会費、年会費無料で全国58レースの馬券、車券が買えるオッズパーク!

そしてオッズパークで馬券を買えば最大10%がポイント還元されます。

また予想情報や予想印、ネット新聞、地方競馬ライブ中継がすべて無料です。

⬇簡単無料の新規会員登録はこちらから⬇

 地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク
 


先週重賞予想はこちら

【オールカマー 2019 予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / 「ウインブライトの逆」「レイデオロの逆」 誰もが認める舞台巧者に注目が集まる時にこそ狙う◎

 

9/21(土)、9/22(日)の調教注目馬はこちら

 

【調教注目馬】9/21(土) 阪神競馬 前走敗因が稍重に求められるようなら雨模様でむしろ注目の今回となるのは?

 

【調教注目馬】9/21(土) 中山競馬 栗東坂路は今週高速化! それでも11RながつきSで狙いたいのは……

 

【調教注目馬】9/22(日) 中山競馬 G2オールカマー 中間地味な中で1週前坂路追い切りに好感の伏兵とは?

 

【調教注目馬】9/22(日) 阪神競馬 神戸新聞杯 サートゥルナーリアがこれだけ動くのは……

 

競走馬データ

・フィエールマン・リスグラシュー ・キセキ ・サートゥルナーリア

www.yosounohone.com

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします!

 

Twitter 

 

スポンサーリンク