競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【札幌記念 2019 レース結果・回顧】そっちが日本代表⁈うん、でも春の高速京都ウィナーよりは、暮れのGPホースでOK

f:id:yosounohone:20190410092340j:plain

 
――とは、言ってみたものの……この中に凱旋門賞日本代表、いなくね?申し訳ないけど。
馬をロンシャンに連れてくよりも先に、日本の馬場造園科をどんどん送り込むのが先でしょ、どう考えたって。
 
目次

 

札幌記念2019 レース結果

 

着順 馬名 タイム 上3F
1 ブラストワンピース 2.00.1 34.9
2 サングレーザー 2.00.1 35.6
3 フィエールマン 2.00.3 34.9
4 ワグネリアン 2.00.3 35.9
5 ペルシアンナイト 2.00.4 35.4

 

スポンサーリンク
 

 

ホネ的! レース回顧/レース分析 札幌記念2019 

 
8/18札幌記念  ×不的中
 
レース全体の振り返り
  
スタートを決めたエイシンティンクルが逃げて、後続を5馬身ほと離して前半1000mを59.9秒で通過する流れ
 
 
台風による金曜までの影響か平均的に時計の掛かる馬場になっていたことを思えば遅くもなく、速くもなくといったところか。加えて、向こう正面追い風の一日となっていて、前半はペースが上がりやすく後半は止まりやすい傾向もこの日はみられていた
 
 
12.0 - 12.0 - 11.9 - 12.2での平坦戦決着を、最内枠からインで進めたブラストワンピースが2列目から抜け出してV。2着は、こちらもインベタから直線では早め先頭で内ラチを粘り込んだサングレーザー

 

ブログランキング上位を目指し頑張っています!もし記事が参考になりましたら、クリックで応援していただけると嬉しいです!

※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。現在60位前後におります。

先々週、気持ちよく◯◎的中できた関屋記念。しかし、関屋記念というと、個人的にはちょっと苦い過去があるレース。
レッツゴーキリシマ-セイクリッドバレー-リザーブカードで決まった2010年。当時の職場の上司と毎週のように馬券に明け暮れていた”ホネ紀元前”時代、馬券も今のように1Rから参戦ではなく重賞のみに絞ってそのぶん3連単多点買いで高配を引っ掛けるようなスタイル。
レースが先の3頭で決まり、3連単は13万オーバー決着。200円分買ってたっけかな~と、意気揚々にIPAT画面を見てみると……^_^
買う前の画面やん……^_^
よし、一旦落ち着こう、そぉーっと目を開けてみよう……目をこすってもみよう……( i _ i )
まさかねぇ、後にも先にも買い間違いこそあっても、全ての買い目をセットした状態のまま購入未完了なんてこの時だけ。
外れて大損の時はちゃんと買えてるのに、どうしてこんな時に買えてないんだー!と嘆いたのは言うまでもありませんでした。皆さんも、注意力散漫になりがちな連日の暑さ、買いそびれにはご注意を!
予想編に書くようなことでもなく、こちらに書かせて頂きました。夏がく~れば、思い出す~。では(^^)/

 

スポンサーリンク
 

札幌記念 2019 予想と結果  

 

予想➡➡➡◎クルーガー

結果➡➡➡8

まずスタートで挟まれ1コーナーを後方3番手での入りで苦しくなってしまった。

直線は8〜9番手あたりで迎えると、インを突こうとしたが下がってくる馬の後ろになってもいた。

内枠で逆にそれが仇となってしまってはやむなし。

 

 

予想➡➡➡◯ペルシアンナイト

結果➡➡➡5

直線半ばでは一瞬内を抜け出した1〜2着に迫るか⁉︎という伸びを見せていたが……、最後の1Fで完全に止まってしまい、4着馬も交わせず5着に敗れた。

ただ、道中ずっと力みっぱなしでのこの止まり方からは、距離適性は確かに他に譲るが、この馬自身が2000m自体がダメという感じはしなかった。

むしろ3コーナーでの手応えは3着フィエールマンより良かったし、前半の消耗さえもう少し抑えられていれば仮に3着はこちらだっただろう。

馬もそうだが、折り合わせられなくなってきている鞍上にも心配を覚えてしまうレースだった。

……と、この馬に関して大事なことを一つレース後に思い出した。「クロコスミアを休み明けで軽視するなら、この馬もだろ~」と。

そう、この馬も休み明けNGの馬だった。

ちなみに、昨日ホネは、祭りに行った翌日だったわけだけど、これぞ本当の「後の祭り」。いよっ!(「いよっ」じゃない、反省、反省(^^;)

 

 

予想➡➡➡▲フィエールマン

結果➡➡➡3

やはり中距離での指数はまだG1級とはいえない印象をそのまま表したような3着。

2倍台では懐疑的にみて、3倍は欲しい(=3回に2回は負けて不思議なし)という判断から3番手にとどめた今回だったが、どうやら間違っていなかった様子。

少なくとも、中距離なら直線の長さは欲しい。

そして一方で、長距離になってくると、行きたがってしまう部分もあって鞍上の手腕頼みになる、勝ち切るには意外に課題の多い馬。

 

 

 

予想➡➡➡☆サングレーザー

結果➡➡➡2

スッと好位に収まり理想的なタイミングで抜け出して勝ちパターンだったのだが、目標にされた分と鞍上の差で非常に惜しい2着だった。

ベストの渋った馬場ではなくとも、今回で(3.1.0.0)としたその洋芝適性に賭けた点は良かったのだが……。

 

スポンサーリンク
 

 

1着△ブラストワンピースは、やはりこの少し時計が掛かるようになった馬場も良かった印象で、この馬で内でしっかりと脚を使い切らせた鞍上も見事だった。

大型馬だけに、このコースではガシガシ追ってやらないとやはり厳しかったはずで、今日のクビ差Vは紛れもなく鞍上の殊勲によるところが大きい。

 

ワグネリアンは両前脚落鉄とのことで、(その割り引きあってのこの僅差好走ならば)評価を下げ過ぎだったかもしれない。

詰めて使えないので、本領発揮は「?」とみることもできる一方で、陣営が毎回勝負にきている(叩き台などこの馬にはない)こともまた事実であり、もう少し警戒しておいたほうが良さそう。

恐らく今回もそう高いレースレベルにはならなそうであるとはいえ、いくら近走(それぞれのレース格的に)低レベル戦に上手いことはまっているとはいえ……。

 

他では、結構自信があったクロコスミアの軽視。

調教があれだけ良かったので、好走視野も考えなくはなかったが、やはり休み明けで全くパフォーマンスを発揮してこなかった印象で割り引いて正解だった。

そもそも、札幌ダートでの好調教は去年も同様だったし、このレースでこれだけ外枠から1〜2番人気以外では苦しいだろう、というのが最終的に軽視を後押ししたのだが、後者については来年以降も注目ポイントとしておきたい。

 

 

しかしまあ、この振り返り記事を書いていて気付いた、最大の凡ミス「◯ペルシアンナイト」。

そこさえ、しっかりしておけば、◎はともかく▲☆△ではなく、◯▲☆として攻略の目も残せそうなものだったのに……。

あーあ、都合のいいほうにだけ「休み明け論」使って、フェアな目で見られなかったわ~。

 

ん?けど、それに気づけたのは考えようによっては、この回顧記事ならではの賜物ではないか!?

持ち前のプラス思考発揮にて、真夏の大一番・札幌記念の終了となりま~す。

 

PR

入会費、年会費無料で全国58レースの馬券、車券が買えるオッズパーク!

そしてオッズパークで馬券を買えば最大10%がポイント還元されます。

また予想情報や予想印、ネット新聞、地方競馬ライブ中継がすべて無料です。

⬇簡単無料の新規会員登録はこちらから⬇

 地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク
 

競走馬データ

 

www.yosounohone.com 

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

スポンサーリンク