競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【中山金杯 2020プレ考察】過去のレース傾向分析 / 12年連続勝ち馬は人気筋の◯◯◯◯◯◯馬から

f:id:yosounohone:20190322204840j:plain

 


――ルメ様は不在、バカンスなり(笑)

 

目次

 

中山金杯 2020 予想 

www.yosounohone.com

中山金杯 2020 含む、1/5(日)中山競馬の追い切り注目馬 

www.yosounohone.com 

中山金杯 京都金杯 追い切り

www.yosounohone.com 

京都金杯 2020 予想

www.yosounohone.com

京都金杯 2020 含む、1/5(日)京都競馬の追い切り注目馬 

www.yosounohone.com

1/6(日)京都競馬の追い切り注目馬 

www.yosounohone.com

1/6(月) 中山競馬の追い切り注目馬 

www.yosounohone.com

 

中山金杯 2020 レース概要

 

中山金杯 G3

2020年1月5日 1回中山1日目

発走時間:15:35

中山 芝右2000m

サラ系4歳以上オープン

2019年優勝馬:ウインブライト 牡5 1:59.2 松岡正海

 

 

中山金杯 2020 枠順

 

1 1 テリトーリアル 牡6 藤岡康
1 2 ブラックスピネル 牡7 津村
2 3 クレッシェンドラヴ 牡6 内田博
2 4 ノーブルマーズ 牡7 ミナリク
3 5 レッドローゼス 牡6 田辺
3 6 マイネルハニー 牡7 横山武
4 7 トリオンフ セ6 三浦
4 8 ウインイクシード 牡6 松岡
5 9 ギベオン 牡5 フォーリ
5 10 シャイニープリンス 牡10 勝浦
6 11 アンノートル 牡6 柴田大
6 12 タニノフランケル 牡5 石橋脩
7 13 イレイション 牡8 北村宏
7 14 メイショウエイコウ 牡6 大野
8 15 カデナ 牡6 鮫島駿
8 16 マイネルサーパス 牡4 丹内
8 17 ザダル 牡4 マーフィ

 

 

中山金杯 2020 過去のレース傾向 

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

  

 

勝ち馬は、「55キロ以上で単勝10.0倍未満」から

該当馬➡➡➡イレイション、ウインイクシード、カデナ、ギベオン、クレッシェンドラヴ、ザダル、シャイニープリンス、タニノフランケル、テリトーリアル、トリオンフ、ノーブルマーズ、ハッピーグリン、ブラックスピネル、ブレステイキング、マイネルサーパス、マイネルハニー、レッドローゼズのうち、人気するであろうギベオン、クレッシェンドラヴ、ザダル、ブレステイキングあたりか

 

 

基本的に「斤量増馬」を狙うべきレース

該当馬➡➡➡ギベオン、クレッシェンドラヴ、トリオンフ、ブラックスピネル

 

 

「今回1~4枠に入った、前走(JRA)で前走4角5番手以内だった馬」が安定

該当馬➡➡➡枠順確定待ち

 

 

といった感じ。

 

スポンサーリンク
 

中山金杯 2020 レース傾向分析 考察&まとめ 

 

「斤量増馬」が狙い目となる東の幕開けとなるレース。

手元の資料では、前走比で斤量が増えていた馬は(13-7-7-21)となっていて2頭に1頭以上は走ってきている。

その確率が示す通り、斤量増馬が2頭以下の年はやはり該当馬の好走率は相当高く、昨年のウインブライト(1着)を含め該当の近6年で1頭もしくは2頭が必ず好走している。

 

その「斤量増」傾向とも関連してくるが、斤量別成績でも、~53kg(0-0-1-28)、53.5~55kg(2-3-5-49)、55.5~57kg(6-6-3-53)、57.5~59kg(3-2-2-9)(全て近11年集計年)と斤量を課された組の好走が顕著で、昨年はウインブライト、ステイフーリッシュの1〜2着が56キロ以上勢から好走している。

このあたりは、冬場で馬場が高速化しないことも一つの理由だろうが、もう一つ、軽量だと乗れないことの多い短期免許来日中ジョッキーが有力馬に乗っているパターンも含まれるからと考えられる。

なお、勝ち馬は「55キロ以上で単勝10.0倍未満から」というパターンが、12年連続で続いている。

 

 

また、「1~4枠だった馬のうち、前走がJRAで4角5番手以内だった馬」というのが近10年で(6-4-4-10)となっていて、前走で先行していた馬の内枠入りは有利で19年はタニノフランケルが9番人気で3着している。

 

というわけで、週半ば段階では、枠順発表を待つまでもなくギベオン、クレッシェンドラヴ、トリオンフ、ブラックスピネルの4頭が注目株となり、特に先の理由からはギベオンに注目必至となるか。

  

  

PR

競馬新聞よりお得!

日刊スポーツ新聞社が運営する競馬情報サイト

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

 〜オススメの6つのポイント〜

1、出走馬の能力を数値化した日刊コンピ指数がレース前日19時に見られる!

2、元ジョッキー佐藤哲三さんの予想と買い目を見られる!

3、前走のレース動画を徹底分析し、推奨馬を紹介する動画「次は馬かせろ!」

4、美浦、栗東での調教分析からTOP3の推奨馬を紹介!

5、土曜、日曜のメインレースのパドック速報!

6、地方南関東4場(大井・川崎・浦和・船橋)の予想情報提供!

⬇ご登録はこちらから⬇

 

競走馬データ 

・アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter 

 

スポンサーリンク