競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【京都金杯 2020プレ考察】過去のレース傾向分析 / 登録26頭もいて1頭も“いない”のもまた珍しい……

f:id:yosounohone:20190421081135j:plain
 


――斤量増馬不在。

今年のキーポイントとなりそうですが、それが全26頭特別登録段階からというものまた……。

 

目次

 

京都金杯 2020 予想

www.yosounohone.com

京都金杯2020含む、1/5(日)京都競馬の追い切り注目馬

www.yosounohone.com

中山金杯 2020 含む、1/5(日)中山競馬の追い切り注目馬 

www.yosounohone.com

 中山金杯 京都金杯 追い切り 

www.yosounohone.com

中山金杯 2020 プレ考察  

www.yosounohone.com

中山金杯 2020 予想 

www.yosounohone.com 

1/6(日)京都競馬の追い切り注目馬 

www.yosounohone.com

1/6(月) 中山競馬の追い切り注目馬 

www.yosounohone.com

 

京都金杯 2020 レース概要

 

京都金杯 G3

2020年1月5日 1回京都1日目

発走時間:15:45

京都 芝右 外1600m

サラ系4歳以上オープン

2019年優勝馬:パクスアメリカーナ 牡4 1:34.9 川田将雅

 

 

京都金杯 2020 枠順

 

1 1 エメラルファイト 牡4 石川
1 2 マルターズアポジー 牡8 松若
2 3 サウンドキアラ 牝5 松山
2 4 オールフォーラヴ 牝5 和田
3 5 メイケイダイハード 牡5 柴山
3 6 ダイアトニック 牡5 北村友
4 7 ボンセルヴィーソ 牡6 太宰
4 8 ドーヴァー 牡7 福永
5 9 ストロングタイタン 牡7
5 10 マイネルフラップ 牡4 国分優
6 11 ハッピーグリン 牡5 吉田隼
6 12 タイムトリップ 牡6 岩田康
7 13 カテドラル 牡4 武豊
7 14 ブレステイキング 牡5 藤岡佑
7 15 モズダディー 牡5 酒井
8 16 エントシャイデン 牡5 坂井
8 17 メイショウショウブ 牝4 池添
8 18 ソーグリッタリング 牡6 川田

 

 

京都金杯 2020 過去のレース傾向 

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

  

 

「中6週以内」というのがほぼ必須条件のレース

該当馬➡➡➡エメラルファイト、エントシャイデン、オールフォーラヴ、カテドラル、キョウヘイ、サウンドキアラ、ストロングタイタン、ストーミーシー、ソーグリッタリング、タイムトリップ、ダイアトニック、テリトーリアル、ドーヴァー、ハッピーグリン、ブレステイキング、プラチナムバレット、ボンセルヴィーソ、マイネルフラップ、メイケイダイハード、メイショウショウブ、モズダディー、ロジクライ

 

 

京都マイル以上戦V実績のある(同マイル未満連対なし)1~4枠馬」が09年以降17年まで9年連続V

該当馬➡➡➡確定前の枠順はともかく、以外を満たすのはエメラルファイト、エントシャイデン、オールフォーラヴ、キョウヘイ、ストロングタイタン、ソーグリッタリング、テリトーリアル、プラチナムバレット、モズダディー、ロジクライ

 

 

東の中山金杯同様、「斤量増馬」も様々なパターンで好走率が高い

該当馬➡➡➡(今年は登録段階から)なし

 

 

といった感じ。

 

スポンサーリンク
 

京都金杯 2020 レース傾向分析 考察&まとめ 

 

西の幕開けを告げる名物ハンデ重賞。

こちらも、中山金杯と同様に「斤量増馬」が好パフォーマンスとなっているのだが、京都金杯の場合にはそれ以上にまず「中6週以内」ローテというのが顕著な傾向として挙げられるレース。

中6週以内ローテだった馬は、近18年集計でみても全好走馬54頭中52頭を占めており、この時期ゆえの絞りにくさと、京都マイル戦のレース質において間隔が空くことがそれだけ不利に働くというあたりが理由だろうか。

 

ちなみに、上にもあえて挙げたが、「斤量増馬」については今年は“登録段階から”不在。

きちんと調べた訳ではないが、近年の好走馬をザッと見るだけでも、1頭も存在しない、しかも登録時点からというのはかなりレアな状況なのではないか。

 

また、京都芝1600m以上でのレースV経験がある馬が1~4枠に入ると勝率がグンと上がる印象で、過去11年中では近2年(18年,19年)の勝ち馬以外は全馬が該当しているパターン。

ただし、京都芝1600m未満戦で連対経験があるような馬は良くない印象なので、1600m以上Vがあっても未満戦でも勝ち負けしているような馬は除外したほうが良さそう。

あくまで、マイル以上での活躍だけが欲しく、かつ1~4枠の馬ということになってくる。

ただ、先述の通り、ここ2年はこの「内半分の枠に入った」という法則は崩れており、その点は注意が必要。

もっとも、18年は前年17年秋の極悪馬場(キセキの菊花賞など)を引きずっての馬場状況、19年も2年連続1分34秒台決着のレースとして異変が見られているここ2年だったことに加え、上位2頭(パクスアメリカーナ、マイスタイル)ともに外枠からでも直線では内から3~4頭分の所を通っていたことなど、ある程度理由付けは出来ており、馬場状態と展開次第では6枠くらいまで広めに見ておくのもありだろう。

  

とりあえず、こちらは斤量を課された馬不在状の況も含めてどの馬をというのは現時点ないが、その意味でも時計の掛かり方には注目しておきたいかなという印象。

  

PR

競馬新聞よりお得!

日刊スポーツ新聞社が運営する競馬情報サイト

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

 〜オススメの6つのポイント〜

1、出走馬の能力を数値化した日刊コンピ指数がレース前日19時に見られる!

2、元ジョッキー佐藤哲三さんの予想と買い目を見られる!

3、前走のレース動画を徹底分析し、推奨馬を紹介する動画「次は馬かせろ!」

4、美浦、栗東での調教分析からTOP3の推奨馬を紹介!

5、土曜、日曜のメインレースのパドック速報!

6、地方南関東4場(大井・川崎・浦和・船橋)の予想情報提供!

⬇ご登録はこちらから⬇

 

競走馬データ 

・アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter 

 

スポンサーリンク