競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【小倉記念2019 レース結果・回顧】メールドグラース華々しい重賞3連勝達成の陰で・・・・・・

f:id:yosounohone:20190410092340j:plain

 
――しかしまぁ。こっちが、レパードSより前半1000m通過タイムが遅くなるなんて、思わなんだ。。。(°_°)

ホースレーシングってのは、本当に生きものだなぁ。

 
目次

 小倉記念 2019 予想

www.yosounohone.com

【調教注目馬】8/4(日)小倉競馬  

www.yosounohone.com

 

小倉記念2019 レース結果

 

着順 馬名 タイム 上3F
1 メールドグラース 1:58.8 34.9
2 カデナ 1:58.8 34.7
3 ノーブルマーズ 1:58.9 35.3
4 タニノフランケル 1:58.9 35.4
5 クリノヤマトノオー 1:59.0 35.2

 

スポンサーリンク
 

 

ホネ的! レース回顧/レース分析 小倉記念2019 

 
8/4小倉記念  ◯的中
 
レース全体の振り返り
 
前日〜当日と、この好天続きの状況にしては思ったほど時計が出ない、不思議な馬場。
結果、前半1000m1分00秒4の小倉記念としてはかなりのスローペースなのに、上がり34秒台とかにはならなかった
 
 
11.5 - 11.6 - 11.6 - 12.2(上がり3F35.4秒)で消耗戦決着となり、1分58秒8と近年の良馬場で行われたこのレースとしてはかなり遅い
 
 
後方から外を回して伸びたメールドグラース、カデナによる、差し・追い込みワンツーで決まる
 
 
指数は異例の低さで2000年以降の小倉記念としてはワーストレベル(最下位クランモンタナVの16年に迫ろうかというもの)で、内容は無かったとしなければならない一戦
 

 

ブログランキング上位を目指し頑張っています!もし記事が参考になりましたら、クリックで応援していただけると嬉しいです!

※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。現在60位前後におります。

ここのところ虫取りが楽しくなってきたらしいチビ。元気よく「むしとりしたい〜!」と言って、相方と公園へ出かけたらしいのですが、いざ虫を見つけると「・・・こわい」を連発だそう。結局、虫取りをするのも、虫かごに入れるのも、帰りに逃がすのも、ぜーんぶ相方がやったそうな.......。捕まえた後のかごの中の観察は良いようですが。。。ぴょんぴょんこっちに来たり、読めない動きが怖いのかな? 実は、私も魚以外はちょっと苦手。カブトムシすらダメになってしまった今日この頃のオジサンです、良かった相方が虫得意で......(^o^;) 
完全夏モード!! この場を借りて暑中見舞い気分のホネより、日頃の応援に御礼申し上げますm(__)m 皆さん、くれぐれも健康にはお気を付けください。

 

 

スポンサーリンク
 

 

小倉記念2019 予想と結果  

 

予想➡➡➡ノーブルマーズ

結果➡➡➡3

唯一の好位からの馬券。

内のタニノフランケルらが沈んだことを思えばよく頑張ったほうで、見立て通り徐々に本調子になりつつある様子。

ただ、まだまだ調教内容は良かった頃にまでは到達していない印象で、上昇余地を残す。

そして、前半がスローで流れた割に、持久力勝負になったことが最大の好走要因。

 

 

予想➡➡➡◯クリノヤマトノオー

結果➡➡➡5

前半1分00秒4通過を見た後でのゴール直後の印象では、てっきり瞬発戦になって伸びあぐねたかとも思った(実際には、消耗戦にまでなっていたわけだが)。

この馬にとっては、これで時計的に限界だったのかもしれない。

時計の掛かる(=その意味でも冬場や渋った馬場)平坦戦狙いというのが、今後のポイントか。

内に入れるのがこの馬に乗った時の和田騎手のパターンになっているが、それも今日が外差し決着になったことを思えば裏目に出た印象。

 

 

予想➡➡➡▲メールドグラース

結果➡➡➡1

外を回ってきっちりと差し切っての勝利で、さすが適性条件に出てきただけのことはあるといった感じ。

あとは、57.5キロとはいえ、この走破タイムだったことと、ラストでカデナに詰め寄られている点がどうか。

レース直後の感想としては、指数的に見ても凡戦様相なら少し物足りない内容かとみていたところ、やはり先述の通り低調なものになっていた。

いずれにせよ、瞬発力で勝負できる馬ではないことがよりハッキリしてきていて、使い方もそれに徹底して合わせている。

これを崩して参戦してきた時には、全力で嫌うシーンだろう。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

2着☆カデナは、ちょうど並列評価とした☆アウトライアーズと並んでの序盤最後方追走の競馬。

メールドグラースの内の窮屈なところを通って伸びたが、ゴール前にかけての伸びは同馬を凌ぐものもあった。

ただ、決着指数からすると、どちらかというと「今のカデナでも、斤量差があったとはいえメールドグラースに肩を並べる競馬ができるようなレースだった」という感じ。

 

一方の☆アウトライアーズは、カデナと違い内に入れたことでハズレくじを引いてしまった格好。

鞍上も「下手に乗ってしまった」とコメントしていて、少しもったいない競馬だった。

上がりは3位を記録していて、好調期には違いないだろうし、人気もしないだけに、それ(好調)だけでも狙い続ける価値のある馬。 ☆次走注目馬☆


人気を集めた、アイスバブル、アイスストームについては不明な部分が多いが、前者はおそらくなぜか時計が速くない馬場が合わなかった(目黒記念当時は超高速馬場)、後者は夏場に負けた、そんな印象。

 

 

◎▲を中心に、少額◎☆も抑えていたためそこそこの回収には至った今年の小倉記念。

ただ、並列☆カデナ、☆アウトライアーズのうち、カデナのほうを過剰人気として配分をアウトライアーズに寄せていってしまったのが大きく弾けられなかった要因。

まあ、所詮ハンデ戦だし、オッズ的にもこれは仕方なかったと割り切りたい。

 

  

PR

入会費、年会費無料で全国58レースの馬券、車券が買えるオッズパーク!

そしてオッズパークで馬券を買えば最大10%がポイント還元されます。

また予想情報や予想印、ネット新聞、地方競馬ライブ中継がすべて無料です。

⬇簡単無料の新規会員登録はこちらから⬇

 地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク
 


先週のレースとレース回顧はこちら

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

 

www.yosounohone.com

 

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

ブログランキング上位を目指し頑張っています!もし記事が参考になりましたら、クリックで応援していただけると嬉しいです!

※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。現在60位前後におります。

競走馬データ

 

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

スポンサーリンク