競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【エルムS 2019 レース結果・回顧】◎ハイランドピーク2着を後押しした3年連続の・・・

f:id:yosounohone:20190410092340j:plain

 
――3年連続の消耗戦になりましたね〜。
ジョッキーもあるのかもしれませんね、この時期のここに使ってくる馬に乗る面々という要因が、そのハイペースを助長しているのかも。
 
目次

エルムステークス2019 予想

www.yosounohone.com

【調教注目馬】8/11(日)札幌競馬はこちら

www.yosounohone.com 

エルムステークス2019 レース結果

 

着順 馬名 タイム 上3F
1 モズアトラクション 1:41.9 36.0
2 ハイランドピーク 1:42.2 36.6
3 サトノティターン 1:42.4 36.0
4 レッドアトゥ 1:42.4 36.5
5 リアンヴェリテ 1:42.4 37.7

 

スポンサーリンク
 

 

ホネ的! レース回顧/レース分析 エルムS2019 

 
8/11エルムS  ◯的中  ◎10番人気2着‼️\(^o^)/
 
レース全体の振り返り
  
前半900m通過52.5秒は、不良馬場の年を含めても過去10年最速(1000m通過は58.5秒)。というか、たぶん52秒台自体レース史上初
 
 
予想編に記した「稍重馬場で、不良馬場並の時計が出る馬場」が示す通りの、元々が高速馬場の今開催の札幌ダートで行われた
 
 
レース時点では「稍重」まで回復して行われ、決着タイムは2014年(不良)と同タイムの1分41秒9を記録。
※実際には、前半ガリガリいった今年のほうが時計短縮につながっており頭数も違うので、先の「稍重でも不良馬場並み」は正確な表現ではないが、額面上は同タイム決着となった
 
 
超ハイペースの縦長で、しかも時計の出る馬場ということで、やはり基本的には4コーナーではある程度前に付けていないと・・・という展開になり、1着モズアトラクション、2着ハイランドピークはそれぞれ5番手、4番手で直線を迎えての好走となった
 
 
12.1 - 12.3 - 12.4 - 12.6となって消耗戦。これで17年から3年連続消耗戦決着となった

 

 

ブログランキング上位を目指し頑張っています!もし記事が参考になりましたら、クリックで応援していただけると嬉しいです!

※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。現在50位前後におります。

家族3人で歩いてる時、チビの腕に何かがぺとっ。突然のことに「うわぁぁぁあーーーん」と泣き出す始末。「虫か⁉︎(なんか刺される痛いやつか?前回このコーナーに「虫がダメに……」なんて書いたら、早速そんなこと言ってられないシーンが来ちまったか)」と思ってよく見てみると、鳥の💩……。ホッとしつつ、その運にあやかりたいなと思ったホネである。
チビがツイてるホネへの応援、いつもありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク
 

 

エルムS 2019 予想と結果  

 

予想➡➡➡◎ハイランドピーク

結果➡➡➡2

やはり行き脚がつかず、序盤は先行4頭から離れた中団グループの7番手あたりを追走の構えに。

手応えが良いようには映らない、ここのところの苦戦様相を道中ずっと漂わせながらも、この馬を良く知る横山和生騎手は構わず懸命のゲキを飛ばし続ける。

これで火がついたか、徐々にポジションを押し上げることに成功し、3コーナー過ぎからムチが飛ぶなか4番手で直線へ。

前で粘り込みを図った、リアンヴェリテ、タイムフライヤーを徐々に射程圏に入れると最後まで力強く伸びて2着に浮上してゴール。

鞍上は「まだ復調途上」とコメントしていたようだが、同時に「この日は、返し馬から良かった」とも強調しており、一定の復調は果たしたとみて良さそう。

それもこれも、やはりこの札幌の地での中間の追い切りやこの鞍上への手戻りというカンフル剤注入を経てのものだろう。

正直、この中団からの競馬になって、1キロ課された状態で今のリアンヴェリテを交わしてくるとは驚きだったが、直線での伸びはまさしく馬自身の力あってこそ。

鞍上のファインプレーだけでは、4〜5着が関の山だっただろうし、人馬ともに本当に“良くやって”の2着という感想。

今後に向けては、舞台、その土地の水以外では、「今日のように少しでも渋った馬場であること」「同様に、高速馬場であること」「テン乗り以外でガシガシ追えるジョッキーであること」「レースが消耗戦寄りになること」などをポイントとしておきたい。

そして、先行馬でもなんでもなく、最早たぶん差し馬(マクリ馬)になっていることも忘れないでおきたい。

 

 

予想➡➡➡◯リアンヴェリテ

結果➡➡➡5

好走マスト条件と言っていい逃げが打てず、しかも前半900m52.5秒の流れを2番手で運び、4コーナー先頭の競馬から3着と着差なしの5着に粘ったのだから、何も文句は言えない。

本当に良くやっているし、想定通りの苦しい展開でそれでも想定の範囲内で格好をつけてきた、といった感じ。

今回の売れ方もそうだった「やっぱりこの馬は同型がいると厳しい」という5着とみるよりは、「同型がいても、普通のレベルの先行激化程度なら返り討ちにできる」という、予想段階の見立てに自信を深めたい、そんな5着だったと思う。

 

スポンサーリンク
 

 

勝った▲モズアトラクションは、まさに直線の入りとして理想的な位置取りで運んでの優勝。

平安S2着の頃は、一発狙っての極端な競馬でしか戦えない馬かと思ってみていたが、前走、そして今回などは完全に“立ち回る”競馬で好走を果たしており、濃い内容になってきている。

あとは、稍重まで回復してくれたことも、好走の後押しになったはず。

今後については、藤岡康騎手が毎回言う「急かすと良くない馬」が裏目に出るシーン(押し上げて行ったけど、あれ?今日は不発⁉︎)や、土曜のように不良馬場にまでなった時が課題か。

 


3着サトノティターンは、57キロを背負って初の重賞好走と、さすがマーチSで「G1好走級」指数をマークしただけのことはある。

漁夫の利と言えばそうだが、この展開と位置取りで漁夫の利を得るのはそう容易いことではない。

しかも、休み明けで、580キロ(+10キロ)で、テン乗りの藤岡佑騎手であの位置から3着争いを制したのは立派。

指数的にもこれでこの馬の本領には到達していないものにとどまっている印象で、勝ち馬以上にこの先の期待は大きい。

この高速・小回り決着に対応してきたこと自体が、この馬にとっては大きな収穫

 


そして、それ以上かもしれない好内容を示したのが、「最終的なオッズ次第では本命級まで」と評していた△タイムフライヤー(最終的にもオッズ下落が見られず、そのまま相手の1頭にとどめたが)。

このペースを前受けで運んで、楽々の手応えでの追走、リアンヴェリテと直線で互角に渡り合ってと、着順こそ6着だっものの初ダートでこの内容は期待以上。

誰がみても強い内容過ぎて、特に書くことがないくらい、素晴らしいダート替わり初戦だった。

鞍上も「うなって走っていましたね。すごく良かったです。ダート向きの走り」とコメントを残した。←8/14追記 ☆次走注目馬☆

 


☆ドリームキラリは、中間一頓挫あって予定していたレースを使えずの参戦だったし、稍重まで回復してしまったことも逆風で度外視可能。

何より、リアンヴェリテに絡まれてのこのペースでは、ベストコンディションで迎えていたとしても苦しくなって当たり前というもの。

その意味でも全く悲観する必要はなく、むしろ、仮に来年も出てくるなら、来年こそ『“2匹目(今年のハイランドピーク)”はココ』として狙いたいくらい

 


グリムは、もともと眼中になかったように、スピード対応への不安をモロに露呈しただけ。

悲観もなく、評価もなく、要はグリムはグリムだったというのが全てだと思う。

確かに、アンタレスSでは「中央での時計対応」をある一定で示し、その点に充実度は感じていたが、それでもアンタレスSは瞬発戦

今日の道中追っつけ通しの挙動こそが、この特殊なまでのハイラップ消耗戦でこの馬の弱点を如実に示しいたように思う。

 

 

 

鞍上も首を傾げる敗戦(←武豊騎手ともあろうお方なら、内心見抜いていたはずで、それすら建前とみているホネだが)として、その“リップサービス”によって「どうしたんでしょう?」敗戦として片付けられるこのエルムS7着なのだろうが、戦歴・ラップ適性からはバレバレ感が否めない。

だから、それでも1番人気リアンヴェリテ想定で予想していたわけで、これだけ人気を集めていたグリムに1mmも揺るがなかったのはその消耗戦適性の低さ故(「1mmも」というのは嘘だが(笑)さすがにこんなに人気しているのを見て、少し戦績は見返した)。

 

 

 

予想全般として、単勝10番人気◎ハイランドピーク単複の姿勢で正解。

有力とはいえ◯リアンヴェリテは不安材料あり、グリムもアテにならないとの、単複ベターへ行き着いた過程も正解と、自分でもまさかの神通力発動の今回。

 

・消耗戦耐性

・穴なら、先行・マクリタイプorリピーターやローカル小回り1700m適性馬

 

を、予想の骨組みとして早くから定めていたことに、高速馬場を組み合わせたことが良かったか。

いや違うな、山の日だけに、ハイだのピークだの“ヤマ”を意識した予想が良かったんだろう、きっと(笑)(←『サイン馬券のほね』っていうニセモノがいるらしいので、皆さんご注意をww)

 

いずれにしても、穴◎的中以上に馬券作戦まで“的中”した感があり、まさに自分でもびっくりの今年のエルムSだった。

 

 

・・・でもねぇ〜、まだあるんですよ、この週は     ̄ー ̄)ニヤ

(奇跡は関屋記念編に  to be continued…☆)

 

PR

入会費、年会費無料で全国58レースの馬券、車券が買えるオッズパーク!

そしてオッズパークで馬券を買えば最大10%がポイント還元されます。

また予想情報や予想印、ネット新聞、地方競馬ライブ中継がすべて無料です。

⬇簡単無料の新規会員登録はこちらから⬇

 地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク
 


先週のレースとレース回顧はこちら

 

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

 

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com 

www.yosounohone.com

 

競走馬データ

 

www.yosounohone.com 

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

スポンサーリンク