競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【アーモンドアイ 競走馬データ】過去レース分析 & 追い切り 回顧まとめ

f:id:yosounohone:20200615195217j:plain

■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

 

new!! 2020/6/15 更新  

これまでこのブログに掲載してきましたアーモンドアイの競走馬データとこれまでの追い切り評価、 レース前予想コメント、回顧コメントをまとめた記事です。

これまでのレースのふり返りや今後の予想にお役立ていただければ幸いです。 

 

 

アーモンドアイ 競走馬データ

 

鹿毛

生年月日  2015年3月10日

調教師      国枝栄 (美浦)

馬主         シルクレーシング

生産者      ノーザンファーム

産地          安平町

主な勝鞍  18'ジャパンC(G1)

近親馬         ユナカイト、スペルヴィア

血統          父:ロードカナロア  母:フサイチパンドラ

 

 

アーモンドアイ 安田記念 2020

 

レース回顧

2020/6/7 安田記念 2着

 

当日Tweetにも記した通り、こんな馬場状況。

 

 

 

その中、◎アーモンドアイは伸びあがるようにして出てしまい出遅れ、◯インディチャンプも外から内から積極策勢が出ていく中であれよあれよと後方にという事態。

そして、最もスムーズに抜け出した☆グランアレグリアがV。

  

アーモンドアイ

予想➡➡➡◎

結果➡➡➡2着

 安田記念 2020 レース回顧

www.yosounohone.com

 

 

レース前予想

2020/6/7 安田記念 

 

 

※前年12月以降にG1出走ありの馬が連軸中心 該当馬➡➡➡アドマイヤマーズ、アーモンドアイ、インディチャンプ、グランアレグリア、セイウンコウセイ、ダノンキングリー、ダノンスマッシュ、ダノンプレミアム、ノームコア、ペルシアンナイト

 

◎アーモンドアイ

 

今回、前もって書いておくと、あえてホネがなにかこの馬について書く必要はない。

そのくらいの状況。

 

ただ、もし迷われている方がこの記事に辿りついたら、という観点で下記徒然なるままに。

 

理論的には勝利濃厚。あとは、競馬あるあるで、どちらかというと非論理的な「二走ボケ」というやつの可能性と、単勝オッズとを照らし合わせてバランスが見合うかだけといった感じ。

 

もちろんその採算分析には、残念な昨年安田記念のようなハプニングによる取りこぼしも含む必要あり。

 

逆に言うと、そのくらい自分との、運との戦いに負けた時くらいしか、他馬にとってこの馬につけ入る隙はないだろう。

 

仮に1.5倍なら、10回中8回勝つ馬の単勝としては悪くはない。

 

春秋マイル王のインディチャンプと比較しても、ほぼ同等程度の馬格で牡馬の同馬は58キロ(前走時馬体重比で12.1%背負い)、こちらは56キロ(〃11.5%背負い)というのは実質斤量比較の面においても圧倒的に有利。

 

名牝クラスになってくると、牡馬勢が太刀打ち出来ないのはこのあたりにも根拠がある、というのが持論。

 

個人的には、前週日本ダービーの◎といい、

 

「今週も単勝1倍台◎なんて置きにいきすぎ?」

「ここは、よくやる軸穴にしておいたほうが・・・」

「2週連続でホネが大本命を◎にして今度こそ飛ぶんでないの?」

 

とか、いろいろ邪念が沸き起こる部分も週中にはあったが、そういう馬が2週連続出てきているだけと、ものすごく客観的に、冷静にそこは見ておきたい点。

 

そして、この馬の最大の長所だと思っている、

常に一生懸命走り過ぎてしまうくらいに全力を出し切る性質、

 

天皇賞(秋)当時ゴールしてから歩かせないで止めるとフラついてしまうことから口取りを止めたことがあったほどのその部分、

 

それが前走には当てはまっていないというのも良い。

 

要するに、涼しい顔をして余力たっぷりに“試走”を済ませての叩き2戦目がここ、ということ。 そう考えると、冒頭の「二走ボケ」論(で危惧視すること)も至極ナンセンスに思えてくる。

 安田記念 2020 予想 

www.yosounohone.com

 

 

レース前追い切り評価

2020/6/7 安田記念 

 

アーモンドアイ

☆前走狙い馬☆

《5/17 G1》まともに追ったのは抜け出す際のほんの数十m程度で、この余裕綽々Vなら、安田記念も負けるはずがないというレベル。

 【追い切り注目馬】6/7(日) 東京競馬 

www.yosounohone.com

 

 

 

アーモンドアイ ヴィクトリアマイル 2020

 

 

レース回顧

2020/5/17 ヴィクトリアマイル 1着

 

②その中で、ほぼラストはアーモンドアイ1頭の抜けたパフォーマンスによるものだが、後半1000m56秒4というのは秀逸

 

正直、別格のアーモンドアイに引っ張られて走った割には、まだ昨年の勝ち馬水準には及ばなかった2〜3着馬たちという印象。

 

※先に記載の通り、思っていた以上に2~3着馬の指数パフォーマンスは低く出ていて、確実にパフォーマンスを落としていたことが裏付けされたとの印象。(5/18 15:30追記)

 

アーモンドアイ

 

予想➡➡➡◎?

結果➡➡➡1着

 

まともに追ったのは抜け出す際のほんの数十mくらいか。

はっきり言って、この余裕綽々Vなら、安田記念も負けるはずがないというレベル。

 

全力で叩き合う相手でもいようものなら、1分29秒台に突入できていた可能性すらある。

ヴィクトリアマイル 2020 回顧

www.yosounohone.com

 

レース前予想

2020/5/17 ヴィクトリアマイル 

 

◎?アーモンドアイ

 

まず今回のアーモンドアイについて。 相手どうこう関係なく、ギャンブル的には1倍台で狙うべきシーンではないだろう。

 

海外帰りだけでなく、行ったのに使えずで、有馬記念からの半年ぶりで、明け5歳の牝馬。

 

ただし、「牝馬限定戦」に6戦ぶりに使ってくること、そして「55キロ」。 これがあまりにも大きい。

 

休み明けに「56キロ」を背負うことになる同じ府中の安田記念を選ばず「55キロ」での復帰が、実は馬にとって良いと思っている。

 

あえて今回のこの馬に本命◎を打つ。 …と言いつつ、この運気極度の低下中のホネが本命に据えることで、まかり間違って飛んでくれたりしないか、との淡い期待が最大の理由だったりして。。。

 

「馬券内はあと2議席ある」いつもならこの言葉を、穴馬本命を狙う際に使うが、大本命馬◎のここで使わせてもらう。 なので、文字化けではなく「◎?アーモンドアイ」。

 

「それって本命◎なの?アーモンドアイ」である。

 

さて、ここからが実質的な本題。

日曜の府中は、晴れて南風が吹いて暑くなりそう。良馬場回復は当然として乾燥化のスピードはかなりのものと想定する。

ここは、コントラチェックは武豊騎手でまだしも、トロワゼトワルに、さらにはその他先行プレッシャーもそこそこ掛かりそうで、ズバリ!  ハイペース耐性の内寄りの馬以外「ラ・フランス!」否、不要くらいのつもりで狙う。

 

ハイペース適性という観点で、プリモシーンアルーシャコントラチェックセラピアトロワゼトワル

これにスプリント適性という観点で、メジェールスーに、前走流れ経験のノームコアが加わる感じか。

 ヴィクトリアマイル 2020 予想 

www.yosounohone.com

 

 

スポンサーリンク
 

アーモンドアイ 有馬記念 2019

 

レース後 追い切り評価 回顧

2019/12/22 有馬記念 9着

 

アーモンドアイ

予想➡➡➡

(前走時) 「また走り過ぎてしまいました」というくらい、持てる力を存分に、いやそれ以上のものをレースで発揮し、最大の特長はその“賢さ”なのではないかと思えてきたくらいの今回のレースぶり。

 

その証拠に、レース後に「歩かせないで止めると馬がフラッとする」との理由で口取りをキャンセルした訳で、毎回のそのレース前と後とのギャップに驚かされる。

 

もちろん「彼女は、トップコンディションじゃない」を誰よりも分かっていて、(戸崎騎手ならうちが空くハズという)巧妙なルメール騎手の判断様様という部分もあるにはあるのだが、休み明けで、調教も微妙で、下降線を辿っていてもおかしくないほど3歳の早い時点からMAXパフォーマンスを発揮してきていた馬が、ここでこれだけ走ってしまうと、次こそは(ヤバい??)と思ってしまう部分もあるのだが……

 

それもこの馬の“超次元”パフォーマンスで軽く超えられちゃうのかな。

 

結果➡➡➡9

とにかく、今回「S級」評価としたところもあったくらいだが、モヤで時計も映像もまともに確認できていない状況だったこと、それが調教面では最重要点。

【調教注目馬(先週の回顧)】12/22(日) 中山・阪神競馬

www.yosounohone.com

 

レース回顧

2019/12/22 有馬記念 9着 

 

アーモンドアイ

 

予想➡➡➡◆

結果➡➡➡9着

 

流れていたのでペースではないのだろうが、スタンド前の環境(歓声、位置、他馬の動向)によって行きたがってしまい、かなり消耗したまま走り続けて最後は余力なく沈んだ(9着)。

 

ただ、4コーナーにかけて中団から外を押し上げて行く時の手応えはさすがというものがあったし、この馬より後ろにいた勝ち馬リスグラシューよりも、こちらが突き抜けるかにも見えていたシーンも確かにあった。

 

完全にガス欠の競馬で、こればかりは馬が生き物なら、競馬も生き物なので仕方なく、一切評価を落とす必要のない一戦。

有馬記念 2019 レース回顧

www.yosounohone.com

 

レース前 予想

2019/12/22 有馬記念 

 

 

※ 前々走→前走馬体変動が±6㎏以内だった馬が、近17回の全好走馬のうち42/45頭という状況(前走~前々走で海外出走のあった馬を除く)

 

該当馬➡➡➡アエロリット、アーモンドアイ、クロコスミア、サートゥルナーリア、スティッフェリオ、スワーヴリチャード、レイデオロ、ヴェロックスの8頭が満たす

(海外戦歴を挟むのは、キセキ、シュヴァルグラン、フィエールマン、リスグラシューの5頭)

 

アーモンドアイ

 

今更私が言うことはゼロに近い。

“スモークを焚かれ”て(って、違うか^^;)最終追い切りを見せてもらえないまでなってしまったら殊更に言うことがない(笑)

 

ただ一つ言えるのは、天皇賞(秋)が明らかにイマイチな出来だった、それだけは間違いのないこと、という点。

それで、あのパフォーマンス。

 

そして、主戦Mr.「トップコンディション」を急遽コンバートさせ招聘して迎える今回、見方を替えて“この馬が負けるとしたら・・・”

 

と考えると、やはり「前(取り逃し)」か「そうそう強引な手を使うもんじゃあないな(天に見放されパターン)」のどちらかしかないだろう。

 

要するに、(コース形態と相手レベルを今回だけは加味しての)展開のアヤと運、それだけ。

 

◆アーモンドアイ ←5番手じゃない、泣く泣くの5番目

有馬記念 2019 予想

www.yosounohone.com

 

レース前 追い切り 評価

 

2019/12/22 有馬記念 

 

アーモンドアイ (前走時) 「また走り過ぎてしまいました」というくらい、持てる力を存分に、いやそれ以上のものをレースで発揮し、最大の特長はその“賢さ”なのではないか、と思えてきたくらいの今回のレースぶりで、

 

その証拠に、レース後に「歩かせないで止めると馬がフラッとする」との理由で口取りをキャンセルした訳で、毎回のそのレース前と後とのギャップに驚かされる。

 

もちろん「彼女は、トップコンディションじゃない」を誰よりも分かっていて、(戸崎騎手ならうちが空くハズという)巧妙なルメール騎手の判断様様という部分もあるにはあるのだが、

休み明けで、調教も微妙で、下降線を辿っていてもおかしくないほど、

3歳の早い時点からMAXパフォーマンスを発揮してきていた馬が、ここでこれだけ走ってしまうと次こそは(ヤバい??)と思ってしまう部分もあるのだが……

 

それもこの馬の“超次元”パフォーマンスで軽く超えられちゃうのかな。

【調教注目馬】12/22(日) 中山競馬

www.yosounohone.com

 

スポンサーリンク
 

アーモンドアイ 天皇賞(秋)2019

 

レース回顧

2019/10/27  天皇賞(秋) 1着

③逃げた3着アエロリットの内を突いたアーモンドアイが内ラチ沿いから3馬身突き抜け、2着には3番手から(見かけ上※)渋太く伸びたダノンプレミアムが入った

 

アーモンドアイ

予想➡➡➡◯

結果➡➡➡1着

「また走り過ぎてしまいました」というくらい、持てる力を存分に、いやそれ以上のものをレースで発揮した。

最大の特長はその“賢さ”なのではないかと思えてきた次第。

 

その証拠に、レース後に「歩かせないで止めると馬がフラッとする」との理由で口取りをキャンセルした訳で、毎回のそのレース前と後とのギャップに驚かされる。

 

もちろん「彼女は、トップコンディションじゃない」を誰よりも分かっていて、「トサキサンナラ、ウチヲフサイデキタリハシナイハズ」という、そこは巧妙なルメール騎手様様という部分もあるのはあるのだが。

 

休み明けで、調教も微妙で、下降線を辿っていてもおかしくないほど3歳の早い時点からMAXパフォーマンスを発揮してきていた馬が、ここでこれだけ走ってしまうと、次こそは(ヤバい⁉︎)と思ってしまう部分もあるのだが……

それもこの馬の“超次元”パフォーマンスで軽く超えられちゃうのかな。

 

もはや、羽根と角が生え出したかもしれない。。。ん?それってペガサスじゃなくて、ユニコーンだっけ?

まあ、この際どっちでもいいか。

 

 

アーモンドアイ 安田記念 2019

 

レース回顧

2019/6/2 安田記念 3着 

予想➡➡➡☆

結果➡➡➡3着

正直、↑「1着」と書いていいレベルの3着。

あのスタート後の不利、流れも向かない中で10番手かつ外を通しての追い込みは凄かった。

 

2番手のグァンチャーレが、1分31秒1であわやこのアーモンドアイに先着しかけた、安田記念だ。

 

いかに、アーモンドアイが不向きな競馬をすることになってしまっていたかがよく表れている。

 

ただ、 ーー実は重要なのはそこではなく、ここで「歯車が狂ってしまったこと」 と、この安田記念参戦自体が後に“アーモンドアイの残念レース”として語られるようなことだけはあってほしくないところ。

 

個人的には、今のところその不安が大いにあるのだが。 気持ちの上では、その陰の部分、次戦ですぐに晴らしてもらいたいところだ。

 安田記念2019 レース回顧

www.yosounohone.com

 

レース前予想 

2019/6/2 安田記念   

▲アーモンドアイ。

正直、負けないでほしい。

 

ただ、ガチンコ、ハイレベル戦になればいいのだが、そうではなくなった場合、この馬には「マイラーとしての大成を目指して、ここを獲りに来ているわけではない」点で少し苦しい。

 

鞍上も、負ける時には(展開で)あっさり負ける、そしてその時にはこう言おう、まで既に用意済みなはずの一戦。

 安田記念2019 予想

www.yosounohone.com 

レース前 追い切り評価

2019/6/2 安田記念  

アーモンドアイ 中間D+(決して悪いことはないが、この馬の“本領”発揮の時計はこんなものではない。

 

十分良い時計はあるので順序的に4番手の評価を与えるも、その採点自体は控えめにする。「こんなもんじゃない」その敬意を表して

【調教注目馬】 6/2(日)東京競馬

www.yosounohone.com

 

 

PR

〜平日も競馬を楽しみたい方へ〜

手数料、年会費無料で予想情報も充実!

楽天競馬おススメの3つのポイント

1, PC、スマホから全場、全レース馬券が購入できる!

2, 馬券購入で最大10%ポイント還元!

3, PC、スマホから無料で全レース映像、パドックが楽しめる!

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

 

 
毎週の重賞予想、追い切り分析、レース回顧はこちら

www.yosounohone.com

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter

 

スポンサーリンク