競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【菊花賞 2019 予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / “最重要項目”から眺めた戦況は意外にも堅実決着でも、本命にはフルスイング◎を!

f:id:yosounohone:20190323103321j:plain
 

――ルメールとか、“何か”やってきそうで怖いですけどね~。(何が行くの?誰もいかないレースなの?になりそうな展開面だけに......)

あれ、そういや『デイジー』って・・・

 

目次

 

菊花賞含む、10/20(日)の京都競馬の調教注目馬はこちら

www.yosounohone.com

10/20(日) 東京競馬の調教注目馬はこちら 

www.yosounohone.com

10/20(日) 新潟競馬の調教注目馬はこちら 

www.yosounohone.com 

 

スポンサーリンク
 

菊花賞 2019 レース概要

 

菊花賞 G1

2019年10月20日 4回京都7日目

発走時間:15:40

京都 芝右 外3000m

サラ系3歳オープン

2018年優勝馬: フィエールマン 牡3  3:06.1 C.ルメール

 

 

菊花賞 2019 枠順

 

1 1 ザダル 牡3 石橋脩
1 2 ニシノデイジー 牡3 ルメール
2 3 カリボール 牡3 藤井勘
2 4 ユニコーンライオン 牡3 岩田康
3 5 ワールドプレミア 牡3 武豊
3 6 ディバインフォース 牡3 横山典
4 7 ヒシゲッコウ 牡3 スミヨン
4 8 メロディーレーン 牡3 坂井
5 9 ヴァンケドミンゴ 牡3 藤岡佑
5 10 カウディーリョ 牡3 Mデムー
6 11 シフルマン 牡3 松山
6 12 レッドジェニアル 牡3 酒井
7 13 ヴェロックス 牡3 川田
7 14 サトノルークス 牡3 福永
7 15 ホウオウサーベル 牡3 蛯名
8 16 ナイママ 牡3 柴田大
8 17 タガノディアマンテ 牡3 田辺
8 18 メイショウテンゲン 牡3 池添

 

 

 

菊花賞 2019 過去のレース傾向 

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

  

 

ラップに関しては長距離だけあって瞬発戦度合いが高まるかどうかは読むのは難しい(平坦戦6割の近10年)が、何といっても下記3〜4コーナー通過順に表れているような「積極姿勢(距離に不安がない、陣営も同様に考えている)」と「それをできる鞍上」がポイント

 

エタリオウ⑧→⑥

キセキ⑫→⑦

クリンチャー⑦→②

ポポカテペトル⑦→③

サトノダイヤモンド⑨→⑤

キタサンブラック⑩→⑧

トーホウジャッカル⑤→②

サウンズオブアース⑧→④

ゴールドシップ④→②

スカイディグニティ⑦→④

オルフェーヴル⑥→③

 

該当馬➡➡➡ワールドプレミア、ヒシゲッコウ、ホウオウサーベル、ヴァンケドミンゴ、ディバインフォースあたりか

 

 

軸としては、神戸新聞杯で出走権を獲った馬のうち当日8枠以外の馬が最適で、該当馬は近12年で3頭に2頭以上の割合で好走

該当馬➡➡➡ヴェロックス、ワールドプレミア

 

 

関東騎手で8番人気以下は好走ほぼなし

該当馬➡➡➡ディバインフォース、ナイママ、タガノディアマンテに加え、ホウオウサーベル、ザダルといったところも最終的な人気には注意

 

 

ダービー出走組は、オープンクラスでの2度以上の連対実績がない馬はほぼ好走なし(極悪馬場の17年除くと、同実績がなく好走を果たしたのは近15年ベースで1頭のみ)

該当馬➡➡➡タガノディアマンテ、メイショウテンゲン、レッドジェニアル

  

 

「中4週以上組」「前走セントライト記念で4人気以下」「関東馬で前走3人気以下」「乗り替わり組」などはアタマはなかなか厳しい

該当馬➡➡➡カウディーリョ、サトノルークス、ザダル、タガノディアマンテ、ディバインフォース、ナイママ、ニシノデイジー、ヒシゲッコウ、ホウオウサーベル、メイショウテンゲン、ヴァンケドミンゴ

 

 

といった感じ。

 

スポンサーリンク
 

菊花賞 2019 レース傾向分析 考察&まとめ 

 

 

まず、ポイントは初の3000m戦でも臆することなく先手するくらい(というか、3→4コーナーで押し上げるくらい)の自信に満ちた競馬。

要するに、「距離不安なんて全くないですよ」「強気に早めに仕掛けますよ」という陣営+鞍上の不安のない競馬が好走馬の運びに表れている印象の近年の菊花賞で、キャリアも少なく、ラップ適性もぼんやりした中では、この迷いのなさに裏打ちされた積極姿勢をいかに読み解けるか、ここが最重要項目としていいと考えているレース。

だからこそ、使い古された「血統で買え」「リアルシャダイは無条件でマーク」などの作戦が繰り返し重用され、実際に好走も何度も見られたのだと思う。

「血」が走らせる部分も当然あるだろうが、(特に高速、先行有利馬場のオンパレードの近年は)その「血」を加味した陣営と鞍上の「迷いなき積極競馬」への判断、これが何より現代菊花賞では大きいのだと思う。

予想をする側にとっても、各種情報に加え、これまでのレースぶり、馬体などから、どのように取捨選別してどうその正解に辿りつくかという“駆け引き”が重要。

 

それ以外では、やはり前哨戦として王道は揺るぎない「神戸新聞杯1〜3着のうち8枠以外に入った馬」の安定感は高く、一方で「関東騎手の人気薄」「中4週以上組」「前走セントライト記念で4人気以下」「関東馬で前走3人気以下」「乗り替わり組」は苦戦傾向(18年フィエールマンのように、「ルメール&ノーザン級」は別だが)。

 

また、日本ダービー出走組については、オープンクラスでの2度以上連対していないような馬はかなり苦しく、同出走組で好走を果たした馬のうち2頭だけ(不良馬場の17年を除くと1頭だけ)という状況。

 

 

スポンサーリンク
 

菊花賞 2019 予想印は!?ホネ的注目馬!各馬評価まとめ

 

  

◎ ヴァンケドミンゴ

このレースにおいて枠は外すぎるのは当然イヤだし、 淀の長丁場で騎乗機会の少ない関東ジョッキーも(基本的には)本命視するには控えたい。

その上で、『距離は対応可能』とか『・・・なはず』とかのレベルではなく、『3000m大歓迎です』くらいの、“迷いなき強気姿勢”、つまり今回の最重要テーマとした競馬が実現可能に映るところから、本命はヴァンケドミンゴとした。

最初に断っておくが、この本命は単勝しか買わない、あるいは軸では一銭も買わないかもしれない、そういう一発あって紐なし、超リスキー◎。

なぜなら、最終追い切りを見れば分かる通り、気性面の爆弾を抱えているから。

当初から距離には自信のコメントが出ていて不安が無いことは分かり切っているルーラーシップ産駒で、たぶんこの鞍上でいつもより積極競馬が見込めて、その(気性面の課題)以外の条件がパーフェクトな状況であっても、やっぱりピンかパーという馬だろう。

ただ、暴発さえしなければ、「3000m歓迎」×この乗り替わり(藤岡佑騎手)は怖い。

少なくともその爆弾以外、ほぼ一点の曇りもない状況、ホネにとっては。

そして何せ、現状17番人気だし。

ちなみに、予想する側の“駆け引き”=情報戦について前段部分で触れたが、この馬、おそらく最終追い切り後の各種情報でかなり過小評価サイドに流れているとみられる。

その点については、ホネはその前、つまり最終追い切り前に出ていた「ハミを取っていかないタイプで、3000mはむしろ歓迎」のほうを信じる。そういう、今回の戦術。

 

 

◯ ホウオウサーベル

この枠なので、枠なりに大雑把に外を回す競馬がマイナスにならなければと願うばかり。

◎と枠が逆だったなら、完全にこちらを上にとっていたと思われる対抗。

距離への自身、それに関東騎手とはいえ京都長距離戦の蛯名騎手なら、何も言うことなし。

そういうわけで単勝5番人気にまで支持を集めているのだろうが、これは◎とするにはさすがに少しやり過ぎな印象でもあり、期待値的にはNGゾーンとの見立てで、枠順確定後とすれば軸候補○あたりが妥当なところだろう。

 

 

▲ ヒシゲッコウ

そして、こちらは鞍上(C.スミヨン)でさらにやり過ぎオッズ感のある一頭。

指数的には、◎○と比べると、ここまで記録してきたレベルからすると断然に見劣り、その意味でも指数を重視するならこの▲が◎○より上にきてはいけない、そんな状況にかかわらず(ましてや▲が一番単勝で売れているので)。

ただし、相手(や軸)として買うなら話は別。

この馬も、むしろこの距離を使うのを待っていたくらいのルーラーシップ産駒でこの鞍上で、◎○に対しては枠という面ではリードと、申し分なし。

 

☆ ワールドプレミア/ △ ヴェロックス

あとは、普通に人気上位組だが、☆ワールドプレミア、△ヴェロックスの2頭。

神戸新聞杯上位組で7枠以内ならまずどちらかは圏内1議席を取ってくるだろうし、馬券的に警戒は怠れないのだが、いずれもこのメンバーで変に瞬発力を求められる流れになったりすると足もとを救われる可能性は十分とみている。

☆を上にとったのは、これも普通だがやっぱり枠の差。 

 

ニシノデイジー / ザダル

不気味なニシノデイジーザダルの内枠2頭は 迷いどころだが、◎が走ってくれなければ、そこそこ上記の通り人気上位が来てしまいそうな見立てだけに・・・。 

 

 

当日15:20追記↓↓

ワールドプレミアが微妙に映ったので、△ユニコーンライオン、△シフルマンを追加。

 

PR

競馬新聞よりお得!

日刊スポーツ新聞社が運営する競馬情報サイト

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

 〜オススメの6つのポイント〜

1、出走馬の能力を数値化した日刊コンピ指数がレース前日19時に見られる!

2、元ジョッキー佐藤哲三さんの予想と買い目を見られる!

3、前走のレース動画を徹底分析し、推奨馬を紹介する動画「次は馬かせろ!」

4、美浦、栗東での調教分析からTOP3の推奨馬を紹介!

5、土曜、日曜のメインレースのパドック速報!

6、地方南関東4場(大井・川崎・浦和・船橋)の予想情報提供!

⬇ご登録はこちらから⬇

 

10/19(土)重賞予想と調教注目馬はこちら

 

【富士ステークス 2019予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / フルゲートなら前傾ラップの可能性が高まるレースなだけに・・・

 

【調教注目馬】10/19(土) 東京競馬「え?土曜メインは富士Sじゃなくて当然アイビーSでしょ?」追い切り注目度S級のあの馬が満を持して降臨!!

 

【調教注目馬】10/19(土) 京都競馬 復帰初戦のここが狙い目かもしれないあの馬に注目の8R

 

【調教注目馬】10/19(土) 新潟競馬 好仕上がりブラックトマホークの敵は……

 

競走馬データ 

・アーモンドアイ・ダノンプレミアム・タワーオブロンドン...他

www.yosounohone.com

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter 

 

スポンサーリンク