競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【調教注目馬】10/21(月) 東京(代替)競馬 再登録→仕切り直し出走が多数の特殊な一日の攻略法を発見……か⁈

f:id:yosounohone:20190303081412j:plain
――末尾の「中間追い切り評価」欄きっと金塊がたくさん。

アンダーライン、要チェキですよ。

火を噴くぜぃ。。。とか言ってねʕʘ‿ʘʔ

 

目次 

 

※週半ばに調教注目馬の結果とレース回顧記事をアップしています。

レース結果から次走注目馬などを紹介していますので、ふり返りや今後の予想にご活用ください。

www.yosounohone.com

 

坂路調教評価 10/21(月) 東京競馬

※台風により中止となった、10/13(日)4回東京4日目の順延競馬

 

 

 

【東京1R】2歳未勝利

シェーブルドール 

中間B 

 

 

 

【東京2R】2歳未勝利

ダイワミラクル

中間B   

 

 

ナリノオルフェ

中間B 

 

 

マイネルチューダ

10/9調教◯ この日の9時台に52秒台に、12.4-12.4の終いは良く時計を出してきている、という印象――ジョッキー騎乗(馬なり) 

(新馬戦時) 8/1調教◎ 調教駆けするオスカーティアラと併せた?ことによる好時計かもしれないが、7時台後半に52.3秒、12.5-12.5は優秀で、助手騎乗ならアタマ勝負まで可能――ジョッキー騎乗(一杯) 

 

7/25調教◯ 全体時計は目立たな気が、8時近い遅い時間帯にしっかりと加速ラップを刻めており、この日の馬場で、この時間帯にこの終いは助手騎乗でのものなら1勝は出来て不思議ない――ジョッキー騎乗(馬なり)

 

 

ブンロート

(前走時) 1番人気2着と裏切ってしまったが、減量の取れた継続騎乗の木幡巧騎手で、距離を伸ばして自己最高パフォーマンスを更新しており、今日は馬なりで突き抜けた勝ち馬のパフォーマンスが高過ぎてやむなし。 

 

9/18調教◯ 開門直後とはいえ、全体自己ベスト1.7秒更新しているうえに、この日に12.3-12.8はかなり優秀で、助手騎乗なら2歳未勝利はあっさりクリアしてもらわないと困る――ジョッキー騎乗

 

 

マイネルソラス

(前走時) 中間の時計も良かった馬で、中団からコーナーで手応え良く進出し、勝ち馬の後を追うように上がり最速で伸びて3着と、初の良替わり、中団からの競馬で変わった。 

中間B

 

 

シングンバズーカ

(前走時) 前走時が少し低調なレースかつ武士沢騎手のままでやや抜けた格好の1番人気ということで懐疑的だった今回、やはり後方から上がり最速の競馬で直線ラストは目立つ伸びで迫りつつも4着という内容に終わり、まあこんなものかという感じ。

 

平坦コースなら3着はあったかもしれないが、その3着▲マイネルソラスと同じような位置取りにいたのに直線入り口で2馬身ほどポジションが悪くなってしまったのが痛かった。 

 

(前々走時) 末脚強烈だった馬で、4コーナー10番手からゴール直前ではあわや差し切り勝ちかというところまでもってきていたのだが、相手(勝ち馬シャインガーネット)がマークした指数レベルが低くて、調教面を除くとこの一戦のみでは評価が難しい。 

 

8/29調教◯ 6時台にデビュー前の2歳馬で12.7-12.2の加速は、助手騎乗ならかなり目立ち、3週前に見せていた動きと合わせてみても初戦駆けの可能性はかなり高そう――ジョッキー騎乗(馬なり) 

 

8/7調教◯ 6時台のデビュー前の2歳馬としては、及第点の全体、ラップ

※騎乗者不明

 

スポンサーリンク
 

 

【東京5R】2歳新馬

シゲルチキュウ

9/20調教◯ デビュー前に、9時近い時間帯のこの全体、終い12.0-12.3は助手騎乗なら破格。※騎乗者未確認

 

 

 

【東京7R】3歳以上1勝クラス

ダイイチターミナル

(前々走時) 脚はあったし、掲示板くらいのところ(=普通の1勝クラスなら勝ち負け水準)までは来ていて良かったレースだったのだが、内枠で後方からの競馬だったため下がってくる馬の後ろに入って詰まってしまった。

 

その後も外に持ち出してからも再び伸びてはいたので、さらに妙味が増していくようなら、今の(おそらく)好状態にあるうちにこの馬も引き続き狙っておきたい1頭。

 

(3走前時) 8/21調教◯ 8時近い時間帯の50.1秒の自己ベスト&1番時計に、終いも12.2-12.8なら優秀で、助手騎乗なら1勝クラスは圧勝して不思議ない内容 ※騎乗者不明

 

 

アルママ

(前々走時) 8/22調教◯ 6時台に1勝クラスの身で、52.8秒、12.4-12.4フィニッシュなら、助手騎乗で十分勝ち上がり級で、この馬自身は坂路では初の速い時計――ジョッキー騎乗(馬なり)

 

 

キングオブコージ

(3走前時) 3/20調教△ 確かに、遅い時間帯で、いつもそこまで終いキレッキレの調教タイプではないが、終いどうした?という印象が拭えず。 

 

(4走前時) 中団から長く脚を使って差し切りVとなった今回、決着指数が非常に高く、500万下レベルでも通用しそう。

 

芝に戻してのこの2戦の内容を見ると、まだ究極に上がりが速くなった場合にサッパリという懸念は拭えないが、緩くない(上がり35秒以上の前後半イーブンペースの)レースとかなら、次走500万下でもあっさりまで。

 

 

 

【東京8R】3歳以上1勝クラス

リゼブルー

10/18調教◯ 10/10の自己ベストには及ばないが、この日も12.3-12.5は悪くなく状態良さそう。 

10/10調教◎ 1勝クラスとしては十分過ぎる全体時計に、12.5-12.1が破格で、助手騎乗で自己ベストも更新と、勝負必至――助手騎乗(馬なり)

 

 

マジックリアリズム

中間A  

 

 

レッドヴァール

中間B+  

 

 

 

【東京9R】三峰山特別

ピアシック

☆次走注目馬☆ ☆前走狙い馬☆ 

(前走時) まさに痛快な追い込みでの14頭ごぼう抜き、3馬身差Vを決めた。

5ヶ月ぶりでの+28キロには一瞬ドキッとしたが、前走時に-12キロと減らしていた3歳馬で、パドックでの見た目の通りそれ自体異常増ではなく、レース結果を受ければむしろかなりの成長だったと考えられる。

 

アユツリオヤジが結構離して逃げて、前半34.0 - 後半37.5秒と-3.5秒という前傾戦を演出、3着も人気薄の追い込み馬だったことに表れている通り、間違いなく展開は向いたが、それにしても上がりは35.3秒。

 

レース上がりを2.2秒上回りしかも楽々の突き抜けといった強烈なもので、少なくともここ阪神1200mで見せたパフォーマンスは早くもOP級以上のもので、追い込み一手の現状でも急坂コースなら相当活躍が期待できそう。中間C

 

 

ボストンテソーロ

☆前走狙い馬☆ 

(前走時) 中間B- ☆前走狙い馬☆ 

 

(前々走時) 好スタートから終始2番手で運び、直線残り200mで抜け出すとそのまま突き放し最後は楽に流してといった感じで4馬身差の圧勝。

 

それでいて同日の古馬500万下よりコンマ2秒速い決着は、指数的にも同等レベルとなっていて、1200mから距離を伸ばして以降のパフォーマンス上昇は明らかでまだ伸ばしても大丈夫そうで、先々も楽しみ。 

☆次走注目馬☆ 

 

 

レッドルゼル

☆前走狙い馬☆ 

(前走時) もっと走れて良い馬。 ☆前走狙い馬☆

 

(前々走時) 直線半ばで◎を交わすシーンまで、ほぼ持ったままの手応えで盤石の競馬で進め、力を出し切ったとはいえない◎は別として、少なくともその他上位馬とは力差はかなりあるという印象の、3馬身差をつけての快勝。

 

ただ、自身のパフォーマンスは上がってはおらず、時計も詰めてはいないのは事実で、余裕があったぶんと、さらに今後調教良化なら上のクラスでもやれそうではあるが。 

 

3/27調教◎ 500万下としては秀逸な、50秒台、終い11.7-12.2の好ラップで、しかも遅い時間帯でのものでもあり、助手騎乗なら古馬準オープン級と言っていいもの――ジョッキー騎乗(馬なり)

 

スポンサーリンク
 

 

【東京10R】テレビ静岡賞

マイウェイアムール

☆次走注目馬☆ 

10/9調教 特にラストで時計が掛かり始めたこの日、7時台に51.9秒、12.2-12.7は目立つ――助手騎乗(一杯) 

(前走時) こちらも◎に狙った4着馬同様、3着とは横一線、ゴール手前までは2~3着争いの中に加わっていた悲観なしの好内容。

 

その他上位組との比較では、最も前目につけての健闘であり、これぞ真逆の展開に泣いたという競馬で、その意味では、次走もかなり楽しみがある。 

 

(前々走時) 指数だけなら、次走1600万下即争覇圏レベルのものとなっていて、時計的にも、この日の11R欅S(OP)の4着アディラートと同タイムで走り切っていて優秀。

 

2番手からスムーズに運べたし、500万下V時も同様の競馬だったことから、この馬にとっても理想的な展開だったことには違いないだろうが、侮れない好内容。 

 

5/22調教◯ この厩舎ではあるが、前走時よりも良化の好時計で、10時近い時間帯に、全て12秒台で12.6-12.9フィニッシュなら、引き続きクラス好勝負圏内だろう――助手騎乗

 

 

ディーパワンサ

10/4調教◯ 金曜にこれだけ時計を出してくるのはこの馬としては珍しいが、52.6秒に12.4-11.9フィニッシュは助手騎乗なら優にオープン級――助手騎乗(一杯) 

 

(3走前時) 低人気を覆してのVとなった今回、 前走時に好調教だったことが実を結んだ一戦だが、一方でレースは時計の出る馬場にしては決着タイムも遅い、低レベル戦。 

 

(4走前時) 3/20調教◯ 7時台とはいえ、大幅に自己ベスト更新、終い12.3-12.2のラップも上々と、助手騎乗なら、今の馬場の時計とはいえ変わり身あって不思議ない――助手騎乗

 

 

ヴィルトファン

☆前走狙い馬☆ 

(前走時) 逃げ、2番手の2頭が2~3着に入る前残りの展開を、中団から末脚を繰り出しての完勝で、残り1Fを過ぎたあたりからの伸びは目立ち、1馬身差の着差以上に強い勝ちっぷり。

 

減量ジョッキーとはいえ、ここのところ馬体重を増やしつつの3歳牝馬のパフォーマンス上昇から、この成長曲線ならひょっとするとこの先オープン級までいけるかもしれない。 

 

9/5調教◯ 標準的に時計の出る今の美浦坂路ではあるが、自己ベスト1.4秒更新の52.7秒に、終い12.9-12.0優秀で自身の良化度合いも非常に大きく、助手騎乗であれば2勝クラスでも十分勝負になりそう――ジョッキー騎乗(一杯)

 

 

 

【東京11R】オクトーバーS

アップクォーク

中間B  

 

 

トリコロールブルー

(前走時) 8/4調教◯ この馬としては、(自己ベストももちろんだが)、12.7-12.1-12.2がとにかく速く、ジョッキー騎乗でなければかなりの好状態――助手騎乗(馬なり)

 

 

ダイワキャグニー

中間C

(前々走時) 2馬身差をつけて強かったこの日だが、前走もそうだったように、持っているポテンシャルは相当高いのにレースで「本気にならない」ところがある馬で、その馬を走らせるのが上手い、シンプルに言えば内田騎手とは「手が合う」様子。

 

3番手で直線を向くと、残り1Fでは完全に抜け出し、2着以下が後方差し勢を中心に横並びになるなか、独走態勢のまま実力を発揮しての完勝を果たし、やはり「全力を出せば」G2レベルは堅いという印象を残した。 

☆前走狙い馬☆ 

 

 

サラキア

(前々走時) 前のレースあたりから降り出した雨が強くなる中、誰もいかずに逃げることに。

 

どスローからの上がり11.0-10.8-11.1(32.9秒(稍重)!)の流れを自ら作り、ほぼ逃げ切ったに等しい競馬で2着。

 

常に僅差の好走を続け、崩れなく来ていたタイプなので、その(逃げて前残るという)パターンがあったか!?という2着健闘。

 

恐らく、皆この好走は評価しないはずなので、「また舐められて、また2~3着」を狙える次走以降オッズなら逆に狙ってみたいところだが。 

中間B

 

 

 

【東京12R】3歳以上2勝クラス

ペイシャネガノ

5/26調教◯ この日の6時台にこの時計、終い12.8-12.2のフィニッシュは目立っており、助手騎乗なら、1000万下でもいきなり好戦あっても。※騎乗者未確認

 

 

コーラルプリンセス

(前々走時) 好位外から勝ち馬を左前方に見るように運ぶと、直線半ばでは手応えが微妙になったが、そこから盛り返す脚を使って、馬群に沈むどころか着順も再浮上させての5着。

 

馬自身としてはもう少し指数を出せるので、今日の凡戦レベルの2勝クラスでは3着はあって欲しかったところだが。 

最終追い切りを評価して

 

 

インバウンド

(前走時) ☆次走注目馬☆だったが、いくら馬場差を考慮しても、前走以前のように超抜時計が出ていない点が気になり、しかも人気していたので一応、相手には買ったが押さえ程度とした今回、やはり、上記の通り“全然”なデキだったのでは?

 

重馬場で時計が速かった、後手を踏んで後方からになったなどいろいろあるだろうが……。 ☆次走注目馬☆ 

 

(前々走時) 余裕のある1馬身半差Vで、次走も楽しみになる勝ちっぷりに加え、その着差以上に、2番人気チュウワフライヤーが最後に差し馬に交わされるなど、軒並み先行勢が崩れる展開を3番手から押し切っていて強い内容。

 

これなら次走も、変わりなく調教で動けていれば、クラスが上がっても大丈夫そうで、人気してしまうかもしれないが、引き続き好走視野。 

 

3/7調教◎ 終い掛かり始めた今の美浦坂路で、2週連続抜群の終いで、この日の12.3-12.2の加速ラップも、8時台でのもので相当秀逸だし、助手騎乗なら、抜群で連勝濃厚――ジョッキー騎乗(G前仕掛け) 

 

2/27調教◎ 非常に遅い時間帯での、この全体時計で終い12.4-11.9は未勝利勝ち直後の馬のものとは思えない尋常じゃないタイムで、同世代ならオープン級だろう――助手騎乗(直線仕掛け)

 

 

スポンサーリンク
 

中間追い切り評価

(最終追い切り評価は含まず。主にコース追い調教タイムからS>A>B>C>D)

  

 

【東京1R】シェーブルドール 中間B

 

【東京2R】ダイワミラクル 中間B  

                   ナリノオルフェ 中間B

 

【東京7R】アオイシンゴ 中間C

 

【東京8R】マジックリアリズム 中間A

                   レッドヴァール 中間B+  

                   ルイジアナママ 中間C

 

【東京11R】アップクォーク 中間B  

                     ダイワキャグニー 中間C

 

【東京12R】シェーナ 中間C+  

                     サムシングフレア 中間C(坂路ばかりだが内容良い)

 

※アンダーラインは、(代替え開催のため)前週に一度出走馬名表発表時点でのチェックで中間追い切り評価として抽出していた馬

 

PR

競馬新聞よりお得!日刊スポーツ新聞社が運営する競馬情報サイト

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

 〜オススメの6つのポイント〜

1、出走馬の能力を数値化した日刊コンピ指数がレース前日19時に見られる!

2、元ジョッキー佐藤哲三さんの予想と買い目を見られる!

3、前走のレース動画を徹底分析し、推奨馬を紹介する動画「次は馬かせろ!」

4、美浦、栗東での調教分析からTOP3の推奨馬を紹介!

5、土曜、日曜のメインレースのパドック速報!

6、地方南関東4場(大井・川崎・浦和・船橋)の予想情報提供!

⬇ご登録はこちらから⬇

 

10/20(日) 重賞予想と調教注目馬はこちら

 

【菊花賞 2019 予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / “最重要項目”から眺めた戦況は意外にも堅実決着でも、本命にはフルスイング◎を!

 

【調教注目馬】10/20(日) 京都競馬 菊花賞 追い切り過程からは1強?!

 

【調教注目馬】10/20(日) 東京競馬 CWでの時計に見どころの良血馬に注目の8R

 

【調教注目馬】10/20(日) 新潟競馬 12R飛翼特別は前走同舞台でクラスにメドを立てたあの馬が中間好追い切り連発

 

競走馬データ

・アーモンドアイ・ダノンプレミアム・タワーオブロンドン...他

www.yosounohone.com 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします!

Twitter

 

スポンサーリンク