競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【ファンタジーステークス 2019 レース結果・回顧】ハイレベル上位勢は次戦距離延長ローテで真価を問いたい前傾戦決着

f:id:yosounohone:20190410092340j:plain

 
 
――ホントに、『「15頭立て以上なら平坦戦主流」に喧嘩を売って~』とかしたら、シンプルにハイペースにするんだから、まったく。。。
 
目次
 

ファンタジーS 2019 予想はこちら  

www.yosounohone.com

ファンタジーS含む、11/2(日)京都競馬の調教注目馬はこちら 

www.yosounohone.com

 

スポンサーリンク
 

ファンタジーS2019 レース結果

 

着順 馬名 タイム 上3F
1 レシステンシア 1:20.7 34.9
2 マジックキャッスル 1:20.9 34.6
3 クリアサウンド 1:20.9 34.9
4 ヤマカツマーメイド 1:21.2 35.2
5 ヒルノマリブ 1:21.3 34.8

 

ホネ的! レース回顧/レース分析 ファンタジーS2019 

 
11/2ファンタジーステークス  ×不的中
 
レース全体のふり返り
  
 
この距離での“徹底逃げ”キャラ不在で意外にペースは上がらないという想定で臨んだが、前半3F過去10年最速の33.7秒でエレナアヴァンティ(シンガリ15着大敗)が逃げて引っ張った
 
 
レース上がり35.1秒となって6年ぶりの前傾戦となり、前後半差1.4秒差は過去10年で最大で、質的にはスプリント寄りのレースとなった印象
 
 
締まったペースになったこともあって、レースレベルは過去10年で最高水準となっていて、4着以下を離した3着クリアサウンドまでの3頭はこのレース史上でもかなりのハイレベルな内容(過去このレースとしてはなかなかのレベルだった11年アイムユアーズを1~3着馬が上回っている感じ)
 

スポンサーリンク
 

ファンタジーS 2019  各馬ふり返り 予想と結果  

 

各馬評の前に、なんといっても、コレ↓ですよ。


※コース自体は平坦戦中心の条件で、このレースにおいても15頭立て以上で行われた13年以前はほぼ毎年平坦戦ラップ決着

 

該当馬➡➡➡1400m平坦戦実績としては、レシステンシア、クリアサウンド、ヤマカツマーメイド、シャレード、モズアーントモーあたりが指数上位で合致(注:重馬場実績も含む) 

                            (予想編記事より)


今年は“徹底逃げ”は不在で、先行馬は多数みられるが各馬けん制しあっての平均遅めのペースとみる。

そう、冒頭にも書いたが、傾向としてピックアップした2つ目「15頭立て以上なら平坦戦主流」に喧嘩を売って、該当馬たちをあえて最上位にしないというのをポイントに置くことにした。 

                            (予想編記事より)

 

(^▽^;)

やらかしてますな~。1番人気(2着)を挟んで、1→3→4着(6→3→4番人気)なのにねぇ。

 
 
レシステンシア

予想➡➡➡

結果➡➡➡1着

前傾ラップで、後方から外を伸びた馬が2~3着に突っ込む展開を、早め先頭から危なげなく1馬身差で押し切っており、かなり強い競馬といって良い。

ただし、上記の通り、ラップ的に、前傾度的にスプリント適性が高すぎる可能性があるので、この先は「緩んで(瞬発戦で)~」、「マイルで~」とかで案外な脆さを見せる可能性もあるので、要注意(順調なら阪神JFを目指すとのこと)。

 

 

レジェーロ

予想➡➡➡

結果➡➡➡14着

3番手あたりから3着馬の内に位置して直線に向くも、全く伸びずに14着大敗と、ただハイペースに巻き込まれて終わってしまった。

予想としては、このメンツでもけん制しあってスローになって、この馬の先行力が生きるとみてのものだったので、こればかりはどうしようもないが。

 

 

ケープコッド

予想➡➡➡

結果➡➡➡6着

こちらは、「気性面でもコントロールが課題と分かり切っている馬の距離延長ローテに、継続騎乗で思いのほか下げて運ぶことにならないかとの心配もあり」とのことで◎よりも下にとったところ、案の定下げて9番手での競馬になって、結果的にこのハイペースでそれが向いての6着。

直線では最内を突いて5着争いには加わっているのだが、この距離だと使える脚が短いようで、ゴール前ではもう脚が鈍っていた。

 

 

マジックキャッスル / クリアサウンド

あとは、2着マジックキャッスルと3着クリアサウンドだが、ゴール前の伸びを見ると明らかに着順通りマジックキャッスル優勢で、初の関西圏、初の差しでの好走というあたりからもまだまだ奥がありそう。



 

いずれにしても、このレースが前傾ラップの高速決着となって高指数決着になっているのは紛れもない事実で、この後上位馬を中心に1400m以上でバンバン好走してくるようなら真のハイレベル戦、逆に凡走を繰り返すようなら実質1200m戦だっただけと判断したい、そんな今年のファンタジーSとなった。



はぁ、東西(タイセイビジョン、レシステンシア)ともに結局ノーザンFか。。。

  

PR

〜平日も競馬を楽しみたい方へ〜

手数料、年会費無料で予想情報も充実!

楽天競馬おススメの3つのポイント

1, PC、スマホから全場、全レース馬券が購入できる!

2, 馬券購入で最大10%ポイント還元!

3, PC、スマホから無料で全レース映像、パドックが楽しめる!

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

競走馬データ

アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter 

 

スポンサーリンク