競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【秋華賞 2019 レース結果・回顧】前半58.3秒(稍重)に惑わされてはいけない? 異様なラップを刻んだ秋華賞の正体

f:id:yosounohone:20190410092340j:plain

――最終的に本命◎にしたビーチサンバを、当初◯シャドウディーヴァ、同▲シゲルピンクダイヤが詰め寄ってゴール!
が、しかし、2頭(クロノ、カレン)が遥か前に!w( ̄▽ ̄;)
良かったよ、むしろ◯▲のままにしていなくて。
 
目次
 
秋華賞2019 予想

www.yosounohone.com

秋華賞2019 含む、10/13(日)京都競馬の調教注目馬はこちら

www.yosounohone.com 

 

スポンサーリンク
 

秋華賞2019 レース結果

 

 

着順 馬名 タイム 上3F
1 クロノジェネシス 1.59.9 36.1
2 カレンブーケドール 2.00.2 36.2
3 シゲルピンクダイヤ 2.00.4 35.6
4 シャドウディーヴァ 2.00.5 36.3
5 ビーチサンバ 2.00.5 37.0

 

 

ホネ的! レース回顧 / レース分析 秋華賞2019 

 
10/13秋華賞  ×不的中
 
レース全体のふり返り
  
台風19号の影響により土曜を不良、当日は重スタートのち稍重回復してレースを迎えた
 
 
ただし、前週までが時計一つ速い馬場状態だったためか、不良、重、稍重にしては時計は出ていた(稍重に変わった後の10R三年坂特別では1分33秒7決着で前後半4F47.1-46.6ペース/9R紫菊賞も前半63.2秒のスローが響いて2分3秒4決着となったが、後半60.2秒は良平均そのもの)
 
 
そんな中、前半58.3秒-後半61.6秒の、12.5 - 12.0 - 12.3 - 12.1の瞬発戦で、このレースとしては超前傾ラップという、意味の分からないヘンテコラップを形成し、1分59秒9決着
 
 
不良〜稍重回復の経緯を踏まえ、前半58.3秒となるとその時点で「激ハイ(ペース)!」と思ってしまいそうだが、実はそこまででもない上に、そこからの12.7-12.5というこのレースとして異様な減速を加味すると、かなり緩急が付いていて勝負どころ突入手前から一気にタフさ皆無という流れに急変したとの印象
 
 
実際、あのタフな重馬場で行われた17年ディアドラVの年は、前半を59.1秒で入った後に、12.0 - 12.1と続き、それでも秋華賞らしくさすがに瞬発戦にはならずに2分0秒2でフィニッシュ
 
 
この意味不明な展開を作ったのは、説明不要、突如として序盤に豹変して(?)超強気ラップを刻んで逃げたビーチサンバ鞍上の福永騎手    ←最終的な◎だったので、何か嫌がらせめいたものを感じざるをえない(笑)
 
 
道中中団から3列目の5〜6番手で4コーナーを出たクロノジェネシス、カレンブーケドールが逃げ粘るビーチサンバを捉えてワンツー
 
 

スポンサーリンク
 

秋華賞 2019 各馬ふり返り  予想と結果  

 

馬場の回復など、微妙な状況だったため下記ツイートにもある通り、印を変更して臨んだ。

 

 

・ベースが速いため、稍重といっても実質良平均レベルの時計が出る

・外も来れるフラットな馬場のため、秋華賞としては自ずと4コーナー2列目まで、内寄りを通せる先行馬が有利となるだろう

といったあたりをポイントにした。

 

 
ビーチサンバ

予想➡➡➡

結果➡➡➡5着

前走時馬体減での臨戦だったことで2戦連続減の懸念もあって前日時点では重用していなかったが、当日+2キロと増やして出てきており、先行策をほのめかす「ローズSで内寄りで運んでいた」馬ということで本命に抜擢。

しかしまあ、この馬としては瞬発戦にしたいところで、実際にそうなってこそのこの5着という結果だったのかもしれないが、秋華賞というレース像を見事にぶっ壊したのは事実。

過去10年ではアパパネの勝った2010年しかない瞬発戦ラップを見事に作り上げた。

指数的には凡戦、しかも微妙な稍重馬場のG1での5着のため評価はしづらい一戦。

  

 

コントラチェック

予想➡➡➡

結果➡➡➡15着

この馬をここまで沈めてしまったことには、大いに罪の意識を感じる……とかは思ってないけど、まあ逃げないと脆いやね、の一言につきる大敗。

当日、馬場回復と止まらない流れに便乗して、栗東滞在でない関東馬にもかかわらずかなり精一杯評価を上げたのだが。

パドックからはそこまで感じなかったが、初の関西圏輸送(加えて、台風影響により金曜輸送となったこと)も影響したかもしれない。

 

 

パッシングスルー

予想➡➡➡

結果➡➡➡10着

当初本命予定だったことを買って、▲にとどめた一頭で、好位で運んで直線では勝ち馬クロノジェネシスの真横という絶好位にいたのだが、追ってから全く伸びず後続に交わされ10着大敗。

この馬に関しては、好位からの競馬も、馬場も特にマイナスに働くようなことは無いと思うので、正直この失速は不可解さが残り、その意味で、まだ見限れない。

 

スポンサーリンク
 

 

シャドウディーヴァ / シゲルピンクダイヤ

以下、当初◯▲だったシャドウディーヴァシゲルピンクダイヤは、2頭ともに後方から良い脚を見せて、それぞれ4着、3着と気を吐いた。

着順通り、シゲルピンクダイヤのほうが外を回して後ろから、しかも直線でも唯一外を伸びてきてのもので内容としては上で、やはり前走の突き抜けそうでラストで伸びなかったのが、イレ込みと位置を取りに行ったことによるもので、その経験が生きたか。

ただし、レースそのものが凡戦とみられるため、この3〜4着は注意が必要。

 

 クロノジェネシス / カレンブーケドール

そのあたりのことは、勝ち馬クロノジェネシス、2着カレンブーケドールにも言えるところで、手放しで喜べない部分はあるのだが、やはり休み明け直行ローテでのクロノジェネシスには評価をしておきたい。

+20キロ自体はこの時期の3歳牝馬ということもあって、パドックでも大幅な減点材料には映らなかったが、予想編にも書いた通り、このレースを+10キロ以上で好走したという事実が凄いことで、過去の該当馬たち同様に古馬G1での活躍も期待できる。

 

ダノンファンタジー 

8着ダノンファンタジーは、掛かりはしなかったが追って案外で、陣営曰くは「馬場が……」ということを敗因にしている様子。

ただ、個人的にはこの見解には懐疑的で、この前半のペースで単純にガス欠を起こしただけとも考えられ、仮に良で掛からなくてもこのペースの2000mでは危うかったとみる。

このあたりは、オークス時に「気性面さえクリアになれば、中距離馬かも」とした評価を改めたいところ。

 

ローズテソーロ 

あとは、6着ローズテソーロの成長度は注目に値で、後方から最内ベッタリの競馬とはいえ、直線での伸びには目を見張るものがあった。

2走前に大きく馬体を増やして、ハーツクライ産駒で、まだまだ奥がありそうで楽しみ。 ☆次走注目馬☆

 

 

PR

〜平日も競馬を楽しみたい方へ〜

手数料、年会費無料で予想情報も充実!

楽天競馬おススメの3つのポイント

1, PC、スマホから全場、全レース馬券が購入できる!

2, 馬券購入で最大10%ポイント還元!

3, PC、スマホから無料で全レース映像、パドックが楽しめる!

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

 

 
 

 

【調教注目馬】10/14(月) 東京競馬 府中牝馬ステークスはこのレース“タブー”の古豪が……

 

【調教注目馬】10/14(月) 京都競馬 フルゲートで難解なハンデ戦オパールS 中間からはどの馬も強調材料に乏しく……

 

【府中牝馬ステークス 2019 予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / ダノンの買い時嫌い時......

 

競走馬データ

ダノンプレミアム・アーモンドアイ・タワーオブロンドン...他

www.yosounohone.com

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter 

 

スポンサーリンク