競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【七夕賞2019 レース結果・回顧】レースとしての“特注案件”は4、5着馬

f:id:yosounohone:20190410092340j:plain

 
――やっと、やっと◎◯本線的中……。
3人気◎→2人気◯決着でも、馬単59倍(15番人気)は思った通り ( ̄ー ̄)ニヤリッ
 

 

七夕賞2019 予想

www.yosounohone.com  

 ホネ的! レース回顧 七夕賞2019 

 
7/7七夕賞 ◯的中
 
レース全体の振り返り
 
  • 前日時点で良に一旦回復した馬場は、再び少雨に見舞われ稍重馬場で行われた。前週に不良馬場にまでなっていたこともあって、通常の開幕2週目の稍重とは違いやはり時計は掛かり気味(この日はそれでも、前半が良並みかそれ以上の軽快なペースで行われたレースが多かったこともあって、表面上は全体時計には表れづらくなっていたが)

 

  • ただし、極端な差し馬場にはならず。むしろ、前が止まらないケースも多かった(七夕賞前に行われた芝6鞍の勝ち馬 4コーナー通過順は2、1、1、2、1、7番手)

 

  • そんな中、レースはマルターズアポジーが前半を58.0秒と良でも速いくらいのペースで飛ばしていった。2番手以下も、数頭の先行馬が差なく続いたため、レース上がり37.5秒とかなり掛かった

 

  • 12.0 - 12.2 - 12.3 - 13.0の消耗戦。これで、七夕賞は4年連続での消耗戦決着。メイショウナルト、マルターズアポジー、マイネルミラノ、そして再びマルターズアポジーと、牽引した馬たちの制御不能レベルの逃げが4年連続の前傾戦を招いた

 

  • 向こう正面、外を通して徐々に進出を開始し、抜群の手応えで 4コーナーではほぼ先頭にまで並びかけたミッキースワローが勝利。同じように後を通って伸びたクレッシェンドラヴが2着(これらは前週のブレイキングドーン(田辺J)と同じ競馬)。3着には3番手から粘り込んだロードヴァンドールが入った

 

  • ちなみに、アウトライアーズ(14番人気5着)、ゴールドサーベラス(11番人気4着)も1、2着と同じ競馬。また、ラップ論的にはメンバー中最上位の持久戦耐性とみられるゴールドサーベラスが、藤田菜七子騎手であっても、直線ラストでの伸びがひと際目立つ伸び(上がり3Fとしては3位だが、ラスト1Fは1位のはず)で4着まで来ていたことがレースの質を物語っている
 
 
ブログランキング上位を目指し頑張っています!もし記事が参考になりましたら、クリックで応援していただけると嬉しいです!

※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。現在80位前後におります。

※前回のつづき。「パパは嫌いなの!」の次に二言目には「あっち行って、新聞読んでくるのっ!」と指示される今日この頃。レースをたまに一緒に見ている時には、「こっち!こっち!お馬さん」と、気づけばいつからかゴールに向かって走ってくる馬に、おいでおいでをするようになっていました^^;  何にも教えてないのに、日々の成長が半端ない。。。そのうち、このコーナーもホネチビが書いていたりして(笑)いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

 

 

スポンサーリンク
 

七夕賞2019 予想と結果

 

予想➡➡➡◎ミッキースワロー

結果➡➡➡1着

断っておくと、本命視の理由のほとんどは「実は右回りの直線が短いコースはそれだけでも狙う価値ありの馬」という部分だけ。

それ以外は、少し話を膨らませたかったというのが本当のところ(もちろん、ハンデ戦ならではの部分や、逆張り論を書いておきたかったというところもあるが)。

正直、上記点と執筆時オッズ(前日昼時点で、たしか単勝7〜8番人気、1◯倍程度だったような。。。)でピンと来た、本命の理由はそれだけだった。

ただ、その妄想(?)に近い部分が、7/7だったからなのか見事に炸裂したという印象。

 

『騎手という要素をゼロにして考えれば、馬は突き抜ける力があるのは明白』

『馬オンリーで思考を停止した超逆張り予想』

『ホネが乗っていても勝てたな! そういうレースで、「菊沢Jを乗せてちゃダメな馬だ」と思っている人たちに、「ここで、菊沢Jで(も)勝つんかー」とギャフンと言わせて欲しい』

(予想編記事より)

 

……結果的に、重賞ウィナージョッキーに対して、たいへん失礼である。

これこそ、良い子はマネしちゃダメなやつだ(笑)

 

ただ、当たる時はそんなもの、ということもある。

むしろ、閃きで省エネで本命◎的中できれば、それこそこんなに効率的な話はない。

 

もうひとつ断っておくと、この馬はこれでもう重賞でアタマを獲るのは厳しいかもしれない、所謂“ラストケース”だと思っていたというのも狙いにいきたかった理由のひとつ。

その理由を書くと、さすがに「このタイミングでそれ言う?」になってしまいかねなのでやめておくが、見立て通りここで勝ってしまったことは今後に関してはその可能性が高まったとみる。

 

レースは、先にも指摘の通り、とにかく前週の田辺J(ブレイキングドーン)さながらの、向こう正面を外目で押し上げ、コーナーリングでのマクリから、直線では中ほどを伸びるという内容で、早め先頭から押し切る内容。

さすがに、抜け出すのが早過ぎた印象はあるが、 4コーナーでの手応えから「負けはない」と確信した人も多かったハズで、かつて強さを見せつけたこの福島の地で再び強い内容を見せた。

 

 

 

予想➡➡➡◯クレッシェンドラヴ

結果➡➡➡2着

タフな展開、渋った馬場、いずれもやはり良かった印象。

3着以下には3馬身差をつけており、こちらも強い内容。

上記の通り、この馬もミッキースワローについていって最後まで渋太く残したという競馬。

調教面での不安も、この馬に関してはむしろ坂路で1週前に劇的な変化といっていい好時計をみせていたことなどから、払拭できた印象。

 

 

予想➡➡➡▲タニノフランケル

結果➡➡➡6着

2番手で終始運び、直線でも内を突いて粘り込みを図るが凡退し6着。

好位から楽に突き抜ける競馬ならまだしも、この我慢比べ競馬では苦しかったか。

予想編にも書いた通り、この辺りは「好位からスッと突き放す競馬なら◯」であっても「そうでなければ、死に物狂いで追うことのないこの鞍上では×」の部分が表れていた。

 

 

スポンサーリンク
 

 

3着ロードヴァンドールは、あの稍重で全馬終いバッタバタだった阪神大賞典での経験が生きた格好。

3000mのあのレースを、粘り込めるだけのスタミナと前傾ラップ適性をもってすれば、他の先行勢とは違いこれでも得意の展開だったか。

あとは前走で着けたチークピーシズをやめ、ブリンカーに再度戻した効果、また前週(ラジニケ・アドマイヤスコール)で内を運んだ経験が鞍上にあった点も大きかった印象。

内に入ろうと思えばできたシーンでも、2〜3頭分内を空けたまま運び続けていた。

 
 
1番人気ロシュフォールについて軽く触れておくと、ラップ適性的には飛んで当然と言うべきか。
最後止まった瞬間にホネ的には「ニヤリ」だったが、そこまでは見せ場を作っていて意外によくやっているなとみていたところ。
今日はコテコテの七夕賞で、仮にこれをこなしてきたらそれこそG1レベル確定級になってしまうところだったが、そもそもそんな馬はいくらこのレースでも単勝4倍台ということはないし、最初からそのあたりも織り込み済みの敗戦という感じ。
 
 
クリノヤマトノオーは、一応5着圏内の競馬をしての7着。
最大の敗因は、鞍上が外枠から内ラチに入れてほとんど大半の1600mくらいを最内を走らせてしまったこと
この大外枠は良いと思ったのだが、残念にも「インでロスなく」の競馬を選んでしまった。
この辺り、どうしても場数の少ない福島ではこの鞍上で仕方のないところだったか。
鞍上の言うように、ここまでの消耗戦ラップが厳しかったことももちろんあるだろうが、それ以上の消耗は脚下によるものだったと考えている。
変わらず、悲観なしの内容で、右回り重賞では狙い続けていきたい一頭。
特に、この敗戦(鞍上の言い訳敗因コメント←当たっていない可能性あり)と、前走の新潟大賞典での内容から、「実は瞬発力勝負のほうがいいんじゃね?」と思われ始めるようなら尚更いい
ホネが、新潟大賞典でノーマーク(それでも意外に頑張ったな→重賞通用の力ありと判断)、七夕賞では注目したくらいの馬。
心配しなくても、この馬は平坦馬だ(←オイオイ、いつになく自信過剰だなww)。 ☆次走注目馬☆
 
 
9着ウインテンダネスは、最大の問題は良い時の「掛かるほどの行きっぷりが戻ってこない」こと。
もちろん、今回内田騎手ではなかったこともあるだろうが、状態面が一番であることはレースぶりからも明白(下を気にして行きっぷりが悪かった、という可能性は無くはないが)。
そして、それはこの馬にとっては、いくら「前走から良化が窺える」と陣営、トラックマンあたりが盛んにコメントしていたとはいえ、叩き2戦目じゃあこの馬はまだまだ・・・
前走も記したコメントだが、1コーナー12番手では本来の姿には程遠い。
次走は、叩き3走目となればいよいよだし、そろそろ人気的にもかなり“ゾーン”に突入してくるはず。
調教とさらに使い込んで500キロ前後になってきたタイミングで狙いたい(欲を言えば、叩き4戦目か、5戦目がベストだと思うが)
 
 
 

予想全般としては、◎○本線的中で一気の回収で、今年のG3単体での回収率は103.2%とプラスに転じた(重賞全体ではまだマイナスだが)。

それでも、この時点で重賞トータルでも92.8%というのは、個人的には快挙レベル。

苦手だった重賞で、平場も含めた全体平均値に近いところまで上昇してきたことには驚きだ。

もっとも、去年まではブログをやっていなかったし、回顧もロクにしていなかったので当然と言えば当然か。

まだ負け越してしまっているし、時間の掛け方は去年の比じゃないので、対費用効果については微妙なところもありそうだが、まあ良しとしたい。

自分自身のためのブログとはいえこうして足を運んで頂く方が着実に増えたのだから。

そして、多少なりとも参考にして頂き、時には交流まで生まれたりしているのだから。

 

スポンサーリンク
 

 

~ホネより読者の皆様へ~

そんな皆さまに改めて感謝・御礼申し上げます。

そして、いつもブログランキングへの訪問もありがとうございます。

もしまだの方は、少しでも参考になったと思った時でいいです(面倒な時は押さなくてももちろんいいです)、是非応援の一票として「ブログランキング」ボタンを押して頂けると幸いです。

 

※「ブログランキング」ボタンを押すとどうなるの?

・・・単純にこのブログへの流入が増えます。

押して頂くことで、間接的に当ブログを他人にお勧めしている格好になる、といった感じでしょうか。

その仕組みは、

 

①ボタンを押すとブログランキングページに遷移する

②その1遷移によってブログランキングポイントが加算されていき、当ブログのランキングが上昇する

③ホネが人気ブロガーになる(笑) ←冗談です、このブログが多くの人の目に触れるようになって流入が増えやすくなる

(=これが「いいね!」やシェアなどで他人にお勧めしているのと同様のアクションになる、というわけです)

 

(①で遷移して以降は、また当ブログへ戻ってくるという手間が増えるだけで、その他は特にユーザーの皆さまへの影響はありません)

今後とも、皆さまの声援を胸に、ブログを通じて少しでも恩返しをしていければと思っています(←ちょっと、参院選に触発されすぎてるかな(笑))

                               予想のホネ

 

(ブログランキングボタン↓↓)

 

  

PR

入会費、年会費無料で全国58レースの馬券、車券が買えるオッズパーク!

そしてオッズパークで馬券を買えば最大10%ポイント還元されます。

また予想情報や予想印、ネット新聞がすべて無料です。

簡単無料の新規会員登録はこちらから➡地方競馬を買うならオッズパーク

 

先週の重賞回顧と調教注目馬はこちら

 【調教注目馬】7/7(日) 福島競馬  

www.yosounohone.com

プロキオンS2019 レース回顧

www.yosounohone.com

プロキオンS 予想

www.yosounohone.com 

【調教注目馬】7/7(日) 中京競馬  

www.yosounohone.com

【調教注目馬】7/7(日) 函館競馬   

www.yosounohone.com 

スポンサーリンク