競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【プロキオンS2019 予想 過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ】リピーターレースで勝つのはやっぱり……でも馬券的には 

f:id:yosounohone:20190701101101j:plain

――あとは、当日のデキ次第。

それによっては、◯から昇格も。

 

 

プロキオンS含む中京競馬の調教注目馬はこちら

【調教注目馬】7/7(日) 中京競馬   

www.yosounohone.com

7/7(日)  プロキオンステークス2019  過去のレース傾向 

 

 
 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

 

 

コースの傾向としては、瞬発戦と平坦戦が半々くらいのセッティングだが、このレースは改修後の12年以降では平坦戦~消耗戦寄りになることが多くなっている

 

該当馬➡➡➡平坦戦(~消耗戦寄り)実績が中心のタイプは、ウインムート、マテラスカイ、アードラー、オールドベイリー、キングズガード、サクセスエナジー、ダノングッド、プロトコル、ワンダーサジェス、ヴェンジェンスあたり

 

 

12年コース改修以降、前走馬体重500キロ以上馬が優勢で、特に500~519キロで(5-3-2-19)単回478複回130

 

該当馬➡➡➡アディラート、ウインムート、ドンフォルティス、マテラスカイ(前走海外だが、おそらくこのゾーン??)、ミッキーワイルド

 

 

といった感じ。

 

スポンサーリンク
 

 

考察&まとめ 

 

時期柄、2年に1回程度の割合で脚抜きのいい馬場で行われているレース。

また馬場状態によらず、直線にかけてもペースが緩まず、逆に直線後半で減速ラップが続く展開もしばしば見られる(17年、16年、12年)など、コース自体の適性値よりも消耗戦寄りに振れている印象のここ7年のレース傾向。


上記の通り前走500キロ未満だった馬は、良で行われた年と2番人気以内馬の好走のみで近10年(1-2-3-47)。

ただし、520キロ~のさらに大型タイプのゾーンになってくるとガクンと成績降下していて、500~519キロで(5-3-2-19)単回478複回130(※ただし、単回複回には12年Vトシキャンディの一発が含まれているので注)という状況。

 

以上のことから、「前走500キロ以上(500キロ台、510キロ台あたり)」「平坦タイプ」が中心となるレース。

 

 

完全無料でやっていますので、もし記事が参考になりましたら、クリックで応援していただけると嬉しいです!

※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。現在80位前後におります。

※前回のつづき。「パパは嫌いなの!」の次に二言目には「あっち行って、新聞読んでくるのっ!」と指示される今日この頃。レースをたまに一緒に見ている時には、「こっち!こっち!お馬さん」と、気づけばいつからかゴールに向かって走ってくる馬に、おいでおいでをするようになっていました^^;  何にも教えてないのに、日々の成長が半端ない。。。そのうち、このコーナーもホネチビが書いていたりして(笑)いつも応援ありがとうございますm(_ _)m

 

 

スポンサーリンク
 

予想印は!?ホネ的注目馬!

  

 

◎マテラスカイ

今年はドバイ遠征明けで、前年から斤量1キロ増で、それでいて昨年以上に人気と、嫌う理由はいくらでも見出せそうな状況。

何より嫌なのは、(予想に)芸がないというところなのだが、ここはレース適性面から「それこそがプロキオンS」と考えているので狙う。

中京ダート1400m重賞は、いわゆる、リピーターレース。

そう考えているのでここも信頼。

実際、「前走500キロ台(〜520キロあたりまで)」「平坦戦タイプの馬」の傾向にあてはまっているのも、(推定合致の)この馬とウインムートくらいで、即ちこのレースへの適性面で新興勢力に脅かされるようなことはないとみた。
あとは自分自身との戦いか。

  

 

◯サクセスエナジー

去年は58キロを背負って、最後まで2着争いに加わる好内容の4着。

今年は57キロで出られるし、2年連続の最内枠もこのコースではなかなか期待値の高い好枠。

あとは、前走で減った馬体が戻ってくるようなら。

 

 

▲アードラー

松若騎手がこちらではなく、サンライズノヴァ騎乗なので最初どうかとも思ったが、舞台適性で若干こちらが上とみて西村騎手に託す。

サンライズとの比較では、よりこのコースでのマテラスカイペース(平坦〜消耗戦)適性が強いのはこちらだろう。

 

 

☆ウインムート

消耗戦度合いが高まると、◎との比較で劣り、今年は58キロと苦しい。

ただ、鞍上も不気味で、1週前追い切りも助手騎乗でのものでもありベスト内容と言ってもいい内容だった。

あとは当日、どんどん晴れて気温も上がっていき、乾いていけば。

 

 

あとは、大穴なら△ワンダーサジェス

中間(調教編ではB-評価)も、最終追い切り(助手騎乗馬なり)もなかなか。

▲を狙うのなら(昨年の桶狭間Sでワンツー)という意味も含めて抑えておきたいところ。

 

「リピーターレース」と書いたので少し怖いキングズガードは、パフォーマンスを下げてきているのは明白なのに、それでいて今回M.デムーロ騎手でこんなに人気してしまっているのではちょっと手が出ない。

まだ、パサパサのダートならばというのはあったのだが。

 

 

ブログランキング上位を目指し頑張っています!もし記事が参考になりましたら、クリックで応援していただけると嬉しいです!

 ※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。それがとても励みになります!現在80位前後におります。

 

PR
入会費・年会費無料!58レースの馬券、車券が買えるオッズパーク!
毎日いつでもどこでも投票できてポイントも最大10%還元。
予想情報や予想印、ネット新聞がすべて無料です。
簡単無料の新規会員登録はこちらから➡地方競馬を買うならオッズパーク 
 その他今週のレースはこちら

 

【調教注目馬】7/7(日) 中京競馬   

www.yosounohone.com 

【調教注目馬】7/7(日) 福島競馬  

www.yosounohone.com

【調教注目馬】7/7(日) 函館競馬 

www.yosounohone.com 

 

スポンサーリンク