競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【七夕賞 2020 レース回顧・結果】ザ・異端児レースの真骨頂 5年連続の・・・

f:id:yosounohone:20200622065923j:plain

■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

 

――綺麗に獲れることもまあ無いね、というのもまた七夕賞らしさだったり?

目次

七夕賞2020予想 追い切り・ラップ適性考察

www.yosounohone.com

七夕賞 2020 含む、7/12(日) 福島競馬の追い切り注目馬はこちら

www.yosounohone.com

ラジオNIKKEI賞 2020 レース結果

 

 

着順 馬名 タイム 上3F
 1 クレッシェンドラヴ 2:02.5 36.6
 2 ブラヴァス 2:02.7 37.2
 3 ヴァンケドミンゴ 2:02.8 37.1
 4 ヒンドゥタイムズ 2:03.1 36.7
 5 ウインイクシード 2:03.2 37.8

 

ホネ的! レース回顧/レース分析 七夕賞 2020

 
7/12 七夕賞  ◯的中 (◯▲馬連&ワイド)
 
 
レース全体のふり返り
  
 
重馬場で3~4秒は掛かる(前週とは打って変わっての本格重馬場)
 
 
11.8 - 12.1 - 12.2 - 13.0となって、近5年連続の消耗戦ラップに
 
 
前半61.3秒、後半61.2秒(2分2秒5)は、この日の馬場では十分水準級
 
 

スポンサーリンク
 

七夕賞 2020  各馬ふり返り 予想と結果

 

 

 

何はともあれ、去年に引き続きの割と気持ちのいい感じでの的中。

(◎は残念なことになったが、そもそもこの割れ割れオッズなら軸心中しないほうが得策と考えて正解だった)

今年は、当日予想外に雨が降り重馬場へと悪化していたとはいえ、本当に5年連続消耗戦ラップ決着に。芝の重賞(1200m以下除く)でこんなレースって、今どき七夕賞だけなんじゃないの?

そんな、異端レースで連続的中というのが(自分で言うのもなんですが)ホネらしい^^;

 

 

マイネルサーパス

予想➡➡➡

結果➡➡➡11

最後まで◯クレッシェンドラヴを人気で上回ることがなかった時点で、こちら本命のまま。

それに関しては、一切迷い、悔いなし。

スタート直後のホームストレッチで躓くようにしてバランスを崩しかけたし、その後鞍上も左後方を気にする素振り(落鉄でもあったか?)。

ペース、馬場的には得意な部類だったはずで、このラストの止まりようは解せない部分が残るが、おそらくアクシデントまみれの1戦だったのではないか。

前走よりもキツいラスト4F〜2F地点を前走よりも早めに位置を取りに行っていることもあっただろうが。

余談だが、この日この馬の本命に迷いがなくなった一つの理由でもある、福島民報杯当時とニアリーイコール馬場へのフィット感。

今もってしても、だからこそ直前にわざわざ相手に加えた×ウインイクシード(当時3着→今回5着)、×レッドローゼス(当時4着→今回7着)たちの納得の健闘ぶりとともに、◎がそれらにこれだけ離されるということがより解せない部分なのだが。

 

 

クレッシェンドラヴ

予想➡➡➡

結果➡➡➡1着

「まかり間違って1番人気とかで出てこられるよりはマシ」「単5倍くらいからなら一発狙ってみたい」「弱点は、後半1000mが60秒を切った時」……予想する側としても、ここまで目論み通りの態勢で出てきてくれると、こうも見事に突き抜けるんだなという感じの勝利。

オッズは別として、重とはいえ後半61.2秒、ラスト1Fで0.8秒減速する展開で、この馬の実力なりの普通の競馬をして勝ち切った。

 

 

ブラヴァス

予想➡➡➡

結果➡➡➡2着

正直、直前に単勝5番人気とかになってきているのをみて一瞬評価を落としたくなりかけた1頭だが、複勝オッズをみてやっぱりそんなことはなさそうと思いとどまって正解(最終的に単勝7番人気)。

「上がりの遅さを味方につけたい」タイプがお誂え向き展開で、しかも想定通りしっかり前々での競馬。

そして、「『前走(2番人気)重賞初挑戦で上々』とは世間にみられていない」という前走から人気下げオッズの面でも、きっちりとスイートスポットだった印象。

消耗戦実績比重だけでいえば、メンバー中最上位だったように、この馬は相当鈍重で瞬発力勝負ではこの先相当苦しみそう。

 

 

ヴァンケドミンゴ / ×ウインイクシード / △パッシングスルー

コース巧者、ラップ適性馬のヴァンケドミンゴも、1〜2着馬とは進路取りの差で届かなかったが、この舞台で54キロなら十分勝ち負けを演じられていいことを証明した。

予想編にも書いた通り、やっぱり使いつつのタイプだと思うし、休み明け初戦の分と大外を回されたロスを考えると、これでもまだこの馬の80%パフォーマンスだったとみていふ。

 

この消耗戦で、かつ重馬場の、何度も言うが“異端児レース”では、ジナンボーやヒンドゥタイムズあたりの瞬発戦寄り実績馬たちはレースにならなくて当然。

2頭ともに馬場のせいか、いつもよりさらに後方からになってしまいその時点でほぼ終戦(悪くても中団までにつけて、平坦戦にとどまってほしい馬が、消耗戦ラップを最後方追い込みというのはまず無理)。

というか、敗れた馬たちは、全く気にしなくていいレベルの一戦。

 

そんな中、非常に強い競馬だったと言えるのが、×ウインイクシードと△パッシングスルー

×ウインイクシードは、とにかくもう1コーナーの入りからやり過ぎなくらいイン徹底。土曜までの馬場なら分かるが、この日の馬場で(いくら距離損がないとはいえ)インベッタリはさすがに奇をてらいすぎてパフォーマンスダウンしているとみられる。

それで、直線もかなり渋とく走り切っていて見た目の印象だけなら相当強いという印象。

パドックで良く見せていたものの、やはり暑くなってどうか?という疑問は残すタイプだと思っている中でこの競馬というのは、早くも次期クレッシェンドラヴ最有力候補誕生としていいだろう。

△パッシングスルーは、初ブリンカーで逃げて直線半ばから1〜2着馬に交わされてからズルズルといかなかったあたりに底力を感じた。

さすがに芝重賞勝ち馬だけあって、もう少しタフさが軽減した平坦戦レースまでならG3は十分再度手が届いていい。

 

PR

〜平日も競馬を楽しみたい方へ〜

手数料、年会費無料で予想情報も充実!

楽天競馬おススメの3つのポイント

1, PC、スマホから全場、全レース馬券が購入できる!

2, 馬券購入で最大10%ポイント還元!

3, PC、スマホから無料で全レース映像、パドックが楽しめる!

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

  

 

競走馬データ

アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com

  

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter 

 

スポンサーリンク