競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【調教注目馬(先週の回顧)】12/1(日) 中山・阪神・中京競馬 単勝12番人気78.2倍キクノロージズ(中間B)が距離短縮ローテで3着激走

f:id:yosounohone:20190328084451j:plain
 

――本当にこういう日は、鞍上が見事に上手く乗ってくれるんですよねぇ、不思議と。

西村騎手(キクノロージズ)、幸騎手(カケル)、田辺騎手(クロスザルビコン)、柴山騎手(ニシオボヌール)ありがとさん。

 

目次

 

12/1(日) の重賞予想と調教注目馬はこちら 

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

 

 

5回2日中山競馬 調教注目馬 予想と結果

 

 

 

【中山5R】2歳新馬

クロスザルビコン

予想➡➡➡

当日朝紙面チェックにて、最終追い切りを評価して 

 

結果➡➡➡1

中団後方に収まると4コーナーにかけて外には持ち出さず押し上げる田辺騎手のニクい運びに馬も応えて、手応え十分に4番手あたりからスパートを開始。

先に抜け出した2着馬エクスプレッサーらをまとめて外から飲み込み、初戦なかなかの好指数で優勝。

 

 

エクスプレッサー

予想➡➡➡抜け

 

結果➡➡➡2

特に追い切りは評価せず、狙わなかった今回だが、パドックで見せた馬っぷり、雰囲気から、直前に「この馬にやられそう」と思ったくらいだったが、その印象の通り負けはしたが良いレベル・内容で、次戦即勝ち上がりのチャンスは十分。

 

 

 

【中山7R】2歳1勝クラス

ヴァンドゥメール

予想➡➡➡ 

(新馬戦時) 最後はかなりバタバタのラップで、見た目にも現状の力を出し切ってのVといった感じから次は危ういかも(特に距離延長時)。 

 

6/13調教◯ 6時台だが、終い12.5-12.4はかなり優秀で、助手騎乗ならこの時期の2歳馬としてはアタマ勝負可能なレベル――助手騎乗(馬なり)

 

結果➡➡➡2

新馬戦時に、1150m戦での終いから特に距離延長時は危ういとした後の2戦目1400m戦を9着に敗れて、1200mに戻しての3戦目の今回、2〜3番手からきっちりと末脚を披露し2着を確保。

この距離というよりも、1000mでもという感もあるくらいだが。 

 

 

 

【中山9R】南総S

エンゲルヘン

予想➡➡➡ 

中間B 11/20調教◯ さすがに開門直後の、ジョッキー騎乗(一杯)でのものなのだろうが、それにしてもいやに時計を詰めていて、ラスト12.7も持ちこたえている――助手騎乗(一杯)

 

結果➡➡➡8

序盤に行きたがった部分もあってかこの好状態でも好走は果たせなかったが、8着といえど4着からは0.2秒差でのものでもあり、京都以外ではまあこんなものかなといった感じ。

  

 

グッドジュエリー

予想➡➡➡ 

☆次走注目馬☆ 

11/27調教◯ 10時台のこの日の馬場で、ラスト2F24.6秒というのは超抜の部類で、高速坂路なら23秒台級の内容だろう――助手騎乗 

 

結果➡➡➡4

直線最後方の15番手からといういつもの競馬に徹し、開幕週の高速&内有利馬場を上がり最速で追い込んで4着まできて立派な内容だったが、今のところのキャリアベストの前走パフォーマンスが前半33.9秒-後半34.6秒で今回が前半33.6秒-後半34.1秒で分かりやす過ぎるほどにそういうこと、という決着。 

 

 

マリアズハート

予想➡➡➡ 

(前走時) スタートで出遅れて後方からにはなったが、最後はただただ強い大外後方一気で難なく差し切り勝ち。

 

基本的に、前半33.4 - 34.4と今の馬場では極端に速くもなく内・前にいないと上位争いまでが精一杯という様相を、着差は半馬身でも地力の違いを見せつける末脚で、最後は流しての圧勝パフォーマンスでクラス突破を決めた。

 

京都、福島の2戦を挟んでのこの中山戻りでの競馬ぶりを見ると、やはり中山では伸びが全く違う印象で、少なくとも即3勝レベル通用の力があることは証明した。 

 

結果➡➡➡1

さすがという指数に、1分7秒7の勝ち時計で勝ち切っていて、着差は僅かでも非常に優秀な内容でオープン入りを果たし、内容的にはまたさらに次も楽しみになったという1勝。 

 

 

ニシオボヌール

予想➡➡➡ 

当日朝紙面チェックにて最終追い切りを評価して 

 

結果➡➡➡2

☆マリアズハートはいざ知らず、◯エンゲルヘンも▲グッドジュエリーも単で狙うには限界水域超えとなってしまったことから、最終追い切り好感のこちらを狙う。

最内枠から中団前目のインにつけて運び、直線は内から3〜4頭分のところを良く伸びて突き抜けるかに見えたのだが、最後は勝ち馬マリアズハートに内からグイッと来られて惜敗の2着。

指数は高く、調教も良かったとは思うが、やはり冬場のこの舞台は侮れないという印象。 

 

 

スポンサーリンク
 

5回2日阪神競馬 調教注目馬 予想と結果

  

 

 

【阪神7R】2歳未勝利

スワーヴドン

予想➡➡➡

中間C+

 

結果➡➡➡2着

3着以下は、7馬身引き離したとはいえお話にならない超低レベルのため参考外で、勝ち馬ドゥーベも含め強いところを当たったら2頭とも未勝利で負けて不思議ないレベル。

この派手さから、もしかすると次はさらに人気する僅差2着明けとなるのかもしれないが、少なくともアタマ凡走注意の一頭。

 

 

 

4回2日中京競馬 調教注目馬 予想と結果

  

 

 

【中京2R】3歳以上1勝クラス

キクノロージズ

予想➡➡➡

中間B 

(前々走時) 8/3調教◯ 土曜7時台での好時計で、自己ベスト更新でもあり、助手騎乗なら相変わらず勝ち切り十分な印象※騎乗者未確認 

 

結果➡➡➡3着

この中間も引き続き良く動けていた中で、レースでは外枠から中団外目を通って渋太く伸びて、最後は際どい3着争いから僅かクビ差だけ抜け出しての3着。

勝ち馬も含めて平凡な牝馬限定戦で減量でこの内容は、お世辞にも好レベルとは言えないが、前走1700mからの500m短縮で自身としては確実に好転させてきていて、もしかしたら間をとっての1400mでさらに上昇できるかもしれない。 

 

 

マリアルージュ

予想➡➡➡

☆前走狙い馬☆ 

(前走時) スタート後にぶつけられた後はスムーズに先行策をとれて、直線では後続を離して2勝目なったかという瞬間もあったが、最後は福島ダ1150m戦らしく外差しが決まり3着に敗れる。

 

ただ、調教内容からすると、この3着指数は案外な1勝クラス低調指数で、休み明けや3歳馬で今後の成長に期待する部分以外ちょっとクラス突破は遠のいたか? 

 

11/6調教◯ 終いが13秒台当たり前のこの日に、8時台に、終い12.1-12.8はかなり優秀で、しかも自己ベストを1.2秒更新する51.6秒と、助手騎乗なら1勝クラスではアタマ勝負級だろう――助手騎乗 

 

結果➡➡➡2着

さすがにルメール騎手への鞍上強化もあって無視はしづらくなってしまったが、結果を見るとそのルメール騎手で直線持ったままの手応えでも完敗も完敗の内容で、指数自体もこれまた「次もクラス突破は遠退いたまま?」といった印象を残す2着。

2戦連続手前を替えてくれずに走ってのもので、そのあたり3歳馬なりにまだ可能性はあるのだが、その弱点もあってちょっと単では狙いづらい軸向きタイプ。

 

 

 

【中京5R】2歳新馬

カケル

予想➡➡➡

このレース最終追い切りのみで狙えるほどの馬が見つからず、中間内容を評価して 

 

結果➡➡➡3着

スタートは遅く、後方から内ラチ沿いを徐々に挽回していく形になったが、勝ち馬▲ミズリーナ、2着馬◯オルテールのちょうど真後ろ縦一列の態勢で直線を迎えると、残り1Fからは1~2着馬の間の進路を取って最後まで良く伸びて3着。

ただ指数が低く、次は「狙いたいけど、嫌うべき」シーンか。 

 

 

オルテール

予想➡➡➡

このレース最終追い切りのみで狙えるほどの馬が見つからず、中間内容を評価して 

 

結果➡➡➡2着

最内枠から勝ち馬の直後の内ラチ沿いで終始運んで7番手で直線入りするも、先を行く勝ち馬▲ミズリーナが悠々の手応えに対してこちらは懸命に追われても見劣る伸びで、最後はむしろ3着に沈みそうな感じでギリギリの2着。

指数も低レベルに終わっているし、堀厩舎でこの1400mをデビュー戦に選んできているあたりからも、ちょっとキレ味不足に悩まされ続ける人気先行タイプかも。 

 

 

ミズリーナ

予想➡➡➡

このレース最終追い切りのみで狙えるほどの馬が見つからず、中間内容を評価して 

 

結果➡➡➡1着

パドックで「これは勝つかも」という非常に良い出来に見せていたことから直前に▲→◯馬単を買い足した馬で、好位の3~4番手から直線で抜群の手応えを披露して後続を突き離し、1馬身1/4差悠々の初戦突破を果たした。

低指数ではあるが、目一杯の競馬ではないことから引き続き調教には注目しておくこととする。 

 

スポンサーリンク
 

 

【中京10R】名古屋日刊スポーツ杯

ブラックジェイド

予想➡➡➡

中間B 11/24調教◎ この日の11.6-11.9の終いは、開門直後の53秒台といえど、オープン馬でも出せない時計で助手騎乗なら絶好――助手騎乗(強め)

 

結果➡➡➡4着

重→重→田中勝騎手への乗り替わりで番手からの競馬と、ここ3戦全く自身のパフォーマンスが出せずの大凡走を続けていたが、今回太宰騎手に戻って逃げてハイレベルな指数で引っ張ったが......残り50mでは完全に力尽きて3頭に交わされて4着。

今日の指数なら再度のクラス突破は楽に可能で、鞍上も「久しぶりにこの馬のうなって走る感じが戻っていた」としていて、やはり調教の通りここにきての上昇歴然なのだろう。 ☆次走注目馬☆ 

 

 

コーカス

予想➡➡➡

☆前走狙い馬☆ (前走時) 中間B 

 

結果➡➡➡2着

前走11/24オリエンタル賞からこの厩舎が連闘使いで、ムーア騎手を配してきただけあって、オープンでも好走できるくらいのハイレベル指数、好内容で駆けたが、クビ差2着に泣く。

勝ち馬エレクトロニカも、デットーリ騎手の好判断だったし、前後内外の差でこちらのほうが不利だったのは明白な展開、勝ちに等しい好内容で、ハマればオープンでも戦える目途がたったくらい。 

 

 

 

【中京11R】チャンピオンズC G1

ロンドンタウン

予想➡➡➡

中間B+ 

11/27調教◯ 8時過ぎの51.8秒、12.1-12.2という時計は、助手騎乗ならなかなか侮れない好時計――助手騎乗 

 

11/20調教◯ また復調してきたか!?と思わせる、終い11.9-12.2の好内容で、この日は8時過ぎの時間帯にマークしている点も強調材料――助手騎乗(一杯)

  

結果➡➡➡10着

調教、パドックと良く、4コーナーでの手応えも良かったし、外枠から外々を回らされたぶんと、向こう正面まで力み通しとなっていたことを考えればさらにやれていた印象で、5着争いはもっと際どかったかも。

それでも、この超ハイレベル決着で、当然の自己ベストパフォーマンスとなっていて、6歳でもまだまだ1800mを中心に楽しみが広がった。 ☆次走注目馬☆ 

 

 

タイムフライヤー

予想➡➡➡消し

11/24調教◯ 日曜にこれだけの時計を出してくること自体が異例で、12.0-12.5も助手騎乗なら相当立派――助手騎乗(強め※2本目) 

 

結果➡➡➡8着

瞬発戦は向かない馬がこの平坦戦ハイレベル決着になって、その点は向いたと思うのだが、レースが終わってから伸びてきた感じになって8着敗退。

鞍上曰く、メンコで反応が遅かったこともあるようで、しかもその仕掛け遅れから直線半ばもかなり進路取りに苦労していた中で、この自己ベスト更新ハイパフォーマンスなので、G2以下なら能力自体はどこに入っても通用するだろう(ただし、前走時に書いたように緩んだりとかは恐らくダメ、低レベル戦は逆に危ういという特性がやはりありそう)。 

 

 

オメガパフューム

予想➡➡➡

11/27調教◯ 昨年の11/22当時(助手騎乗・単走・一杯)に同じような時計を出しているが、今年は10時近い時間帯でのもので、内容次第では前年以上かもしれない――師騎乗(単走)

 

結果➡➡➡6着

調教内容的には、上位人気馬の中では半歩リードしていた状態だったと思うが、中団から直線では2着ゴールドドリームの直後から追い出されたが瞬発力で見劣り一旦突き放され、そこからジワジワと盛り返して6着という競馬。

当然、この馬も自己ベスト級パフォーマンスで好内容に変わりはないのだが、この距離でこの高速決着になってちょっとスピード負けしたという感もある。 

 

 

ゴールドドリーム

予想➡➡➡

11/27調教◯ 中間から「今回は攻める」ことを公言していた通り、全体自己ベスト、終いも優秀な12.0-12.3の好タイムを10時近くにマークしてきており上々――ジョッキー騎乗 

 

結果➡➡➡2着

結果的にこの展開では、スタートして楽々好位につけられたというのが大きく、前走でマイルを使っていた部分も良かったか、直線まで終始4~5番手から虎視眈々と運び末脚を爆発させ一気に戴冠……の競馬だったのだが、相手(クリソベリル)が悪く斤量差(+2キロ)も輪をかけて苦しかった。

残り150mまでの勢いは完全にこの馬の独壇場かというくらいの、身上のキレを披露していたのだが......残り50mでクリソベリルに上を行かれてしまった。

脚質は違うが、インティと同様に、砂の上級瞬発タイプなので、そのインティが3着に粘り込むハイレベル戦というのはやはり合っていた印象で、ここにきてキャリアハイパフォーマンスを出してきたのだから立派だし、状態も良かったのだろう。 

 

PR

〜平日も競馬を楽しみたい方へ〜

手数料、年会費無料で予想情報も充実!

楽天競馬おススメの3つのポイント

1, PC、スマホから全場、全レース馬券が購入できる!

2, 馬券購入で最大10%ポイント還元!

3, PC、スマホから無料で全レース映像、パドックが楽しめる!

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

 

 

先週のレース回顧はこちら

【チャンピオンズカップ 2019 レース結果・回顧】「1分49秒9の勝ちタイムでモズアトラクションが優勝?!」・・・・・・もちろんしてないけど(^^;

 

【ステイヤーズステークス 2019 レース結果・回顧】オイシン・マーフィー売れ効果で、“オイシイ”・ビュイック!雪辱エスコートでモンドインテロVもレースは・・・

 

【チャレンジカップ 2019 レース結果・回顧】悲劇......錚々たるG1級面々の豪華ジョッキーG3がまさかの大凡戦決着に

 

【調教注目馬(先週の回顧)】11/30(土) 中山・阪神・中京競馬 “中山グランデM”“中京パルマ&ダンシングC”“阪神トリオンフ&ブレスT”とタイトル馬が躍進の1日だったのに、、、ホネときたら

 

競走馬データ

・アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア....他

www.yosounohone.com 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします!

Twitter 

 

スポンサーリンク