競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

情熱という”火力”で勝負……? 4/21(日) マイラーズカップ2019 予想 過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ

 

f:id:yosounohone:20190421081135j:plain


――まさか、自分でも予想すればするほど、“チャーハン”が出来上がっていくことになろうとは・・・。

すみません、乗っけから意味の分からない文章で。本編をお読みいただければ分かりますm(_ _)m

 

マイラーズC2019  過去のレース傾向

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

 

時期柄、高速決着色が強いレースで、昨年は1分31秒3のレースレコード更新の決着となった。持ち時計は重要。

 

該当馬➡➡➡モズアスコット、インディチャンプ、ストーミーシーあたりは持ち時計面からは注目

 

 

その高速馬場度合いが強まれば強まるほど内枠有利になるのが基本

 

該当馬➡➡➡ストーミーシー、パクスアメリカーナ、インディチャンプ、モズアスコット、コウエイタケル

 

 

前走で掲示板外だった馬から好走できるのは、基本的に「京都芝1400m外~1600m外のG1・G2ウィナー」級の実績がある馬だけ

 

該当馬➡➡➡モズアスコット、コウエイタケル、トーアライジン、ケイアイノーテック、メイショウオワラ

 

 

京都マイルの特徴として、スローでも下り坂から動くパターンがあり、約5割程度の確率で発生する。

上り3Fというより、4F勝負(持続力寄り)になることも間々あり。

また、その4F勝負(持続力寄り)、かつ高速決着となってくると、自ずと距離適性が短めの馬たちに有利となり、1400m寄り資質を求められることになる。

(不振の前走1400m組がワンツーを決めた昨年18年がその典型例)

 

該当馬➡➡➡モズアスコット、インディチャンプ、ストーミーシー、コウエイタケルあたり

 

といった感じ。

 

スポンサーリンク
 

考察&まとめ 

 
・・・と、いろいろと書いてきたが、ハッキリ言ってダノンプレミアムに敵う相手(渡り合える相手)はいるのか、に尽きるレース。
ササっといく。日曜はフローラSもある!!(;^_^
 
注目の今年の馬場は、土曜結果からは疑いようのない高速馬場。
 
ワールドエースが勝った14年(1分31秒4)や、同じ前日土曜に六波羅特別(1000万下)で1分32秒3が出た12年(この年は翌日のマイラーズC自体は稍重で行われ、1分33秒台決着だったが)並みか、それを上回る馬場レベルにありそう。
 
これまた、人気決着傾向に拍車をかけることになりそう。
 
2度目だが、ササっといく。
高温でパラっといく。
“チャーハン予想”でいく(;^_^
 
 
完全無料でやっていますので、もし記事が参考になりましたら、
クリックで応援していただけると嬉しいです!

 ※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。それがとても励みになります!現在110位前後におります。

※クリックしていただいている皆さま、いつも本当にありがとうございます!!!今週も張り切って記事を書けます!!! ウウッ…カンゲキ( ;∀;)。この場をお借りして御礼申し上げます。

 

スポンサーリンク
 

予想印は!?ホネ的注目馬!

 

モズアスコット

もうここしかないという感じ。

若干、ここ2戦での敗戦で妙味を増してきてくれていることだけが救いか。

京都は取りこぼしているイメージが強く、今回は海外帰りの休み明け。

それでもダノンプレミアムの存在がなければ、この単勝オッズでは買えなかっただろうし、この少頭数でも高速決着×持続力勝負にして勝ち切ってもらいたい。

なんなら自らが逃げてその展開に持ち込んで、1400mのレースをし切ってアタマを取ってほしいところ。

後方からになりがちなこの馬にとっては、少頭数もいい。

 

◯ダノンプレミアム

正直、前走で本命にしなかったのに、ここで1倍台前半のこの馬を本命で買ってどうすんの?というだけ。

当然、単勝は買わないけど、この馬からの馬単は買う、そういう位置づけ。

強いてこの馬に関して挙げるなら、このレースで掛かり癖をつけないようにだけ、今後に向けての後遺症だけは心配している。

そして、川田騎手もおそらくそのくらいのことは織り込み済みで乗ってくるはず。

そうなってくると、前が超高速決着で後続に手出しを差せない競馬を演出するなら、

なだめるあまり前を捕まえきれずなんてシーンも少しくらいは。

 

▲インディチャンプは、人気2頭から入るので本当は軽視したかったし、実際前走の出負けやこの鞍上からも、これで頭数が揃ってのマイラーズCだったら格好の切りどころだと考えていたのだが。

実質8頭立ての10頭でのレースでは……。

無理に切りようもなくなってしまった。

 

以上、これにてまさかの、ただの“チャーハン”どころか、“鉄板”焼きチャーハンが出来上がりました。。。(;^_^

 

 

一応、一頭だけ穴馬候補に考えているのは☆ケイアイノ―テック

高速決着ならやはりディープは問答無用で怖い。

この人気なら、わずかばかりの希望を託すのはアリか。

 

もしかして、アレをトッピングしてみたら……程度の淡い期待ですが。

 

もし記事が参考になりましたら、
クリックで応援していただけると嬉しいです!

 クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングでの当ブログの順位が上がる仕組みになっています。それがとても励みになります!現在110位前後におります。いつもクリックしてくださってる皆様、本当にありがとうございます!!!

 

PR

 

 その他今週のレースはこちら

 4/22(日)京都競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com

 

4/21(日)福島競馬(調教注目馬) 

www.yosounohone.com

 4/21(日)東京競馬(調教注目馬)  

www.yosounohone.com