競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【京阪杯 2019予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / 外枠勢に人気集中も、2桁枠番の人気馬が2頭以上絡んだ年は近年皆無で・・・

f:id:yosounohone:20190420095311j:plain


 

 


――良い並びになったんじゃないですかね~、私のようなアナ党にとって。。。

ただし、◎は今回……

 

目次

 

ジャパンカップ 2019 予想はこちら

www.yosounohone.com

京阪杯含む、11/24(日)京都競馬の調教注目馬はこちら

www.yosounohone.com

11/24(日)東京競馬の調教注目馬はこちら 

www.yosounohone.com

 

 

スポンサーリンク
 

京阪杯 2019 レース概要

 

京阪杯 G3

2019年11月24日 5回京都8日目

発走時間:16:15

京都 芝右1200m

サラ系3歳以上オープン

2018年優勝馬:ダノンスマッシュ  牡3  1:08.0  北村友一

 

 

京阪杯 2019 枠順

 

1 1 ラブカンプー 牝4 西村淳
1 2 アポロノシンザン 牡7 横山武
2 3 パラダイスガーデン 牝7 坂井
2 4 フミノムーン 牡7 国分優
3 5 ビップライブリー 牡6 松岡
3 6 ライトオンキュー 牡4 古川
4 7 カラクレナイ 牝5 大野
4 8 ダイメイフジ 牡5 池添
5 9 エメラルエナジー 牡7 吉田隼
5 10 エントリーチケット 牝5 丹内
6 11 アウィルアウェイ 牝3 北村友
6 12 アイラブテーラー 牝3 和田
7 13 リナーテ 牝5 三浦
7 14 モズスーパーフレア 牝4 松山
7 15 エイシンデネブ 牝4 藤岡康
8 16 ニシノラッシュ 牡7
8 17 ファンタジスト 牡3 浜中
8 18 ダイシンバルカン 牡7 勝浦

 

 

 

京阪杯 2019 過去のレース傾向 

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

  

 

「前走京都組」の人気薄が狙い目になるレース

該当馬➡➡➡アイラブテーラー、アウィルアウェイ、エイシンデネブ、エントリーチケット、カラクレナイ、パラダイスガーデン、ビップライブリー、フミノムーン

 

 

一方で、「前走京都以外、もしくは前走の着順が5着以下だった馬」の好走は内枠にほとんど限られるレース

該当馬➡➡➡「前走京都以外、もしくは前走の着順が5着以下だった馬」でチャンスがありそうなのは、ラブカンプー、アポロノシンザン、ダイメイフジの3頭のみか

 

 

父NDまたは母父ND系の穴発生率が半端ないレース

該当馬➡➡➡エイシンデネブ、エメラルエナジー、カラクレナイ、パラダイスガーデン、モズスーパーフレア、ライトオンキュー、リナーテ

 

 

といった感じ。

 

スポンサーリンク
 

京阪杯 2019 レース傾向分析 考察&まとめ 

 

毎年そうなのだが、とにかく続けて京都を使ってくる組が好相性という印象の強いレース。

調べたわけではないが、この京都芝1200mに関しては、一度同コースで慣らすと良い(または、その逆で他場を使って“リセット”してしまわないほうが良い)ということなのだろうか。

上って下ってのスプリント戦では意外にその、体感の狂いが命取りということなのかもしれない。

 

一方で、他場からのローテや近走不振勢からはほとんど内半分での好走しかなく、「前走京都以外、もしくは前走の着順が5着以下だった馬」のうち8番枠より外に入った馬は、近5年(0-0-1-42)と壊滅的。

 

あとは、血統面で父もしくは母父にND持ちが、とにかく穴傾向。

特に、父ND系(厳密にはニアークティック系)は、過去10年で勝率9%複勝率36%で単回値172複回値287と非常に好調。

 

前日土曜のレースを振り返ったところ、内回りの頭数がそろったレースでそこそこのペースで行っても時計が掛かっていた印象。

平均+0.5~1秒前後を要し、そして内目の2列目までを通った組が優勢となっていて、今開催前のエアレーション、シャタリング作業実施の状態から開催が進んで踏み固められていったことで、“最終週のほうがイン有利に・・・・・・”という状況が見てとれる。

前週のマイルCSあたりでは内が悪くなってきている印象があったが、少なくとも土曜を見る限りは逆で、内回りでの外差し勢は苦しい馬場。

 

スポンサーリンク
 

京阪杯 2019 予想印は!?ホネ的注目馬!各馬評価まとめ

  

 

◎ライトオンキュー

冬場本領。

このレースで良い内枠にも入ったし、馬場も案外内優勢に盛り返してきている印象。

ここはモズスーパーフレアが刻むペースで一見、激ハイペースが見込めそうに映るが、他に逃げ馬が見当たらず楽単騎でそこまでペースが上がらない並びになる可能性すらありうる。

人気妙味も含め2番手以下、おそらく最後に止まるモズから離れた好位勢に有利になるとみて、その展開もこの馬には追い風。

不安は鞍上と雨で極端な内不利馬場で内を通らされた時だけだったが、少なくとも1つ(後者)は考えなくてよくなった。

1週前、最終追い切りといずれもジョッキー騎乗であり、厳密にはこの馬の最上級内容ではないだろうが、それでも2週連続好タイムなら十分。

前走は、初の超前傾戦で後方からになっても、リナーテを上回る上がり2位を使って3着争いまで持ち込んでおり、調教そこそこ、パドック○での内容としてはかなりの手応えを感じさせた好内容。



○カラクレナイ / ▲ダイメイフジ / ☆ダイシンバルカン / モズスーパーフレア他

あとは、全般として今年は指数的に合格ラインに到達していないように、レースとしてはかなりの低レベル戦に終わった前走オパールS組が微妙という点がポイント。

 

同組から買えるのは、過去の指数レベルから○カラクレナイのみか。

この馬は斤量1キロ減だし、54キロでの指数パフォーマンスとしてはここを好走して良いレベルには十分ある。

ただ、一見良さそうなこの1キロ減も、このレースの近年の「斤量増、悪くても据え置きこそがトレンド」とは真逆を行っていて過信しづらい。

鞍上もこのコースで微妙なので、2〜3着精一杯か。

ただ、父ND系で穴傾向だし、モズスーパーフレアの出ているレース(=ほぼ同馬が作る流れのレース)での好走、僅差が多い点も魅力。

 

2着エイシンデネブは、「430キロ台を維持し、コース形態の似た京都ということで相変わらず最後方一気を決めての2着だが、よく口向きの悪いあの走りでこんな上がりを繰り出すなという点と、やはりレースレベルが3勝クラス程度だったことが気がかりな今年のオパールSでのものだけに……という点が今回のポイント」という評価だけに、あまり推したくはない傾向合致馬。

そこから斤量は2キロ増えるし、◎とのワイドでは買わないが、仮に◎と他の馬との3連系を買うなら相手にはというくらいの△評価とする。

 


△モズスーパーフレアは、ここでは格上と目されて当然の存在だが、やはり中山と他場ではパフォーマンス差が歴然の馬で、牡馬に交じっての牝馬56キロでしかもテン乗りでということで、気持ちとしては完消しくらいのつもりで臨みたい一戦(松若騎手はダンビュライト騎乗のため東上)。

この京阪杯自体、スプリンターズS好走組が続けて好走するようなレースでもないという点もあるし。

ちなみに、手元の近13年集計で『前走の4コーナーを5番手以内で通過していた馬で2桁枠番だった馬』は(0-1-2-40)の不振。

 

最初から思っていたことだが、なんでここを使ってくる?という印象が最後まで抜けきれず、正直大いなる違和感を拭えなかった(本当は、陣営の意図でいろんな意味で香港情勢を避けたんじゃね?)。

 

それなら、リナーテか。

スプリンターズS凡走組ならここでの巻き返しもしっくりくるし、何より冬の京都(京都牝馬S)での指数はここでも十分好走級で、2走前のキーンランドC(◎に先着の3着)はハイレベル戦。

ただ、この馬もマイナス材料はあって、関東所属騎手でこのレースというのは…...で、こちらも△評価まで。

 

 

▲ダイメイフジは、○同様に△モズの出ているレース(=ほぼ同馬が作る流れのレース)での好走、僅差が多く適性的にマッチする点も点も魅力。

京都だと1F短いかもしれないが、前走オーロカップ(7着)を見て「次走激走警報」とした馬なので狙う。

そして、“今をときめく”なら「インディチャンプ(の下=アウィル)」ではなくこっち(「池添謙一」)のほうかなと。

 

前走で57キロで、しかも前々ではなく差して好走した☆ダイシンバルカンは、穴でなら

掴みどころがなく、人気では信頼しづらいのだがここはラップ的にはキッチリ適性条件で、前走パフォーマンスも上々。

好枠を引いて人気薄なら狙わない手はないと思っていたが大外で......。

 

△アイラブテーラーは、前々走(「中間B」評価→▲1着)時「ほとんど真っ直ぐ走れずの競馬になってしまったが、馬はここでは能力が違うといわんばかりの伸びを見せ、2馬身半差完勝。1勝クラス→2勝クラスと連勝で、3連勝も十分」とした馬で、実際に次も突破して3連勝でここへ。

ただ、3歳馬はロードカナロア、ダノンスマッシュクラスの頭はあるが、基本的には好走率は低く本当にここで通用するかは微妙なところ。

その点、53キロも若干見込まれた印象。

調教的には、このレースでよく好走が見られる“時計出しまくり厩舎”(森厩舎、安田隆行厩舎、清水久厩舎、斎藤誠厩舎・・・・・・等々)という点から、河内厩舎もまた然りで、しっくりくるタイプではあるのだが、果たして。

 

△パラダイスガーデンは、理屈ではないところで買う。

雰囲気良く、好状態が続く牝馬でこの枠というのは、力が足りなくても怖さはある。

 

最後に、調教は良かったが、やはり前走オパールS(6着)は微妙な△エントリーチケットを5~6番手△要員として押さえておく。

時計が掛かるのは良いし、この馬の場合前走は評価できなくとも、1月の淀短距離Sは京都1200m指数レベルとして評価できる内容だった。

 

PR

競馬新聞よりお得!

日刊スポーツ新聞社が運営する競馬情報サイト

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

 〜オススメの6つのポイント〜

1、出走馬の能力を数値化した日刊コンピ指数がレース前日19時に見られる!

2、元ジョッキー佐藤哲三さんの予想と買い目を見られる!

3、前走のレース動画を徹底分析し、推奨馬を紹介する動画「次は馬かせろ!」

4、美浦、栗東での調教分析からTOP3の推奨馬を紹介!

5、土曜、日曜のメインレースのパドック速報!

6、地方南関東4場(大井・川崎・浦和・船橋)の予想情報提供!

⬇ご登録はこちらから⬇

  

11/23(土) 重賞予想と調教注目馬はこちら 

 

【ラジオNIKKEI杯 京都2歳ステークス 2019予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / 人気馬以外みな先行? 少頭数でもペース次第では楽しみが……

 

【調教注目馬】11/23(土) 京都競馬 間隔が詰まって実質1本組と中間ビッシリな内容組では……な京都2歳ステークス

 

【調教注目馬】11/23(土) 東京競馬 日増しに寒さ厳しくなる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

 

競走馬データ 

・アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter 

 

スポンサーリンク