競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【京阪杯 2019 レース結果・回顧】“冬(坂路)将軍”がついにタイトルホルダーに! 待望の◎ライトオンキュー重賞初制覇!

f:id:yosounohone:20190410092340j:plain

 
――いや~、良かった。単勝4倍台の2番人気を窺おうとしていた瞬間には、この馬の初重賞V◎が危うく幻になりかけたけどキープしてくれて、おかげで私ホネもギリギリ◎維持できました。
 
 
目次
 
京阪杯 2019 予想はこちら 

www.yosounohone.com

京阪杯2019含む、11/24(日)京都競馬の調教注目馬はこちら  

www.yosounohone.com 

 

スポンサーリンク
 

京阪杯S2019 レース結果

 

着順 馬名 タイム 上3F
 1 ライトオンキュー 1:08.8 33.7
 2 アイラブテーラー 1:09.1 33.6
 3 カラクレナイ 1:09.2 34.3
 4 アウィルアウェイ 1:09.3 33.9
 5 リナーテ 1:09.4 34.2

 

ホネ的! レース回顧/レース分析 京阪杯2019 

 
11/24京阪杯  的中
 
レース全体のふり返り
  
 
平均から+0.5秒程度掛かっていた印象の馬場で、“高速京都”とはさすがに様相が異なる最終週としてそれなりの状況
 
 
逃げたモズスーパーフレアが刻んだ前半3Fは34.2秒で、後半が34.6秒となっての1分8秒8決着
 
 
前半32秒台が当たり前になりつつあったモズスーパーフレアにとっては、いくら多少時計が掛かる馬場ということがあっても明らかな自爆(落とし過ぎて差される)ペースであり、テン乗りの影響もあったか
 
 
11.1 - 11.3 - 11.4 - 11.9と消耗戦にはなったものの、この馬場で走破時計で平坦ラップにならなかったことは微妙で、少なくとも着差をつけて振り切った勝ち馬以外は低レベルだったと言わざるをえない
 

スポンサーリンク
 

京阪杯2019  各馬ふり返り 予想と結果

 
ライトオンキュー

予想➡➡➡

結果➡➡➡1着

レースとしては凡戦なので、ここは勝って当たり前ではあるが、最後まで目一杯の競馬ではなかったこと、この馬の時期(冬場本領)がまだ始まったばかりの休み明けで0.3秒差と余裕の完勝であったことなどは今後の楽しみで、この馬だけは指数レベルとしてももうちょっと、モズスーパーフレア(8着)頑張ってペースアップして運んでくれていたら、このレベルではないパフォーマンスまで披露していたかもしれない。

ただ、休み明けのここで激走レベルまでパフォーマンスを出し切ってしまうと次は下げるはずなので、その意味では休み明けの“試走”的な内容で勝てたことは運が良く、次は「G2制覇レベル」が濃厚だろう。

ただし、調子に乗って1400mとかを使ってくると今のこの馬には50m長いかもしれず、1200mへのアジャストがだいぶ度合いを増しているはず。

あとは、開幕最終週の馬場もプラスで、高速馬場や開幕週とかに使ってきた時はコケるほうに賭けてもいいだろう。

 

 

カラクレナイ

予想➡➡➡

結果➡➡➡3着

最後の最後にアイラブテーラーに差されて3着となってしまったが、前半に頭を上げて少し掛かってしまった影響だろう。

ライトオンキューの内に併せてよく伸びていたし、このレベルで55キロならこれくらいはもともと走れる。

 

 

ダイメイフジ

予想➡➡➡

結果➡➡➡16着

3着カラクレナイ、勝ち馬ライトオンキューより前で運び、この2頭の内を手応え良く伸びて来ていたが、さらに鋭い伸びでカラクレナイらに寄って来られてそこからはもう伸びず16着大敗。

中山ではあんな激流でも良い馬が、どういうわけかこの京都だと緩んだ後傾戦ばかりで好走していて、このコース形態だと下り坂を速いペースでいくのは苦手なのかも。

 

 

ダイシンバルカン

予想➡➡➡

結果➡➡➡6着

この日も差しての6着で、大外枠なりに大外を牝馬55キロのリナーテらとともにゴール前まで差を詰めて3着カラクレナイから0.2秒差のところまできた。

単勝17番人気153.2倍とナメられた中でのものだが、今日のオープンに毛が生えた程度のレベルならこのくらいやれて全く不思議ないパフォーマンスを京都、福島では見せていたし、その2場ならオープンVレベルまではあっていい。

 

 

アイラブテーラー / リナーテ /  エントリーチケット / ラブカンプー / モズスーパーフレア

2着△アイラブテーラーは、狭いところをこじ開けて、最後方から突っ込んできており、3歳牝馬らしからぬ勝負根性とセンスがあるところを見せた。

ただし、今日のレベル自体は微妙で、今後成長が見込める3歳牝馬での京阪杯好走という点だけ評価としておく。

まだまだ430キロ台の馬体でもあり、その伸び代という意味では期待値は小さくないが。

 

5着△リナーテは、+12キロでも太くは見せず外枠替わりで好走といえば好走の範疇まできたが、残り200mまでは2ケタ着順まで沈んでいくのかと思わせたところから最後また盛り返しての内容。

もちろん、この決着レベルでは不甲斐ない5着なのだが。

 

あとは、調教が良かった△エントリーチケットラブカンプーの2頭も少しだけ見どころを感じた。

前者は、残り100mまでは最内をついてなかなかの伸びだったが、レースが外差し決着になったのとは逆の運びでもあった中でのもの(10着)で、指数レベルは自身のものとしても平凡でもまだどこかで穴をあけてくれそうな気配は感じさせた。

後者については、3番手から最後に後続に差されての9着完敗なのだが、この馬の近走の止まりっぷりからは見違えるような粘り(2枚越しと言ってもいいかもしれない)を久しぶりに見せた。

陣営も言っての通り、念願の「馬体回復」でやっと“ともなってきて”いるのかもしれない。 (ラブカンプー→)☆次走注目馬☆

 

モズスーパーフレアは、本当に中山以外でのパフォーマンスが大したことがない。

今日は、あまりにもテン乗りの松山騎手がペースを落とし過ぎたこと、牝馬の56キロの酷量などもあったとは思うが、この馬場で1分9秒6という自身の走破時計が、何よりそれをよく表していると思う。

 

最後にファンタジスト

この厩舎で、スプリンターということもあって、とにかく調教駆けすることで、何度も当ブログでも紹介させてもらった思い入れのある馬。

競走馬の宿命というべきか、今回は残念な結果に終わってしまったわけだが、「今までお疲れさま」と記しておきたい。

ちょっと、いろんな意味で無理しちゃったかな。。。ご冥福をお祈りします。

 

 

あとは的中したので、調子に乗って

 

次年度へのメモ

 

・やはり、カラクレナイのパフォーマンスをみても、「前走京都組」の“連戦”かつ人気薄が狙い(過去の指数パフォーマンス裏付けは欲しいが)
・「父NDまたは母父ND系の穴発生率が半端ないレース」で特に父ND系(ライトオンキュー、カラクレナイ)
・一見、「見込まれた」と思える斤量増組も跳ね返して好走してくるのがトレンド

 

 


にしても、本当に久しぶりに◎○が走ってくれた。

そして、この窮地を救ってくれたのが◎ライトオンキューというのが、実に感慨深い。

 

PR

〜平日も競馬を楽しみたい方へ〜

手数料、年会費無料で予想情報も充実!

楽天競馬おススメの3つのポイント

1, PC、スマホから全場、全レース馬券が購入できる!

2, 馬券購入で最大10%ポイント還元!

3, PC、スマホから無料で全レース映像、パドックが楽しめる!

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

競走馬データ

アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter 

 

スポンサーリンク