競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【シンザン記念 2020 レース回顧・結果】“THE 強い馬が勝てるわけではないのが重賞”ってとこかな?

f:id:yosounohone:20190410092340j:plain

――ゴメンよ、よく頑張ってはいたとは思うんだけどさ。

完璧な運びじゃないからだけなんだ、1つ勝てるか勝てないかは、さ。

 
 
目次
 

シンザン記念 2020 予想 

www.yosounohone.com

シンザン記念 2020 含む、1/12(日) 京都競馬の追い切り注目馬はこちら

www.yosounohone.com

 

シンザン記念 2020 レース結果

 

着順 馬名 タイム 上3F
 1 サンクテュエール 1:35.9 35.5
 2 プリンスリターン 1:35.9 35.6
 3 コルテジア 1:36.6 35.9
 4 オーマイダーリン 1:36.7 35.8
 5 ヴァルナ 1:36.8 36.6

 

 

ホネ的! レース回顧/レース分析 シンザン記念 2020

 
1/12 シンザン記念  ×不的中
 
 
レース全体のふり返り
  
 
前後半イーブンな中で、12.2 - 12.2 - 11.5 - 12.0の瞬発戦
 
 
「時計一つ半」ではきかないくらい時計の掛かるタフな馬場で、決着タイム1分35秒9は非常に優秀
 
 
1分34秒台の価値は十分で、この頭数でのものなので上位2頭は相当な能力の高さで、参考までに前の週スローの新春Sは1分36秒8(クライムメジャー)で決着している(※高速馬場で問われるスピード能力とはまた別の話だが) →指数レベルを確認したところ、過去10年ではミッキーアイル、レッドデイヴィスのパフォーマンスに次ぐ3番目の指数を2頭ともにマークしていて、順調ならG2以上を含めて先々も重賞戦線を賑わす素質あり (1/14 23:00追記)
 
 
  

スポンサーリンク
 

シンザン記念 2020  各馬ふり返り 予想と結果

 

 

タガノビューティー

予想➡➡➡

結果➡➡➡6着

今の時計が非常に掛かる馬場で、先行勢に内を立ち回られ、12.2 - 11.5 - 12.0のレースラップで運ばれる中、自身は後方から外を回していてはそれは詰め寄れなくて当然。

後日の指数精査次第ではあるが、3着コルテジアあたりで十分標準的なシンザン記念制覇レベルとみられ、そこから0.2秒差のこの6着はそう悲観するものではないかも。 →ちょっと言い過ぎだった様子で、コルテジアの指数レベルだと単純比較ではやっぱりこのレースの3着近辺という水準にあって、タガノビューティー自身前走からかなりパフォーマンスを下げている。 (1/14 23:00追記)

 

 

プリンスリターン

予想➡➡➡

結果➡➡➡2着

勝ち馬より前で運び、(内をたっぷり開けて抜け出したことで)勝ち馬より外を通っての無念の銀メダルだが、馬は非常に濃い内容で、運びが逆ならいざ知らず「なんで内から交わされてんの?」という点だけが悔やまれる一戦。

“隠れシンザン記念勝ち馬”くらいには評して良さそうで、ある意味では勝ち切れないだろうから◯止まり評価の想定通りの2着。

 

 

サンクテュエール

予想➡➡➡×

結果➡➡➡1着

スタートをのっそりと出て後方2番手からになるがするすると挽回して、3番手のインから直線でも2着プリンスリターンの内を通して差し切ってV。

そのプリンスリターンには残り50mあたりまで前に出られていたところ、最後の最後に叩き合いの末にクビ差退けた辛勝の格好だが、今の1.5秒ほど時計が掛かるタフな馬場状態での1分35秒9の勝ちタイムといい、3着以下につけた4馬身差といい、もてはやされる「牝馬でのシンザン記念V!ジェンティル、アーモンドに続くか!?」以上に、それらを引き合いに出すまでもなく記録したパフォーマンス自体がそのまま価値のあるものとなっていて視界は明るい。 ☆次走注目馬☆

 

 

ルーツドール

予想➡➡➡×

結果➡➡➡7着

後方から外を通して全く伸びなかった中でのこの7着大敗だが、それでもタガノビューティー(4コーナー7番手)あたりよりは1~2馬身ほど前で運んでのもので、一見すると「何故?」な敗戦。

しかし、これこそが2戦目での状況一変への戸惑い、特に1分33秒3の高速タイムトライアル新馬戦→1分36秒台が標準的な馬場での超タフ戦替わり、によるところだろう。

予想編にも書いた通り、飛ぶならこのパターンがまさに今回起こっただけで、また軽い馬場に変われば全く問題ないのではないか。

 

 

コルテジア

予想➡➡➡

結果➡➡➡3着

やっぱりなんだかんだ前走デイリー杯2歳S(8着)は前に行った組にキツく、この馬でも上々な内容だったか。

この決着なので、好枠3番枠もプラスだったが、それにしてもこの日は少し控えて5番手から味な競馬で、今の時計が掛かる馬場を鑑みればこの馬の1分36秒6でも年によってはこのレースの勝ち馬水準まで達していてもいいレベルで上々。

普通に見れば高速決着には対応できなさそうだが、単純に強い可能性もまだあって、重賞で舐められたシーンでは時計対応不安無視で狙っても良いのかもしれない。

 

 
 

相変わらず◎選びのセンスのなさを露呈したが、久々にふり返りどころのある予想となって少しホッとした今年のシンザン記念。

さすがに、この少頭数で◯プリンスリターンの複勝(2.1~4.0倍)までは手を出せなかったが。

まあ、いつになく◎◯以外低評価(そもそも、ルーツドールも含め完全に並列の×評価で☆〜△評価なし)の限りなく◎◯ワイド1点、というか限りなく◎→◯馬単1点と言ってもいい予想だったので傷も浅く、悔いも特にない。

 
さて、プリンスリターン......見ようによっては「次も原田騎手で頑張ろうぜ!」ではあるが、このまま重賞未勝利に甘んじていては「もったいない」となるか? まだまだこの馬の楽しみは尽きないぜ。
 
 

PR

〜平日も競馬を楽しみたい方へ〜

手数料、年会費無料で予想情報も充実!

楽天競馬おススメの3つのポイント

1, PC、スマホから全場、全レース馬券が購入できる!

2, 馬券購入で最大10%ポイント還元!

3, PC、スマホから無料で全レース映像、パドックが楽しめる!

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

 

 

競走馬データ

アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter 

 

スポンサーリンク