競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【デイリー杯2歳ステークス 2019 レース結果・回顧】豊さんの「苦し紛れでした」コメントにも表れたシンプルで分かりやすいレース像~It's “ Adjust the route”?~

f:id:yosounohone:20190410092340j:plain

 
――っていうか、今気付きました。
このクイズ出し上手の予想下手が!(詳しくは、後半で)
 
 
目次
 

デイリー杯2歳S 2019 予想はこちら

www.yosounohone.com

デイリー杯2歳S 2019含む、11/9(土)京都競馬の調教注目馬はこちら

www.yosounohone.com

 

スポンサーリンク
 

デイリー杯2歳ステークス2019 レース結果

 

着順 馬名 タイム 上3F
 1 レッドベルジュール 1:34.5 33.8
 2 ウイングレイテスト 1:34.7 34.2
 3 ペールエール 1:34.8 34.9
 4 トリプルエース 1:34.9 34.7
 5 ライティア 1:35.0 34.9

 

ホネ的! レース回顧/レース分析 デイリー杯2歳S2019 

 
11/9デイリー杯2歳S  ◯的中
 
レース全体のふり返り
  
 
前半3F35.3秒と近年のこのレースにしては速く流れた半面、上がり3Fは34.8秒と掛かり、この前後半3F合算での70.1秒は帳尻を合わせる感じで平均的な時計
 
 
ただ、トータルでは若干速めの1分34秒5決着となっていて、これはラスト4F目~3F目が11.9 - 11.4とこのレースにしては速かったことが要因
 
 
レースレベルはそれほど高くないが、この4F目~3F目で(特に外を仕掛けていって)ジタバタ動いた組は、案外この時期の2歳馬にとってはタフだったとみられる
 
 

スポンサーリンク
 

デイリー杯2歳S 2019  各馬ふり返り 予想と結果

 
 
各馬短評の前に最重要事項↓
ラップを見て(例年と比較・検証して)、(特に3~4コーナーの)レース映像を観ると非常にシンプルで分かり易い一戦。
すなわち、上記3つ目の「4F目~3F目でジタバタ外を動き出していったらアウト」が如実に表れていて、言わずもがな1~2着馬の最後方インからジッと“その時”を待った2頭のワンツーが“案の定”の映像すぎて笑ってしまったという。
 
 
ペールエール

予想➡➡➡

結果➡➡➡3着

上記の通り、ジタバタ動き出したのがこの馬だったわけだが、同じような位置取りから2番人気サクセッションがラスト50mで完全に脚が上がっていたことを思うと非常によく頑張っている。

勝ち馬は1馬身半突き抜けていて、立場が逆でも負けていた可能性もあって微妙だが、2着ウイングレイテストには競馬が競馬なら先着出来ていただろう。

いすれにせよ、この展開で前受けして自身のパフォーマンスを上昇させて3着を確保したのだから、見立て通りまだ「マイルは長くなってき始めている」のタイミングは訪れていない、とみていいだろう。

見ようによっては、ちょっと「不甲斐ない」3着凡走と見る向きもありそうなので、注目馬としておきたい。 ☆次走注目馬☆

 

 

トリプルエース

予想➡➡➡

結果➡➡➡4着

最後はまだ距離があってもいいんじゃないかというくらい、3着◎ペールエールに詰め寄っているがこれは見た目上そう映るだけで、ラップ的にレースラップが11.4 - 12.0と減速しているところでのものなのでさすがにこれでも減速しているだろう。

外を通して押し上げていった組の中では健闘しておりやはりマイラーとしての能力も高そう。

にしても、このレースこそ、あの位置から1~2着馬と同じように和田騎手得意のイン突きをかましてくれれば良かったのに......ここは外差しを選んだのね、ちーん、、、

 

 

ウイングレイテスト

予想➡➡➡

結果➡➡➡2着

まさにインで、絵に描いたようなジッとしていた者勝ちのレースをして2着。

それはそれとして、関東馬で馬自身初の長距離輸送で、初の良替わりで、これだけ急激に指数を上げて重賞連対を果たすとは、少し驚きだった。

予想編に書いた通り、「今年のメンバーなら1勝クラス勝ち負けレベルで十分好走圏」の範疇での2着なら分かるが、意外や意外好レベル決着になったのによく対応してきたと思う(見立ての1勝クラス勝ち負け指数だと、今日の決着レベルでは掲示板ギリギリといった感じ)。

さすがに、調教の動きに加え、陣営も素質を買っているだけのことはあるといったところか。

この馬の+10キロは見た目にも少し余裕があった印象で、次はさらに上昇する。

 

 

☆インザムード / △サクセッション

インザムードは、促して外を回して進出していくこのレースではアウトな競馬で9着と、度外視の一戦(アサケエース、既出のトリプルエースなんかも同様にアウトな競馬組)。

 

サクセッションは、「ね、言ったでしょ」と言いたいくらいの『鞍上の早仕掛けもあって京都の外回りマイルで不発というシーンが怖い』の通りの、そして先述の通り輪をかけての展開裏目も引いた上で失速6着に終わった。

 

 

レッドベルジュール

しかしまあ、キレイに最内が空くもんですこと。

序盤からゆったりと跳びの大きい走りで後方になって、それがあったから腹を括ってインでジッとしていたら、結果的にそれこそ勝利のルート、まさしくA Just the Route!な競馬(ん?そんな馬いたよな……Adjust the Routeか)。

鞍上の「外に出せれば…と思っていたけど、スペースがなくて苦しまぎれでした」という正直なコメントが印象的。

その恵まれた展開面は別として、この厩舎、前走新馬戦から4ヶ月以上の間隔でこのレースを勝ち切ったこと、あたりがなにより不気味で、全姉たちのように1800m以上がベストかもしれないが、いずれにせよ相当化ける可能性もあって注意が必要。

 

 

 

っていうか、4レースの回顧を予想編下書き記事を全部見返しながら書いてきて、今気付きました。

 

【前走府中牝馬S5着以内】→ラッキー、クロコ(エリ女)

・『近2走以内に「重賞3着内か、準OPまたはOP1着」がある、近1年以内に「上がり1位をマーク」』のどれにも当てはまらない馬の好走は、福島で行われた近15回の好走馬【45頭中5頭のみ】→当てはまらない好走の馬は今年もゼロで、1~4着までがいずれかに当てはまって好走(福島記念)

【グリーンチャンネルC→武蔵野S】での好走パターンが続くレース→ワンダーリーデルV(武蔵野S)

・『【前走1600m以上の未勝利勝ち】で、キャリア2戦以内』は好走例も多く狙い目→ウイングレイテスト(デイリー杯2歳S)

 

・・・(゜.゜) クイズの箇所だけは、サエワタッテンナ......

  

 

PR

〜平日も競馬を楽しみたい方へ〜

手数料、年会費無料で予想情報も充実!

楽天競馬おススメの3つのポイント

1, PC、スマホから全場、全レース馬券が購入できる!

2, 馬券購入で最大10%ポイント還元!

3, PC、スマホから無料で全レース映像、パドックが楽しめる!

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

競走馬データ

アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter 

 

スポンサーリンク