競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【調教注目馬】12/28(土) 中山競馬 ホープフルS 追い切りからは、コントレイルでもないワーケアでもない、この中間変わってきているのが明らかなただ1頭・・・

f:id:yosounohone:20190302081246j:plain
 


――ブルーミングスカイ。

もどかしい競馬を予見させるような遅れ調教ばかりだったこの馬が、少なくとも今回調教では変わりましたね。

ナイスタイミングでの上昇で、鞍上も鞍上だけにこれは熟考に値。

 

 

 

目次 

 

ホープフルステークス2019 予想はこちら 

www.yosounohone.com

12/28(土)阪神競馬の調教注目馬はこちら

www.yosounohone.com

  

坂路調教評価 12/28(土) 中山競馬

 

 

 

【中山3R】2歳未勝利

トーセンリミテッド

☆次走注目馬☆ ☆前走狙い馬☆ 

(前走時) 516キロで迎えた初戦で、パドックでもちょっと“途上”感が否めない馬体を見せていた中、4着でも今日のメンバーでは最も次に向けて好内容といえるパフォーマンスを見せた。

 

案の定、エンジンの掛かりが遅く、後方10番手から懸命に追い込んでも低指数での4着止まりではあったのだが、直線ラスト100mを切ってからの伸びはかなり目立っていて、結果上がり3Fはレース上がりを1.2秒上回り、追われて伸びたという以上に加速がついてからは、鞍上が馬に持ってかれているくらいの様子で、字面以上の期待値は間違いない次走マストバイ馬。 

 

当日朝紙面チェックにて、最終追い切りを評価して

 

 

 

【中山4R】2歳未勝利

ポーラーサン

中間B+

 

 

エクスプレッサー

(前走時) 特に追い切りは評価せず、狙わなかった今回だが、パドックで見せた馬っぷり、雰囲気から、直前に「この馬にやられそう」と思ったくらい、その印象の通り負けはしたが良いレベル・内容で、次戦即勝ち上がりのチャンスは十分。 

 

 

 

【中山8R】3歳以上1勝クラス

シャドウセッション

(前走時) 完全なる前残りのどスロー展開を後方2番手からでは届かないのは当然で、いつクラス好走があってもおかしくないがいい感じに人気を落としてきているので、忘れないようにメモっておく。

 

  

 

【中山9R】ヤングJSFR中山2

ケイツーリラ

(3走前時) 1着はレパードS3着でここも強い競馬を見せたトイガー、2着はもともと3勝クラスでも掲示板に載るくらいの能力を示していたアフターバーナーで、その2着馬の真後ろから大外を伸びての3着はよく頑張った結果といえそう。

 

内で粘る各馬を最後の最後に交わしてのハナ差出た3着という内容は、指数的には、可もなく不可もなくといった感じで、次走勝ち上がりまでは強気になれないのだが、鞍上・嘉藤騎手とこの運びでのものなので鞍上強化なら頭の楽しみも

 

 

 

【中山10R】立志S

ウィンフェニックス

中間B 

5/29調教◯ 際立って良いとは思わないが、10時近くにこの全体時計で、12.3-12.6フィニッシュはまあまあといった感じ。 ※騎乗者不明

 

 

ルガールカルム

中間C 

(前走時) 11/6調教◯ 全体は特に大したことは無いが、終いが掛かりだしているこの日の10時近くに、終い12.7-12.4の加速ラップというのは助手騎乗ならかなり際立つ内容で、オープン級でもいい――助手騎乗

 

スポンサーリンク
 

 

【中山11R】ホープフルS G1

ブラックホール

☆次走注目馬☆ ☆前走狙い馬☆ 

(前走時) やはり向こう正面で置かれ気味になる行きっぷりの悪さを覗かせ、後方3番手あたりにまで一時位置取りを下げてしまうが、これが逆に良かった。

 

このペースでもゴルコンダが強引にまくっていったため、前半速いペースな上に12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.3 - 12.5という緩むところのない、2歳馬には非常に苦しい展開となったところを差し切った

 

ただ、2着に1馬身1/4差、さらにゴルコンダを含む横一線の3着争いからは1馬身3/4差もつけており、単に展開がハマっただけでもなさそうな突き抜け方ではあったが。

 

父ゴールドシップも加味して考えるとやはり少し鈍重すぎる印象も、一先ず洋芝以外での走りに注目したい。

 

また、そうした側面も手伝って、「札幌2歳Sを勝ち切った非常に強い馬」という印象がそこまで強くないことから、まだ次戦妙味も生まれそうな点もこの馬に関してはポイント(要はフロック視の風潮度合いと、馬はそこまで弱くないという部分)。 

 

 

オーソリティ

12/22調教◯ 日曜早朝追いのため信ぴょう性は乏しいが、2歳馬で12.8-12.0フィニッシュというのはG1を前にした内容としても評価できるかもしれないし、4F全区間で自己ベストタイムであることからも助手騎乗なら上昇必至か――助手騎乗(強め)

 

 

コントレイル

中間C- 

(前走時) まあ、ど派手。

ムーア騎手だから、ほとんど手加減せずに最後まで激追いでこの時計が出たというのも事実だがそれにしてもという感じで、ノーザンFでもなく早期仕上げの賜物とも言い切れないし、前半ペースの差は前走から4秒速くなっていて、そんな中でのこの勝ちっぷりは凄く、初戦からそうだったが、スピード能力に優っている長所がムーア騎手も相まってこのレースで爆発した感あり。

 

と同時に、ノースヒルズ生産でここから成長曲線でどうなるか楽しみ半分、不安半分というのが正直なところとして残るのだが、毎日王冠のアエロリットと同タイムを後ろから外を通してマークしているくらいなのだし、間違いなく現時点“史上最強の東スポ杯2歳S馬”、もとい“史上最速の東スポ杯2歳S馬”で良いだろう。

 

これで2000m以上に距離が伸びても強いようなら、相当な器だが、そんなことってあるのか。。。? 

 

 

ブルーミングスカイ

中間C 

(前走時) 非常に不甲斐ないパフォーマンスで馬券内すら確保できなかった4着だが、明確に前・サイドと囲まれて追い出しが遅れてのものではある。

 

ただ、2戦目の非常に強かった小倉1800m戦が11.4 - 11.6 - 12.0 - 12.4のレースを上がり35.8秒で上がってのもので、この日が12.4 - 11.5 - 11.6 - 11.7ということから、スムーズだったとしてもこの展開ではどうだったか。 

(3走前時) 非常に強い、4角手前から突き離す様は他を蹴散らす競馬といった感じ。

 

コーナーリング、直線でのササる仕草などを見ても、どこをとってもまだ粗削りだが、7馬身ちぎったようにポテンシャルが違いそうで、全姉トーセンブレス同様に重賞級だろうし、厩舎という点ではこちらのほうが遥かに先々への可能性が広がる

 

 

ワーケア

(前走時) 中団から馬なりで前に並びかけ、(いくらベースが時計の出る馬場とはいえ)良馬場のこのレースの標準タイムを軽々上回る1分48秒1(重)を終始楽な手応えで叩き出してきた。

 

重馬場で、12.8 - 11.7 - 11.1 - 11.2のレースラップを、33.3秒で上がってきていることからも超のつく大物の可能性までありそう。 

 

 

ヴェルトライゼンデ

(前走時) 中間C+

 

 

ディアセオリー

(新馬戦時) 外枠で、終始外目を走らせることが出来ていて、新馬戦としてはこれ以上ないくらい理想的な運びで、4~5番手から、4コーナーではもう先頭に並び掛けて早めに突き離す競馬でV。

 

指数もこの時期の新馬戦としては上々で、調教は胸を張れるものだったので、次走も動いていればまた狙いもたちそう。 

 

7/10調教◯ この日も全体は抜群とは言えないものだが、2週連続で終いが速く、しかもこの日は、12.6-12.2の加速ラップでそれ自体優秀であり、あとは助手騎乗か否かだが、それを確認する前の時点でも好状態には違いないだろう――助手騎乗 

 

7/3調教◯ 助手騎乗という前提でだが、早い時間帯でもデビュー前の2歳馬としては良好――助手騎乗(直線追う)

 

 

 

【中山12R】ベストウィッシュC

セリユーズ

(前走時) 前半にかなり力んでの追走になっていたとはいえ、直線でも3馬身以上後方にいた2着◎ポルーニンに後ろから交わされて最後は1馬身以上の差をつけられての5着に敗れるとは案外だった。

 

休み明けがこの馬にとってはマイナスだったことと、鞍上もこれまでの面々を見ると今日の福永騎手では当たりがソフト過ぎてそれもマイナスだったかもしれない。 

☆次走注目馬☆ 

(前々走時) レースとしてレベルが非常に高かった一戦で、例年なら500万下に毛が生えた程度のレベルなのだが、今年は重賞級指数での決着となっていて、7~8着馬あたりまで牝馬限定なら(重賞でも)侮れないレベル。中間B

 

 

アイリスフィール

(前々走時) スローな流れで3番手の好位で進めることに成功すると、ラストは11.3-11.5-11.6の前が止まらない展開の中、粘り込み寸前の2着馬をきっちりと差し切ってのV。

 

着差は3/4馬身で、内を割ってのものだが、着差以上に強い内容となっていて良いのだが、注意点は馬格がなく今回も6キロの馬体減だったことで、年明けデビュー後にこれで3戦使われて430キロ台まで落ちてきた。

 

パドックで、見た目にもガレていたりとかはなかったので今回はいいとして、次走以降も詰めて使い続けていくようなら注意が必要で、指数パフォーマンスが前走からあまり上昇しなかったのはハイレベルな内容で引っ張る馬の存在がなかったことや、少頭数などいくつか理由はあるが、馬体減りの面もあるかもしれず、先々はこの馬格ではいずれ苦しくなっていくだろうしここからは身体的な成長に期待したい。 

中間B+

 

 

イダエンペラー

(前走時) 8/21調教◯ 今の栗東坂路で、6時台に自己ベスト更新しての52.9秒に終い12.0-12.0は、助手騎乗なら2勝クラスでも十分好勝負になっていい――ジョッキー騎乗

 

 

スポンサーリンク
 

中間追い切り評価

(最終追い切り評価は含まず。主にコース追い調教タイムからS>A>B>C>D)

  

 

【中山4R】ポーラーサン 中間B+ 

                   ファートゥア 中間C+

 

【中山10R】ウインフェニックス 中間B(当初評価せずも、12/13,18の2本が助手騎乗・単走・馬なりで2本目であることから再評価) 

                     ルガールカルム 中間C

 

【中山11R】ブルーミングスカイ 中間C 

                     コントレイル 中間C- 

                     ラインベック 中間C-

 

PR

競馬新聞よりお得!日刊スポーツ新聞社が運営する競馬情報サイト

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

 〜オススメの6つのポイント〜

1、出走馬の能力を数値化した日刊コンピ指数がレース前日19時に見られる!

2、元ジョッキー佐藤哲三さんの予想と買い目を見られる!

3、前走のレース動画を徹底分析し、推奨馬を紹介する動画「次は馬かせろ!」

4、美浦、栗東での調教分析からTOP3の推奨馬を紹介!

5、土曜、日曜のメインレースのパドック速報!

6、地方南関東4場(大井・川崎・浦和・船橋)の予想情報提供!

⬇ご登録はこちらから⬇

 

先週のレース回顧はこちら

 

【有馬記念 2019 レース回顧・結果】本当の奇跡は、その競走馬生活そのもの〜ありがとうリスグラシュー!

 

【阪神カップ 2019 レース回顧・結果】スミヨン(◎)VSルメール(消) Round1は◎健闘も……

 

【調教注目馬(先週の回顧)】12/21(土) 中山・阪神競馬 初ダートのあの馬が激変!

 

【調教注目馬(先週の回顧)】12/22(日) 中山・阪神競馬 語り継ぐべき記憶と明日の馬券への記録がぐるぐるマーブル模様?

 

競走馬データ

・アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter