競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【札幌記念 2020予想】追い切り・ラップ適性・レース傾向考察 & 各馬評価まとめ / 牝馬は格より仕上がり

f:id:yosounohone:20200731134157j:plain
 

 ■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)


――このレースでは逆(仕上がりより格)なんですが……まあ、ここは。

目次

札幌記念 2020 含む、8/23(日) 札幌競馬の追い切り注目馬はこちら 

www.yosounohone.com

北九州記念 2020 予想 追い切り・ラップ適性考察

www.yosounohone.com

北九州記念 2020 含む、8/23(日) 小倉競馬の追い切り注目馬はこちら

www.yosounohone.com

8/23(日) 新潟競馬の追い切り注目馬はこちら

www.yosounohone.com

札幌記念 2020 レース概要

 

 

札幌記念 G2

2020年8月23日 2回札幌4日目

発走時間:15:45

札幌 芝2000m

サラ系3歳以上 オープン

2019年優勝馬:ブラストワンピース   牡4   2:00.1   川田将雅

 

札幌記念 2020 枠順

 

 

 

1 1 ノームコア 牝5 横山典
2 2 ペルシアンナイト 牡6 大野
3 3 トーセンスーリヤ 牡5 横山和
4 4 ドレッドノータス セ7 坂井
5 5 ルミナスウォリアー 牡9 川島
5 6 ラッキーライラック 牝5 デムーロ
6 7 ブラックホール 牡3 石川
6 8 カウディーリョ 牡4 藤岡佑
7 9 イェッツト 牡5 横山武
7 10 ポンデザール 牝5 ルメール
8 11 アドマイヤジャスタ 牡4 吉田隼
8 12 トーラスジェミニ 牡4 木幡育

 

 

札幌記念 ラップ適性・追い切り 

 

コース自体が平坦戦 主流コースで、レースも同傾向(たまに瞬発戦)といった感じ。

※ラスト4Fの各区間加速内に、0.5秒以上の加速が生ないレース(例:12.2-11.9-11.9-12.2)が定義

ブラックホールルミナスウォリアーポンデザールドレッドノータストーラスジェミニイェッツトあたりは平坦型戦績

 

追い切りからは、ノームコアラッキーライラックくらいな印象。

 

 

 

札幌記念 2020 過去レース傾向

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、 

 

1600m〜1800m勝ち星を持ち、かつ2000m好走数の多い馬が中心のレース

該当馬➡➡➡イェッツト、カウディーリョ、ノームコア、ラッキーライラック


母父ND系の好走がほとんどの年でみられる

該当馬➡➡➡アドマイヤジャスタ、ノームコア

 

 

といった感じ。 

 

 

スポンサーリンク
 

札幌記念 レース傾向分析&考察

 

 

ラップ的にはコース傾向同様に平坦戦となりやすいG2。近3年もいずれも平坦戦決着となっている。

 

2000mドンと来いというタイプよりは、マイル~1800mでの勝ち鞍もありというタイプが良く、軸馬はこの条件を満たさない馬はまず向かない印象。

少し短距離で好走をしつつ2000mでも既に高い好走率を誇る馬でないと厳しいというのが、良馬場のこのレースの好走馬像となっている。

 

血統面では母父ND系の好走が目立っている。

近10年ほとんどの年で好走馬を輩出、複勝率・複回値的には頭1つ抜けているといってもいい存在。

 

スポンサーリンク
 

札幌記念 2020 予想印は!? ホネ的注目馬 各馬評価まとめ

 

 

 

まず、頭数が少ないが、トーラスジェミニ(木幡育騎手)が必要以上にペースを落とすことは無いうえ、トーセンスーリヤ、カウディーリョ、イェッツトと先行勢も比較的はっきり。

少頭数だと11~12年(瞬発戦決着)のようなケースもある舞台だが、あそこまで仕掛けが遅れたり入れ替わり立ち替わりな展開は、何かアクシデントでもない限り考え辛い構成。素直に、平坦戦ラップでいいはず。

 

 

◯ラッキーライラック

平坦戦想定で定量55キロ、特に馬場タフ化もないようなら、逆らいようがないかなという印象。

連対実績的には、これまで瞬発戦7:平坦戦2で、少しでも「瞬発型のこの馬には、平坦戦濃厚の札幌記念はマイナス」とみられるようなら好都合なくらい、古馬になってからのこの馬の平坦戦ラップパフォーマンスは一枚抜けている(過去記事参照)。

それでも、今回対抗◯なのは、自身が古馬になって以降、ハッキリと叩き良化型戦績であるから。

 

前走は、完全にレース上り36.3秒の馬場での“アンラッキーライラック”(詳細回顧編参照)であり、無視して良い敗戦だが、今回はその点での他馬との最大パフォーマンス比較だけ。

 

 

◎ノームコア

その点で、「(休み明け)いきなりから」タイプで、この一戦においては“最高得点獲得”に期待が持てる馬。

本番で狙うべき◯に対して、前哨戦こそ狙うべきタイプがこちらという明確な意図を持ってこちらを上にとる。

洋芝適性未知でも、間隔を空けて臨む定量G2のここは、無様な競馬はできないくらいの個人的評価。

 

 

 

他では、△イェッツト△ドレッドノータスあたりの平坦馬に、この人気ならの△カウディーリョに少しだけ期待。

 

このうち、△カウディーリョは、先に挙げた好走馬像としてはしっくりくるところのある戦歴の馬だが、正直この馬の場合詰めて使っての実績に乏しい点であまりそそられない。

前走も2戦連続で減らしてきての1番人気凡走で、今回はそこから中4週と間隔が詰まって迎える1戦。

あくまで、このオッズだからというだけ(さあ、これで△カウディーリョが大金星の気配だぜ〜w)。

 

スポンサーリンク