競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【大阪杯 2020 レース回顧・結果】再覚醒を見せつけたあのシーン!

f:id:yosounohone:20190410092340j:plain

――2列目外とかでノープレッシャーの“従来形”でなく、前に馬を置いて、狭いところを割る形。
本当に、海外経験やら、精神面やら、馬を強くするんですなぁ。
スミヨン効果、大きいと思いますねぇ、馬の自信という点において。
 
目次
 

大阪杯 2020 予想 追い切り・ラップ適性考察

www.yosounohone.com

大阪杯 2020 含む、4/5(日) 阪神競馬の追い切り注目馬はこちら 

www.yosounohone.com

大阪杯 2020 レース結果

 

 

着順 馬名 タイム 上3F
 1 ラッキーライラック 1:58.4 33.9
 2 クロノジェネシス 1:58.4 34.0
 3 ダノンキングリー 1:58.5 34.3
 4 カデナ 1:58.6 33.5
 5 ワグネリアン 1:58.8 34.0

 

 

ホネ的! レース回顧/レース分析 大阪杯 2020

 
4/6 大阪杯 ×不的中
 
 
レース全体のふり返り
  
 
1番人気ダノンキングリー(横山典騎手)の奇襲(逃げ)によって、前半はやや遅め、後半はこの日のまずまず高速馬場でまあまま速めといったラップで推移
 
 
想定していた「16年のような瞬発戦決着が濃厚か」とはまるで異なり、後半4つが11.7 - 11.3 - 11.2 - 11.7の持久戦に
 
 
馬場も良く、決してキツイペースでもないことから、前々で競馬をした組が34秒前後の脚を使い、結果後続はなす術なく終わった
 
 
いくら前半のペースが上がらなかったとはいえ、この後半で1分58秒4決着にまとめたあたりからは、好レベルの印象

 

 

スポンサーリンク
 

大阪杯 2020  各馬ふり返り 予想と結果

 

  

サトノソルタス

予想➡➡➡

結果➡➡➡10着

4コーナーでの膨れやら、細かい部分はいろいろあるにせよ、今日はまず1コーナー入りの位置取りで終わった感。

ダノンキングリーの奇襲に引っ張られる形で、外枠各馬がいつになく前を意識して追走することになったところで、2番枠がアダに。

1~2枠が不振の近年の大阪杯で、当然それ自体は承知の上だったが、この「1コーナーの入りでどっと押し寄せ」てこられて位置取りを悪くするというパターンをもう少し考慮するべきだった。

ただ、いずれにしても「瞬発戦で凡レベル」の間隙を突くべく狙った一戦で、「平坦戦の好レベル」なら外れるのは至極当然、ある意味理にかなったところだと思っている。

 

 

ワグネリアン

予想➡➡➡

結果➡➡➡4着

瞬発馬らしい、後続各馬が動いて平坦ラップを刻んだ時に一旦ポジションを下げて、瞬発力競馬をやって5着。

前々で素直に持久力勝負をした組が止まらない流れでは、この馬にはどうしようもない。

 

 

ダノンキングリー

予想➡➡➡

結果➡➡➡3着

ちょっといくらなんでも持ち味殺し過ぎじゃない? 逃げたこと自体は良いが、瞬発力で勝負する馬が自ら持久戦にして3着。

まあ、2番手ジナンボーの存在もあって、緩めさせてもらえなかった、というのが正直なところだろうが(鞍上も実際そのように振り返っている)。

関西圏で、直前には馬体を回復させることが最重要課題みたいになっていて、あの競馬で沈まないんだからやっぱり強い馬だとは思うが。

 

 

ラッキーライラック

予想➡➡➡

結果➡➡➡1着

この馬の一番の凄さが、能力でも、センスでも、適応力でもなく、あれだけ早くから高レベルに達してもなお枯れていない点と改めて気づかされた勝利。 

インで馬込みを割って差し切って優勝するのだから、その闘志たるや素晴らしい。

パフォーマンス自体は、超抜タイムで駆け抜けたヴィクトリアマイルには届いていないとみるが、まああれは「スピード指数、どうぞじゃんじゃん上げて下さって〜」環境でのものだけに、今回が実質ベスト。

そう見ると、この平坦戦ラップこそが、古馬になったこの馬の適性ということだろう。実際に、そのヴィクトリアマイルしかり、エリザベス女王杯しかり、そしてこことG1・2勝を含め全て平坦戦でのパフォーマンスとなっている。

これまでの実績でみてしまうと「瞬発戦7連対:平坦戦1連対」の超瞬発タイプとなってしまう(大阪杯前時点)、その部分でそこまで評価を上げることができなかった。

パドックでは一番手の印象を受けたし、調教もまあまあの部類でもここに入るとナンバー1。前走中山記念でゴール板を過ぎてからも伸びていたところから距離延長絶好とは感じていたのだが……。

2000mを中心とした平坦馬(ただし、好位につけらるセンスがあるので瞬発戦もおそらくこなせる)が、今のこの馬と結論づけたい一戦。

 

 

 

×クロノジェネシス / カデナ

2着×クロノジェネシスは、外枠がプラスになったクチ。

ダノンキングリーらに引き連れられて、一気に外枠から各馬がポジションを取りにいく中で、4番手あたりを確保、4コーナーでも早めに動いたことで逆に後続に脚を使わせる側の競馬ができての2着。

ただ、秋華賞、そしてアメリカズカップが離して逃げたことで実質瞬発戦ラップで勝利した京都記念と、いずれも瞬発戦Vの馬。

エリザベス女王杯でもラッキーライラックに敗れているが、当時も今日の大阪杯も平坦戦適性で下回ったといったところか。

 

4着カデナは、是非鞍上の3コーナーでの“スナイパーぶり”“したたかさ”を体感してほしい、ファインプレー競馬での4着。

それでも若干脚を余しているとはいえ、外を回していても結果は同じか、それ以下だっただろう。

鮫島克駿騎手の見事な競馬だなと一目見て感じたレースだったが、「昨日今日と競馬を見てインが伸びていましたし、この枠でも外を回らないように気を付けていました」と残した談話も含めて考えるとさらにポイントアップ。

予想としては、「どんなに揺らいでも4着まで!」で飛びつかなかったのだが、この馬が今回穴人気せず、複勝も含め11番人気だったことには、穴党として昨今のネット競馬合戦の中においてまだ兆しを感じた次第(そのくらい意外な「下から2番目」ポジションで居続けていた)。

 

 

PR

〜平日も競馬を楽しみたい方へ〜

手数料、年会費無料で予想情報も充実!

楽天競馬おススメの3つのポイント

1, PC、スマホから全場、全レース馬券が購入できる!

2, 馬券購入で最大10%ポイント還元!

3, PC、スマホから無料で全レース映像、パドックが楽しめる!

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

  

競走馬データ

アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com

  

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter 

 

スポンサーリンク