競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

2週前→1週前→当週まずまずな調教披露の◎ルクスムンディーがハナ差2着 【レース回顧】6/16(日)東京・阪神・函館競馬(函館SS)調教注目馬

f:id:yosounohone:20190313182349j:plain


――対抗◯以下の印で単勝100倍台を“拾う”のと、◎で“獲る”のとではまるで違うからな〜。

あそこまでいったら、差し切って欲しかったんですが……(T-T)

 

目次

 

3回6日東京競馬 予想と結果

 

 

【東京3R】

予想➡➡➡◎ピュアヒカリ

中間C 

 

(前走時) ☆前走狙い馬☆ 

 

(前々走時) 前走休み明けで減った分を戻したとはいえ、この増減で完全な臨戦でない中で4着。

もっと上の指数出せる。

 

結果➡➡➡4

控える競馬を鞍上と陣営の判断で意図的に選択。

終いの伸びは目立った。

ただ次走、好走は十分あるだろうが、あの追い込みを見せて人気薄際どい4着では、中心に狙っちゃあいけないシーンだろう(万一、見落とされているようならこれ幸いのチャンスになるが)。

 

 

【東京9R】

予想➡➡➡▲ブルベアイリーデ

☆前走狙い馬☆ 

6/5調教◯ 今の馬場とはいえ、自己ベストタイをマークし、3歳馬としてはやはり相当な印象の11.8-12.1フィニッシュ。

助手騎乗なら、2勝クラス上位圏内レベル――助手騎乗(一杯) 

 

結果➡➡➡1

鮮やかな差し切り、にも見えるが指数的には凡戦。

そこまで楽勝と言うほど、流していたわけでもない。

今日は、鞍上がこの馬のことを知った上で、1番人気という位置付けであることも知った上で、

慌てず騒がず、しかも外枠ロスを最小限に食い止めるようにスッと内につけて運んだことが最大の勝因だろう。

余談だが、ここまで前のレースで上手くいっていると、そりゃあメイン(◎ヴァイトブリック)でコケるわな、と思ってしまった。

当日、(レースは観ることが出来ていなかったが)もしコレをリアルタイムで観ていたら、嫌な予感しかしなかったこと請け合いだっただろう。

 

予想➡➡➡抜チュウワフライヤー

☆次走注目馬☆

 

結果➡➡➡2

このレベルなら、という感じの指数での重での2着。

良での前走指数からはかなり下げていて、まさにその低レベル戦で弱点を露呈しての完敗、といった感じ。

ただ、馬自身は適距離は間違いない1400mからさらに距離を伸ばしてのマイル初挑戦で、関東圏も初でよく頑張っている。

やはり、真価は1400m以下でだが、こちらのほうが勝ち馬よりも先々に向けて素質としては上を感じさせたレースだったのは事実。

 

予想➡➡➡抜クリノヴィクトリア

中間B

 

結果➡➡➡5

単勝166.6倍で3着争いに加わる好戦。

勝ち馬と似たような位置取りから、最後まで良く伸びて、あわや3着馬に並びかけようかというところまできた。

左回り、前残り馬場で好位を取れた時には、常に怖い存在。

今回は、「痛恨の抜け」になる危ないところだった(-.-;)y-~

 

 

ブログランキング上位を目指し頑張っています!もし記事が参考になりましたら、クリックで応援していただけると嬉しいです!

※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。現在70位前後におります。

※まだ結婚前のこと、相方とケンカをしていた時に当日を迎えたある年の宝塚記念。予想は完ぺき、ただ馬券は間に合わず……レースどころではない中でも、ぼんやりと眺めていたテレビの向こうでは無情にもスタートの時を迎えた。そこで出たのが『あゝ宝塚記念を、棒に振ってしまったよ』のひと言(しょんぼり付き)。当時は、今以上に競馬への関心が薄かった相方は、「ん?今それ⁉︎」と驚愕したらしいw  ホネの伝説の名言である。相方に今だにそれを語り草にされているのは言うまでもない。しょーもな!  すみません、そんなホネですので過度な期待は厳禁かと(笑)いつも応援ありがとうございます(^^)

 

スポンサーリンク
 

3回6日阪神競馬 予想と結果


 

【阪神7R】

予想➡➡➡◎ルクスムンディー

中間C+

 

結果➡➡➡2

4コーナー1〜2番手が1、3着に残る展開を、4番手から抜群の手応えで伸びて2着。

勝ち馬も差し切る勢いを見せて、惜しかったが……。

 

 

【阪神12R】

予想➡➡➡◎パールズベスト

☆次走注目馬☆ 

中間☆(最終追い切り当日紙面チェック→◎) 

 

(前走時) 逃げて、残り200mまでは後続に3〜4馬身差をつけていて独走かに見えたが。

最後は、1~2着馬のいい目標になってしまう格好で3着。

ただ、自分でペースを握り、この日の馬場ではなかなか良いペースで運んでの好指数。

パドックでは太く見せなかったが、間隔が空いての大幅馬体増での内容で、次は相当楽しみ。 ☆前走狙い馬☆

 

結果➡➡➡7

実質4着の内容だが、強気に行き過ぎて、直線前半2〜4番手勢におあつらえ向きの展開を作り過ぎてしまったか。

洋芝向きということや、時計の掛かる馬場自体は良いのだが、前後半2.0秒差の前傾ラップは厳しかった印象。

 

予想➡➡➡▲ロードアクア

6/9調教◯ 日曜の4時ちょうどでの追い切りとはいえ、助手騎乗なら2勝目はあげられていい馬の時計。

特に、11.5-12.1のラスト2Fは優秀――助手騎乗(一杯)

 

結果➡➡➡1

キャリア4戦目、長期休養明けでのこの指数、ラスト突き放しての勝ちっぷりは見事。

前日に続き、この日も伸びていた印象の3分どころ〜中ほどのところを通ったことも良かったのだろうが、それを差し引いても次走即2勝クラス通用の好内容。

 

スポンサーリンク
 

1回2日函館競馬 予想と結果

 

【函館1R】

予想➡➡➡▲ディノーラ

最終追い切り函館W ◯

 

結果➡➡➡3着

1〜2着馬からは離されたが、この4コーナー2、3番手決着の展開であの位置から3着はなかなか。

やや、忙しい印象も距離を詰めて良化の一途。距離慣れも含めると、1400mベストも1200mも、といったところか。 

 

 

【函館3R】

予想➡➡➡▲ニシノゴウウン

最終追い切り函館W ◯

 

結果➡➡➡1着

逃げ粘った2着馬とは対照的に、故障した馬のアオリを受けて、さあここからという3コーナーで少しブレーキを踏む。

しかし、そこからも大崩れすることなく2番手をキープし、直線で差し切って勝利。 

 

予想➡➡➡抜キラキラブシ

 

結果➡➡➡3着

ただ一頭、上位馬では違う競馬をしての3着。

4着以下が多少不甲斐なかった感もあるが、初出走、この鞍上でこの競馬で3着に来ているのだから要注目。

おそらく、次走は単勝1倍台とかになっているのだろうが、無理に逆らわないほうが良さそう。 

 

 

【函館7R】

予想➡➡➡◎スリーチェイサー

最終追い切り函館W ◯

 

結果➡➡➡4着

4歳牡馬で、たかだか3ヶ月ちょいの間隔で+14キロでの出走で、パドックでの見た目にも腹回りがゆるゆるなつくり。

それでいて、前2頭からは少し離れた3番手から直線でも手応えよく伸び、最後は差を詰めての4着。

2着馬にも交わされ前も捉えられない、という内容ほど悪くは感じなかった。

むしろ、1〜3着馬がみな減量ジョッキーだったことを考えれば強い内容と言って良さそう。
 

 

【函館11R】函館スプリントステークス

予想➡➡➡◎カイザーメランジェ

(前走時) ☆次走注目馬☆ 

 

(前々走時) 5着でも、指数的にはこの馬自身としてはかなりいいほう。 

しかも、戦歴からこの鞍上でマークしたあたりに上昇が窺える(過去のハイパフォーマンス時は、ルメール、モレイラ)。

やはり、好調期に入っているか。

次走もこの調教内容が続くようなら、狙い目。 

 

4/24調教◯ 早い時間帯だが、自身の時計を2秒以上詰める50秒台をマーク。

ラップも12.5-12.4-12.1と好内容で、助手騎乗なら変わらず好状態か。

ただ、どの程度高速化した美浦坂路か、この馬自身の手応えがどうかといった点には要注意。

あまりにも時計が出過ぎていて半信半疑な状況――助手騎乗(馬なり)

で、残ったメンバー中での横比較で、函館ダートコースでの最終追い切りを評価。

 

結果➡➡➡1着

とにかく、2走前に「あまりにも時計が出過ぎていて半信半疑」なくらい時計を詰めていたのがここで実を結んだか、というのが調教面からの見地。
もちろん、少頭数での作戦勝ちに、今回の調教は7頭立てになったことでようやく上位評価できるような内容だったなど、除外による恩恵はあったのだが。
 

 

【函館12R】

予想➡➡➡◎シスターフラッグ

最終追い切り函館W ◯

 

結果➡➡➡3着

少頭数立ての中団から運び、1,2,4着馬が 4コーナーを内ラチ沿い縦1列の状態で回ったのに対し、この日の馬場で3〜4頭分外を回して追い込んだ。

上位馬の中では強い競馬をしたと言っていい。
中央場では、距離を伸ばしても苦戦が続いていたが、軽ハンデとはいえやはり北海道巧者を印象づける好内容だった。
 

 

完全無料でやっていますので、もし記事が参考になりましたら、クリックで応援していただけると嬉しいです!

 ※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。それがとても励みになります!現在70位前後におります。

 

PR
入会費・年会費無料!58レースの馬券、車券が変えるのはオッズパークだけ!
毎日いつでもどこでも投票できてポイントも最大10%還元。
予想情報や予想印、ネット新聞がすべて無料です。
簡単無料の新規会員登録はこちらから➡地方競馬を買うならオッズパーク

 

 

先週のレースとレース回顧はこちらです

6/16(日)東京競馬(調教注目馬) 

www.yosounohone.com

6/15(日)阪神競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com

6/15(日)函館競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com

函館スプリントステークス 2019 レース回顧

www.yosounohone.com

ユニコーンステークス2019 レース回顧

www.yosounohone.com

6/15(土)【レース回顧】東京・阪神・函館競馬 調教注目馬

www.yosounohone.com