競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【エルムステークス 2022 予想】追い切り・ラップ適性・レース傾向考察 & 各馬評価まとめ / 降ればより凌ぎ合い戦に

 ■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)


――それでなくとも、マリーンSなどとは好対照戦になるのではという想定。

目次

8月6日(土)追い切り注目馬はこちら

【追い切り注目馬】【新潟日報賞】【柳都S】【ダリア賞】他 新潟競馬

【追い切り注目馬】【札幌日経オープン】【北辰特別】他 札幌競馬

8月7日(日)重賞予想と追い切り注目馬はこちら

【レパードステークス 2022 予想】

【追い切り注目馬】【レパードS】【月岡温泉特別】【驀進特別】他  新潟競馬

【追い切り注目馬】【エルムS】【HBC賞】【ライラック賞】他 札幌競馬

エルムS 2022 レース概要

 

 

エルムS G3

2022年8月7日 1回札幌6日目

発走時間:15:35(予定)

札幌競馬場 ダ1700m

サラ系3歳以上 オープン

2021年優勝馬:スワーヴアラミス 牡6 1:44.5 松田大作

 

 

エルムS 2022 枠順

 

 

 

1 1 ロードエクレール 牡4 石川
2 2 アイオライト 牡5 菱田
3 3 オメガレインボー 牡6 横山和
3 4 ブラッティーキッド 牡4 水口
4 5 アメリカンシード 牡5 柴山
4 6 ウェルドーン 牝4 武豊
5 7 ヒストリーメイカー 牡8 池添
5 8 ダノンファラオ 牡5 浜中
6 9 フルデプスリーダー 牡5 丹内
6 10 ブラックアーメット 牡4 角田和
7 11 ロードレガリス 牡7 富田
7 12 スワーヴアラミス 牡7 松田
8 13 バティスティーニ 牡9 鮫島駿
8 14 ダンツキャッスル 牡6 吉田隼

 

 

エルムS 2022 ラップ適性・追い切り 

 

 

 

平坦戦5割、残りは瞬発戦と消耗戦で半々という舞台。

※ラスト4Fの各区間内に、-0.5秒以上の急加速が生じないレース(例:11.7-11.4-11.6-11.9)が定義

スワーヴアラミスロードエクレールロードレガリスフルデプスリーダーバティスティーニが適性上位

 

追い切りからは、ウェルドーンがやや抜け出す格好で、次点にアメリカンシードバティスティーニと評価。(8/6 8:55追記)

 

 

エルムS 2022 過去レース傾向

 

 

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

 

前走で1番人気に支持されるような好調、能力上位馬が優勢のレースで、それ以外で前走馬券外だった馬の激走は狙い辛いレース

該当馬➡➡➡アイオライト、ウェルドーン、オメガレインボー、ヒストリーメイカー、フルデプスリーダー、ブラッティーキッド、ロードエクレールが中心

 

先行できることが何よりの強みになるレースで、前走4角7番手以内かそうでなければ今回先行策をとる馬でないと厳しい

該当馬➡➡➡アイオライト、アメリカンシード、ウェルドーン、オメガレインボー、スワーヴアラミス、ダノンファラオ、ヒストリーメイカー、フルデプスリーダー、ブラッティーキッド、ロジペルレスト、ロードエクレールで決まる可能性は高い

 

といった感じ。

 

 

 

エルムS 2022 レース傾向分析&考察

 

 

 

昨年の函館施行を経て、2年ぶりの札幌施行となる。

札幌競馬場で行われた近年を見ると、19年までの3年間は渋ったこともあって後半で一切加速の入らない凌ぎ合い展開、そして前回(一昨年)は瞬発戦で決まっているエルムS。

意外だったその20年の瞬発戦決着だったが、それ以前をみてもジェベルムーサの年(’15)などからも分かる通り、渋ったこのレースの消耗戦傾倒は表れていて、反面良馬場ではゆったり運んでからの瞬発戦も起こりがちというところ。

 

あとは、基本的に、上位人気馬が総崩れにはなりにくい別定重賞。

ワイドで6人気以下-6人気以下などの穴から穴は見込みづらいため、穴馬から入る場合には人気馬の取捨も重要になってくる。

そして、その穴パターンはやはり、先行・まくりが決まってのものか、もしくはローカル小回り1700m実績タイプの激走や(それに通ずる)リピーター発動、の2つという様相のレース。

 

 

 

<PR>無料オススメ情報!!

 

エルムS・レパードS週
穴馬チェックはここです!
──────────────────
中京記念・函館重賞も穴馬ドンピシャ!
◎中京記念 :6→10→1人気
◎函館記念 :7→1→4人気
◎函館2歳S:4→3→8人気
見事に的中しましたよ(無料公開)
──────────────────



──────────────────
【逆境セレクト(無料)】
マレーシアC 6人気・九州スポーツ杯 7人気
東京JS   8人気・ユニコーンS  8人気
エプソムC  8人気・スレイプニルS 9,10人気
東京優駿   7人気・優駿牝馬    10人気
平安S    7人気・ヴィクトリアM 6人気
──────────────────
ここが選んだ穴馬が高確率できます!
波乱傾向・夏競馬の穴馬対策…
こちら↓↓から無料情報をチェックしましょう!
→穴馬情報(無料)
ココが選んだ穴馬は高確率で入着します。
◎的中狙い=的中セレクト
◎堅く回収=回収セレクト
◎爆勝狙い=穴馬セレクト
こんな感じで馬券組み合わせると稼ぎやすいです!


エルムS 2022 予想印は!? ホネ的注目馬 各馬評価まとめ

 

 

 

アメリカンシード / オメガレインボー / スワーヴアラミス 他

結局、プロキオンSは除外となり、ここで復帰するに至ったアメリカンシード

最大脚力なら、ここも勝ち負け圏内とみる。

2走前は鼻出血発症、前走はテン乗り暴走というだけで、まだ5歳なら能力論で心配するというのはナンセンス。

願わくはテン乗り以外で一発を期待したい今回だったところだが、それでも復活に期待がかかるシーン。

機動力以前に、先行力が武器というだけでも、このレースでは強みに。

実戦勘という点以外では、この休み明けは気にならないレベルの中間の調整も見せている。

鞍上も込みで人気大暴落のシーンだろうし、注目には値。

同型が居るので本命視まではないだろうとは思っているが。

 

 

オメガレインボーも、本命視はないだろうが注目には値という脚力上位馬。

何より、前年のこのレースが評価できない低調戦で、それでも「今度こそ」「さすがにそろそろ」の期待を今年は集めるターン。

7番人気で、当日の外差し傾向も相まって狙えた昨年とは少し情勢が違っている。

 

 

マリーンS、大沼Sの直近同距離函館OPの2戦は、いずれも時計的に低調。

ともに前半が流れず楽な前残り戦なので、もうちょっと前半から流れる想定のここは(全体時計も求められるだろうし)強いて言うならバティスティーニあたりを買いたいというイメージ。

 

 

ロードレガリスは、前走は比較的評価できる脚力最上位クラスだが、前が決壊した同走でもああいう形になってしまうので、ここは距離不足として狙わない。

もし、馬場なりのことで「おや!?」という事態になって、バティスティーニあたりを大き狙えるような際にはマストで買うが。

 

 

スワーヴアラミスが今のところ一応の中心。

タフな馬場での持久戦と、この馬を知り尽くした鞍上というのが好走条件で、合致する今回は58キロでも適性と順調度を加味すると半歩リードしているとみる。

ただ、G2東海S勝ちが非常に上手くいっての勝利だったので、その意味で斤量面その他諸々から単勝を意識するところまではどうか。

日曜は北海道は渋る可能性も大いにありそうで。

 

 

その点、一発ならマーク圧倒的に薄れるであろう【●●●(馬名)●●●】を狙いたい。

叩き良化タイプで、今回はもう少し動けるようになってくるだろうし、頭数揃わずとも展開もそう生温いものにはならないと思っていて。

加えて、転がり込んできた乗り役がまさかの鞍上強化という感じでもある。

最終的には、前で楽したい組(ロードエクレール、フルデプスリーダー、アイオライトら)とのオッズバランス次第だが、この馬の6~7走前あたりのパフォーマンスなら上に取れていいとみている。

伏字部分(馬名)こちら人気ブログランキングへ 

※人気ブログランキング、ランキングページのブログ紹介文中【 】内に、伏字部分を記載しています。現在20位前後です。クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。是非クリックで応援してください!

 

 

 

↓↓↓以下、当日午前追記内容。

土曜は、時計的にはそこまで掛からず、通年平均比+0.5秒/1000mいくかいかないかくらいの馬場。

基本的には、先行というよりも4角で前を取れるかどうかの隊列戦で、日曜午前の時点で結構強めに感じる南東寄りの風(直線向かい風)が、前日同様午後にかけて次第に強まるとの予報もその傾向に拍車をかけそう。

 

そんな状況下、ひとつの注目どころとした【●●●(上記と同じ馬名)●●●】と「前で楽したい組のオッズ」に関して、現状の1人気△アイオライトを除き案外な状況。

たしかに、「前が激流でしょ」というのは分かるが、それは▲アメリカンシードが存分に力を発揮できた時だけではないかとみている。

そこに輪をかけて、少なくとも直線追い風にはならない条件が整えば、◎ロードエクレール◯フルデプスリーダー☆スワーヴアラミスの前+マクリ進出あたりで決まる可能性は十分。◎◯に関しては、脚力的に少し上に評価しているのは◯のほうだが、中の奇数枠でゲートを失敗するリスクもあることから◎を上に。

出来がいい△ウェルドーンも警戒とし、(馬場的におそらく非常に分かり易い一戦になって、すんなりなら堅く収まることから)人気の2-3からの線もケアはしておきたいイメージ。(8/7 11:00追記)

 

 

↓↓↓以下、当日午後追記内容。

時間が無いので◎変更だけ。◎【●●●(上記と同じ馬名)●●●】の複勝勝負とする。(8/7 15:15追記)