競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【特別編・調教注目馬ほか】9/1(日)新潟競馬 (G3新潟記念+特別レース) 追い切り・前走レース内容メモ

f:id:yosounohone:20190828131131j:plain
 

【お知らせ】

週末スケジュールの都合により、今週末の調教編記事(いつもやっている『【調教注目馬】8/●●(土) ●●競馬 ~~~』)は、出走馬確定の木曜夜以降に作業時間がほとんどとれないことから、今週は内容を変更して公開させていただきます。

下記のような週前半時点で用意できる「特別レース登録馬編」に加え、「栗東坂路編」「美浦坂路編」と、形を変えてお届けいたしますのでよろしくお願いいたしますm(__)m

(※「特別レース登録馬編」「栗東坂路編」「美浦坂路編」の各記事は、いずれも木曜出走馬確定前に執筆した記事となり、最終的に出走してこない馬も含まれます。最終的な出走確定馬につきましては、主催者情報をよくご確認いただくようお願いいたします。)

目次

 

⬇今週の重賞予想はこちら⬇ 

【小倉2歳S 2019 予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / 前走好ペース先行で上がり2位の渋太さが合う◎  

【札幌2歳S 2019 予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / あの強力☆攻略ポイント完全クリアの馬は不在でも、この馬なら全てを飲み込んで...

【新潟記念 2019 予想】過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ / 想定外の良でも中間の上昇を信じて……

 

⬇その他今週の【特別編・調教注目馬】、栗東・美浦調教評価こちら⬇

8/31(土) 札幌競馬 (G3 札幌2歳S + 特別レース) 追い切り・前走レース内容メモ

8/31(土) 新潟競馬 (特別レース) 追い切り・前走レース内容メモ

8/31(土) 小倉競馬 (特別レース) 追い切り・前走レース内容メモ 

9/1(日) 札幌競馬 (特別レース) 追い切り・前走レース内容メモ 

9/1(日) 小倉競馬 (G3小倉2歳S+特別レース) 追い切り・前走レース内容メモ

【特別編・栗東 坂路調教評価】8/28(水)坂路 追い切り評価 メモ

【特別編・美浦 坂路調教評価】8/28(水)坂路追い切り評価メモ 

9/1(日) 新潟競馬(特別レース)

 

1週前までの過去メモ(調教、前走レース内容)

 

 

【9R】 岩室温泉特別

トラストロン ☆次走注目馬☆ 

(前走時) ジョッキー騎乗とはいえ終いの時計が良化して迎えた今回だったが、少なくとも2度直線で前が壁になり、内にいたのに外へ外へ追いやられる格好になったこともあって、かなり苦しい競馬となってまった。

 

それでも、藤田菜七子騎手で最後までしっかりと伸びて4着と、捌ける、追えるジョッキーに変われば、このクラスでも全然勝ち負け可能なことは示した。 

 

6/13調教◯ 6時台とはいえ、この馬自身としては終いの時計が全く違う、時計の出る馬場ということを差し引いても終い12.3-12.3フィニッシュが目立つ内容で、2勝クラス突破までありそう――ジョッキー騎乗(一杯)

 

 

アイアムハヤスギル 

(前走時) 8/2調教◯ 自己ベスト更新の51.4秒に、ラスト2F12.1-12.0も自身最速で、助手騎乗なら、この週から時計が出るようになってきた美浦坂路でも、超優秀――ジョッキー騎乗(G前仕掛け)

 

 

シュピールカルテ 

(3走前時) 1枠両頭との3頭によるハナ争いをしばらく演じた後、最終的には2番手追走の形をとり、逃げた1番人気と共に押し切りを狙って直線へ。

 

その逃げ馬オルダージュがいち早く苦しくなって止まったのに対し、こちらは残り100mまでよく頑張っていたのだが。

 

3番手から勝ちスタイルかに見えた2着馬が、最後にさらに後ろから差されてしまう、重馬場で飛ばして1分7秒3の高速決着で10.5 - 11.4 - 12.4 - 13.2の厳しい展開を思えば上々の内容で、渋った馬場も良かった印象。 

 

7/10調教◯ 8時近くに自己ベストを大幅更新、終いも上々の25.1で、全体はこの日の1番時計タイでもあり、クラス突破のチャンスはあるか――助手騎乗

 

 

 

【10R】 弥彦特別

コーカス 8/21調教◯ 今の栗東坂路であれば、この馬自身の過去の時計と比較しても、全体時計遅めの53.9秒でも、助手騎乗でのものなら12.2-11.9は引き続き2勝クラス好勝負必至レベルか。

 

スポンサーリンク
 

 

 

【11R】 新潟記念

ユーキャンスマイル 8/25調教◯ 坂路自己ベストを、今の決して速くはない栗東坂路でマーク。

助手騎乗なら、ラストの12.0-12.1は秀逸級の時計で、自身としてもこれまでの加速ラップベストが12.7-12.4ということを考えると良化度合いが極めて大きそう。

 

 

 

ブラックスピネル 8/21調教◯ 額面上の自己ベスト更新ではないが、今の少し時計の掛かっている栗東坂路で12.0-12.4の終いも含めて考えると、助手騎乗で自身最上位の内容とみて良さそう。

 

 

カデナ 

(前走時) やはり今の好調度はかなりという様子を印象付ける内容で、人気し過ぎで相手までとしたが、低指数決着にも乗じて追い込んで2着。 

 

7/25調教◯ 今の馬場で5時台でのものではあるが、助手騎乗なら自己ベストタイの52.1秒、終い自身断トツの11.9-12.1は、変わらず好調期ということだろう――助手騎乗(一杯) ☆前走狙い馬☆ 

 

(前々走時) 最後方から外を回して、1~2着馬を目標に直線に向くと、直線でも大外へと持ち出して力強く伸びた。

 

上がりは2位を記録していて、残り20~30mでの伸びは、平坦コース適性と調教での終い良化をまさに表現したような鋭い脚で、内先行壊滅の展開がハマった感はあるが、良くなってきていることも確かか。 

最終追い切り 函館W◯ 

 

6/15調教◯ (恐らくこの日の美浦は雨馬場)その中で、8時台に12.4-12.2はこの馬のこれまでからすると結構な変化であり、助手騎乗なら、要警戒――助手騎乗(強め)

 

 

ゴールドサーベラス 

(前々走時) 最後方から、あれだけ大外を回してよく4着まで来ていて、この鞍上でなければ、3着あってもという内容。

 

やはり、異例の坂路追いで好時計が出たように好調期とみて良さそうで、使い詰めの7歳馬だが、指数上はほとんど衰えは見られず、ローカルなど相手レベルが下がってくれば、オープンでも全然好走ありそう。 

 

5/1調教は、坂路で時計を出してきたこと自体が大きな異変で、時計は、8時台の51秒ジャストとこの日2番目の時計――助手騎乗

 

 

サトノキングダム 

(前々走時) 終始3番手で進め、逃げ馬を目標に追われるが、いつものような上がりを使えず2着まで。

 

それでも、昇級初戦で7ヶ月ぶりでこの内容なら立派で、次走ベストの1800m出てくれば、普通にクラス突破だろう。 

中間C

 

 

ダイワキャグニー ☆前走狙い馬☆ 

(前走時) 2馬身差をつけて強かった。

 

前走もそうだったが、持っているポテンシャルは相当高いのにレースで「本気にならない」ところがある馬で、その馬を走らせるのが上手い、シンプルに言えば内田騎手とは「手が合う」様子で、この日も実力を発揮しての完勝。

 

3番手で直線を向くと、残り1Fでは完全に抜け出し、2着以下が後方差し勢を中心に横並びになるなか独走態勢のままゴールの内容となっていて、ここでは強くやはり「全力を出せば」G2レベルは堅い。 ☆前走狙い馬☆ 

 

(前々走時) 中団あたりを出だしで確保するも、あれよあれよと位置取りを下げていき、直線は後方4番手あたりで迎えるという競馬に。

 

鞍上によれば、「内の馬が外に張ってきたことでインに入れず、そこから段々と馬の気が抜けてきて、(その辺は調教から気をつけなくてはと思っていたが……)そこで位置が下がってしまい、本気にさせることができなかった」とのことらしい。

 

最後も大外に持ち出して伸びてはいるが、半分より前、馬場の中央から内の組で決まる展開ではどうしようもなかった。

 

自身のパフォーマンスとしては、勝ち馬と0.5秒差で、この時計で走り切っただけのことはあって、57キロでは最上級の部類で悲観は全くなしの内容で、これで、府中マイル×持久戦の安田記念で、さらに差し馬場とかになったら、それこそもうどこまで突き抜けるんだろうと、妄想だけは膨らむ内容だった。 

 

(3走前時) 単純にこの馬の3着は、「つ、つ、強ぇえ」と言えるもので、内田騎手というところも良かったか

 

普通なら、届かずに4~5着止まりのレースを、ゴール前まで見事な伸びで3着まで差し込んでいて、ただ一頭、大外最後方から違う競馬をしての3着だけに、改めてポテンシャルの高さを感じた。

 

 

 

【12R】 雷光特別

アイヴィーサ 

(前々走時) 5/8調教◯ 未勝利馬で、終い12.5-12.7はこの日では評価できる。

 

この馬自身の内容としても、全体、終いともにベストレベルで、今の馬場を差し引くと助手騎乗なら2戦目で結構上昇しているかもしれない――助手騎乗

 

 

トーホウレジーナ 

(前走時) 最内枠から好発を決めたが、その他の内の何頭かも速く、諦めて少しでも外を目指すために3列目、7~8番手あたりを確保する形の序盤。

 

そこから脚を伸ばし直線半ばでは先頭に立とうかというシーンを作り、満を持して斜めに外ラチへ寄せながらゴールを目指したが、終始外ラチの勝ち馬ガーシュウィンには流石に及ばず。

 

それでも、3着にはきっちりと着差をつけていて、指数的にも余裕で1勝クラス突破レベルをマークした。

 

前々走でもこの千直で2戦連続3番枠で、さすがにこれ以上(の不運)はないだろうと思っていたら、まさかの1番枠だった今回、それでもこの日は減量騎手効果もあって着順を上げたわけだが、この馬自身は、(3走前)55キロ55.5秒(前々走)55キロ55.4秒ときて、この日は54キロ55.2秒なので、あくまで額面上だが自分の時計だけはいつも変わらずに走っている感じで、今後は念願の外枠入りでいよいよ必勝態勢か。 

 

(3走前時) ☆前走狙い馬☆ 前走と同じまた3番枠から、さらに頑張り、着順を1つ上げて、コンマ1秒時計を詰めた以上の指数上昇も見られていてますますこの条件で上昇中。

 

とにかく初速が速く、この枠からでも楽に先手争いに割り込めるところが強みで、もちろん、内枠から斜めに走っているので最後にロスが響いているのだが、外枠に入ればクラス突破は濃厚だろう。

 

ちなみに、このレースの勝ち馬キョウワヒラリーは、前走時には同じく内枠で、ここに入ったらこのトーホウレジーナより下の5着相当指数で走っていたところから、この大外枠に入ってパフォーマンスを一気に上昇させ(時計的には、0.2秒縮めて)、完勝した。 

 

(4走前時) 3番枠からでも、好スタートを決め、初速も速く、そのまま斜めに外目へ向かうが、5番枠キョウワヒラリーもこれに抵抗し、結局枠のぶんだけこちらがキョウワヒラリーの後ろにつく形。

 

キョウワヒラリーが2着に残った展開だっただけに、これが痛かったが、(内枠で)長く走っても自身の時計では走っている印象で、枠さえまともならすぐに勝ち上がれそう(人気もするだろうが)。 

中間A

 

 

ヤマニンベリンダ 

(前走時) もともと外枠でパフォーマンスが高い馬が、この千直の舞台で8枠17番からとなって、過去最高指数で3着した今回、スタート良く、この枠から先頭を伺ったがその後は前に入られたり、位置を下げたりと馬券は厳しいかに見えたシーンもあったが、ゴール前にかけて再度盛り返すように伸びて4着馬を差し返し浮上した。

 

このポジションを下げてしまった点は気掛かりで、今日の絶好枠でなんとか挽回できたといったところなのかもしれないが、初千直でこのズルズル行くことなく再浮上するような競馬を見せた点にこの条件への適性も少しだけ窺わせていて、今のところ外枠に入った場合限定だが、千直でも注目しておきたい。 

 

8/7調教◯ 8時台に52.0秒、12.3-12.7フィニッシュはこの日では目立ち、助手騎乗でのものなら恐らく好走以上を果たしてきそう――ジョッキー騎乗

 

PR

今なら無料登録で500ポイントプレゼント中!

競馬予想を更に充実させるための予想情報や予想ツールが満載の『競馬最強の法則WEB』

人気予想家の推奨買い目や、「馬王Z」、「RB☆STRIKE!」など、ユーザーが独自に設定した条件に一致する馬券を 自動的に購入することができる、人気の自動投票ソフトも揃っています。また南関東競馬など地方競馬予想も充実!

無料会員登録はこちら⬇
 
Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします!

 

Twitter

 

スポンサーリンク