競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【追い切り注目馬】1/11(土) 京都競馬 栗東坂路一気のタフ化 そんな中あの馬の終い12.8-12.9に注目

f:id:yosounohone:20190302081246j:plain

 


――京都3R出走のカレンリズ。

ここで決められていいんじゃないでしょうか。

 

 

目次 

 

1/11(土) 中山競馬の追い切り注目馬

www.yosounohone.com

1/12(日) 中山競馬の追い切り注目馬

www.yosounohone.com 

1/12(日) 京都競馬の追い切り注目馬

www.yosounohone.com

  

坂路調教評価 1/11(土) 京都競馬

 

 

 

【京都3R】3歳未勝利

カレンリズ

1/8調教◯ 今週の馬場で、10時台に未勝利馬の12.8-12.9フィニッシュというのはそれだけで好評価レベルで、自己ベストも更新している――助手騎乗

 

 

 

【京都4R】3歳1勝クラス

タマモツワモノ

中間B+ 

12/18調教◯ 開門直後で微妙だが、2歳馬で11.7-12.2の23秒9をマークしてきていて、ちょっと出過ぎなくらい優秀な終い――助手騎乗(一杯) 

《前々走時》スタートは速いが、芝の部分で若干遅れを取り、そこからダートコースに入ってからは再び素晴らしいスピードを披露して2~3番手に押し上げ、直線では持ったまま先頭に立ち、新馬戦としては非常にハイレベルなパフォーマンスを披露しての2馬身差完勝。

ダートスタートなら、さらにぶっちぎる可能性もありそう。 

 

9/11調教◯ この産駒にこの厩舎である程度は“動いて当たり前”感はあるため、ジョッキー騎乗なら慎重に評価したいが、デビュー前かつ9時近くに51.6秒、12.2-12.2フィニッシュは何か間違えているのでは?と思ってしまうような時計で......――ジョッキー騎乗(強め)

 

 

サンライト

《前走時》前走ですでに未勝利上位級レベルだったが、今回はそこからかなりの上昇をみせて1勝クラス勝利級に近い指数をマークしてのV。

 

3番手から進めて直線半ばから突き抜けて、最後は追うところなくの6馬身差圧勝だった。

中間B-

 

 

 

【京都5R】 3歳未勝利

サングレデクリスト

中間A- 

《前々走時》出負けして最後方からになり、3コーナーにかけて外を押し上げて、そこからは先頭で直線へ向かい2着に残し、指数としては悠々2歳未勝利突破レベルだったが、相手が悪かった。 

中間B+

 

 

メラーキ

中間B+

 

 

ナリタアレス

中間B

 

 

アドマイヤメジャー

12/4調教◯ 終いが自身としては劇的に良化していて、助手騎乗でのものならこの日の時計としても2歳未勝利クラスとしては勝負級だろう。※騎乗者不明

 

 

 

【京都6R】3歳新馬

ホワイトロッジ

10/2調教◯ この日では全体時計は目立たないが、10時近い遅い時間帯でのこの全体時計に、12.1-12.3フィニッシュなら、助手騎乗の場合、デビュー前の2歳馬としては要注目の時計。※ 騎乗者不明

 

 

 

【京都11R】淀短距離S

ハッピーアワー

中間B+

 

 

シヴァージ

1/8調教◯ そもそもラスト2F24秒台自体がこの馬以外皆無(?)なくらいの今週の馬場で、12.6-12.2を叩き出してきており、いくら54.6秒の凡タイムとはいえ注目必至の内容――助手騎乗

 

 

ジョーカナチャン

1/4調教◯ ここにきての9時台後半での自身2位タイの全体時計(この日の一番時計)に、ラスト11.9-12.4は字面としては最上位の内容をマーク――ジョッキー騎乗(強め)

 

 

ダイシンバルカン

☆前走狙い馬☆ 

《前走時》この日も差しての6着で、大外枠なりに大外を牝馬55キロのリナーテらとともにゴール前まで差を詰めて3着カラクレナイから0.2秒差のところまできた。

 

単勝17番人気153.2倍とナメられた中でのものだが、今日のオープンに毛が生えた程度のレベルならこのくらいやれて全く不思議ないパフォーマンスを京都、福島では見せていたし、その2場ならオープンVレベルまではあっていい。

 

 

アイラブテーラー

《前走時》ちょっと自身のものとしては特筆するほどの内容とは見ていなかったが、上がり1位の脚で馬群を割って伸びており、これで2戦目以降の1400m以下戦では全戦1位を続けていてその意味で非常にえらい馬。

 

レースとしてはこの2着指数は平凡だが、重賞初挑戦でこの内容なら、とりあえず瞬発戦以外ではこの末脚は武器になっていきそう。

 

 

エイシンデネブ

《前々走時》430キロ台を維持し、コース形態の似た京都ということで相変わらず最後方一気を決めての2着だが、よく口向きの悪いあの走りでこんな上がりを繰り出すなという点と、やはりレースレベルが3勝クラス程度だったことが気がかりな今年のオパールSでのものだけに……という点が今回のポイント。

 

 

シャドウノエル

《4走前時》8/4調教◯ 自身3番目の時計だが、8時近くに50.4秒、終い11.8-12.8で良好。

 

一時に比べて終いの時計が掛かってきた印象のこの日の馬場で、助手騎乗でのものなら、オープン特別くらいなら勝ち切って不思議ない――助手騎乗(馬なり)

 

 

ボンセルヴィーソ

《前走時》1400mベストの馬が、スプリント質を多く含んだマイル戦となった京都金杯で3着という内容。

 

 

 

【京都12R】

エイシンポジション

《前々走時》馬込みで揉まれて砂をかぶって結構厳しい競馬だったと思うが、ラストの詰め寄り方(直線、というより残り150mくらいからゴール板にかけて)はなかなかなもので、大きく間隔が空いての初戦からこれもなかなかな指数を残して6着。

 

しかも、小柄な3歳牝馬で馬体を増やしてきている点が好感で、引き続き、クラス突破の時を警戒。

 

 

ミッドナイトラヴ

《前々走時》あからさまに距離が長いし、渋って余計に苦しくなったという結果。 

 

7/3調教◯ この日の時計の非常に出る馬場状態によって......というところもあるのだが、8時近くに、断トツ自己ベストに、12.1-12.4なら500万下としては優秀――助手騎乗

 

 

スポンサーリンク
 

中間追い切り評価

(最終追い切り評価は含まず。主にコース追い調教タイムからS>A>B>C>D)

  

 

【京都4R】タマモツワモノ 中間B+

 

【京都5R】サングレデクリスト 中間A- 

                   メラーキ 中間B+ 

                   ナリタアレス 中間B

 

【京都11R】ハッピーアワー 中間B+

 

PR

競馬新聞よりお得!日刊スポーツ新聞社が運営する競馬情報サイト

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

 〜オススメの6つのポイント〜

1、出走馬の能力を数値化した日刊コンピ指数がレース前日19時に見られる!

2、元ジョッキー佐藤哲三さんの予想と買い目を見られる!

3、前走のレース動画を徹底分析し、推奨馬を紹介する動画「次は馬かせろ!」

4、美浦、栗東での調教分析からTOP3の推奨馬を紹介!

5、土曜、日曜のメインレースのパドック速報!

6、地方南関東4場(大井・川崎・浦和・船橋)の予想情報提供!

⬇ご登録はこちらから⬇

 

 

競走馬データ

・アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter

 

スポンサーリンク