競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス 2021 レース回顧・結果】瞬発戦になるレベル

f:id:yosounohone:20211202114431j:plain

■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

京都2歳S 2021 レース結果

 

 

着順 馬名 タイム 上3F
1 ジャスティンロック 2:03.3 35.3
2 ビーアストニッシド 2:03.4 35.8
3 フィデル 2:03.4 35.5
4 ポッドボレット 2:03.6 35.4
5 シホノスペランツァ 2:03.9 35.9

 

 

ホネ的! レース回顧 / レース分析 京都2歳S 2021

 
11/27 京都2歳S △不的中
 
 
レース全体のふり返り
 
 
野芝開催期を除く通年平均比+やっぱ0.5秒(1000mあたり)程度の馬場で、依然外差し顕著とまでは言えない状況
 
推定2分3秒台後半で未勝利勝ち水準の状況で、2分3秒3決着の低調戦という位置づけ
 
前後半のバランスからいっても少し前半が緩すぎたうえ、さらに後半もレベルが上がり切らず12.2 - 11.7 - 11.6 - 12.4の瞬発戦となる
 
 
 
 

京都2歳ステークス 2021  各馬ふり返り 予想と結果

 

 

 

キャンデセント

予想➡➡➡

結果➡➡➡9

ポッドボレット

予想➡➡➡

結果➡➡➡4

◎キャンデセントは、3コーナーで躓き、落馬しかけるレベル。

鞍上は、それに加えて1コーナーから外に張るのを修正するのに手一杯だったとも談話を残した。

初の右回りで大きな課題を露呈し、アクシデントにも見舞われて終わる。

◯ポッドボレットは、必要以上に大きく外に膨れてしまったが、直線ラストは唯一差して上位に迫って4着フィニッシュ。

決着水準が決着水準だけに良くはないが、脚力だけは示して悪くもないといったところか。

 

 

他では、2着ビーアストニッシドだけ少しだけ注目しておきたい。

楽な展開で粘り込んだだけとはいえ、重賞格上げ以降でこのレースでは初となる1800m未満経験しかない臨戦での好走。

阪神2000mよりもスタミナは求められない京都版ですら見られない芸当をやってのけたことは、いくら負荷が軽い展開だったといえど評価に値するかもしれない。