競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【調教注目馬(先週の回顧)】8/24(土) 新潟・小倉・札幌競馬 ゴボウ抜きゴールデンレシオの1馬身1/4差完勝は......

f:id:yosounohone:20190328084451j:plain

――ここ2戦の調教内容的には◯、レース内容は△。

今後、直線がいくら長くても、良で本当の瞬発力勝負になったら、ビックリするような不発があるかもしれないとみています。

 

目次

 
8/24(土) 新潟・小倉・札幌競馬の調教注目馬はこちら

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

 

スポンサーリンク
 

 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします!

 

Twitter

 

2回9日新潟競馬 調教注目馬 予想と結果

 

 

【新潟3R】

予想➡➡➡◯ゴールデンレシオ

8/14調教◯ 助手騎乗でのものなら悪くない、この全体時計での終い12.6-12.3――助手騎乗(馬なり) 

 

結果➡➡➡1

稍重の中、締まったペースの前傾ラップ・良並み好時計決着を、シンガリ一気の14頭ごぼう抜きで、 しかも1馬身1/4差をつけての圧勝。

調教からは全く不思議ない勝ちっぷりだが、指数的には高くなく、ゲートを出ての初速からしても1800mは距離が足りなそう。

直線が長くて良かったねー、という前半かなりもっさりとした競馬ぶりで、全兄の戦歴からしても2400mくらいでちょうどなのかもしれない。

 

 

 

【新潟9R】

予想➡➡➡◎ケイツーリラ

☆次走注目馬☆ ☆前走狙い馬☆

 

結果➡➡➡3

1着はレパードS3着でここも強い競馬を見せたトイガー、2着はもともと3勝クラスでも掲示板に載るくらいの能力を示していたアフターバーナーで、その2着馬の真後ろから大外を伸びての3着はよく頑張った結果といえそう。

内で粘る各馬を最後の最後に交わしてのハナ差出た3着という内容は、指数的には、可もなく不可もなくといった感じで、次走勝ち上がりまでは強気になれないのだが、鞍上・嘉藤騎手とこの運びでのものなので鞍上強化なら頭の楽しみも。

 

 

 

【新潟10R】

予想➡➡➡◎イオラニ

8/21調教◯ 栗東坂路での全体自己ベストには及ばないが、7時台の終い11.8-12.1は強烈で、助手騎乗ならオープン好走があってもいいレベル、良く動けている印象――助手騎乗

 

結果➡➡➡5

1枠2番から外ラチに寄せることも出来ず、終始内目を通らされながらも上がり最速の32秒6をマークして5着の好内容。

 

 

予想➡➡➡◯クールティアラ

8/21調教◯ 時計の出るこの日の馬場だが、開門直後ではない時間帯に自己ベストを2.0秒更新する51.1秒に11.9-12.4は2勝クラスでもなかなかで、この厩舎でも、助手騎乗なら好走に期待の手もあり――助手騎乗

 

結果➡➡➡1

軽量52キロ、3歳牝馬、外目の枠に入った人気馬、ということで格上挑戦の形でも順当といえば順当なV。

スタートを決めてからが速く、外ラチを確保したのが10番枠のこの馬で、今日は何もかもがうまくいっての“逃げ切りV”ではあったが、まだ3歳牝馬ということを思うとこの指数はハイレベル。

さすが連勝で飛び級3勝クラスを一発クリアしただけのことはあって、古馬オープンでも常連になれる。

 

 

 

【新潟11R】

予想➡➡➡◎ピオネロ

8/21調教◯ 今の少しタフな栗東坂路で、7時近くに52.3秒、終い12.0-12.2は、助手騎乗ならこの馬としてもかなり好調な印象で、あとは出来れば乾いた馬場で――助手騎乗 

 

8/7調教◯ 今の馬場だが、この馬としては終いが優秀で、自己ベスト更新も含めここにきて自身最上位の内容の可能性も――助手騎乗(強め)

 

結果➡➡➡7

3ヶ月半ぶりの実戦、+14キロで、中団から追い通しで直線へ向くが伸びずに7着。

1〜2番手が粘りこむ展開で、スタート直後に前に入り込まれて位置を下げることになってしまったことも痛かったか。

 

 

予想➡➡➡◯サルサディオーネ

最終追い切りを評価して

 

結果➡➡➡2

こちらも+14キロの518キロ(自己最高馬体重)での出走も、そこまで太くは見せず、2番手アイファーイチオーと2頭での粘り込みに成功し2着。

51キロで制した昨年よりは確実に上昇していて、行き切れればやはりオープンの1つや2つなら勝てていい(G3になってくると少し微妙)。

 

 

予想➡➡➡☆ホーリーブレイズ

◎◯の相手に、最終追い切りを少し評価して

 

結果➡➡➡3

内田騎手というのも良かった印象で、向こう正面から追い出してポジションを上げて、逃げ・先行の展開不向き決着を外から上がり最速で伸びて3着。

指数面でも自己最高パフォーマンスで、4着以下には1馬身3/4差をつけてのハナ+クビ差まで詰め寄ったのは立派。

常に脚は使えているので、ジョッキー以上に、要は頭数だけで、今日のような少頭数なら、場・展開不問でオープンなら頭まで、G3では2〜3着穴まで楽しみがありそう。

 

 

スポンサーリンク
 

2回9日小倉競馬 調教注目馬 予想と結果

 

 

【小倉7R】

予想➡➡➡▲パンコミード

8/21調教◯ 今の栗東坂路で、6時台に自己ベスト更新しての52.8秒に終い12.0-12.0は、助手騎乗なら1勝クラスとしては破格で、長期休養明けでも注目必至か――助手騎乗

 

結果➡➡➡3

長期休養明けの+24キロ(534キロ)ということもあり、さすがに単勝2.4倍は過剰人気とみて▲にとどめたが、それでこの3着は大健闘の内容で、型通り次走で勝ち上がりか。

多少、オッズが下落してくれればなおいいのだが、それも無いかもと思うくらいの、誰が見ても悲観なしの3着。 ☆次走注目馬☆

 

 

 

【小倉8R】

予想➡➡➡◯ボンディマンシュ

中間B+ 

8/21調教◯ 今の栗東坂路であれば、全体時計遅めの53.7秒でも、助手騎乗でのものなら12.2-11.8は1勝クラスとしてはかなり目立つ内容――ジョッキー騎乗 

 

8/8調教◯ 未勝利突破直後としては、非常に優秀な6時台での51.6秒、12.6-12.0の加速ラップで、助手騎乗なら1勝クラスは楽々突破してきそう――助手騎乗(馬なり)

 

結果➡➡➡9

8枠15番枠からのしをつけて出ていったところまでは良かったが、モズエロイコ(3着)も引かず、スムーズな競馬をさせてもらえない展開で、直線では苦しくなり始めた矢先に左ムチが入ったところで気性面の若さを見せて内ラチに突っ込みそうになるなど、今日は何もかもが上手くいかず。 

その場面、真っ直ぐ走れたとして、1〜2着馬には迫れなかっただろうし、3着モズエロイコとどっちが前にいられたかといった感じではあったが、調教からもまだ見限れない。  ☆次走注目馬☆

 

 

 

【小倉11R】

予想➡➡➡◯クルークハイト

最終追い切りを評価して 

 

結果➡➡➡1

終始抜群の手応えで楽々の追走といった感じで、かなり状態が良かったとみられる。

前の2頭(2、3着粘りこみ)の間を、万全の手応えで割って追い出されると、あとはもう突き放すだけ突き放しての4馬身差楽勝。

ハンデ戦52キロを差し引いても指数上昇度は大きく、この3勝クラス連勝での一発突破は立派。

戦績からもバレバレな通り、この1700mでは1割増しくらいの適性があるとはいえ、この勝ちっぷりは次走に向けても不気味。

 

スポンサーリンク
 

2回3日札幌競馬 調教注目馬 予想と結果

 

 

【札幌9R】

予想➡➡➡◎レッドアステル

最終追い切り 札幌ダ▲

 

結果➡➡➡1

この先どこまでいけるか、その分析に尽きるといった感じの“通過点”V。 

何より、極めて小柄な3歳牝馬で休み明けで440キロ台(+32キロ)に乗せてきての勝ち切りというのが素晴らしい。

ノーザン×国枝厩舎×ディープで当然重賞級で、1馬身3/4差の着差以上に余裕の勝ちっぷりからはただの重賞級以上の可能性を感じさせた。

 

 

 

【札幌10R】

予想➡➡➡◎マーマレードガール

最終追い切り 函館W▲

 

結果➡➡➡6

北寄りの風の影響と稍重馬場も手伝っての33.6-36.3秒の前傾戦を、逃げて最後に失速しての6着。 

WASJで吉村智洋騎手騎乗で、しかも最後もぱったりと止まったわけではなく6着で踏ん張っていて、悪くない内容。

 

 

 

【札幌12R】

予想➡➡➡◯テーオーポシブル

(前走時) ほぼ4コーナー通過順通りに1~3着するレースを、2着に粘り込んだ逃げ馬を2番手から差し切って勝利。

 

その2着馬は単勝206倍の12番人気であり、もともと高速ダートが不良馬場になって前残り当然の馬場でのもので、次走どうこうとか言える内容ではないが。 

 

最終追い切り 函館W▲ 

 

結果➡➡➡4着

最後方からになってしまい、その時点で前走とはまるで違う競馬で、今日は重とはいえ不良馬場の未勝利戦からクラス上がっての前半のペースアップに戸惑ったか。

ただ、直線を向いてからはインを突いて上がり最速で急追し、54キロの渋った馬場でのレースであれば十分クラス突破目途が立ったという印象。

今日も、鞍上ひとつで連勝まであっても良かった内容だった。

 

PR

入会費、年会費無料で全国58レースの馬券、車券が買えるオッズパーク!

そしてオッズパークで馬券を買えば最大10%がポイント還元されます。

また予想情報や予想印、ネット新聞、地方競馬ライブ中継がすべて無料です。

⬇簡単無料の新規会員登録はこちらから⬇

 地方競馬のライブ映像無料配信中!
地方競馬へ投票するならオッズパーク

 

先週のレース回顧はこちら 

 

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

 

競走馬データ

・フィエールマン・リスグラシュー ・キセキ ・サートゥルナーリア

www.yosounohone.com

スポンサーリンク