競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【調教注目馬(先週の回顧)】12/28(土) 中山・阪神競馬 オーラスに賭けた本当のHope◎大健闘の2着で有終の美!

f:id:yosounohone:20190226100848j:plain

 

■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

 

――正直、G1ホープフルSでさえ「そこで運を使い果たしたくない」と思うくらい、勝負のファイナルS。
見事、絶好展開で、◎ディーパワンサが締めてくれました\(^o^)/

 

目次

 

12/28(土) の重賞予想と調教注目馬はこちら 

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com

www.yosounohone.com 

 

5回9日中山競馬 調教注目馬 予想と結果

 

 

 

【中山3R】2歳未勝利

トーセンリミテッド

予想➡➡➡

☆次走注目馬☆ ☆前走狙い馬☆

 

結果➡➡➡6着

+2キロと絞れては来ず、時計は詰めたが6着までに終わってしまい、調教も含めもう少し良化が見られるかと思ったところ案外だったように、レースでも案外だった。

 

 

 

【中山4R】2歳未勝利

ポーラーサン

予想➡➡➡

中間B+

 

結果➡➡➡2着

鞍上得意の舞台で卒なくといった感じで、離して逃げた逃げ馬を早めに追いかけて5番手→2番手の進出から粘り込みを目論んだが、最後は勝ち馬ウインキートスに後ろから交わされて3馬身半差の2着。

蛇足だが、この馬と福永騎手の頑張り(1着マーフィー騎手も)で、個人的には2019年最終日馬券のプラスを決めさせてもらった恩義のある1戦。 

 

 

 

【中山11R】ホープフルS  G1

コントレイル

予想➡➡➡

中間C-

 

結果➡➡➡1着

中間は時計的に目立つほどではなく(「CW自己ベスト更新!」「最終追い切り坂路馬なり単走好時計!」って言っても、今の栗東はあれくらい全然普通で未勝利馬でも出せる馬は出せる)、ビシビシ仕上げたというより、前走までがあまりにも手を抜いていて、今回初めて普通の(それでも  G1級ハードトレまではいかない)仕上げでレースを使ってきたというだけの印象。それでこの競馬・・・強っっ(; ・`д・´)

 

 

 

ブルーミングスカイ

予想➡➡➡

中間C

 

結果➡➡➡7着

この中間は前向きさが見られ、1週前CWでは先着を果たすなど“変わり身”を感じたが、レース回顧編にも書いた通り良いところなく終わっての7着。

きょうだいを見てもむしろ早熟の可能性すらあるこの血統ではあるが、そこは加藤厩舎との違いで、角居厩舎流で今後じっくり強くなっていくとみたい。

 

 

 

【中山12R】ベストウィッシュC

アイリスフィール

予想➡➡➡

(前々走時) スローな流れで3番手の好位で進めることに成功すると、ラストは11.3-11.5-11.6の前が止まらない展開の中、粘り込み寸前の2着馬をきっちりと差し切ってのV。

 

着差は3/4馬身で、内を割ってのものだが、着差以上に強い内容となっていて良いのだが、注意点は馬格がなく今回も6キロの馬体減だったことで、年明けデビュー後にこれで3戦使われて430キロ台まで落ちてきた(中略)先々はこの馬格ではいずれ苦しくなっていくだろうしここからは身体的な成長に期待したい。 

中間B+

 

結果➡➡➡3着

序盤に最後方からになるも途中3コーナーにかけてスローを嫌ってたまらず押し上げて単独先頭の形で直線に入り、ゴール手前50mまでは先頭をキープしていたが最後に力尽き3着。

肝心の馬体が増えてこなくて残念だが、今日はスタートから(馬群が)“団子”、逃げ馬が2角ココフィーユ→3角ミエノウインウイン(1着)→そして4角がこの馬、と入れ替わり目まぐるしい展開を自ら動いてのものだけに、大崩れしなかっただけクラス上位の力をアピールしたと言っていいか。 

 

 

スポンサーリンク
 

5回9日阪神競馬 調教注目馬 予想と結果

  

  

【阪神2R】2歳未勝利

メイショウカミング

予想➡➡➡

12/25調教◯ 10時近い時間帯に51.0秒、終い12.4-12.7は未勝利クラスとしてはかなり優秀な印象――助手騎乗

 

結果➡➡➡5着

+32キロでもむしろ良く見せていたくらいでそう太くは映らなかったし状態は良かったと思うが、レースでは3コーナー過ぎから手応えが怪しくなりついていくのに一杯一杯といった感じ。

直線でも単独4番手のシーンも見せ、なんとか食い下がるも、最終的には苦しくなっての5着敗退で、12.8 - 12.6 - 13.9と加速が入ったあたりも苦しかった印象だが、ダート初戦で低レベル未勝利なら勝ち負け圏のレベルをマークしているので2戦目の上積みで楽々か。 

 

 

 

 

【阪神3R】2歳未勝利

シルバーエース

予想➡➡➡

中間B+

 

結果➡➡➡1着

2番手で前半1000m59.2秒ペースを運ぶと、直線半ばでは楽々抜け出す構えで、そのまま全く危なげのない競馬で完勝、指数レベルももちろん好水準で、強い内容。

1列目から好走したのはこの馬だけで、2〜3着も最後の最後に内の4〜6着馬を僅かだけ中団後ろから外に持ち出して差してきた組。 ☆次走注目馬☆ 

 

 

ディヴィナシオン

予想➡➡➡

(前走時) 初戦が超高レベル内容だったため、今回の(未勝利勝ち水準)指数でもこの馬としては下げているのだが、理由は明白で向こう正面で頭を上げて掛かり通しだったため。

 

それでこの内容で2着するのだから、気性面さえ成長したら1勝クラス、2勝クラスとトントン行く馬かも。

 

結果➡➡➡5着

やっとこの馬の過大評価状況から抜け出す時が来るかもしれない、そんな良い印象の好水準5着。

初戦を思うと2戦目で指数を下げていた理由が、今日で掛かっていたことだけではないことが分かったという一戦で(掛かっていない今回でも微妙に下げた)、この馬は 芝外回り1800mの馬ではない。 

 

 

ウインローズブーケ

予想➡➡➡

中間C

 

結果➡➡➡2着

2着は展開的に向いたことによるところも大きいが、指数的にここまで伸ばしてきたことが立派で、小柄な馬体とは裏腹に成長力、そして学習能力、センス、根性がある。

小倉の平坦戦から、この真逆と言っていい阪神1800mで、しかも瞬発戦になってもパフォーマンスを上げてきたのには驚かされた(さすがに、その急加速ラップで一旦は置かれそうにはなったのだが、前傾ラップの急加速戦だったから用無しにならずに差してこれたのだが) 

 

 

 

【阪神4R】2歳新馬

プリモダルク

予想➡➡➡

12/12調教◯ 8時半近くの12.5-12.2フィニッシュは、助手騎乗なら並みの2歳新馬ではマークできない内容――助手騎乗(馬なり)

 

結果➡➡➡2着

勝ち馬に直線で先を越されて前をカットされ、一番スピードに乗せていきたかったところでブレーキを踏んでワンテンポ遅れての追い出しとなってしまったのが痛かった2着で、完全に脚を余して負けてしまっておりやはり勝ち上がれて良さそう。

 

 

 

【阪神6R】2歳1勝クラス

ディアマンミノル

予想➡➡➡

中間B

 

結果➡➡➡8着

スタートが決まらず、最後方からになってしまったが、2戦目でパドックでチャカついてしまっていたしそのためか。

しかもレースが、前半3F37.1秒後半3F34.4秒の後傾戦では厳しく、最後方11番手から8着まで押し上げてゴールして終わる。 

 

 

 

レザネフォール

予想➡➡➡

中間B+

 

結果➡➡➡3着

好位から進めて長く脚を使っての3着だったが、直線半ばでは後続に飲み込まれるところから坂を駆け上がって、もうひと伸びで盛り返す競馬を見せていて、ちょっと坂を苦にしたか11.0 - 11.3の上がりの速さを苦にしたか。 

 

 

クリスティ

予想➡➡➡

12/25調教◯ この厩舎ではあるが、8時過ぎのこの日の馬場で2歳牝馬で、終い12.2-11.8というのは助手騎乗なら驚愕レベルで、自己条件は確勝級か!?――ジョッキー騎乗

 

結果➡➡➡1着

逃げ馬に行かせて自身は2番手につけて運ぶと、直線半ばでは完全に抜け出し、まだ目一杯という感じではないまま1馬身1/4差を付けて完勝を果たした。

メンバーも少頭数ながら揃っていたし、この馬だけは古馬2勝クラスでも通用していい指数を余力をもってマークしており、また調教の動きからも引き続き楽しみ十分。 ☆次走注目馬☆ 

 

スポンサーリンク
 

 

【阪神8R】3歳以上1勝クラス

ラシェーラ

予想➡➡➡

(5走前時) 少し後方からになってしまったのが悔やまれ、最後までジリジリと良く伸びて3着争いに加わっているのだが、結果的に後方からだったため大外に持ち出さなければならず僅かに届かず。

 

一応ベスト指数を更新してはいるが、やはりここまでのパフォーマンスで突出しているのは阪神マイルで、この先見限られたシーンで阪神1600mに出てくる際には勝負をかけたい

 

結果➡➡➡7着

今回の調教はそこそこで取り立てて狙うほどのものはなかったが、7走前のハイレベル未勝利戦以来の阪神マイル参戦ということで狙う。

序盤は周りが速く押しても進んでいかず後方に置かれ気味、そこから徐々に押し上げていった際に掛かって頭を上げてととんだ災難なレースぶりになってしまい大敗を覚悟した前半だったが、そこから後方集団14番手での4コーナー通過の逆境を跳ねのけて上り最速で伸び2~3着争いの一角まで浮上し7着。

逃げ馬が逃げ切る前半37.1秒後半34.2秒の後傾戦を追い込んでのものだし、休み明けでのものということを思うと強く、むしろこれだけの掛かりように関しても能力の高さの表れともとれる。 ☆次走注目馬☆(やっぱりこのコース阪神マイルでの競馬ぶりは目立ちベスト)

 

 

リュクスポケット

予想➡➡➡

中間B-

 

結果➡➡➡1着

前半37.1秒後半34.2秒の逃げ切りで楽ではあったのだろうが、それにしても0.4秒差、まだまだ余力を持っての完勝、休み明け+20キロ(520キロ)でのレースぶりということを考えると立派。

1分35秒6での2馬身半差、前回が1分33秒4(野芝)での8着ということからも、洋芝実績からも、疑いようのない脚遅タイプ。
 

 

 

【阪神9R】春待月賞

グランソヴァール

予想➡➡➡

当日朝紙面チェックにて最終追い切りを評価して

 

結果➡➡➡1着

先行争いが少し激しくなるとみるや否や、すっと先団から離れた外目の6番手あたりを確保し、2.5列目で直線に入るとグイグイと伸び続け、ハンデ戦のようなゴール前横一線の争いを最も外から差し切ってV。

2勝クラスの稍重でのものとしては平凡レベルの指数での勝利だったが、3歳馬、休み明け+10キロ(518キロ)での内容と考えれば、今後3勝クラスも十分突破のチャンスがありそうで、芝のマイル戦ではあったがこの馬も9月の古作特別上位組だったのが思い起こされる。

 

 

ヨドノビクトリー

予想➡➡➡

(前走時) 阪神1400m戦では珍しい瞬発戦となる中、とくに緩み過ぎて前が崩れるでもなく、それどころか1→2番手ワンツーで決まる展開を、後方から外を押し上げる競馬で上り最速で詰め寄っての3着で、指数はついに3勝クラスでも通用するレベルまで到達しての3着

 

4コーナーでの手応えを見るだけでもう、絶好調期なんだなと分かるほどのもので、この鞍上の後押しもあって5歳秋にしてキャリアハイを連続更新中。 ☆前走狙い馬☆

 

結果➡➡➡7着

直線入ってすぐと、ラストと2度どん詰まりで、今回川田騎手を配して臨んでいることからも陣営は並々ならない狙い撃ちの一戦だっただろうが、競馬が出来ず非常にかわいそうな一戦(7着)。

この日の川田騎手の他のレースでの活躍ぶり(4勝)をみても、この乗り替わりでのヨドノビクトリーの不運をみても、ちょっと皮肉すぎるが、2番枠に入ったことも含めそういう力も働いてしまった結果だろうし、馬は全然悲観なし、今日ですら突き抜けて勝ち上がっていて良いくらいの手応え、次も2勝クラス突破があって全く不思議ない良い競馬をしている。 ☆次走注目馬☆ 

 

 

 

【阪神10R】フォーチュンC

イノセントミューズ

予想➡➡➡

中間A-

 

結果➡➡➡9着

+28キロの488キロでもむしろスッキリした腹回りに見せていたくらいでこれは問題なかっただろうが、レースでは行きっぷりが悪く最後方からになって大外から、前半36.8秒と流れが遅くレース上がりも11.7 - 11.5 - 11.7と止まらない中で、ジリジリになって9着。

もっとも、元来未勝利突破に3戦を要し、夏の北海道戦でも使う毎に指数を上昇させていたくらいなので、休み明け初戦では仕方のないところだったか。 

 

 

 

 

【阪神12R】ファイナルS

ディーパワンサ

予想➡➡➡

(前走時) 10/4調教◯ 金曜にこれだけ時計を出してくるのはこの馬としては珍しいが、52.6秒に12.4-11.9フィニッシュは助手騎乗なら優にオープン級――助手騎乗(一杯)

 

結果➡➡➡2着

今回の追い切りは3勝クラスで評価するほどのものはなかったが「その前」、とにかく前回鷹ケ峰特別で一発を決めた時同様「その前」でガッツリ好調教(=前走時優秀な追い切り→凡走明け直後の一戦の“前科アリ”)のパターンで、有無を言わさず◎とした今回、見事単勝12番人気(55.2倍)2着を果たす。

初1200mでも好位を確保できたこと、ラフィングマッチ、スギボルケーノが離していたのに無理なペースにはせずに3番手の◎が絶好展開となるラップを刻んでくれたことなどかなり運も良かった印象で、特にラフィングマッチのほうは3コーナーに向かう手前◎がガーーっと行ってしまいそうになるところを、外から被せるように前を横切ってくれて、これによって前半の制御と絶好位確保につながった。

初の1200m戦でまだ上昇余地はあるかもしれないが、このままだとちょっと指数的には3勝クラス好走は厳しいか。

 

 

エイティーンガール

予想➡➡➡

(3走前時) 最内枠から、3~4番手の位置取りを確保して進めると、逃げ馬アルモニカの後ろで追い出しを待たされながらも同馬の外に持ち出してからひと伸びを見せて勝利。

 

2着◎メイショウキョウジ含め、自身のパフォーマンス的にもかなり下げてしまっていて、2勝クラスとしてもレベルの低いレースではあるのだが、こちらは3歳牝馬の休み明け+20キロでの一戦だけに、まだ3勝クラスに入ってもチャンスはある。

 

結果➡➡➡1着

この日はゆったりした流れの中、いつもより後方からになったが、末脚勝負に専念し4コーナーも慌てず騒がずほぼ持ったままの手応えで大外を回り、直線では3分どころをここではモノの違いを見せつける上り最速の脚を使って勝利。

11.4 - 11.7 - 11.5の加速レースラップを、1.3秒上回る33.3秒を披露し、余裕十分に2馬身半差完勝としていることからも、オープンVのみならず重賞級の素質ありとみて良さそう。 

 

PR

〜平日も競馬を楽しみたい方へ〜

手数料、年会費無料で予想情報も充実!

楽天競馬おススメの3つのポイント

1, PC、スマホから全場、全レース馬券が購入できる!

2, 馬券購入で最大10%ポイント還元!

3, PC、スマホから無料で全レース映像、パドックが楽しめる!

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

 

 

先週の重賞回顧はこちら

 

【ホープフルステークス 2019 レース回顧・結果】(※もし首を傾げた人がいたらその人用→)コントレイルが「躊躇」したのって、そっちじゃなくてあっちでしょ?

 

競走馬データ

・アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア....他

www.yosounohone.com 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします!

Twitter 

 

スポンサーリンク