競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【シルクロードステークス 2023 予想】追い切り・ラップ適性 & 各馬評価まとめ / 泣く子はいねぇか

 ■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

 

――斤量泣きも、馬場泣きも、コース適性泣きもしなそうなところへ。

目次

1月28日(土)追い切り注目馬はこちら

【追い切り注目馬】【白富士S】【クロッカスS】他 東京競馬

【追い切り注目馬】【伊賀S】【白梅賞】他 中京競馬

【追い切り注目馬】【周防灘特別】【平尾台特別】他 小倉競馬

1月29日(日)重賞予想と追い切り注目馬はこちら

【根岸ステークス 2023 予想】

【追い切り注目馬】【根岸S】【節分S】【セントポーリア賞】他 東京競馬

【追い切り注目馬】【シルクロードS】【刈谷特別】他 中京競馬

【追い切り注目馬】【巌流島S】【くすのき賞】他 小倉競馬

シルクロードS 2023 レース概要

 

※今年2023年も、JRA発表の開催日割の変更に伴い、昨年に引き続き中京芝1200mとして行われる

 

シルクロードS G3

2023年1月29日 1回中京10日目

発走時間:15:35

中京 芝1200m

サラ系4歳以上 オープン

2022年優勝馬:メイケイエール   牝4    1:08.1   池添謙一

 

 

シルクロードS 2023 枠順

 

 

 

1 1 シャインガーネット 牝6 岩田望
2 2 ナムラクレア 牝4 浜中
2 3 グルーヴィット 牡7 岩田康
3 4 エイティーンガール 牝7 横山典
3 5 シゲルピンクルビー 牝5 和田竜
4 6 レイハリア 牝5 古川吉
4 7 マリアズハート 牝7 吉田隼
5 8 マッドクール 牡4 藤岡康
5 9 ファストフォース 牡7 団野
6 10 ショウナンバニラ 牝7 角田河
6 11 テイエムスパーダ 牝4 今村
7 12 カイザーメランジェ 牡8 荻野極
7 13 キルロード セ8 福永
8 14 ウインマーベル 牡4 松山
8 15 トウシンマカオ 牡4 鮫島駿

 

 

シルクロードS 2023 ラップ適性・追い切り 

 

 

 

コース的には、平坦戦5割、残りが瞬発戦と消耗戦半々といった感じの条件。

※ラスト4Fの各区間内に、加速が生じないレース(例:11.7-11.3-11.4-11.8)が定義

シゲルピンクルビーグルーヴィットマッドクールあたりがマッチするセッティング

 

追い切りからの最終評価は、シャインガーネットテイエムスパーダの2頭。(1/29 7:15追記)

 

 

 

シルクロードステークス 2023 過去レース傾向

 

 

例によって、条件替わりのため傾向面は飛ばす。

ラップ的には、京都1200mからするとだいぶ瞬発戦寄りに振れる(それでも、中京1200mは十分平坦戦主流の条件だが)、ラップ的変質が大きそうな一戦。

さらに、この競馬場の癖のあるところやら、コース替わりを経ての変化やら、この条件に変わったことでの注目ポイントは非常に大きい印象。

 

 

 

<PR>無料オススメ情報!!

 

 

◎土曜特に好調
手抜きなし感謝!
────────────
無料公開予想/土曜
◎121初茜賞
3連複10点500円
5000円→21550円
◎114遠江ステークス
3連複10点500円
5000円→6800円
◎0107ニューイヤーS
3連複10点500円
5000円→17300円
◎0107すばるS
ワイド1点5000円
5000円→8000円
────────────

────────────
前夜買い目出てきます!
茶臼山高原特別? 日田特別?平尾台特別?
ここが無料公開に選ぶレース
これが勝たせるレース!
自信のレースなのでしょう!
→土曜から見るべき無料予想
LINE追加し各戦績チェックへ(無料)

シルクロードS 2023 予想印は!? ホネ的注目馬 各馬評価まとめ

 

 

 

登録段階(実質)斤量上下差6キロのハンデ戦とくれば、枠や馬場など当日出たとこ勝負が関の山。

馬格との関係性を考えても、10回やったら10回上位が入れ替わるような差のないレースになるとみておく。

ちなみに、馬場はコース替わりして迎えるが、前週までで基本的に内は掘れてきて(ただし、ラチ沿い1頭分だけは伸びていた?)外伸びの荒れ馬場が実態だと思っていて、むしろコース替わりによって内で伸びるところは無くなって迎えることになるのではないかとの想定。

中ほどを伸びてくる差し向きの馬場になって迎えることになるか。

ただし、あまりに土曜からその傾向が顕著になっているようだと、日曜は逆転前残り現象(や、苦肉のぽっかりイン差しハマり)が起こる可能性も(逃げ馬自体が大きく内を空けるため)。

「事前準備」が難儀なことこの上ない状況というのは事実で、ともすれば「力上位、ハンデ戦で割れるからそれでも妙味有」とか言ってクソつまらない印で仕上げてしまいそうなレースでもある。

ということで、現段階ではここに向けて前走に光明を感じた馬についてだけ触れておく。

 

ナムラクレアトウシンマカオウインマーベルの3頭にマッドクールが加わっての4強オッズだと思っているので、それ以外から入れれば十分という中で狙いたいのがキルロード。

前走が相当ハイレベル駆けだったこと、実質斤量負担(斤量÷馬体重)の観点からも逆転期待のシーン。鞍上も、力を発揮しやすい馬場になってきていそうな今週で。

 

ほか、ごっそり上位評価勢が入れ替わる可能性もある中で、シゲルピンクルビーシャインガーネットは、直近の中京パフォーマンスを評価したい存在。

続きはまた当日あたりにでも。

 

 

↓↓↓以下、当日午後追記内容。

中京芝は、時計的には平均水準、内外もハッキリとどちらかに振れているような馬場ではないといった様子。顕著なところが見られないというのは少し意外。週半ばの想定からは、思ったよりも外有利ではないあたりを再考する必要が出てきたといったところか。

キルロードは変えないとして、◯ナムラクレア▲テイエムスパーダの上位で良いんじゃね? というところ。

☆トウシンマカオも上位一考したが、調教後に「輸送でどれだけ絞れるか」みたいな話も聞かれた点が気になり、今のところ相手の一角まで。ほか、△シゲルピンクルビー△シャインガーネットも圏内。(1/29 13:00追記)