競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬まとめ&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

好メンツ!2000mでこそ期待のあの馬に初志貫徹の◎ 3/10(日) 金鯱賞2019 予想 過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ

f:id:yosounohone:20190308085026j:plain

 

ーー金鯱賞。。。金鯱賞。。。ん?有馬の前哨戦じゃなかったっけか?

3月に移って何回目だ?ん?日曜だったっけか?

 

金鯱賞2019  過去のレース傾向

 

別名『JRA番組編成部仕事しましたで賞』。

まぁー、冒頭にも書いた通り、時期やらなんやらあっちゃこっちゃへと。。。

傾向も何もあったものではという……。


ただし、

 

中京2000m重賞自体、血統的な偏りが強く、ディープ、キンカメが大活躍の条件(前者は牡馬に偏り、後者は牡牝問わずの成績)

 

該当馬➡➡➡アルアインD、エアウィンザーK、ギベオンD、サトノワルキューレD※牝、スズカデヴィアスK、ダノンプレミアムD

 

 

ここ2年の結果を見ても、中京2000mへのラップ適性が重要となりそうで、上記血統背景に加えてポイントになってくる

 

該当馬➡➡➡アルアイン、ペルシアンナイト、ギベオン、スズカデヴィアス、モズカッチャン、リスグラシューあたりが合いそう

 

といったあたりは、今年も再現性があって不思議なさそう。



考察&まとめ

 

昨年は、スワーヴからのワイド2点勝負で☆ノブレスとのワイド的中と、珍しく良い印象のあるレース。

 

その去年もそうだが、「逃げ馬当て、もしくは4角2番手当て」が至上命題になりつつある。

このレースを攻略するひとつのカギと言えるか。

 

  

1週前までの時点で中間良好だったのは、

 

アルアイン・・・2/27調教○ 遅い時間帯に文句なしのこの馬の好調教。

12.3-12.1の好時計も、助手騎乗ならかなり評価できる。ーージョッキー騎乗。

 

2/20調教○ 今の馬場ではあるが、遅い時間帯に自己ベスト級、ラストは12.0-11.9。

時計だけみれば秀逸。

助手騎乗によるものなら普通に好走圏だろう。ーー助手騎乗。

 

2/14調教○ 天皇賞秋前の自己ベスト同様の全体時計だが、今回は遅い時間帯でのもの。助手騎乗なら好状態とみて良さそう。 ーー助手騎乗

 

 

エアウィンザー・・・2/24調教○ 日曜の速い時間帯だし、全体時計は全然だが、12.3-12.0という目立つラップを含め、前走の中間の好時計とほぼ同様のラップ。

 

助手騎乗での時計なら、好状態は間違いないし、引き続き重賞上位窺える。ーー助手騎乗 

 

の2頭。

 

===PR===============

 《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
レース動画分析「次は馬かせろ」絶好調!

 

 

予想印は!?ホネ的注目馬!

 

今回は趣向を変えて、“あぶり出し作戦"で。

傾向データが少ない時ほど、意外とその傾向だけでハマったりという決着を目論みつつ。

 

 

アルアイン・・・「好位脚質」「ディープ」とまさにピッタリ。

加えて金鯱賞マイスター「池江厩舎」。

 

ここから入っても何の悔いもなく、と思える存在。

 

ただ、このレースとリンクしているとみている大阪杯(というか、金鯱賞を好走するような馬は大阪杯でも好走するし、前年の大阪杯で好走していればここでもという“相互リンク”状態とでも言うべきか?)で、あの馬に先着を許していて……。

 

しかも、急遽の乗り替わり。妙味は増してくるのかもしれないが、マイナス要素の方が大きそう。

 

 

エアウィンザー・・・このメンバーに入っても人気しそうだが、これまで極端に瞬発戦に偏った実績。

 

ここももちろん、瞬発戦の可能性が高いレースだが、少し偏り過ぎの印象で……。

 

確かに、「一皮むけた」印象の前走が瞬発戦ではなく、持続力を求められたラップでの圧勝だっただけに、馬自体がワンランク上がってきている可能性もあるし、当地重賞注目のキンカメ産駒なのだが。

 

ここは初のG1〜G2級メンバー相手の一戦で、休み明け初戦。

想定の1〜3番人気なら、馬券内1議席は譲ったとしても、そう易々と本命◎で降参とはいきたくないところ。

 

 

ギベオン・・・人気的に隠れ蓑になるなら面白い。鞍上的にも期待したいところ。

 

 

サトノワルキューレ・・・鞍上弱化が痛い。

 

 

スズカデヴィアス・・・舞台適性は随一だが、今回の鞍上が。。。

どう見ても、やる気があんまりない参戦にしか感じられない。

 

この馬を本命◎とかにしたら、また4着とかで泣いてそうな気もする。

三浦皇成なら、迷わず本命視していたかもしれないが。

 

 

ダノンプレミアム・・・オッズ次第では、とは思うが古馬初対戦の9ヶ月ぶりで、単勝4〜5倍とかだとしたら単では勝負したくないかな。。。

思いの外、単妙味が出てくるようなら。

 

 

モズカッチャン・・・元来が叩き良化型。

2000mで真骨頂を、というより2400mでというタイプだけに……

 

 

リスグラシュー・・・この馬も2000mでこそ、という感じがない。

指数的に高値安定のパフォーマンスは魅力的だが、勝ち切るには少し足りない印象で。

 

 

ペルシアンナイト・・・大阪杯で、福永騎手で、アルアインに先着。

確かに、マイルと比べて、距離を考慮してじっくり構えてという競馬になりがちな2000m戦だが、裏腹に指数的には3歳時までのベスト→皐月賞、古馬ベスト→大阪杯といずれも2000mでのキャリアハイを記録している。

 

鞍上は、今年に入って重賞でパッとしない印象だが、そろそろエンジンが掛かりだしてもいい頃。

 

この条件も、勝率3割超えかつ単回プラスと抜群。

ルメール騎手不在のこのタイミングをきっかけに、後々振り返ったらこのペルシアンナイトからデムーロ旋風が始まったーーを期待したい。

  

f:id:yosounohone:20190310093214j:plain

 

というわけで、◎ペルシアンナイトという結論で。

 

週半ばから4~5番人気想定で注目していたこの馬に、初志貫徹で本命◎を託す。

 

◯アルアイン高評価なのだが、なにぶん勝ち切りの少ない優等生タイプでこの乗り替わりで、しかも大阪杯で先着を許しているのが◎。

 

頭としては、「・・・◯ではなくこっち(◎)で」が正解ではないかと。

以下、▲エアウィンザー☆ダノンプレミアムギベオンに注目したい。

 

===PR===============   

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
レース動画分析「次は馬かせろ」絶好調!

 

その他今週のレースはこちら 

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

記事が参考になりましたら、

クリックで応援していただけたら嬉しいです!