競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【セントウルステークス 2021 レース回顧・結果】この快速逃げが各馬本番でプラスに

f:id:yosounohone:20210913080957j:plain

■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

セントウルS 2021 レース結果

 

 

着順 馬名 タイム 上3F
 1 レシステンシア 1:07.2 34.0
 2 ピクシーナイト 1:07.2 33.3
 3 クリノガウディー 1:07.4 33.8
 4 ジャンダルム 1:07.4 32.6
 5 カレンモエ 1:07.6 34.0

 

ホネ的! レース回顧 / レース分析 セントウルS 2021

 
9/12 セントウルS △不的中
 
 
レース全体のふり返り
 
 
野芝オンリー施行ということを差し引いても時計が出る印象で、通年平均比では-0.5秒~-1.0秒/1000m近辺の状態とみられる
 
最終Rでは外差し決着もみられたが、基本的に(内ラチ絶好ではない)イン優勢状態
 
前後半差-1.4秒というのは、この条件ではかなりの前傾度で、昨年Vのダノンスマッシュとまでは言わないもののかなりタフな流れ≒好レベル戦
 
 

セントウルS 2021  各馬ふり返り 予想と結果

 

 

 

シャインガーネット

予想➡➡➡

結果➡➡➡6

スタート後はなかなかの初速も見せ、ほぼイメージ通りの運び。

ただ、3コーナーでのインで頭を上げて掛かってしまったあのシーンが痛恨。

この距離短縮で、絶好枠でもこれか......。

すぐに落ち着いているので掛かっての消耗自体は微々たるものだが、そこで位置取りも悪くしているのでWパンチ。

それがなくても、決着の人気順が示す通り「混じりっけなしの好戦」の状況下、一発狙いの立ち位置であれをやっていては結果は伴わない。

ああいうことがあるからこそ、スタート後「初めて折り合いを気にせず最初からぶっ放して」行ってもらうことでの、今回狙いだったのだが。

3コーナーでの出来事よりもっと手前、最初の100m過ぎてからの行く気のなさが悔やまれる敗戦。

しかし、それで鞍上は「勝ちに行く競馬をして(勝てる位置を取りに行って)残念」的なコメント。

もともと、後半を重視しすぎるイメージはあった鞍上だが、はぁ。。。最初の1F、寝てたのかな。

 

 

レシステンシア

予想➡➡➡

結果➡➡➡1着

まず、この馬の「次のスプリンターズSに向けて」という意味では「△シャンデリアムーン、いい仕事したな~」ということが大きいだろう。

今日は勝利よりも、そっちのラップ体験のほうが、馬にとってよっぽど意味合いが濃い。

とにかく、初めて千二の激流を経験できたのは、(予定通りなら)モズスーパーフレア&ビアンフェとともに戦うことになる中山電撃6Fを見据えてプラスしかない。

ここで“慣れ”たことで、もしかしたらさらにスプリント仕様・レシステンシアというのが完成の域をみるのかもしれない。

実際には、逃げでなく、しかも開幕週の馬場で、レースラップラスト1F1.2秒減速してのこの内容というのは、「ああ、やっぱりな」という思いのほうが個人的には強く、ここまでの消耗戦タイプではないことを表したものだと思っているが。

ここからの3週間で、疲労や上積みをまずは調教内容などから精査してみたいところ。

 

 

タイセイビジョン

予想➡➡➡

結果➡➡➡7着

こちらも、決着の人気順が示す通りの「混じりっけなしの好戦」が凡走のキーワードとなる。

この人気馬でもミスが許されない状況下で、後手を踏んで最後方からになっては厳しい。

むしろ、着順度外視で上り2位をマークしているところを褒めたいくらい。

当日追記部分でも触れた通り、◎より後方からになる危険性が高かったからこその▲だったのだが、それにしてもあそこまで位置取りを悪くするとは。

 

 

ピクシーナイト / ジャンダルム / クリノガウディー

2着ピクシーナイトは普通に強い競馬。

この展開で、3列目の外でコーナーを出て、あれだけ伸びてくるのだから立派だし、判断ミス。

もっとも、2番人気濃厚で「◯レシステンシアを嫌えるなら」としたように、断然人気馬を評価してしまっている以上、ここは2~3着でこの馬を買うという頭はなく、個人的には出ていないこととして扱ったのは必然的であり、致し方なしといったところ。

 

 

4着ジャンダルムは、この【●●●●●●●●●】でむしろ“生きない”と思って軽視した1頭だが、さらに上の評価を与えたい。

伏字部分はこちら➡人気ブログランキングへ 

※人気ブログランキング、ランキングページのブログ紹介文中【 】内に、伏字部分を記載しています。現在20位前後です。クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。是非クリックで応援してください!

 

4コーナーでの位置(15番手)もそうだが、残り100mを切ってもあの位置から3着とハナ差まで突っ込んできたあたり非常に強い。

これは、(もし向かうなら)絶好の舞台・中山で内枠を引いたら、馬場も、展開も何もかも目をつぶって軸勝負かも。

実際に、今日より57キロ&初千二だった春雷Sのほうが指数的に上の馬で、その意味で穴期待大。

 

 

3着クリノガウディーは、すぐに内ラチに寄せて非常にスムーズに好位インでコーナーを回って伸びてきてのもので、上位勢の中では最も評価できない内容。

好時計でよく駆けてはいるが、この日は日中も降雨があって、ノドに難を抱えるこの馬にとってはそのメリットも作用してのもの。