競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

今年も4歳馬には人気を吸ってもらい…… 4/20(土) 福島牝馬ステークス2019 予想 過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ

f:id:yosounohone:20190420095311j:plain


――ただ、現状の1番人気(ダノン)は想定の流れだと、数少ない“向く”馬になってしまいそう。

今年は、(イメージにはない馬も含めて)メンバーほとんどが、瞬発戦での実績馬ばかり。

 

福島牝馬S2019  過去のレース傾向

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

 

5歳以上馬たちの好走率と単複ともに妙味が目立つレース。

これは、時期柄牝馬の繁殖入り(引退時期)を過ぎたタイミングでもあるため、現役に残った馬たちのバリバリ感や参戦への本気度によって、期待以上に健闘していることによるか

 

該当馬➡➡➡ウインファビラス、カワキタエンカ、デンコウアンジュ、ビスカリア、フローレスマジック、ペルソナリテ、ミッシングリンク

 

 

中山牝馬Sと好相性のレースだが、0.5差内がひとつの目安。

さらに「中山牝馬S上がり3位以内」や「重賞連対実績」を持つ馬は安定

 

該当馬➡➡➡デンコウアンジュ、フローレスマジック、ウインファビラス

 

 

また、「前走重賞6番人気以下からの一変」というのも、約4頭に1頭の割合で起こっていてひとつのポイント

 

該当馬➡➡➡ウインファビラス、カワキタエンカ、デンコウアンジュ、フローレスマジック、ランドネ

 

といった感じ。

 

 

スポンサーリンク
 

考察&まとめ

 

3年前のように瞬発力勝負になったかと思えば、一昨年のように消耗戦になったりと、メンバーひとつといった感じで、つかみどころのない印象のレース。

だからこそ荒れる、と言えばそうなのかもしれないが。

 

今年は少頭数で、落ち着いた配当になりそうでもあるが、同様に頭数が揃わなかった昨年でもアタマは7番人気キンショーユキヒメが獲り、2~3番人気が飛んで小波乱決着に。

これはひとえに、4歳馬人気がそうさせている、と考える。

 

言葉は悪いがここを使ってくるような4歳馬と、ここに照準を合わせたベテラン勢では、オッズとのバランスを考えれば断然後者ということなのだろう。

にもかかわらずどうしてもファンの目は4歳勢に行きがちな点が、妙味面での5歳以上>4歳勢構図に拍車をかけているレース――実態はそんなところか。

 

特に、クラシックや中央場で切れ味を武器に好戦績を誇る4歳馬が出てきたりすると、穴チャンスパターン。

切れよりも持久力やタフさという、それまでの戦歴とは異質な適性が求められる条件設定で、老練の渋太さに屈するシーンも多い。


また、上記にある通り、中山牝馬S組は検討のうえで避けては通れない存在。
今年の同レースは、

外差し勢1〜4着のレースで、好時計決着だった。

ただ、その時計面とは裏腹に決着指数は低い。 内を突いた馬たちは結果的に逆目を引いたような印象で、次走に向けてはそれらの馬たちに食指が動く

というもの。

その意味では、ランドネ、ウインファビラスはともかく、デンコウアンジュ、フローレスマジックは、人気過剰となるなら注意しておきたい存在。

 

ただし、今年の同レース経由馬たちは全馬前走6番人気以下。

注目の「前走重賞6番人気以下からの一変」傾向にはどの馬も当てはまっている格好で、その意味では悩ましいところも。

 
完全無料でやっていますので、もし記事が参考になりましたら、
クリックで応援していただけると嬉しいです!

 ※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。それがとても励みになります!現在110位前後におります。

※クリックしていただいている皆さま、いつも本当にありがとうございます!!!今週も張り切って記事を書けます!!! ウウッ…カンゲキ( ;∀;)。この場をお借りして御礼申し上げます。

 

スポンサーリンク
 

予想印は!?ホネ的注目馬!

 

瞬発戦実績に偏った馬が多い、というかほとんどのメンバー構成で、少頭数。

それだけに、スローで流れてよーいドンの競馬となって、4歳馬までひっくるめた人気の瞬発タイプによる堅い決着というシーンも頭をよぎる。

ただ、そこは前回やっちまったランドネと、鮫島駿騎手にスイッチして臨むカワキタエンカの2頭の存在で、お互いに今回は楽はさせてもらえず……となる可能性も。

 

ここは、年齢×持久戦実績で一択となる◎ミッシングリンクを狙う。 

持久戦がベストという馬が少ない中で、ランドネ、カワキタエンカといったところがしっかりと引っ張ってくれれば、この馬の優位性が働く。

前走ダート組からの好走例はないが、この馬は芝でのベスト指数パフォーマンスが、この福島1800mのいわき特別という戦績。

その「前走ダート」という点が隠れ蓑になっているこのオッズなら、今年の穴(5歳以上)はココと定めたい。

 

◎が来る流れなら、少しでも持久戦実績のあるフローレスマジック▲ダノングレースを相手本線として期待したい。

 

完全無料でやっていますので、もし記事が参考になりましたら、
クリックで応援していただけると嬉しいです!

 ※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングでの当ブログの順位が上がる仕組みになっています。それがとても励みになります!現在110位前後におります。いつもクリックしてくださってる皆様、本当にありがとうございます!!!

 

PR

 

 その他今週のレースはこちら

 4/20(土)東京競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com

4/20(土)福島競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com

  4/20(土)京都競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com