競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【調教注目馬】11/9(土) 東京競馬 武蔵野S 4連勝を目指して...調教からはケチのつけようのない出来で東上

f:id:yosounohone:20190302081246j:plain

■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)


――この馬に関しては、どこに入るか枠にも注目していましたが5番枠ですか。

これは、、、、さらなる試練となりそうではありますが......エアアルマス。

 

 

目次 

 

武蔵野S 2019 予想はこちら

www.yosounohone.com

デイリー杯2歳S 2019 予想はこちら 

www.yosounohone.com

11/9(土) 京都競馬の調教注目馬はこちら 

www.yosounohone.com

 

11/9(土) 福島競馬の調教注目馬はこちら 

www.yosounohone.com 

 

坂路調教評価 11/9(土) 東京競馬

 

 

 

【東京1R】2歳未勝利

サノハニー

中間B

 

 

 

【東京2R】2歳未勝利

ホウオウレガシー

(前走時) 10/16調教◯ デビュー前で、1番時計に7時半過ぎの全体51.4秒、終い12.0-12.7は非常に目立ち、助手騎乗なら好勝負必至か――ジョッキー騎乗 

 

10/3調教◯ デビュー前としては、7時半過ぎの52.2秒も12.2-12.8の終いも当然悪くなく、助手騎乗なら1勝濃厚な馬とみて良いだろう――ジョッキー騎乗(直線仕掛け)

 

 

 

【東京3R】2歳未勝利

ブラックトマホーク

☆次走注目馬☆ 

(前走時) 2番枠から出遅れ、挽回する際には掛かる苦しい序盤に、決着は前々・内目となる中で、3分どころをなかなか良い脚(上がりは2位)で伸びて、4~8着の横並びの中に加わっての8着。

 

マークした指数も十分に未勝利突破を狙えるもので、ダートも含めて短距離戦線で引き続き注目しておきたい一頭。 

☆次走注目馬☆ 

中間A-

 

 

 

【東京4R】2歳未勝利

グレイスフルダンス

(前々走時) 向こう正面追い風の影響もあってか、上がり37.1秒と掛かったレースを、後方から進め4コーナーで進出して6番手で直線を迎えると、上がり最速で伸びて断然人気の勝ち馬に迫った。

 

残り100mでの勢いは勝ち馬を差し切れるかというものがあったが、そこは内でうまく溜めていたルメール騎手の断然人気馬だけあって、まだまだ余力があり、そこから先はどこまで行ってもその差は埋まらないといった感じでの2着。

 

指数的には未勝利はすぐ勝ち上がれるレベルの好内容で悪くはなかった。 当日紙面チェックにて最終追い切りを評価して

 

 

 

【東京7R】3歳以上2勝クラス

ヴィエナブロー

(前走時) 10/11調教◯ 終いの12.7-12.4はこの日では速い――助手騎乗(馬なり)

 

 

 

【東京8R】3歳以上1勝クラス

トランスナショナル

中間A

(前々走時) マイルで後方で溜めて、33秒前半を使えるようなキレはなく、完全に4コーナーでの前との位置関係、距離だけの問題だった印象の今の馬場で、前を捕まえきれずの5着。

 

指数も前走を下回っている中での、上がり最速をマークの状況で、4コーナーから直線前半の手応えからは、まとめて差し切るかに思えたが、最後は同じ脚色になって突き離されてしまう。

 

スポンサーリンク
 

 

【東京9R】オキザリス賞

タマモアテネ

☆前走狙い馬☆ 

(前走時) 重馬場の前々決着を逃げ切ってデビュー戦白星発進を決めたが、特筆するほどのパフォーマンスにはなく1勝クラスではどうか。 

 

10/17調教◯ 開門直後でこの厩舎だが、この全体で終い12.5-12.3は目立つ時計――助手騎乗(一杯)

 

 

オヌシナニモノ

(前走時) ☆次走注目馬☆ ☆前走狙い馬☆ 

10/10調教◯ この馬にしてはちょっと軽すぎる印象だが、内容も軽めなら2歳馬としてはこの日の7時台での12.3-12.3フィニッシュは十分図抜けており優秀――ジョッキー騎乗(馬なり) 

 

(前々走時) 序盤は3~4番手から運び、徐々に先頭に並びかけて自分のペースを作り出すと縦長の展開を演出し、4コーナーでは楽々先頭に代わり、あとはもう馬なりで突き離す一方の、6馬身差大楽勝。

 

今日のメンバーなら、ミスさえなければ10回やったら10回勝っていたであろう内容で、短距離戦線(現時点、ダートでとは決めつけない)でどこまでいけるか、楽しみ。 

 

7/17調教◯ 開門直後の時計とはいえ、この時期のデビュー前の2歳馬としては破格といっていい50.9秒、12.8-12.0-11.9の猛ラップで、助手騎乗なら1勝は確実か――助手騎乗

 

 

ジェネティクス

(前走時) 9/19調教◯ この厩舎で開門直後ではあるが、自己ベストを2.6秒更新しての12.2-11.8フィニッシュはさすがに無視できないか――助手騎乗(一杯)

 

 

ニシノミンクス

(新馬戦時) 離れた5番手からで、普通なら交わせずの3着あたりが精一杯という感じから、3着馬を交わしたところあたりに素質を感じさせ、内容的に先々楽しみな内容で距離延長も良さそう

 

 

プロヴィデンス

(前走時) スタートが速く、余裕でハナに立つと、直線でも後続を寄せ付けず突き離し5馬身差Vとし、この産駒らしくダートで開眼を果たした。

 

マークした指数も2歳未勝利としてはかなりの好指数で、1勝クラスなら余裕で戦えそう

 

 

メイショウテンスイ

(前走時) 9/27調教◯ デビュー前に、9時近くでの52.4秒、12.9-12.1-12.6なら、助手騎乗で抜群――ジョッキー騎乗(G前仕掛け)

 

 

 

【東京10R】三鷹特別

ラニカイサンデー

中間B+  

 

 

 

【東京11R】武蔵野S G3

エアアルマス

11/6調教◯ 終いが掛かりだしたこの日の9時台に、終い11.7-12.3で自己ベスト並みの全体50.9秒なら、この厩舎でも助手騎乗なら上々で、ひとまずは好調で重賞を迎えられている感じ――助手騎乗 

(前走時) 水が浮くほどの不良馬場にまでなっていたが、苦にすることなく抜群の手応えで2番手から追い出されると楽々の快走を続け、ほぼ追われることなく2馬身半差圧勝。

 

左回りとか、関西圏以外での輸送競馬とか課題はあると言えばあるが、とりあえずオープンは通過点の馬。 

中間C+

 

 

アードラー

(前走時) この馬の追い込み一辺倒スタイルがハマる、4コーナー13番手→8番手→13番手ズブズブ決着のハンデ戦のなか、馬群の真ん真ん中に進路をとり、ゴール寸前でクビ差突き抜けて見事にオープンVを果たした。

 

2着馬(グアン)との差は完全に鞍上の差で、2週前のエイシンデネブでの追い込み一閃といい、この開催で活躍が目立つ松若騎手の好調ぶりも際立ったレース。 

 

(前々走時) 7/3調教◯ 8時近くに、50.4秒(自己ベスト)、11.9-12.5なら自身として最上位のもので、この日の時計の非常に出る馬場状態によって......というところもあるのだが、昨夏に3勝クラスを勝った時並みの時計――ジョッキー騎乗

 

 

カフジテイク

(前走時) 大外をただ一頭レースとの真逆の競馬をして突っ込んできており見た目には非常に強い競馬ととれるのだが、指数的にはこの馬の全盛期にはまったく及ばずで、分かりやすく「どれだけ復調してきてるんだ」と思われているのだとすれば、この先も永遠に買わないでおきたいところ。

 

 

グルーヴィット

(前走時) 9/4調教◯ この日の馬場で抜群とは言わないまでも、9時近くのこの全体時計に、終いまでしっかりとしたこのラップなら、助手騎乗であれば十分好状態判定下せる――ジョッキー騎乗 

☆次走注目馬☆

  

 

サンライズノヴァ

(前々走時) 7/3調教は、8時近い時間帯というのが救いだが、この日の時計の非常に出る馬場状態ではこの馬としては終いがやや物足りず――助手騎乗

 

 

タイムフライヤー

(前走時) 引っ掛かったこともあったのだろうが、それにしても前走パフォーマンスからすると情けない低パフォーマンスでの6着で、直線を向いた時の2番手での手応えからは相当ラスト1Fで止まってしまったというレースぶり。

 

鞍上の指摘する「1F長い」は恐らく当たっているのだろうが、前走エルムSが瞬発力などまるで求められないラップでの非常に強い競馬だったところからのこの2段階瞬発ラップ戦に、前走時が休み明け+18キロで今回が-20キロと急激すぎる馬体重変動に原因がありそう。

 

適正体重に戻したといってもこの短期間での肉体面の波には同情を拭えない印象で、ラップ面、状態面から仮に今回が1800m戦だったとしても、強い競馬は見せられていなかった一戦とみたい。

 

すなわち、今後1800mであろうが2000mであろうが、まずは馬体面を含む状態の推移には注目しつつ、瞬発戦以外で、この馬のベストパフォーマンス発揮ならこのレベルはあっさり勝ち切らなければならない馬とみておきたい。 

 

(前々走時) 「最終的なオッズ次第では本命級まで」と評していたが、最終的にもオッズ下落が見られず、そのまま相手の1頭にとどめたのだが、このペースを前受けで運んで、楽々の手応えでの追走、リアンヴェリテと直線で互角に渡り合ってと、着順こそ6着だっものの初ダートでこの内容は期待以上。

 

誰がみても強い内容過ぎて、特に書くことがないくらい、素晴らしいダート替わり初戦だった。

 

 

 

【東京12R】3歳以上2勝クラス

インバウンド

(前々走時) ☆次走注目馬☆だったが、いくら馬場差を考慮しても、前走以前のように超抜時計が出ていない点が気になり、しかも人気ということで、一応、相手には買ったが押さえ程度。

 

重馬場で時計が速かった、後手を踏んで後方からになったなどいろいろあるだろうが、やはり、“全然”なデキだったというのが一番では? 

☆次走注目馬☆

 

 

ボーサンシー

中間C+

(前々走時) 4/17調教◯ 今の馬場とはいえ、11秒台を2つ並べての50秒台前半はなかなかで、自己ベスト更新もふまえると助手騎乗なら1000万下でもやれていい――助手騎乗(強め)

 

スポンサーリンク
 

中間追い切り評価

(最終追い切り評価は含まず。主にコース追い調教タイムからS>A>B>C>D)

 

 

【東京1R】サノハニー 中間B 

                   シラカバ 中間C

 

【東京7R】ミディオーサ 中間C

 

【東京8R】トランスナショナル 中間A

 

【東京10R】ラニカイサンデー 中間B+

 

【東京12R】ボーサンシー 中間C+

   

PR

競馬新聞よりお得!日刊スポーツ新聞社が運営する競馬情報サイト

日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

 〜オススメの6つのポイント〜

1、出走馬の能力を数値化した日刊コンピ指数がレース前日19時に見られる!

2、元ジョッキー佐藤哲三さんの予想と買い目を見られる!

3、前走のレース動画を徹底分析し、推奨馬を紹介する動画「次は馬かせろ!」

4、美浦、栗東での調教分析からTOP3の推奨馬を紹介!

5、土曜、日曜のメインレースのパドック速報!

6、地方南関東4場(大井・川崎・浦和・船橋)の予想情報提供!

⬇ご登録はこちらから⬇

 

11/10(日)の調教注目馬はこちら

 

【調教注目馬】11/10(日) 福島競馬 福島記念 の調教最上位評価は2、3週前の時計が気になるアノ若駒

 

【調教注目馬】11/10(日) 東京競馬 最後方一気がハマりやすいオーロカップで注目の中間トップ評価馬は?

 

  

競走馬データ

・アーモンドアイ・ダノンプレミアム・サートゥルナーリア...他

www.yosounohone.com 

Twitter

「競馬予想のホネ」はTwitterをやっています。

Twitterではブログの更新情報はもちろん、レース当日の馬場の様子や、パドック、ブログ掲載馬のレース直前、直後の評価など、ブログには掲載しきれない内容をツイートしています。

まだフォローしていない方は是非フォローよろしくお願いします! 

Twitter

 

スポンサーリンク