競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【日経新春杯 2022 予想】追い切り・ラップ適性 & 各馬評価まとめ / ここが証明戦

f:id:yosounohone:20220114080134j:plain

 ■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

 

――2番手以下のプレッシャーが、◎の明暗を分ける部分。

目次

1月15日(土)重賞予想と追い切り注目馬はこちら

【愛知杯 2022 予想】

【追い切り注目馬】【カーバンクルS】【菜の花賞】他 中山競馬

【追い切り注目馬】【愛知杯】【紅梅S】【渥美特別】他 中京競馬

【追い切り注目馬】【3R未勝利】【12R1勝クラス】他 小倉競馬

1月16日(日)重賞予想と追い切り注目馬はこちら

【京成杯 2022 予想】

【追い切り注目馬】【京成杯】【ジャニュアリーS】【サンライズS】他 中山競馬

【追い切り注目馬】【日経新春杯】他 中京競馬

【追い切り注目馬】【宇佐特別】【小郡特別】他 小倉競馬

日経新春杯 2022 レース概要

 

※今年2022年も、JRA発表の開催日割の変更に伴い、昨年に引き続き中京芝2200mとして行われる

 

日経新春杯 G2

2022年1月16日 1回中京6日目

発走時間:15:35

中京 芝2200m

サラ系4歳以上 オープン

2021年優勝馬:ショウリュウイクゾ   牡5    2:11.8   団野大成

 

 

日経新春杯 2022 枠順

 

 

1 1 モズナガレボシ 牡5 松山
1 2 クラヴェル 牝5 横山
2 3 マイネルウィルトス 牡6 川須
2 4 ステラヴェローチェ 牡4 デムーロ
3 5 ロードマイウェイ 牡6
3 6 ヤシャマル 牡5 松田
4 7 アフリカンゴールド セ7 国分恭
4 8 フライライクバード 牡5
5 9 マイネルフラップ 牡6 国分優
5 10 ヨーホーレイク 牡4 川田
6 11 ショウナンバルディ 牡6 坂井
6 12 エフェクトオン 牡6 秋山
7 13 トップウイナー 牡6 和田
7 14 プレシャスブルー 牡8 勝浦
8 15 ダノンマジェスティ 牡7 岩田望
8 16 トラストケンシン 牡7 池添

 

 

日経新春杯 2022 ラップ適性・追い切り 

 

 

 

コース的には、瞬発戦 ※ ラップ7割、平坦戦3割発生といった感じの条件。

※ラスト4Fの各区間加速内に、加速が生じるレース(例:11.9-11.3-11.4-11.8)が定義

ロードマイウェイトラストケンシンステラヴェローチェヤシャマルあたりが適性上位。

 

追い切りからは、マイネルウィルトス以下、ショウナンバルディクラヴェルステラヴェローチェの順に評価。(1/16 10:10追記)

 

 

 

日経新春杯 2022 過去レース傾向

 

 

例によって、条件替わりのため傾向面は飛ばす。

昨年も書いたが、ラップ的には京都2400mよりも、若干瞬発戦適性要求度は高くなる印象。

 

【PR】
無料情報で今週稼ぐのは・・・
日経新春杯愛知杯
イイ感じでロケットスタート的中!
3連休2日間公開で見事連勝でした♪
━━━━━━━━━━━━━━
『逆境セレクト(無料観覧)』
・中京11R シンザン記念
着順:10→3→9
三連単:25,490円
・中山11R ニューイヤーS
着順:7→13→12
三連単:63,160円
ボンセルヴィーソ10番人気お見事!
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年は爆勝ち連発でした!
ターコイズS 3連単107,720円
阪神JF   3連単114,300円
京都二歳S  3連単243,030円
アルテミスS 3連単164,230円
最高風速は・・オークス53万獲得
全て無料公開されてました!
━━━━━━━━━━━━━━
重賞レースはもちろん平場も無料公開あり!
そちらも大型馬券出すので合わせてチェックです♪
→日経新春杯+愛知杯の無料情報
無料メール登録後『逆境セレクト』をチェックしてください。走る・稼ぐ・0円情報・・最高なんです!

日経新春杯 2022 予想印は!? ホネ的注目馬 各馬評価まとめ

 

 

昨年(◎ショウリュウイクゾ)も使った手だが、本来なら「前年以降の2200m戦実績」これで攻めたいレース。

“京都2400mで行われた年に、「前年以降の京都2000m以上戦での好走歴」と「前年の阪神2400mの好走歴」が強みになっていたこの日経新春杯。それが、この中京2200mという癖のある舞台・距離に変わるのだから、今年の激走ピースは「前年以降の2200m戦実績」としたい。”(21年予想記事より)

 

 

 

ステラヴェローチェ / ヨーホーレイク / フライライクバード

適性は問うが、そこさえ合致した時にはまだ現役最強の可能性も多分にあると思っているステラヴェローチェ

ただ、そのポテンシャル発揮のためには、中京というのはどうか。

多少、先週までの馬場が様変わりしていれば良いが、もしかすると5(水)の中山二千のほうがまだ差し届きやすかったという可能性もあり。

直線は長いが、先週までを見るにこの馬が悲鳴を上げるには十分な下地、との印象。

それと連闘の中山金杯を見送った以上は状態面では今週出走のほうが当然ベター、という状況を差し引きして最終判断をしようかなという感じ。

 

同世代からもう一頭、のヨーホーレイクも脚力は上位。

ただ、この鞍上とメンバーレベルから押し出されたオッズになりそうなうえ、脚質・特性的に来るなら大本命とセット、飛ぶ時も同じ負け方が目に浮かぶシーン。

脚力勝負になってくれればいいが、先行どころも2200m戦を鑑みると少しセーブしたい組が多いか。

 

複勝1番人気とまでは言わないが、同2番人気はこちらだと思っているフライライクバードはたしかにコース適性も十分。

G2級で戦っていける存在だとは見ているが、まだそれは持久質の展開になった時だけという位置づけ。

単純に、多頭数では位置取り懸念も生じるし、全幅の信頼とまでは......。

 


冒頭「本来なら」と付け加えたように、どれを取っても今回の場合馬場的にその脚質面から軸として楽しめそうにない印象(クラヴェル、エフェクトオンは、さらに「来ても、来なくても・・・」感)。

 

 

◯マイネルウィルトス / ☆アフリカンゴールド 他

これだけ先行手薄な状況であれば隊列重視作戦に切り替えて臨みたい、ということで◎ヤシャマル。

 

当然、☆アフリカンゴールド△ショウナンバルディの“2匹目...”狙いもありといえばありなのだが、狙い時が前走だったのは間違いない2頭で、特に△は1Fの距離延長がどうにも気掛かり。

それならということで、スタートの上手な鞍上への乗り替わりなども加味して◎を軸に据えたい。

瞬発戦でこその特長が生きるメンバー構成の今回、3走前の内容からここにも出てくる素質上位馬同様に、いつ重賞を勝っても不思議ないと思っている力関係からもここはチャンスとみる。

リピーターレース、舞台適性最重視で考えたい場面ではあるが、そこは前走あの競馬ぶりで上位勢と遜色ない脚を使えていた点に託す作戦(“ここが証明戦”狙い)ということで。

 

対抗は、調教からして前を意識している印象のある◯マイネルウィルトス

G3なら力は上だし、今回は好位の一角に収まってくるとみて。

 

 

 

↓↓↓以下、当日午後追記内容。

前日土曜は前週からは若干鈍化したものの、それでも通年平均±0程度の状態で、依然内が優勢な状況。

顕著な高速内ラチ圧倒状況ではないがまだまだ好状態を維持している印象が残った。

先ほど終了した7R1勝クラス(芝1600m)を見ても、単純に走破距離の分だけインほど有利な標準スピード馬場で当日を迎えている様子。

ほぼ、木曜執筆時点の想定通りなので◎ヤシャマル◯マイネルウィルトスはさすがに変えないが、“ドジョウ掬い”のイメージを高めたい(▲ショウナンバルディ☆アフリカンゴールドを高める)。どちらも単勝オッズというより、複勝ベースでこれだけつけるのならというところ。脚力上位勢が苦労してきていい馬場状況だけに、トップウィナーから離れた2番手以下がスローで運んで蓋をする恩恵プラスの公算で。

あとは枠が決まって、「これなら......(発馬次第で逃げまで)」が怖い△モズナガレボシの注目度を高めておきたいところ。鞍上も、自らの距離延長進言とあわせてこのシーンで不気味。(1/16 13:55追記)