競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬まとめ&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

傷みが『見られる』じゃなくて『あります』がポイント? 3/9(土) 中山牝馬S2019 予想 過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ

f:id:yosounohone:20190308082946j:plain

 

ーー『えーっと、今週の馬場はクレッグインパクトソイルテスターでの測定値によれば……』という近未来情報、今年の中山牝馬Sでこそ欲しいと思っているホネです。

 

 中山牝馬S2019  過去のレース傾向

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

スローペースから上がりだけの勝負になりやすいレースで、レースレベルは上がらない。前残りには注意。

 

該当馬➡➡➡カワキタエンカ、クロコスミア、ミッキーチャーム、ランドネ、ウインファビラスあたりか

 

 

ただし、逃げ馬がペースを落とし過ぎて、凡戦にして、スローの前崩れという現象も起こりやすいレース。この場合は、即ち瞬発馬が差し込んでくる。

 

該当馬➡➡➡ウラヌスチャーム、ノームコア、ワンブレスアウェイ、デンコウアンジュ、フロンテアクイーン、フローレスマジックあたりがその要員となり得るか。

 

 

あとは、「5〜6歳馬」「乗り替わりなし」「適度な間隔(エリ女以降〜中4週くらい)」あたりに当てはまってくる馬も注目。

 

該当馬➡➡➡カワキタエンカ、ワンブレスアウェイ

 

 

前走重賞でそこそこ人気で、そこそこ着差負けというパターンも中穴として期待値高く、率十分、単回複回いずれもプラス。

 

該当馬➡➡➡アドマイヤリード、カワキタエンカ、デンコウアンジュ、レイホーロマンスあたりがそこそこ人気なら

 

といった感じ。

考察&まとめ

 

去年は「週末はかなりの雨量もありそうで重〜不良か。雨で重以上想定で」という読みで、エンジェルフェイスを中心に狙ったレース。

当日はピッカーーン☀️となって、稍重で行われた。ちーん。。。(._.)

 

ただこの時期だけあって、近3年がそうだったように当日の天候によらず、ベースは「時計が掛かる馬場状態」で行われやすい。

 

加えて今週末は、先週の影響も受けて例年同様の多少タフな状態へと馬場替わりが見込めそう。

 

実際、金曜時点の発表で、

 

馬場状態:(芝)稍重

芝の状態:3コーナーから4コーナーの内側に傷みがありますが、その他の箇所は概ね良好な状態です。

 

とのこと。

 

前週時点での『1週使用し、3コーナーから4コーナーの内側には傷みが見られますが~』の

『傷みが見られる』が『傷みがあります』になっているところがポイントかなと。

 

以降、土曜日中にかけては好天に恵まれるようだし良馬場での開催には違いないだろうが、

内不利、外差し馬場への変化には注意したい。

(……が、当日はほとんど競馬は見れない予定。というわけで、金曜夜段階で都合のいいほうの決め打ち作戦発動で)

 

予想印は!?ホネ的注目馬!

 

今年は意外と先行馬が結構揃って、逆に罠にすら思えてきたが、ただでさえ外差しテーマに振りたいと思っていたレースなので。

 

◎アドマイヤリード

◯デンコウアンジュ

▲レイホーロマンス

 (↑※赤字じゃなくて、うっすいのには訳があるのよ (* ̄ー ̄*)フフフ)

 

とする。

 

アドマイヤリードは、1800mだと高速馬場でギリギリ時計の限界を露呈しそうだったが、前週からの雨のおかげでその心配はなくなった。

 

近2走牡馬に混じって56キロでのパフォーマンスは優秀なもの。

 

過去のこの馬の好走条件イメージとは裏腹に、「右回りのコーナー4つ」を陣営が狙い撃ちし始めているように今はこの条件がベスト。

 

さらに、先に挙げたタフな差し馬場もベストとくれば、絶好のチャンス。

 

昔の名前で出ています的なレースで、この馬もその“昔の名前”の部分がオッズ妙味を維持してくれる方向に働くことになりそう。

 

ただし、中間の時計は正直微妙で、その点には多少のリスクも。

あとは、馬場の読みが大幅にズレていないことを祈るのみ。

 

◯▲は人気がないなら買っておけ、的なやつで。

 

特に、デンコウアンジュは中間の動きも良さそうで、外差し展開に便乗してこれれば3年半ぶりの勝利まであっても。

 

その他では、ハイペースを前々で踏ん張った前走が好指数だった☆フロンテアクイーンを挙げておきたい。

 

自在性がある反面、テン乗りの三浦皇成騎手がどう乗ってくるか微妙なところで一枚割り引いたが、54キロでこの舞台というだけでまず僅差の勝負には持ち込んできそう。

 

 

・・・と、ここまでなら先週までのホネ予想感満載。

何がって、このブログを始めたが故かもしれないが、“書き易い”(たくさん書ける)馬に行きがちな点。

自分でも最近気づいていたところではあるが。

 

加えて、週半ばでコレと決めていた◎候補馬が最内枠。

これでは、想定する馬場で通らされたら明らかにマイナスになる内を通すことになりそう。

それ自体、由々しき事態だし、そもそも予想の根幹(コンセプト)と真逆。

 

もちろん、大きくは変えないものの、

ここは柔軟さと閃きと当初の“予想の骨”を大切に。

 

◎アドマイヤリード ◎デンコウアンジュ

◯デンコウアンジュ ○アドマイヤリード

▲レイホーロマンス ▲レイホーロマンス

 

◎デンコウアンジュを繰り上げ、最終結論とする

(文章量は少なかったけど、ゴメンネ。)

 

 

 何でもかんでも、理にかなってる風ではいけないんだよ、ホネ君。。。

という、天の声に耳を傾けてみることにした次第。

 

先週から、外差し馬場になりそうで楽しみ、って言ってたじゃないか

ってのも聞こえた気がする。

 

これで「アドマイヤリード~、イン突きで見事戴冠!」になっていたら、耳鼻科を予約する。

ちょうど、花粉症で鼻も診てもらいたいところだし(笑)

 

 

===PR=============== 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
レース動画分析「次は馬かせろ」絶好調!

 

その他今週のレースはこちら

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

 

記事が参考になりましたら、

クリックで応援していただけたら嬉しいです!