競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【京阪杯 2021予想】追い切り・ラップ適性 & 各馬評価まとめ / 延長線上にはない戦い

f:id:yosounohone:20211126081136j:plain

 ■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

 

――そう、この谷間の時期に行われる一戦ということで、G1戦線からは逸れたレベル上がりきらずの決着を見込んで。

目次

11月27日(土)重賞予想と追い切り注目馬はこちら

【ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス 2021予想】

【追い切り注目馬】【京都2歳S】【江坂特別】他 阪神競馬

【追い切り注目馬】【キャピタルS】【シャングリラS】【カトレアS】他 東京競馬

11月28日(日)重賞予想はこちら

【ジャパンカップ 2021 予想】

【追い切り注目馬】【京阪杯】【カノープスS】【立雲峡S】【白菊賞】他 阪神競馬

【追い切り注目馬】【ジャパンカップ】【ウェルカムS】【アプローズ賞】【ベゴニア賞】他 東京競馬

京阪杯 2021 レース概要

 

※今年2021年は、JRA発表の開催日割の変更に伴い、阪神芝1200mとして行われる

 

京阪杯 G3

2021年11月28日 5回阪神8日目

発走時間:16:15

阪神 芝1200m

サラ系3歳以上オープン

2020年優勝馬:フィアーノロマーノ 牡6 1:08.2 吉田隼人

 

 

京阪杯 2021 枠順

 

 

1 1 アウィルアウェイ 牝5 荻野
1 2 エイティーンガール 牝5 秋山
2 3 ラヴィングアンサー 牡7 岩田 望
2 4 オールアットワンス 牝3 石川
3 5 タイセイビジョン 牡4
3 6 シヴァージ 牡6 吉田
4 7 ファストフォース 牡5 小崎
4 8 サヴォワールエメ 牝5 松若
5 9 ミッキーブリランテ 牡5 坂井
5 10 レッドアンシェル 牡7 団野
6 11 アストラエンブレム セ8 西村
6 12 アイラブテーラー 牝5 浜中
7 13 シゲルピンクルビー 牝3 高倉
7 14 ソーグリッタリング 牡7 藤井
8 15 レイハリア 牝3 亀田
8 16 ライトオンキュー 牡6 古川

 

 

京阪杯 2021 ラップ適性・追い切り 

 

 

コース的には、やや消耗戦 ※ ラップ寄りの、平坦戦:消耗戦が約半々という条件。

※ラスト4Fの各区間加速内に、加速が生じないレース(例:11.2-11.3-11.4-11.8)が定義

ファストフォースライトオンキューオールアットワンスシゲルピンクルビーあたりは適性上位とみられる。

 

追い切りは、シヴァージを単独トップに、以下は、ラヴィングアンサーライトオンキューアストラエンブレムタイセイビジョンと上々勢が並ぶ。(11/26 23:40追記)

 

 

 

 

京阪杯 2021 過去レース傾向

 

 

 

例によって、京都1200mから阪神1200mへの条件替わりのため傾向面は飛ばす。

ラップ的には、ほとんど大差がない性質の2コースで、今回の先行勢でどう流れるかによって平坦戦or消耗戦ラップのどちらになるかに尽きる印象。

 

 

京阪杯 2021 予想印は!? ホネ的注目馬 各馬評価まとめ

 

 

 

あまりこのレースで「スプリンターズS後追い」しても良い印象がないことから、それらを除外して考える。

そこから始まる戦いという位置づけのこの京阪杯。

 

 

◎サヴォワールエメ / ▲レイハリア / ☆ライトオンキュー / △レッドアンシェル / △オールアットワンス 他

まず、能力的には☆ライトオンキューが完勝してきていい力関係だと思うが、さすがにこのレースで8ヶ月ぶりというのは微妙。

余程「休み明けいきなりから凄い出来」といったことがない限りは、やはり敗戦濃厚とみるべきか。

冬場のパフォーマンスも高く、荒れて時計のかかる馬場も良いが、来春の高松宮記念を最大目標に逆算して使ってくる(この後は、シルクロードSを使い本番へと向かう青写真か)色合いも濃いところだろうし、最悪の場合「調教代わり」でレースを終えてくる可能性もある。

 

そうなってくると、脚力的にオールアットワンス、サヴォワールエメあたりに浮上のチャンスとなる。

やはり、間隔の詰まった組こそこのレースの穴だと思うので、ここは◎サヴォワールエメに食指。

気持ちを切らさずに走れるようになって千二で連勝中、阪神コース適性も実はかなりなものがあると思っている。

 

この期に及んで、スケベ根性を出してスプリンターズS組に目を向けてもイイコトなさそうなので、◎との脚質的なことを考えて、目一杯前々狙いを敢行する。

ちょうど、アウィルアウェイとかシヴァージとか差しタイプが目立ちやすい状況だけに。

その脚質的なところもさることながら、大一番の後でもなく、この先に向けてのステップ的な位置づけではないという観点からも◯シゲルピンクルビー▲レイハリア△レッドアンシェルと先述の△オールアットワンスをチョイスしたい。

 

◯は今回のメンバーでは、枠次第で前走の流れ経験も含め前が取れると期待しての狙い。

 

全般として、出来れば、京阪杯までに差しばかり決まって、あまりにも前が軽視されるような状況でレースを迎えてほしいと思っている。

 

 

↓↓↓以下、当日午後追記内容。

土曜はやや時計を要する、依然外差し顕著とまでは言えない馬場状況。

日曜午前時点の売れ方からしても、当初の前々方針は合っているのだろうが、問題はそれがバレている現状か。

こうなれば、全てを撤回して追い込み狙いにするほどではなく、かといって4コーナー2列目以内(レイハリア、オールアットワンス、ファストフォース、サヴォワールエメ)とかのあからさまな前残りでもないところに行こうか、というところ(この後の決着で主流見立てが差しに傾くならさらに出し入れすることにする)。

◎シゲルピンクルビー◯ライトオンキュー▲レッドアンシェル☆ミッキーブリランテと3列目想定の面々を上位に。 (11/28 13:50追記)