競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【東京スポーツ杯2歳ステークス 2021 レース回顧・結果】字面にも凄まじいラスト

f:id:yosounohone:20211123080718j:plain

■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

東スポ杯2歳S 2021 レース結果

 

 

着順 馬名 タイム 上3F
1 イクイノックス 1:46.2 32.9
2 アサヒ 1:46.6 33.5
3 テンダンス 1:46.7 33.9
4 ダンテスヴュー 1:47.2 33.7
5 レッドベルアーム 1:47.2 34.2

 

ホネ的! レース回顧 / レース分析 東スポ杯2歳S 2021

 
11/20 東スポ杯2歳S △不的中
 
 
レース全体のふり返り
 
 
Cコース替わり初日で、馬場は一気に高速化を果たし、イン前優勢も顕著な情勢へと一変した
 
時計的には、1000mあたり-1.0秒前後のゾーンだったとみられ、2R2歳未勝利(2000m)では1分59秒台前半という出色レコードもマークされた
 
前半は3F通過がスロー、5F通過でややスローと、序盤ほど緩い流れから、6F目から顕著にスピードアップしての瞬発戦
 
この日の馬場でも走破タイム1分46秒2は上々で、11.6 - 11.0 - 11.9 - 11.4という驚異のラスト1F11.4秒(-0.5秒加速)が尋常じゃない好戦
 
 
 

東京スポーツ杯2歳S 2021  各馬ふり返り 予想と結果

 

 

 

デリカテス

予想➡➡➡

結果➡➡➡11着

ナバロンの2番手からスローに持ち込んで進めていたところ、アルナシームによって一気に6F目から変貌した流れにペースを崩されてしまったか。

まだ2戦目でもあり、まったく自身の力だけ走れていない一戦だけに、次で改めてどういうパフォーマンスを見せてくるかに注目しておきたい。

 

 

イクイノックス

予想➡➡➡

結果➡➡➡1着

ごーめん、ごめん、ごめんイクイノックス様、という^^;

「新潟の最大加速-0.6秒戦を勝ったキタサンブラック産駒なら隙も」とか言ってしまって、本当失礼しました。

でもまあ、レースぶりからいっても、ラップ的にはあのアルナシームフォローが無かったら、もうちょっと苦しんでいたかなとは思う、それ(超急加速戦だったら疑問)は個人的には撤回しないつもり。

この日は、11.6 - 11.0 - 11.9 - 11.4のラスト3F目での-0.6秒急加速地点では、2着アサヒとかのほうがよっぽど手応えが良くて、エンジンが掛かってからの11.9のところから“ショー”が始まったという内容。

長く脚を使う強み×ポテンシャル自体が抜け過ぎていた、それによる完勝で、こちらの予想としての完敗、そういう位置づけ。

とにかく、着差(-0.4秒差)もそうだが、仮にも重賞でこの上り4Fでの11.9 - 11.4フィニッシュは凄まじく、順調ならまず間違いなくG1複数勝利級だろう。

今のイメージは、あくまで牝馬が勝つような秋天で負けて、緩むところのないJCで勝ってくる、そんな馬キャラ像で。

 

 

▲テンダンス / アサヒ 他

この日の露骨な高速化とイン前傾倒で評価を高めた▲テンダンス(3着)までは、ギリギリ及第点の走破時計という印象。

この日の馬場で1分46秒7なら、平凡な年の勝ち馬水準にあるとみていい。

瞬発戦ラップにもそこそこ対応できていたことは好印象。

あとは、上位2頭とは違い、この日では絶好の内を伸びてのもので無駄のない競馬ができてのものなので、そのあたりがどうか。

 

2着アサヒは、前走を低速時計で勝利していたのでまずここで時計面への課題をクリアできるか微妙と判断してしまった。

カレンブラックヒル産駒というあたりもそのイメージを助長させてしまっていたが、良い瞬発力と同時にスピード決着への対応力もみせてきた。

たしかに、デビュー戦(2着)の時計は、当時の高速馬場(この日以上にさらに速い)を差し引いても水準上で、その点で下地はあると見るべきだったか。

これによって、未勝利Vは本来のこの馬の姿ではない中での勝利で、硬いスピード馬場でこその実力者であることが証明されたとみてよさそう。

父父ダイワメジャーから受け継がれたスピードに、そこそこの瞬発力も持ち合わせて、というところ。

 

4着ダンテスヴューは、もともと瞬発戦のスピード勝負では分が悪い印象だったが、まさにそんな感じの負け方。

それにしては上り3位の脚で、直線立ち上げではほぼ最後方の位置からよく詰め寄っていて、内回り2000mとかならもっとやれても良さそう。

ひとまず、ホープフルSに出てくれば(特に、荒れて時計が掛かっていれば)面白いかも。