競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【京都金杯 2021 レース回顧・結果】ケイデンスコール 2走前から約束された復活V果たす

f:id:yosounohone:20200622065923j:plain

■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

 

――昨日はお腹いっぱいで、この馬のパドックTweetはもうあえてしないでもいいかなと思ってしまいました。。。

京都金杯 2021 レース結果

 

 

着順 馬名 タイム 上3F
 1 ケイデンスコール 1:33.1 34.0
 2 ピースワンパラディ 1:33.2 33.9
 3 エントシャイデン 1:33.4 34.9
 4 タイセイビジョン 1:33.4 34.3
 5 シュリ 1:33.4 34.1

 

ホネ的! レース回顧 / レース分析 京都金杯 2021

 
1/5 京都金杯 ◯的中
 
 
レース全体のふり返り
 
 
(当日芝戦の)サンプルが少なく微妙だが、そこそこ時計が出るくらいの馬場で決して「高速」レベルまではいっていなかった模様
 
逃げ馬不在の中、意表をついて逃げの手に出たボンセルヴィーソと好位勢で、やや後続を離しての前半3F35.2秒というのは、レース全体の流れとしてはやや遅め
 
その分、11.6 - 11.3 - 11.3 - 12.0と後半4つはやや速めになって、平坦戦決着
 
前半を緩いペースで我慢して運び、イン前有利ロングスパート戦のなか、長く脚を使った組が粘りこんだというレース像で、レベルとしては決して高くない印象
 
 
PR オススメ無料情報!
シンザン記念2021無料予想

中山金杯73,200円獲得/回収率1525%
早くも去年の最高値超え!
→(中山金杯買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━
【G1無料情報2020年実績】
◎的中率:約62%(21レース中13レース)
◎獲得額:277,890円◎収支額:169,490円
クラシック三冠制覇
◎皐月賞 →36,600円/回収率654%
◎東京優駿→14,880円/回収率276%
◎菊花賞 →22,860円/回収率423%
→(三冠的中買い目画像
天皇賞春秋的中
◎天皇賞春→67,500円/回収率1350%
◎天皇賞秋→5,760円/回収率107%
→(天皇賞春秋買い目画像
その他海外G1含め的中街道
◎桜花賞   →50,360円/回収率899%
◎Vマイル  →11,840円/回収率227%
◎安田記念  →6,720円/回収率140%
◎マイルCS →9,660円/回収率179%
◎香港カップ →12,530円/回収率256%
◎ホープフルS→7,600円/回収率158%
◎有馬記念  →29,480円/回収率526%
→(2020年12月買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━
シンザン記念&フェアリーS無料公開!
外出自粛の3連休はココで競馬楽しみましょう!
→3連休の無料情報
↑無料メルマガ登録コチラ
今年もココの無料情報から目が離せない!!!

京都金杯 2021  各馬ふり返り 予想と結果

 

 

 

ピースワンパラディ

予想➡➡➡

結果➡➡➡2

勝ち馬には、自身より内、前から鮮やかに決められてしまったが、自身は馬群の外を回す競馬で、2~3分どころを伸びて3着争いから1馬身抜け出してみせた。

悪くない内容で、今後の飛躍に向けては最低限の仕事は果たした印象。

それでも、自身としてももう少し上のパフォーマンス(この決着水準なら差し切り勝ちまで)が見られても良かったと思うが……。

 

 

ケイデンスコール

予想➡➡➡×

結果➡➡➡1着

時間がなくてTwitterは自重し(てしまった^_^;)が、この馬と相変わらずの△メイケイダイハードがパドック良く映り、さらにもともとしっかりした軸◎ピースワンパラディがいたことで相手に拾えた存在。

馬自体に関しても、2走前内容から「人気薄なら次走注目馬」として迎えた単勝12番人気で、ヒモには十分だった。

想定通り、内枠攻め作戦が奏功した部分も大きく、枠を大きく味方につけての復活Vとなったわけだが、さすがに、勝ち切りまでとは思わなかった。

鞍上のイン狙いと、予想編で◎ピースワンパラディに対してのパートで書いた「メンバー・並びなどから相対的に位置取りを上げて運べる」が、さらなる相乗効果を生んでの完勝だったとみている。

上手くいき過ぎている感は否めないが、引き続き左回りワンターンに近しい形態のコースで穴で狙っていくべき馬だろう。

そして、これまで瞬発戦での連対のみだった一見瞬発戦特化タイプが、今回平坦戦ラップで古馬初連対を果たしたというのが、この馬にとっては大きい印象。

 

 

シュリ

予想➡➡➡

結果➡➡➡5着

かなり人気を背負う形となり嫌な予感しかしなかったが、レースではまず枠なりに出ていった結果壁を作れず。

そして、上手く外に馬を置いて内目に寄せなだめられるようになって迎えた直線、今度はそのポケットに入れていたことがアダになって、勝ち馬ケイデンスコールに前をカットされてしまった。

前後半で、裏目裏目とでていて、不運。

ただ、ゴール前で外から2頭に交わされたラストの伸びをみても、やはり前半で力んで消耗したツケの影響のほうが大きかった印象。

 

 

ボンセルヴィーソ

予想➡➡➡

結果➡➡➡7着

今日は3着エントシャイデンの奇襲に屈した。

落逃げのお株を奪われる形で、本来ならこの形でも良い馬ではあるにせよ、今日は番手で力み通しになってしまっていた。

 

 

◯レッドアネモス / エントシャイデン / △サトノアーサー

他では、まず3着エントシャイデンは、作戦と鞍上相性が結果をもたらしたと言っていいだろう。

特に、追い切りに乗って状態の良さを感じ取っていた様子の川須騎手との手が合う様子。

この馬は今後、中間に川須騎手でCWに入れてきた時だけ買っていけばいいだろう。

 

◯レッドアネモス(10着)は、この枠から(前走の敗戦をふまえ、たとえ出していかないにしても)結果的に前にいるとみて狙ったが叶わず。

鞍上がきっちりと、下げて運ぶ仕事をしたので仕方ない敗退。

 

間隔が空いた馬には鬼門のこのレースで、+20キロで出てきた△サトノアーサーは論外。

中間に時計は出ていたが、12/31に追い切りを済ませてそこから5日でのレースで、仕上げに問題があった印象。

 

一方、強い競馬だったのがトリプルエース

着順は目立たないが、レースと真逆の競馬であれだけ伸びてきていれば、もうマイルまでのところなら重賞級として良いだろう。

  

スポンサーリンク