競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬まとめ&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

入りは素直に“男勝り”からでも●●●●●●●●組も狙いたい 4/6(土) 阪神牝馬ステークス2019 予想 過去のレース傾向分析&各馬評価まとめ

f:id:yosounohone:20190317131127j:plain
 

――前走牡馬相手に強い競馬+穴なら前走牝馬限定好走、がハマれば言うことありません。

 

阪神牝馬ステークス2019  過去のレース傾向

 

傾向的には、手元にある資料を見る限り、

 

舞台から、瞬発力至上主義レースとなる

 

該当馬➡➡➡ワントゥワン、ラッキーライラック、カンタービレ、サラキア、ミエノサクシード、メイショウオワラ、レッドオルガあたりのためのレース、そんなところ

 

 

「前走10番人気以下」「前走1秒以上負け」からの上位進出は望み薄で、3着まで

 

該当馬➡➡➡アマルフィコースト、サトノワルキューレ、ベルーガ、ミエノサクシード、メイショウオワラ、ミッキーチャーム

 

 

単勝100倍以上は1400m時代でも好走なく、比較的堅めのレース。

人気馬が好走しやすい原因のひとつとして「前走牝馬限定戦以外で当日単勝10倍未満だった馬」の好走率が高いことが挙げられる

 

該当馬➡➡➡「前走牝馬限定戦以外で当日単勝10倍未満だった馬」は、ラッキーライラックに、レッドオルガといったところが該当可能性あり

 

 

一方で、1600m戦に移ってからの近3年4番人気以下で馬券に絡んだ馬は全て「前走牝馬限定戦で3着以内」だった馬。

上記の「前走牡馬混合戦の人気馬」とは対極のこのタイプが多少の妙味をもたらすレース

 

該当馬➡➡➡アマルフィコースト、メイショウオワラ

 

といった感じ。

 

f:id:yosounohone:20190323104753j:plain

考察&まとめ

  
1600mを舞台に行われるようになった近3年を見ると、後傾ラップの申し子レッドアヴァンセの好走(18年11番人気2着)が示す通り、(特に良の2年は)ラスト3F目と2F目が速く結果上り3Fも速い展開となっている点が特徴的。          
 
今年も良馬場開催が濃厚で、例年ならレッドオルガあたりが格好の狙い目となるレースなのだが・・・ 
 
また、レースの特徴として「前走5着以内馬」が好走のほとんどを占めていて、急な変わり身はあまり見られない点があるが、今年は前走6着以下だった馬が多い状況。
 
過去傾向からは手を出しづらい馬にも一定の警戒は必要か。
 
 

完全無料でやっていますので、もし記事が参考になったという方は、

クリックで応援していただけると嬉しいです!

 ※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。それがとても励みになります!現在140位前後におります。

 

===PR=============== 

「馬券投資ソフトの攻略法」を無料提供中!【競馬最強の法則WEB】


 

f:id:yosounohone:20190302092602j:plain

 

予想印は!?ホネ的注目馬!

 

今年は、例年とは少し様相が異なっていて、逃げ・先行がそこそこ揃い前傾ラップの阪神牝馬Sという可能性までありそうな状況。                                          

 

たしかに、スローの溜め逃げタイプ、逃げなくてもいいタイプ、前には行くことになるだろうがこの距離ではペースを落としたいタイプ等々、様々な理由で単独でペースを引き上げるという馬はなさそうだが、さすがにこれだけ揃うと16年、18年のような瞬発戦にとどまるかは微妙な印象。

 

これが先の「・・・(“レッドオルガあたりが格好の狙い目となる”のくだり)」の部分。

 

 

◎レッドオルガ

前走東京新聞杯が強調できる内容での2着。

 

後にG1高松宮記念で3着したのが記憶に新しいショウナンアンセムがかなり引っ張って(結果最下位15着)、時計の出る馬場の後押しこそあれど、1分31秒9の終始淀みない展開。

内のそこそこの位置取りにいないと物理的に厳しいレースとなった。

 

いつもなら、「スローでぬるい東京新聞杯」が、今年はあれ?G1でしたっけ?というような締まったペースの東京新聞杯となった一戦。

 

単純にこのオーバーペースの競馬で、前目で運んで粘った組(レッドオルガ、タワーオブロンドンあたり)は強い内容だった。

 

この血統だけに、例年通りのスローなら万々歳⇔今年流れた場合「・・・」

という部分も、前走のパフォーマンスを見れば、むしろこのきょうだいの中にあっても、この馬は流れて歓迎タイプととるべきか。

 

大阪杯を制して、明日に注目が集まる鞍上だが、その前にここも注目、いやこここそ注目か。

 

 

◯ラッキーライラックの前走中山記念も、勝ったかという好内容で引き続きセンスの良さを感じさせるレースぶりでの2着。

53キロということを差し引いても、休み明け初戦としては昨秋からの成長を感じ取れるパフォーマンスで好感。

絶好条件過ぎてワナ、にすら思える今回だが、アタマではともかく馬券内1議席としては認めざるを得ない。

 

以上2頭が大本線という構図だが、調教抜群の▲アマルフィコーストに、前走牝馬限定戦うずしおS勝ちが不気味で買いたい☆メイショウオワラ、こちらも中間良好な動きが特筆の△ミエノサクシードといったところには妙味を連れてきてもらいたい、との淡い期待。

  

もし記事が参考になりましたら、
クリックで応援していただけると嬉しいです!

 ※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングでの当ブログの順位が上がる仕組みになっています。それがとても励みになります!現在140位前後におります。

 

 ===PR===============

人気予想家の推奨買い目は!?
競馬予想なら! 競馬最強の法則WEB

 その他今週のレースはこちら

 4/6 福島競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com

 

4/6 阪神競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com

 

4/6 中山競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com