競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と追い切り注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、調教評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

【エルムステークス 2021 レース回顧・結果】自滅、衰退、途上......

f:id:yosounohone:20200622065923j:plain

■ブログランキング参加中です(記事が参考になったという方は是非クリックで応援をお願いします)

エルムS 2021 レース結果

 

 

着順 馬名 タイム 上3F
 1 スワーヴアラミス 1:44.5 37.6
 2 オメガレインボー 1:44.6 37.4
 3 ロードブレス 1:44.8 37.4
 4 ウェスタールンド 1:44.9 37.0
 5 レピアーウィット 1:45.0 38.4

 

ホネ的! レース回顧 / レース分析 エルムS 2021

 
8/8 エルムステークス △不的中
 
 
レース全体のふり返り
 
 
馬場は通年平均比±0秒近辺
 
前半は遅く、途中やや流れたもののその後も再び遅い流れ
 
終日良馬場施行(乾燥が進んだ)とはいえ、OP競走の大沼S/マリーンSの近年時計と比較しても最遅レベルの1分44秒5決着
 
このペースで、後半に一切加速が入らず12.0 - 12.4 - 12.9 - 12.9ラップとなっているあたりも、決着水準の地盤沈下が窺える
 
 
 

エルムステークス 2021  各馬ふり返り 予想と結果

 

 

 

ウェスタールンド

予想➡➡➡

結果➡➡➡ 4

適性ラップではなかったのは事実。

ただ、そもそもこの前半であれば後半に突き離すくらいのことをやって、自ら平坦戦~瞬発戦ラップに持ち込むくらいのパフォーマンスでもって一掃してもらわないと......。

予想編にも記した通りの言い訳の利かないところで、往年のようなマクリの脚を見せてなお、前を捕まえきれず、最後は後ろからも交わされての4着。

隠しきれない衰え感といった印象が拭えず、ちょっと寂しい姿だった。 ~これからはこの世界を動かすのは君~♪  と、バトンを渡したいったところだろう。

 

 

◯アメリカンシード / ▲ソリストサンダー / △スワーヴアラミス / ×オメガレインボー

そのバトンを本来託されなければならなかったのが、◯アメリカンシード(14着)、▲ソリストサンダー(10着)で、まずレースにならなかった◯は別として▲ソリストサンダーは早々に手応えを無くして不可解なブレーキ。

鞍上も明確な敗因は口にしておらず、馬体に何か異常が発生していなければいいが。

 

◯アメリカンシード(14着)は、レースの想定展開をぶっ壊したとともに、やはり逃げられなかったパターンでの脆さを露呈して自らも崩壊(鼻出血発生もあった様子)。

逃げて敗れてくれないと、「良馬場×小回り」適性疑惑への判定が下せないのが困りもののこの大敗だが。

 

この日の、穴は5枠より外傾向も相まって若干注目していた×オメガレインボー(2着)は、まあこのレベルなら勝ち負けしても特に不思議なし。 

冬場を除けば、基本的に好調期が長く続くタイプであるあたりも表れたか。

 

勝ち馬△スワーヴアラミスも、さらに状態が上がっていたのは間違いないだろうし、結果的に雨降らずの消耗戦決着も勝因のひとつとみられるが、それより何よりこの低レベル決着だろう。

◯アメリカンシードの自滅に始まり、その他上位勢が勝手にパフォーマンスを下げているところに巡ってきた、棚ぼたチャンスをモノにした格好。