競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬まとめ&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

下り坂と平坦長距離で狙いたいあの馬⁉︎ 【レース回顧】2/24(日)中山・阪神・小倉 予想と結果

 

f:id:yosounohone:20190226100848j:plain

2回2日中山競馬 予想と結果

2/24(日)

【中山6R】

予想➡➡➡◎ウィクトーリア

中間B+」評価で、前走時も評価していた馬。最終追い切りもまずまずの好時計で、他に本命にするほどの目立った動きの馬はなし。1番人気にもなりそうもなかったため本命勝負。

 

 

結果➡➡➡1着

逃げてマイペースだったとはいえ、鞍上も言っての通り、最後までしっかり伸びての楽勝。デビュー戦以来の逃げで勝利と、この形が合っている。跳びが大きいこともあるのだろう。

 

 

また、今の中山の非常に時計の出る馬場状態での好時計勝ちといい、デビュー戦(函館1800m)でのレコード駆けといい、堅い馬場でのタイムトライアルも良かった印象。

 

今後は、先行激化での粘り度合いと、今年の1~2回京都のような時計の掛かる馬場でどうかに注目しておきたい。

 

 

【中山9R】

予想➡➡➡○ミトロジー

「中間B」評価はともかく、最終追い切りの助手騎乗(馬なり)外目を回っての38.8-12.5が良く、断然人気でもやむなく上位評価。

 

 

結果➡➡➡2着

出遅れ。好位で運んだ勝ち馬を追い詰めるも届かず、3/4馬身差の2着まで。

 

 

それ自体は仕方のないことだが、それよりもレースの決着指数、この馬自身の指数が微妙。

前走も好時計で駆けたとはいえ、それは勝ち馬ダノンキングリーや逃げたヘイワノツカイのペースによる賜でもあるし、2着といっても3馬身半差の追い込み競馬でのもの。

 

 

勝った一戦も、2着に下した相手が現状500万下で苦戦中のスペキュラース(3着以下もほとんど勝ち上がった馬はいない)。

 

 

ひいらぎ賞効果(共同通信杯効果とも言えるが)で、過剰人気はまず間違いないところだし、単純に成長力への疑問も出てきた。

1回2日阪神競馬 予想と結果

阪神5R

予想➡➡➡◎ディバインフォース

中間B+」で、人気薄で鞍上好成績、産駒もこの時期はかなり安定した好パフォーマンスと好走条件が揃った印象で本命視。

 

 

結果➡➡➡2着

最終追い切りは微妙だったが、この舞台(阪神2400m)で一変。

やはり、ワークフォースの阪神2400m(特にこの1~2回開催)は合うし、鞍上もこの舞台好相性だった。

 

 

圧倒的人気のアドマイヤポラリスが逃げて3着。勝ち馬も2番手からの競馬で、その3着馬と併せ馬で伸びて突き抜ける番手競馬。

前々決着になろうかというところへ、中団外から伸びてこの2頭の間にまで割って入ってきたのは強かった。

 

 

ラップ的には、遅くはない平均的ペースから、ラストは11.7-10.9-11.4-12.6と急加速が入った代わりにラスト急減速、ただし上がり3Fとしては平均より速い(開幕週の好状態ということもあるのだろう)というもの。

 

 

この馬以外の掲示板4頭が4角1~5番手組だったことからも、強い内容と言っていいだろう。野芝開催以外のこの舞台はもちろん、さらに距離を伸ばしての上昇には期待したい。

1回6日小倉競馬 予想と結果

 

小倉11R

予想➡➡➡◎メイソンジュニア

「中間C+」評価で良好。最終追い切りは、自身2位の全体時計もとにかく終い12.1-12.0の終いが飛躍的に良化」馬自身の変化が感じられたため本命視。

 

 

結果➡➡➡1着

前走終了時点で、馬自身が終わってしまっている可能性もあったが、やはり状態良化とスムーズな競馬で結果も一変。

前半32.7秒のハイペース、11.2-11.7-12.4のタフな展開も向いて、好位外追走から押し切った。

 

 

指数パフォーマンス的にはOP級で、しかもラストは目一杯ではなく少し流すような形での完勝。馬自身の好状態が続き、ハイペースが見込めるレースならもう1、2度楽しみあるかも。

 

 

個人的には、馬自身を見つめて狙えなかったことが悔やまれるレースで、◎にしたにもかかわらず複勝とワイドのみの的中に終わった。

1600万下の相性の悪さや、当日の流れが悪かったことでセーブした狙いとなってしまい反省。

 

 

予想➡➡➡△メイショウカリン

前々走時評価」「4走前評価」と今回は評価するほどの好時計なし。

ただ、人気薄◎の相手としては悪くないオッズで相手の1頭に狙う。

 

 

結果➡➡➡2

前々走時、4走前ほどの時計ではなかったが、パフォーマンスを上げて2着。

やはりこのクラスでは上位で、即ち次走以降好走パターンの調教ならいつでもチャンスありそう。

 

 

その好走パターン調教は、今回もそうだった「全体時計遅く、終いだけ」の直前ソフト調整。また、レース本番では器用で大崩れのないタイプで、内枠も良い。※次走注目馬※

 

 

 

小倉12R

予想➡➡➡○トーホウアルテミス

1/31調教○今の馬場だが、遅い時間帯に自己ベスト更新、終い12.5-12.4の加速ラップなら上等。

助手騎乗によるものならこのクラスでも前走以上を期待できる。――ジョッキー騎乗。

 

 

(前々走時)12/5調教○。自己ベスト更新。

12.5-12.1の加速ラップもこの日では目立った。助手騎乗なら本命級だろう。――助手騎乗。」と、中間と前々走時の好時計を評価。

 

 

最終追い切りも助手騎乗(馬なり)でラスト11.9と十分好タイムでのフィニッシュで、上位評価。

 

 

結果➡➡➡3着

距離が伸びてパフォーマンスアップ。

ハンデ戦の軽ハンデとはいえ、このクラス(1000万下)でも本命級評価を与えられる指数パフォーマンスを発揮した。

 

 

今回は若干単勝で売れ過ぎな印象だったため対抗にとどめたが、これなら次走も状態次第では単まで狙えそう。

1~2着馬とは通ったコースも、4角の位置取りもまったく違っていたし、力差は感じない好内容だった。

 

 

3角あたりから追い通しでもまだまだ伸びながらゴールといった感じで、これでも距離が足りないくらいのレースぶり。

これで、好走は小倉、小倉、小倉、京都と全て坂を下って直線平坦コース。

 

この2場(特に京都2200以上の外回り戦)では注目したい。※次走注目馬※

 

===PR=============== 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

 

先週のレースはこちら

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com