競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬まとめ&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

適性クッキリ⁉︎明暗分かれたG1馬 2/24(日) 中山記念2019 レース結果と回顧

 

 

予想のホネ的! レース回顧

2/24中山記念 的中 

 

マルターズアポジーが引っ張り、ハイペース。

離れた2番手にポツンとラッキーライラック、さらに大きく離れて3番手以下が集団で、という縦長の隊列で終始展開したレース。

 

 

残り400mあたりでラッキーライラックが急激に、マルターズアポジーとの差を詰め、直線を向いて早め先頭へ。

 

 

そのまま、後続を封じるかに見えたところにウインブライトと、さらに後方外からステルヴィオが坂を上って迫ると、最後はウインブライトが差し切って勝利。

 

予想と結果

 
予想➡➡➡◎ハッピーグリン
結果➡➡➡8着

ディアドラ、スワーヴリチャード、ステルヴィオ、エポカドーロ、ウインブライト、ラッキーライラックと上位6頭がハッキリと抜け出したオッズ状況から、盲点となっているとみて本命視。

 

外人ジョッキーの高回収率条件でもあり、このオッズなら今回こそ、とミナリク騎手に期待した。加えて、「父ローエングリン×中山1800m」という点にも強烈になびいてしまった(今回はまんまとその落とし穴にはまってしまったが)。

 

レースでは後方からになって、今日の展開・相手では厳しかった。

鞍上がもっと強引に前目につけるかとの淡い目論みもあったが、それはなかった。

 

脚は最後まで伸ばしていたし、また次に期待したい。

洋芝とはいえ、1200m、1500mなどで好走がある馬だが、現状はもう少し前目の位置を取れる長いところのほうが良さそう。今日は距離不足を感じる内容だった。

 
 
 
予想➡➡➡△ウインブライト
結果➡➡➡1着

とにかく、“中山1800mではG1級”を証明したと言っていい立派な勝ち切り。

最後、坂を登り切ってから頭がグッと下がって伸びる様は、やはり舞台巧者のそれ。

 

 

これだけ特定の舞台で突出していると、本当に他条件のG1等では難しくなってきそうだが、馬自身の成長は明白。

オッズと瞬発力勝負を避けられるメンバー構成次第では、G1でも。

 
 
予想➡➡➡▲ラッキーライラック
結果➡➡➡2着
勝ったかという内容で引き続きセンスの良さを感じさせるレースぶりだった。
53キロということを差し引いても、休み明け初戦としては昨秋からの成長を感じ取れるパフォーマンスだった。
 
 
予想➡➡➡◯ステルヴィオ
結果➡➡➡3着
さすがの直線での伸びを見せるも、こちらは勝ち馬とは対照的に、坂を上ってからの伸びで逆にヒケをとった。ただし、それも休み明けの分と考えれば十分だろう。
 
 

そのほか、エポカドーロスワーヴリチャードも休み明けで余裕のある作りだったことと、前者はキレないのに今回は他馬に33秒台を使われたこと、後者はスッとエンジンの掛かるタイプではなくコース自体合っていないことなど“逆風”があったので仕方ない。

 

 

特に、スワーヴリチャードは3角からムチが入るなどやっぱりなという挙動で、良く言えば去年までのスワーヴのままといった感じ。

ともに、悲観する必要はないパフォーマンス。

 

ディアドラはこれらから2馬身離された6着。人気を考えると大敗と言っていい内容だろう。これで、外回り(小回り以外)では7戦目の着外。

まず内回り巧者としてしまっていいだろう。

こちらは、少し心配の残る敗戦。

 

 

馬券的には、5→6番人気でそこそこ妙味のあった△▲の押さえの馬連を引っかけ、一応的中という形に。

予想としては完敗だったが……

 
===PR=============== 
《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

 

先週のレースはこちら 

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com