競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬まとめ&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

予想のホネ的!レース回顧 2/17(日) 小倉大賞典2019 レース結果

 
 

ホネ的 レース回顧

2/17小倉大賞典 ×不的中
 

先手争いがどの程度激しくなるか――そう言われ続けていたレースが、ふたを開けてみれば何のその。

 
 
スタート直後にいきなり後手を踏んで、挟まれて最後方からになった、
◎マルターズアポジー。絡まれることなくすんなりハナを奪うサイモンラムセス。
 
それでも、2番手以下は離れてじっくり追走(結果、サイモンラムセスが3着)と、
まさに「競馬あるある」な神様のイタズラ状態で最後まで展開されたレース。
 

予想と結果

 
予想➡➡➡◎マルターズアポジー
結果➡➡➡13着
先に書いた通り、出遅れとそれを挽回できない状態になってしまったことが全て。
さすがに、◎を打った馬にこんなことがあると申し訳ない気持ちにすらなってくるが(笑)、これも競馬。
 
 
心情論みたいになってしまうが、ここでの失敗が次以降で大きなリターンとなって帰返ってくることを密かに願いたい。そして、その時には今日の予想を“リサイクル”で、超省エネ・ハイリターンで。平坦小回り1800mで人気落ちなら。
 
 
 
予想➡➡➡○エアアンセム
結果➡➡➡5着
好位で直線を迎えられたが、はじけられず。ジリジリと3着争いの中の5着まで。
この馬が34.5秒の上がりを使っても、それよりも速い上がりの馬が多数いたことが全てだろう。
 
 
キレないこの馬にとっては、実質スローの2番手以下集団とサイモンラムセスが逃げ残るような決着が致命傷になった。
 
 
予想➡➡➡▲マイスタイル
結果➡➡➡10着
1コーナーの入りで、勝ち馬に前をカットされてヒートアップするようなシーン。
その後も鞍上になだめられながら追走しているうちに、後続にも交わされ始め位置取りが悪くなって……。
 
 
相当流れが悪かった印象。前残りの競馬だったし、名前の通り普段のスタイルが確立されていればいるほど崩されると脆い、というところを露呈してしまったか。
 
 
ド派手に「運、無さすぎ!」をかましたのが◎マルターズアポジーなら、こちらは地味~に「運、無!」だった。度外視の一戦。
もぉ~、誰かさん『◎とここが共倒れするシーンはあまり浮かばず』なんて書いちゃうから~(笑)
 
 
===PR===============
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める!