競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

思いの外☂️降っても正解はナイママではなくテンゲン⁉︎ 3/3(日) 弥生賞2019 レース結果と回顧

 

 

まず見出し(『内枠狙いでも本命にはあの馬を』)からしてヤベェ件(笑)

 

 ホネ的! レース回顧 弥生賞2019

 
 
3/3弥生賞 ×不的中 

 

『雨降って地固まる、ならぬ内固まるレース傾向・・・・・・』とか言ったそばから、ベタに重の外差し決着て......。

センスのなさに呆れてモノも言えまへん。

 

レースは、「いや、改修後の中山の馬場はね、多少の雨が降っても全然走りやすいんですよ」とタカを括っていたどっかの誰かさんをあざ笑うかのような、上がり37.0秒のタフな展開。

(ちなみに、そうなるとレース前に分かっていたとしても私、△ナイママからにしていたと思います)

 

内を通った有力馬たちが直線で垂れる中、(そうせざるを得ない枠、位置取りになってしまっていた)3頭が外から差し代わって、結果少頭数では大波乱といっていい決着となった。

 

予想と結果

 
予想➡➡➡◎サトノラディウス
結果➡➡➡6
 
レース直後にもツイートした通り、ズブさ満点の3角から、ずーーーっとジリジリジリジリ……。もう、ゴール過ぎてまっせで6着敗退。
加えて、内が相当悪くなっていたこともあってノメッていた部分もあったか。
 
(そうは言いながら)直線ラストでは再び盛り返すような脚も見せていて、直線の長さ不足、距離不足の両方を露呈していた印象。
京都新聞杯や、青葉賞に出てくれば面白そう。
 
 
予想➡➡➡◯ニシノデイジー
結果➡➡➡4
 

こちらは、◎と違ってこの状況なら走ってもらわないとと、不確定要素が少ないようにも思えたのだが……。

 

内でカントルと併せ馬の形で粘りこもうとするも、勝ち馬には突き放され優勝争いからは脱落、最後に3着馬にも交わされ馬券内を確保できず。

 

ただ、先にも書いた通り結果的に内を通ったことは苦しかった馬場だっただろうし、展開を考えればこの僅差の4着も悪くはない。

大崩れしなかったことで最低の仕事は果たしたか。

この経験を次に生かしてほしいところ。

 

 

このレースが皐月賞に向けてどうこう、というより、

今週のこの雨中のレースを経て来週の馬場がどうなっているかのほうがよっぽど気になる状況。

明日月曜も含めて、週半ばにも複数回降雨がありそうで、早くも中山牝馬Sが楽しみになってきた。

 

 

一方でレース単体(トライアル戦)としては、まさに、

♪〜再現不可能のLIFE(レース)〜

の一戦となってしまった印象。

 

 ===PR===============

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

 

今週のレースはこちら

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

参考になりましたらクリックで応援よろしくお願いします!