競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

鎌倉S 不向きな今の馬場で昇級初戦4着のあの馬が好内容【レース回顧】4/21(日)東京・京都・福島 予想と結果

f:id:yosounohone:20190313182349j:plain


――勝負どころでことごとく外し、あまり気のないところでは激走と、チグハグな日曜。

  

目次

 

2回2日東京競馬  予想と結果

 

4/21(日)

 

【東京2R】
予想➡➡➡☆ファイナルマズル

最終追い切りWコースでの好時計のみを評価して、4番手評価。

 

結果➡➡➡2

減量も効いたかもしれないが、前走で前付けしたことが実を結んだ格好。

立派な指数で、未勝利突破レベルをマーク。

 

 

【東京4R】

予想➡➡➡◎ダラステソーロ

4/17調教◯ 決して速いわけではない馬場で、自己ベストの好時計。

しかも、10時近く、終い初の24秒台(12.3-12.5)という点がポイント。

助手騎乗なら未勝利は突破できていい馬の内容。――助手騎乗

で、本命で勝負。

 

結果➡➡➡11

初芝でも、4番人気とそこそこ期待を集めるが見せ場なく大敗。

もっとも、今の高速馬場では仕方ないだろう。

芝でもタフな馬場など、またダート戻りでも、調教の動きからはまだ未勝利では見限れない。

 

予想➡➡➡◯マーヴェラスクイン

最終追い切りWコース好時計のみを評価しての対抗視

 

結果➡➡➡2

初芝で逃げて2着穴。逃げ・先行で上位はこの馬だけ。

指数レベルも未勝利としてはなかなかで、次走芝・ダともに有力。

 

 

【東京8R】

予想➡➡➡◯アポロマーキュリー

中間B-評価

で、人気で本命視するほどまではいかずも◎の相手として期待。

 

結果➡➡➡1

休み明け+10キロで、自身のパフォーマンスとしては叩き初戦なりといった感じのものでの勝利。

相手のレベルの低さに救われた500万下突破。

1000万下ではかなり苦しいが、叩いての型通り、いやそれ以上の良化があれば多少は……。

 

予想➡➡➡◎ラプターゲイル

最終追い切りこちらもWコース好時計のみの評価で、他に◯くらいしか狙いたい馬も見当たらず本命視。

 

結果➡➡➡3

単勝135倍で3着。ただ、指数的には未勝利レベルのものでの3着。

この鞍上とは手が合っている。このタッグでいつかまた、200倍台でお会いしませう。

 

 

【東京10R】

予想➡➡➡抜グロワールシチー

3/20調教◯ 時計の出る今の馬場の早い時間帯だが、50秒台前半で11.8-12.2の終いなら、1600万下では優秀

だったが、いまいちオッズに魅力も感じずスルー。

 

結果➡➡➡3

昇級初戦での健闘。

今日はハンデ戦の54キロもあったが、それでもダート戻り後4戦連続で右肩上がりの指数パフォーマンスで来ている。

定量戦でも若干の期待はかけられる。

レースぶりは、スムーズに運んでのもので特になし。

 

予想➡➡➡抜ドリュウ

4/17調教◯ いつもながらの好時計といったこの馬としては普通の内容だが、横比較と決して速いわけではない今の馬場を加味するともしかするとかなり良い出来かもしれない。

特に、助手騎乗でなら終い12.2-12.3はかなり優秀。――助手騎乗

でもあったが、昇級初戦。慎重に静観。

 

結果➡➡➡4

こちらも3着馬グロワールシチー同様に、昇級初戦で十分健闘の部類。

2頭揃って準オープン突破級の指数をマーク。

そのグロワールシチーとは今回1キロ差があって、こちらのほうが内容的に上といえる。

脚質的にも今日は苦しく、強い内容といってもいい。

進路を探しながら、1400m(良)で1分24秒台でよく走った。

☆次走注目馬☆

 

完全無料でやっていますので、もし記事が参考になりましたら、
クリックで応援していただけると嬉しいです!

 ※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングで当ブログの順位が上がる仕組みになっています。それがとても励みになります!現在100位前後におります。

※クリックしていただいている皆さま!なんと100位突破してしまいましたヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。本当に嬉しいです!!!今後も皆さまに少しでも喜んでいただけるような記事をかけるよう頑張ります!!!この場をお借りして御礼申し上げます。

  

スポンサーリンク
 

3回2日京都競馬  予想と結果

 

【京都6R

予想➡➡➡ケイアイパープル

☆前走狙い馬☆ 

(前走時) 中間B-評価 

デビュー戦ということもあってか、スタートはまったく出る気もなしといったトボけた感じでのそっと出て、自然と最後方からの競馬に。

最後は、逃げ馬が大失速、2番手から運んだ1番人気もまとめて3頭に交わされるような差し決着に乗じて、鮮やかな差し切りV。

 

さすがにこの展開面の恩恵を考えると、即座に高い評価とはいかない。

 

ただ、中間の動きやら勝ち切ったこと、指数もまずまず高かったことなどをふまえると、2戦目以降もそこそこチャンスありか?

派手な勝ち方にも見えるので、次走は逆の意味で(過剰人気を背負い、おそらく飛ぶ?)要注目か。 

としたが、直前まで5番人気(最終的には3番人気)ならと、頭あってヒモなしのつもりで本命視

 

結果➡➡➡6

前走コメントの通り、前走がハマった感満載で、今回やっぱり飛んだ。

前走が阪神の良で1分55秒3で自身上がり38.1秒で最速、

今回が京都の良で1分55秒2で同38.2秒。

馬場は違うが、指数的にも全く同レベルということを考えても、

ほぼ字面通り同じ競馬で着順だけ下がったというパターンとみていい。

レースの上がりが40.0秒の前走と、同37.7秒の今回では質が全く違うので当たり前の結果。

坂や上がりの掛かるタフな馬場で、後方一気で展開待ち、にしばらくはなってしまうか。

デビュー戦同様に、人気のない時にこそ、単勝を買っておきたいタイプ。

 

 

【京都9R 

予想➡➡➡◎トーホウアルテミス

(前走時) ☆次走注目馬☆ 

 

(前々走時) 距離が伸びてパフォーマンスアップ。

ハンデ戦の軽ハンデとはいえ、このクラス(1000万下)でも本命級評価を与えられる指数パフォーマンスを発揮した。

今回は若干単勝で売れ過ぎな印象だったため対抗にとどめたが、これなら次走も状態次第では単まで狙えそう。

1~2着馬とは通ったコースも、4角の位置取りもまったく違っていたし、力差は感じない好内容だった。

3角あたりから追い通しでもまだまだ伸びながらゴールといった感じで、これでも距離が足りないくらいのレースぶり。

これで、好走は小倉、小倉、小倉、京都と全て坂を下って直線平坦コース。

 

この2場(特に京都2200以上の外回り戦)では注目したい。

で、注目の(京都2200m)の一戦。勝負。

 

果➡➡➡11

騎乗停止になったメイショウロセツの被害馬。

直線で躓き落馬しかけた。

2番手から単独先頭で運んでいたのだが……。

ただ、その影響がなくても手応えからも厳しかっただろう。

日本レコード決着を早め先頭の競馬の今日は、結果的に流れが速すぎた。

 

 

【京都11R 

予想➡➡➡☆グァンチャーレ

中間B+評価

4/17調教◎ ここにきての自己ベスト更新。

理想的な12.9-12.2-12.1のラップでもあり、助手騎乗なら秀逸と認めざるを得ないだろう。――助手騎乗 

 

4/3調教◯ 自身2位の時計で悪くはない。

終い12.3-12.3も。助手騎乗(軽め)ならかなりの好状態。――助手騎乗 

 

で、直前の馬体重発表で◎モズアスコット、▲インディチャンプともに大幅増で、この馬にもチャンスが出てきそうと急遽追加。

 

果➡➡➡2着

レースは、スローの前残り。

評価はそれほど上がるものではないし、結局この馬が1分32秒8で駆け抜け、それで2着できる決着タイムだったというところに、最大の好走ポイントがあった一戦。

強いていうなら、行ききった鞍上がナイスだった。

 

予想➡➡➡△パクスアメリカーナ

中間B評価

で、こちらも心もとない◎▲状況で、急遽追加した一頭。、

 

果➡➡➡3着

今回のレースでこの馬だけは、馬自身として収穫があって好感の内容だったと思う。

1つは、56キロ斤量で自己ベスト指数をマークしたこと。

2つ目は、いくら今の馬場とはいえ、この馬自身が1分32秒台の速い時計にも対応できたこと。 

 

完全無料でやっていますので、もし記事が参考になりましたら、
クリックで応援していただけると嬉しいです!

 ※クリックしていただくとブログランキングのサイトが表示され、ブログランキングでの当ブログの順位が上がる仕組みになっています。それがとても励みになります!現在100位前後におります。
いつもクリックしていただいているみなさま、本当にありがとうございます!!!

 

  

スポンサーリンク
 

1回6日福島競馬  予想と結果

 

福島2R

予想➡➡➡◎シャンデリアムーン

最終追い切りWコースでの時計に好感で、本命視。

 

果➡➡1着

牝馬限定で減量ジョッキーではあったが、芝戻り(良では初)で一変。

3着以下が4馬身離されていること、5Rの混合の未勝利戦よりも0.7秒速い決着タイムだったことなどからも、この高指数での快勝は評価して良さそう。

次走即勝負とは言わないが、クラス通用はあっていい。

 

 

【福島5R】

予想➡➡➡▲アクティーボミノル

中間B-評価

ではあったが、イマイチ時計の信ぴょう性に乏しいこの厩舎だっただけに3番手評価にとどめる。

 

結果➡➡➡1着

楽逃げでペースが上がらず。

2着以下を引き離していて強い内容に見えるが、時計・指数的に凡戦。

こちらは500万下では苦戦しそう。 

 

 

【福島7R】

予想➡➡➡◯ヘヴンズコーヴ

中間B評価

で◎は2着馬に譲るも、対抗とし単勝含め厚めに狙う。

 

果➡➡3着

自身のベストパフォーマンス更新で、やはり状態も良かった印象だが、今回は相手のレベルも高かったか。

ただ小柄な馬で、ようやく増えてきていた馬体がここで大幅に減ってしまった。

この日のパドックでは、極端にガレたようには見せなかったので走れる馬体ではあったと思うが、次走は反動に気を付けたい。

 

 

【福島8R】

予想➡➡➡◎アルミューテン

4/17調教◯ 調教駆けタイプとはいえ、9時近いこの日の馬場でこの全体時計で、終い12.0-12.6なら変わらず速い時計。

助手騎乗でのものなら、500万下では好走あっても。――助手騎乗。

で、本命で狙う。

 

果➡➡3着

逃げてレースの上がりが37.7秒と掛かるなか、人気馬に早めに交わされてからもよく頑張った。

後方勢からの追撃も何とか封じた。

勝ち切りには?が付くが、このクラスで常に上位に来れるだけの力はある。

 

 

【福島12R】

予想➡➡➡◎シンボリブーケ

4/17調教◯ 坂路では初めてしっかりと追ってきた。

それで52秒台前半、終い12.3-12.7なら上等だろう。

助手騎乗によるものなら、500万下では上位見込める。――助手騎乗

で、本命で狙う。

 

果➡➡9着

ブービー9着。

ただ、2~3着からはコンマ4秒差で着順ほど差は感じず。

福島、小倉などの1800m戦ではいつも同じような指数、時計で走っていて常に自身のパフォーマンスだけは発揮してくる印象。

要は決着時計が速くなるか、遅くなるかだけの馬。

その意味で、洋芝と重馬場での好走のみというのは頷ける。

今日ぐらいの調教なら、時計の掛かる平坦小回りではまた狙っておきたい。

 

PR
先週のレースはこちらです

フローラステークス2019 予想

www.yosounohone.com

フローラステークス2019 レース回顧

www.yosounohone.com

マイラーズカップ2019 予想

www.yosounohone.com

マイラーズカップ2019 レース回顧

www.yosounohone.com

福島牝馬ステークス2019 予想

www.yosounohone.com

福島牝馬ステークス2019 レース回顧

www.yosounohone.com

4/21(土)福島競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com

 

4/21(土)東京競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com

4/21(土)京都競馬(調教注目馬)

www.yosounohone.com