競馬予想のホネ【坂路ビシビシの日々〜 重賞予想と調教注目馬&レース回顧】

“競馬予想の再生 〜Re:Bone を目指して” 競馬予想の骨組みを、しっかりと組み立て、振り返るーー それを目的とした半自分向けノート(備忘録)として綴っています。重賞展望、追い切り評価、回顧記事、平場予想などを掲載中。穴馬探しに、人気馬の取捨検討に、あなたの予想の“最後のスパイス”としてお役立てください。

注目は狙い馬◎ブルスクーロを差し切ったあの馬 【レース回顧】3/9(土)中山・阪神・中京 予想と結果

f:id:yosounohone:20190313182349j:plain
 

――今の馬場でも1分34秒台、しかもあの前有利な展開を大外一気は優秀ではないかと。

ジャンポケ産駒という点も含めて頑張ってほしいところ。

 

目次

 

2回5日中山競馬  予想と結果

 

3/9(土)

 

【中山7R】

予想➡➡➡◎ダイシンインディー

「中間B+」評価で狙う。

 

 

結果➡➡➡1着

揉まれない形で、2戦2勝。

 

前走、前々走の結果からも、やはり逃げがいい。

 

「キックバックを気にする」とは黒竹賞時の鞍上のコメント。

 

2勝はともに上がりのかかる、消耗戦。

 

他馬が苦しくなるようなタフな展開を、逃げ切るという形が現状合っていて、それ以外では脆さがある。

 

 

予想➡➡➡◯キャメロン

「中間B」評価で狙う。

 

結果➡➡➡2着

勝ち馬と2頭で3着以下を引き離したが、勝ち馬との差はなかなか詰めきれず。

 

この馬も昇級初戦で強い競馬をしているが、今回は鞍上も弱化していたし仕方なし。

 

 

 

【中山8R】

予想➡➡➡◎プロミネンス

「2/27調教○8時台に好時計。

 

終い12.8-12.3も上々。

 

助手騎乗なら、500万下卒業のチャンスあり。――助手騎乗」

 

とのことで、本命視。

 

この日は序盤の勝負レースで勝利を決めていたため、軽く遊ぶ程度にとどめる。

 

 

結果➡➡➡1着

3〜4角では追っつけて追っつけて、やっと後方という手応えだったが、直線で大外に持ち出すと一気の伸び脚で差し切り勝ち。

 

牝馬限定500万下ということで、レベルは高くなかったが、デビュー勝ちの中山ダート1200mで久々の勝利。

 

調教からしても好調だったこともあるのだろうが、脚抜きのいい馬場や鞍上の好騎乗もあってのものだろう。

 

減量でもあり、残念ながら上のクラスでどうこうというレベルにはないが、中山1200mだけは要注意かも。

 

===PR=============== 

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

 

f:id:yosounohone:20190314093705j:plain

1回5日阪神競馬  予想と結果

 

阪神6R

予想➡➡➡(ケン)ドラグーンシチー 
「3/6調教○ この馬としては、今の馬場ではこの時計で終い12.3-12.1はまあまあといっ

た感じだが、助手騎乗(馬なり)なら。――助手騎乗」

 

ということだったが、単2.1倍ほどでは……とスルー。

 

 

結果➡➡➡1着

やはり、池添騎手(前走)より、追える和田騎手のほうが勝ち切るには良かったか。

 

とは言え、前走よりこの馬のパフォーマンスも下がってのVで、先々に向けてはさらに調教で上昇してこないと。。。

 

 

 

【阪神7R】
予想➡➡➡(ケン)ソリストサンダー 
「3/6調教○ 遅い時間帯に自己ベスト大幅更新で、12.3-12.2の加速ラップも500万下では優秀な部類。

 

助手騎乗なら高評価。――ジョッキー騎乗」

 

で人気もしていたので、パス。

 

結果➡➡➡1着

やはり、1200mが合うようで、この阪神1200mも2勝目。

 

6番手あたりから馬混みをキッチリと抜け出しV。

 

さらに好調教となってくるようなら、この馬は上のクラスでも突破の可能性まで。

 

 

 

【阪神10R】
予想➡➡➡(ケン)クィーンズベスト 
「2/21調教○ 調教駆けタイプにしては、今の馬場で手緩い全体時計だが、終い

12.3-11.9はさすがの時計。

 

加速ラップで終い好時計&11秒台フィニッシュは、前回勝利時(18年2月)と近似。

 

助手騎乗ならクラス突破も視野。――助手騎乗」

 

とのことだったが、単で買うほどのこの馬の調教とまでは判断できずケン。

 

 

結果➡➡➡2着

休み明け、大型馬の+8キロでのパフォーマンスとしては上々の指数での2着。

 

勝ち切りあるかというゴール前まで先頭の競馬だったが、最後に内から伏兵メイショウオワラに差された。

 

ひと伸びを欠いた部分が休み明けの分か。

 

普通に次走は人気で有力だろう。

 

 

 

【阪神11R】
予想➡➡➡◎バイラ 
「2/27調教○ 終い12.1-12.1がこの馬自身としては、抜けた好時計。

しかも遅い時間帯。

 

助手騎乗なら一発十分。――助手騎乗」

 

ということで、人気そこそこのこの馬を本命視。

 

 

結果➡➡➡3着

まず、前半33.8秒とそこそこ流れ、後半が37.6秒の内・先行馬壊滅の流れが展開的に向いた。

 

とはいえ、56キロでオープン勝利レベルの指数で走れた点はこの馬にとっては大きい。

 

ゲートで遅れているわけではなく、外の速い馬たちに行かせていたら自然とこの位置になったというもの。

 

その意味では自在性もそこそこあって、中団〜追い込みで今後も相手次第でオープン好走を狙えそう。

 

 

予想➡➡➡○サングラス

「中間B。3/6調教○ 前走とほぼ同様の時計。

助手騎乗で強め以下なら、この馬のここ最近の一連の好調教の中でもかなり良い。――

 

助手騎乗。

 

(前走時)☆前走狙い馬☆

 

(前々走時) 1/16調教○ 自己ベスト更新で、ほとんど減速なく12秒台を4つ並べた。

 

先週とは違い、栗東も坂路の時計が出るようになったのだろうが、これでジョッキー騎

乗(一杯)以外なら優秀。――助手騎乗(一杯)」

 

ということで、3走連続の上位評価で狙う。

 

 

結果➡➡➡5着

最後方から。

ちょうど3,4,6着馬の後ろから追い込みに賭けるが、何度も塞がって脚を余して5着。

 

鞍上もこの馬に自信をもってきたからか、大外を通したが、どうせ詰まるなら3走前、秋山騎手のようにインを突いて負けたらいいのに、というような印象の残る敗戦。

 

ただ、57キロで(さらに力を出し切っていない中で)の指数パフォーマンスとしては、この馬の最上位のもので、やはり好調教と同様に、安定してオープン好走級の力を発揮できるようになっている。

 

 

予想➡➡➡▲エレクトロポップ
「中間B+。3/6調教○ 全体時計はマイルドなものだが、ラスト2Fが非常にかかるこの日に9時台に12.7-12.3の加速ラップは優秀。

 

この日の全体時計上位勢の中では最上位のラップで、助手騎乗なら引き続きオープン好走級。――助手騎乗 

 

(前走時〜前々走時評価) 」

 

ということで、人気でも上位評価。

 

 

結果➡➡➡12着

外々を手応え良く進んでいたが、それも4角まで。

 

直線ではズルズルと交代し12着大敗。初関西圏、−10キロの影響もあったか。

 

次走関東圏戻りでまた期待したい。

 

===PR=============== 

人気予想家の推奨買い目は!?
競馬予想なら! 競馬最強の法則WEB

 

f:id:yosounohone:20190314093813j:plain

 

 

2回1日中京競馬  予想と結果

 

【中京1R】

予想➡➡➡◎アイアムピッカピカ

「中間B+。☆次走注目馬☆

 

『スローを出遅れて4角最後方では大敗やむなし。

 

そこそこ脚は使っていたし、次走芝でもこの調教が続くなら狙いたい。

 

血統的にはダート馬で、次走ダートに矛先を向けてきたらただの人気馬?』

 

(前走時)  1/9調教○ 遅い時間帯にデビュー前としては優秀な時計&終い12.0-12.3の好タイムマーク。

時計の出る馬場とはいえ前週からさらに時計を詰めた。助手騎乗なら高評価妥当か。

 

1/3調教○ 非常に遅い時間帯に、デビュー前にこの全体時計で終いも12.7-12.6の加速ラップならかなり上位の部類だろう。

 

これで助手騎乗でのものなら本命級」

 

とのことで、5番人気の初ダートで勝負。

 

 

結果➡➡➡3着
スタートは速くないが、二の脚で挽回して3番手。

 

4角1、2、3番手のまま1~3着となる中、3着を確保。

 

直線半ばを過ぎてから一旦は後続に飲み込まれそうになるが、そこから再び盛り返すような脚で最後は逆に2着馬との差を詰めた。

 

勝負根性もなかなか。

 

牝馬限定でもそこそこの指数が出ていて、次走も楽しみはありそう。

 


予想➡➡➡○カメリアテソーロ

「(前走時)☆次走注目馬☆ 
1/16調教も○ 2番時計で、早い時間帯でもない馬場で終い12.3-12.3は抜きんでている。

 

自己ベストも更新し、前週よりもさらに秀逸なものとなった印象。

 

1/9調教○ この日の馬場的には全体時計は決して早いとは言えないが、これで助手騎乗なら。

 

終いの12.3-12.3はデビュー前の馬としては出色のタイムで、高い評価与えられる。」

 

で人気そこそこで、引き続き狙う。

 

 

結果➡➡➡5着
4番手で直線に入り、一旦は3着を窺うかという競馬だったが、最後再び盛り返され5着。

 

レースぶり同様に、ちょっと伸びあぐねてきている近2走のパフォーマンスで、デビュー前の好調教が見られるようになるまでは苦しいか。

 

 

予想➡➡➡▲テイエムメロディー

「2/28調教○ 今の馬場で早い時間帯での53秒台とはいえ、11.8-11.9は速い。

 

助手騎乗なら未勝利では上位評価必至級。――ジョッキー騎乗」

 

とのことで、人気でも上位評価から外せず。

 

 

結果➡➡➡2着
2番手から進め、最後は勝ち馬に離され、後続に詰め寄られの2着。

 

前2走が逃げてのもので、この日は減量騎手で速かった勝ち馬に先に行かれて厳しかったか。

 

パフォーマンスは上昇しているので、この経験が生きれば次走は人気でも勝ち負け濃厚か。

 


予想➡➡➡△ヒイナヅキ

「(前走時)中間B+。

 

(3走前時)10/25調教○ 全体時計、終い24秒台でラスト12.4ともにデビュー前としては非常に優秀。

 

この日の2歳馬一番時計で、助手騎乗なら相当」

 

で、今回は特に中間高評価というわけではなかったが、押さえる。

 

 

結果➡➡➡1着
逃げて6馬身差の圧勝。

 

51キロの減量では楽だったか。

 

4角1、2、3番手のまま1~3着という決着からも、スタートを決めて逃げられたことが大きい。

 

 

 

【中京3R】
予想➡➡➡◎マノアフォールズ
「中間C。2/27調教○ 坂路では初の好時計で、いきなりの12.4-12.5の好ラップ。

 

素質感じる。

 

助手騎乗なら未勝利脱出ありそう。――助手騎乗」

 

 

結果➡➡➡2着
逃げ馬が逃げ残る展開を2番手から運び、そのまま2着。

 

キレる脚が無いので、逃げ馬にこの脚を使われると厳しい。

 

減量騎手もその穴を埋めるべくというところだったのだろうが......。

 

勝ち馬との関係性で言うと、枠も悪かった。

 


予想➡➡➡○エンダウメント
「中間B」評価で、人気でも上位信頼。

 

 

結果➡➡➡3着

内容的には、1~2着とはまったく違う競馬での3着。

 

スタート直後後方から中団まで挽回し、終始外々を通って、最後まで良く伸びていた。

 

展開は向かなかったが、強い内容だった。

 

 

 

【中京4R】
予想➡➡➡(ケン)キングキャラット 

「☆前走狙い馬☆ 
(前走時) 2/13調教○ 遅い時間帯に、自己ベスト更新、この日の馬場で上々の12.5-12.5をマーク。

 

助手騎乗でなら、未勝利は余裕で突破できる馬の内容――助手騎乗。

 

2週連続で好調教。

 

2/8調教○ 早い時間帯だが、自己ベストを更新。助手騎乗なら、未勝利では上の時計で上々――助手騎乗。 

 

(前々走時) 1/23調教○ 全体時計は目立たないが、ラスト12.4は今の走り易い馬場ということを差し引いても未勝利馬なら優秀だろう。

 

助手騎乗なら一変を期待しての勝負もあり」

 

だったが、1番人気でもあり静観。

 

 

結果➡➡➡1着
持ったままの手応えで4角から進出し、直線で前に並び掛ける。

 

そのあたりでようやく気合いを付けられるといった程度で、そのまま突き放しての完勝。

 

最後も抜け出してからは、追う必要もなくといった形。

 

指数自体は決して高くないが、それだけ楽に運んでのものでまだまだ伸ばせていたはず。

 

次走、昇級でも通用する指数が本当は出せていたとみたほうが良さそう。※次走注目馬※

 

 

 

【中京5R】
予想➡➡➡◎ハーフバック
「中間B++」評価で、断然人気もいて単勝妙味あり。

 

本命視。

 

 

結果➡➡➡2着

差してきた勝ち馬は減量騎手でもありしかたなし。

 

好位から運んで抜け出した直線半ばでは、勝ったかという競馬。こ

 

の馬の指数も未勝利を突破できるだけのものがあって、次走以降も中間の時計さえ良ければ楽しみ。

 

3着も3馬身半離した。※次走注目馬※

 

 


予想➡➡➡▲トウカイオラージュ 
「中間C。3/6調教○ 今の馬場だが、未勝利馬で遅い時間帯に、この時計で12.5-12.1の加速ラップはなかなか優秀。

 

助手騎乗なら、本命級評価可能。――ジョッキー騎乗 

 

(前々走時)11/21調教○ 2歳馬でこの遅い時間帯に全体時計、終い12.5-12.2のラップともに目立ち、1勝は出来る馬と見ていいだろう。

 

自己ベスト大幅更新でもあり、助手騎乗なら今回こそ勝ち切りか。――助手騎乗」

 

とのことで、本命にはしなかったが期待。

 

 

結果➡➡➡1着

後方からとはいえ、内をロスなく立ち回ってのもの。

 

減量も効いたか。

 

ただ、指数的には優秀で、実際2着には1馬身3/4、3着には3馬身半差をつけた。

 

500万下でも期待できる。

 

 


予想➡➡➡○アセンダント
「中間C」で人気もそこそこ。

 

対抗で狙う。

 

 

結果➡➡➡3着

この産駒だけあって、とにかくキレ不足だが、今日はロスなく最内枠をいかして何とか3着確保。

 

実際、レースもそこそこ流れて前傾ラップになってくれてこの馬は救われた。

 

この感じでは、この先もかなり苦しいが……。

 

 

 

【中京7R】
予想➡➡➡(ケン)ストロングレヴィル
「中間B」評価だったが、そこまで妙味感じずスルー。

 

 

結果➡➡➡1着

後方から大外を通って、最後は1馬身1/4差。

 

ここでは力が違った。

 

ただ、決着レベルは平凡で、休み明けを叩いての上昇がないと、1000万下では苦戦しそう。

 

 

 

【中京8R】
予想➡➡➡◎アングルティール 
「3/6調教○ これで助手騎乗によるものなら、500万下の身としては“素晴らしい”の一語。

 

理想的な12.2-12.1の加速ラップは上のクラスでもなかなかなものだし、この馬自身としてもかなりの部類。――助手騎乗」

 

だったが人気で、少額にとどめる。

 

 

結果➡➡➡2着

内の馬群を突くも、前が壁になって追い出しが遅れる。

 

対照的に、外に進路を取って何も遮るものがない状態で伸びた勝ち馬に及ばず2着。

 

それでも、この2頭で後続には1馬身1/4差をつけており、クラス上位の能力は間違いない。

 

初の55キロを鑑みると、いつ500万下を突破できても良さそう。

 


予想➡➡➡○イルーシヴゴールド 
「(前走時) 2/13調教○ JRA未勝利で転厩緒戦だが、遅い時間帯に終い11.9-12.2ならこのクラスで通用しても不思議ない。

 

助手騎乗によるものならアタマまであっても――助手騎乗」

 

で、人気もそこそこ。◎の相手に狙う。

 

 

結果➡➡➡9着

着順は14頭立て9着だが、2着馬とはコンマ4秒差。

 

後方から、4角で手応えが悪かったが、直線では最内を突いてそこそこ伸びて上位との差を詰めた。

 

とはいえ、前走のパフォーマンスを思うと結構下げた。

 

レースの上がりが速くなるとこんなものか。

 

上がり掛かるタフなレースなら、まだ見限れないが。

 

 

 

【中京10R】
予想➡➡➡◎ブルスクーロ
「中間B+」評価で、人気もなく本命視。

 

 

結果➡➡➡2着

ポンと好スタートを決めてそのまま先頭へ。

 

直線を向いても余力十分な手応えで、レース上がり33.9秒(この馬自身は34.1秒)の後続がなす術なしの展開で押し切りを図る。

 

実際、3着も2番手の馬。

 

ただ、圧倒的に勝ち馬が強かった。

 

この馬自身のパフォーマンスも、3歳500万下としては優秀だが、今日は相手が悪かった。

 

左回りと1400〜1600mでのパフォーマンスは安定してクラス上位のものがある。

 

 

予想➡➡➡抜 ピースワンパラディ
特に目立たずで評価せず

 

結果➡➡➡1着

上にも書いた、その圧倒的に強かった勝ち馬。

 

本来なら、逃げ残りワンツー決着を差し切った。

 

これで新馬→500万特別と連勝。

 

同じ中京で、2戦ともに前半緩く上がりの速い展開しか経験していないというところはあるが、過去のこのレースの勝ち馬と比べてその指数的にも頭ひとつ抜けている。

 

今後重賞を賑わせても不思議なさそうな好素材。※次走注目馬※

 

 

 

【中京11R】
予想➡➡➡(ケン)タイセイスターリー 
「3/6調教○ 早い時間帯でも、終いまで12.5-12.0としっかり加速ラップを踏んで自身2番目の51秒ジャスト。

 

助手騎乗なら好勝負可能と判断できる。――ジョッキー騎乗」

 

で、助手騎乗ではない点が気にくわずケン。

 

 

結果➡➡➡2着

左回りの1200〜1400はやはりよく走る。

 

掛かる寸前くらいの行きっぷりから、直線では内を突いて勝ち馬をよく追ったが……。

 

前が止まらない流れで、届かずの2着。

 

 


予想➡➡➡(ケン)メイショウオーパス 
「(前走時) 2/20調教○ 遅い時間帯で、全体時計も及第点で、とにかくラスト12.2-11.7が目立つ内容。

 

助手騎乗なら好調間違いなしだし、惜敗に終止符打てておかしくない。――助手騎乗」

 

との評価だったが、あえてこのタイミングで狙うほどでもなく。。。

 

 

結果➡➡➡7着

この内有利馬場で、差し展開でもないのに、あんなに大外を回ったらそりゃそうなるわ。

 

ただ、7着といっても、ゴール前の伸びは強烈で3着とはコンマ1秒差まで詰め寄った。

 

近3走のマイルでの逃げから、急にこんな極端な競馬になった割には大崩れなく立派。

 

今日は馬にはかわいそうな負けて当然の敗戦。※次走注目馬※

 


予想➡➡➡(ケン)ライトオンキュー 
「(前走時) ☆前走狙い馬☆

 

(前々走時) 1/17調教○ 時計の出る馬場とはいえ、断トツの自己ベスト更新49秒台に終い11.8-12.3なら十分秀逸だろう。

 

ジョッキー騎乗でも一杯以外なら本命必至。――ジョッキー騎乗(強め)」

 

と、ここ2戦は前々走時ほど秀逸な時計なく、それでいてついに1番人気の支持。

 

狙う気が起きなかった。

 

 

結果➡➡➡5着

近2走とほぼ変わらずの3番手で直線を向き、一旦は完全に3着確保かに思えたが……。

 

そこから後続に差を詰められ2頭に交わされ5着。

 

レースぶりよりも、調教時計、指数的に前走がピークだった感があって、また次の休み明け以降が狙い頃か。

 

 ===PR===============

《公式》極ウマ・プレミアム
日刊スポーツ新聞社運営の競馬情報サイト
人気のコンピ指数がレース前夜に読める!

その他先週のレースはこちらです

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

yosounohone.hatenablog.com

参考になりましたら、

クリックで応援していただけると嬉しいです!